2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:難 聴

誰でも可能。片耳難聴で全く聞こえない耳を補聴器で改善させる方法

girl-984155_640

結論から記載しますと、片耳のみ聞こえにくいケースでは、クロス補聴器とよばれる少々特殊な機器を装用して、聞こえを改善していきます。こちらは、聞こえにくい耳に来た音を聞こえる耳に転送する機器で、聞こえにくい耳に音を入れて補う補聴器ではありません。

聴力低下が大きいと補聴器で聞こえにくい耳を補っても、ほとんど効果は出ません。そのため、聞こえにくい耳に来る音を聞こえる耳に転送して改善させるという手法が出てきました。

生まれつき片耳のみ難聴の方や片耳難聴になり、治らない方など、聞こえにくい事でお悩みの方が多くいらっしゃるため、聞こえを改善させる方法を提供していきます。今感じているお悩みが少しでも改善できれば幸いです。

なお、こちらは、耳鼻咽喉科に行ったけれども、治療はできないと言われた方が対象となります。聞きにくくなって耳鼻咽喉科に行ったことがない方は、まずは耳鼻科を訪ね、耳が治るのか、治らないのかを確認しましょう。耳が治れば、このような機器をつける以上に聞こえは良くなります。

続きを読む

老人性難聴の概要と聞こえの改善方法

old-people-616718_640

老人性難聴とは、加齢により聴力が低下した症状を指します。年齢を重ねる事による聴力低下は自然な事ですので、誰にでも起こりえる難聴となります。今現在、日本の高齢化が進んでいる事により、こちらによる聞こえにくさを感じている方が増えてきました。

では、この難聴は、どのような難聴なのでしょうか。こちらの概要から改善方法まで記載していきます。こちらでお悩みの方の手助けとなれば幸いです。

続きを読む

【重要】誰も言わない聴力低下すると起こる3つの症状

bible-1216063_640

音が聞こえにくくなるとどのような事が起こるのでしょうか。難聴とは、耳が聞こえにくくなる事を指します。音が聞こえにくくなると単純に音が聞きにくくなるだけではありません。難聴になった方が体験するのは、音が聞きにくくなる事により、言葉が聞きにくくなる事です。しかし、それ以外にも耳は、音を活用していますし、耳特有の障害も起こります。

今回は、音が聞こえにくくなる事により、どのような事が起こるのかを記載していきます。こちらにより、難聴の理解、聞こえにくくなる事による被害、そして聞こえの改善に役立てば幸いです。

続きを読む

不安を感じている方に送る低音難聴の改善方法

coffee-548943_640

ある日、耳に違和感を感じ、耳鼻咽喉科へ受診したがこれ以上聞こえは治らないと言われた。あるいは、耳の聞こえが低下し、治療はしたものの再発もあると聞き、少し不安を感じている……。このような、お悩みはないでしょうか。低音難聴とは、急に起こる難聴の一つで、現在、20〜40代の女性に多くなっている難聴です(男性もかかる事があります)。主には、片耳のみの難聴ですが、再発すると聞こえがどんどん重くなってしまう事があります。そうなれば、今の段階よりも聞きにくくなってしまう可能性もあります。

こちらでは、低音難聴の概要から治療、予防、再発、改善、これらのワードで、一つずつ低音難聴に関して、記載していきます。こちらをご覧になり、聞こえを改善させる手伝いができれば幸いです。

続きを読む

iPS細胞で難聴は治せるのか、難聴の原因から考える治療の問題

medic-563423_640

iPS細胞による難聴の治療。これらの技術は、実際に実現可能なのでしょうか。これらの技術は果たして、応用可能なのでしょうか。

難聴に関してある程度、知っている者からすると少々不安な部分があります。難聴になった原因が色々あれば、難聴の方の状況も人それぞれです。

今回は、iPS細胞による難聴の治療に関する問題点を考えていきます。

続きを読む

iPS細胞で難聴を治すうえで考えられるリスク

dice-812111_640

iPS細胞で、難聴を治す事ができたら、非常に喜ばしい事です。聞きにくい今を変えてくれるのなら、難聴者にとって、渡りに船であり、最も求めているものになります。

しかし、個人的には、少し気掛かりなことがあります。耳が治るのは、良いのですが、果たして本当に全ての事が解決するのか……と言われれば、わからないからです。

さて、私は、どんなところが気掛かりになっているのでしょうか。今回は、わからない点とリスクになる点を記載していきます。なお、こちらの内容は、全て生まれつき難聴の方に当てはまります。元は、難聴ではなく、何かの原因で難聴になった場合は、iPS細胞のデメリットはありません。その理由については、本内容を見れば、自ずと理解できるようになります。

それでは、見ていきましょう。

続きを読む

iPS細胞による難聴の治療、一歩を踏み出したiPS細胞の現状。

doctor-563429_640

再生医療。現在、治療に関して再生医療が非常に注目されています。今から約1年半前に発表されたiPS細胞は、世界に衝撃を与えました。再生医療は、治療が難しかったものに光を与える事になりました。難聴もその一つです。

これらの発明は、どのように聴覚障害の方に有効活用されるのでしょうか。今回は、iPS細胞の概要と難聴に関する治療の現状について記載していきます。

続きを読む

新たな手話通訳、Google Gestureが創り出す繋がる世界

michelangelo-71282_640

手話。それは、難聴になった一部の方が使用する言語です。手話を使う方は、世界各国を視野に入れると、4,500万人いるとされています。しかし、独自の伝達方法を使用する手話は、会話できる方が少ないのが現状です。

そんな中、世界を代表する企業Googleが手話を音声言語化させようと試みているようです。その名もGoogle Gesture、この技術は果たして、どの様に聴覚障害を抱えた方々へ影響するのでしょうか。

今回は、Google Gestureについて見ていきましょう。

続きを読む

パソコンの音声、耳、補聴器で聞く方法まとめ

notebook-338486_640

今現在、インターネットが発達した事により、パソコンで色々な事ができるようになりました。音楽、動画を無料で見れるこの時代は、本当にすごい時代だと思います。

個人的には、難聴であってもこれらのものを楽しんで良いと考えています。好きな音楽を聞いたり、好きな動画、あるいは気になる動画を見て、勉強するのも良いでしょう。何より、このようなものを楽しめるようになれば、より生活は豊かになりますし、楽しむ事もできるようになります。

今回は、これらの世界をより楽しむために、音声の聞き方についてまとめていきます。機械が増えてきた今、様々な選択肢があります。これらの選択肢でベストなものを選べれば、より音声を聞いて楽しめるようになります。

それでは、見ていきましょう。

続きを読む

感情を理解するロボット「pepper」聴覚障害者にもたらす物とは

robot-1214536_640

ソフトバンクが開発した感情を理解するロボット「pepper(ペッパー)」この発明は聴覚障害者にとって何を意味するのでしょうか。

孫社長は、Twitterにて、手話通訳機能の搭載を検討されている事も明らかにしました。

聴覚障害者のバリアフリーの実現に欠かせない手話通訳。

今回は、peperの作り出す世界の可能性について考えていきます。

続きを読む

補聴器を使用している人は耳垢に注意しよう

laptop-943558_640

補聴器を使用していると耳垢が溜まりやすくなります。そのせいか、たまに耳が汚れすぎていると勘違いしてしまい、耳掃除を必要以上にしてしまう方がいます。耳掃除は、するとするほど、耳垢が多く分泌されるようになりますので、しすぎに注意です。

今回は、そんな耳垢に関するお話しです。こちらで、耳垢に関して学んでいきましょう。

続きを読む

片耳が聞こえにくい方へ送る、聞こえを改善させる方法

hands-437968_640

片耳が聞こえにくい方にとっては、どのような補聴方法があるのでしょうか。

この片耳とは、片側は聞こえに問題ないけれども、もう片方の耳が聞こえにくい場合、両方とも聞き取りにくいが片方がより聞き取りにくい場合があります。片耳が聞こえにくい……にも色々種類があります。

これらのケースには、クロス補聴器、バイクロス補聴器と呼ばれる補聴器を装用することで、聞こえが良くなる可能性があります。

今回は、片耳が聞こえにくい方への補聴方法を記載すると共に、クロス、バイクロス補聴器が有効なケースに関して記載していきます。

続きを読む

ムンプス難聴により全く聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法

dandelion-1366124_640

結論から申し上げますと、クロス補聴器と呼ばれる、聞こえない耳にくる音を聞こえる耳に転送する補聴器で、聞こえにくさを改善させていきます。

ムンプス難聴の場合、片耳は、聞こえており、かつもう片耳が重い聴覚障害になることが多く、一般的な補聴器を聞こえにくい耳に装用しても、うまく効果が出ません。そのため、医師から「補聴器を装用しても効果はないよ」と言われがちなのですが、クロス補聴器の場合は、聞こえる耳に音を転送する機器ですので、耳が治るまではいかずとも、状況を改善させることができます。

片耳が聞こえにくい事により、不自由を感じてらっしゃる方が多いため、私が知る限りの情報提供をしていきます。当てはまる方は、ご参考にしてみてください。

なお、こちらが当てはまるケースは、あくまでも耳鼻咽喉科にいき、耳の治療は残念ながらできないと言われた方が対象になります。耳を診てもらっていない方は、まずは、耳を見ていただきましょう。補聴器は、基本的に現在の医療技術で耳を改善できない人が使うもので、治療ができる方は、治療で治していきます。

続きを読む

オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

library-488681_640

オージオグラムとは、耳の聞こえを図で表したものです。見方がわかれば、自分の耳がどのような状態なのかを理解する事ができます。ここで重要なのは、数値が表す意味を理解する事です。どのように数値を記載しているのかを知れば、数値を見るだけでおおよそのことがわかるようになります。

オージオグラムの見方は、他のサイトにも載っていますので、見方だけでなく、数値が表す意味に重点を置き、記載していきます。オージオグラムの数値を知れば、ご自身の耳の状況もよく理解できるようになります。

続きを読む

新生児聴覚スクリーニングで再検査?再検査の確率と今後の流れ

baby-1151351_640

現在は新生児聴覚スクリーニング検査により、生後数ヶ月で難聴の発見ができるようになってきました。新生児聴覚スクリーニングで再検査と出た方は、とてもご心配な状況だと思います。

子どもが難聴だと発覚したらどのように進んでくのか、補聴器装用の重要な事については何か。このような内容を求めていることでしょう。

今回は、こちらをテーマに記載していきます。こちらの内容を知る事で、少しでも心配事が少なくなれば、幸いです。

続きを読む

一般学校とろう学校の利点、欠点から考える進むべき道

children-602967_640

難聴のお子さんの場合、一般学校とろう学校の二つの進学先があります。どちらも一長一短であり、良いところもあれば、悪いところがあるのが現状です。

こちらでは、どちらを選んだら良いか、わかりやすくするために、それぞれのメリット、デメリットを記載していきます。

学校選択の際に参考になれば幸いです。

続きを読む

難聴児に適した教育をする療育センター、ろう学校

kids-1093758_640

難聴が発見された子どもは、それらを支援する療育センター、ろう学校へ行く事になります。それぞれの子ども達に合わせて、適切な指導を行い、発達を促していくのが学校、療育センターの主な内容です。それ以外に難聴特有の耳を見たり、補聴器を調整したりもしています。

今回は、そんな療育センター、ろう学校の行っている事、役割について載せていきます。これらの機関の理解に役立てば幸いです。

続きを読む

新生児聴覚スクリーニング検査と難聴早期発見の重要性

baby-933097_640

子供の難聴を早期発見するのに役立つ新生児聴覚スクリーニング検査。しかし、まだまだ知れ渡っていないのが現状です。新生児聴覚スクリーニング検査は、難聴の早期発見を目的として実施されています。早期発見する事により、難聴によって起こる子どもの発達遅れを軽減するのが主な目的です。

では、子どもの発達遅れとは何なのでしょうか。難聴は耳が聞こえにくくなる事以外に何かあるのでしょうか。

今回は、難聴早期発見の重要性について記載していきます。

続きを読む

難聴の方、必見。電話の音声を聞きやすくする方法まとめ

man-937288_640

電話の音声が聞き取りづらい……。このようなお悩みはありませんか。私自身も難聴であり、非常に困った時期がありますので、そのお気持ちはわかります。今現在は、様々なものが出ており、聞こえが低下していたとしても補える場合があります。

今回は、様々な電話の音声を補う方法、機器についてまとめて行きますので、ぜひ参考にしてください。なお、一部の難聴は、聞こえが重すぎるため、音声そのものでは聞こえない可能性があります。その場合も含めて、記載していきます。こちらの内容で、困る事が少しでも無くなれば、幸いです。

続きを読む

突発性難聴により全く聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法

couple-1283859_640
突発性難聴により、片耳が大きく聴力低下してしまい、治療により、耳が治らなかった場合は、クロス補聴器という少し変わった機器で改善させます。

クロス補聴器を使うことで

  • 今まで会議で聞きにくかったが聞きやすくなった
  • 職場が騒がしく、聞きにくいことが多々あったが、聞きやすくなった
  • 聞きにくさが軽減され、聞き返しが減った
  • 聞き返しが少なくなったことで、精神的にも楽になった

という声をお客様よりいただいています。

クロス補聴器とは、聞こえにくい耳側にきた音を聞こえる耳に転送して聞こえを補う特殊な機器です。聞こえにくくなった耳に補聴器を装用しても意味がないと言われた方でも改善ができます。それは、聞こえる耳で全ての音を聞くためです。

聞こえにくくなったことにより、お悩みの方が多いため、どのような機器なのか、こちらに関して、情報提供していきます。聞こえにくさを感じている方は、参考にしてみてください。少しでも今のお悩みが改善できれば幸いです。

なお、片耳が聞こえにくくなり、耳鼻咽喉科に行ったことがない場合は、まずはじめに耳鼻咽喉科を受診されてください。治るのであれば、それがもっとも効果が高い方法です。こちらは、残念ながら耳の治療できなかった方のみ対象となります。

また、治療開始から日にちが間もない方も、まずは治療に専念し、残念ながら改善されなかった場合に、こちらをお考えください。治れば、そちらの方が聞きにくさは、改善されます。

続きを読む