2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:難 聴

難聴の子が通う通級指導教室とは?

難聴の子が通う通級指導教室とは、どんなものなのでしょうか。障害を持った子ども達が通う学校は、ろう学校と一般学校に通いつつ、通級指導教室に通うという選択肢があります。

この通級指導教室も、ろう学校と同じく、難聴の子を支援していく役割があります。今回は、通級指導教室の役割、内容を含めて、見てみましょう。

こちらの内容は、難聴児に限ってお話していきます。

続きを読む

難聴の子に必要なセーフティネットという考え

skateboard-331751_640

子どもが難聴だった場合、何をしてあげるのが一番良いことだろうと自分なりに考えてみました。よく出てくる支援方法としては、良い補聴器を購入する事、良く聞こえるようにさせてあげる事、これらです。しかし、個人的には、違う解釈をしています。

私がたどり着いた答えは、その子自身を受け入れてくれる環境づくりの方法を教えてあげる事です。どんなに良い補聴器でも、どんなに高い補聴器でも、現在の技術では、完全に聞こえるようにする事ができません。それであれば、難聴の本質であるコミュニケーション障害が出やすくなってしまいます。

私自身が思ったのは、このコミュニケーション障害をどのようにしたら、より少なくできるか……これを子どもに教える事です。

今回は、難聴の子ども達に必要なセーフティネットの重要性について、考えていきます。

続きを読む

耳の錯覚、錯聴を体験してみよう

child-562735_640

耳にも目と同じ錯覚というものがあります。耳の場合は、錯聴(さくちょう)と呼んでいます。日本ではあまり馴染みがない言葉です。

耳の錯覚で、錯聴です。耳の聴覚フィルターに関する錯覚は、私達に様々なことを教えてくれます。

これらの実験から、耳が音を聞いているのではなく、耳はあくまでも音の通り道であり、音を理解しているのは、脳であることがわかってきました。

そんな錯聴について記された面白いサイトがありますので紹介します。

続きを読む

簡易難聴測定ツールを作ってみました

work-731198_640

よくわかる補聴器選びという本に良い難聴判断基準のものが載っていましたので、それに則り、簡易難聴測定ツールを作ってみました。

こちらの良いところは、日々の聞こえの困り度に注目した点です。音が聞こえにくいというより、どれだけ日々困っているかで見る事が出来ます。

こちらでは、ツールの説明のため、記載します。

続きを読む

耳、補聴器の情報提供しているサイト、企業まとめ

補聴器メーカーの中には、Webサイト、ブログを使って情報提供しているところがあります。

更新頻度は少ないながらにも、補聴器の事、この業界の事、コラムなど、様々なエントリーの製作や工夫をしています。こういったところからも補聴器や聴覚に関する情報を得ることができます。

私が知っている範囲で、こちらに記載していきます。気になるものがあればどんどん調べてみましょう。

続きを読む

難聴治る、耳鳴り治るの情報商材詐欺にご用心

辛かった耳鳴りが治る!あれほど、医者に「治らない」と言われた難聴が治る!という謳い文句があります。

いわゆる情報商材というものです。特徴として、縦に非常に長い文章で稼げる、治る、モテる、など人の欲求、悩みにつけ込むビジネスです。

それらは、ほぼ詐欺と言われています。

驚くべき事に、この世界にも情報商材はあります。今回は、これらについて考えていきます。

続きを読む

耳の各器官の役割から難聴の基礎を理解しよう

squirrel-493793_640

耳の聞こえが低下する原因は、どんなものがあるのでしょうか。難聴には、様々な種類が存在するため、難聴によって原因は異なります。

しかし、基本的な種類は、感音性難聴(かんおんせいなんちょう)、伝音性難聴(でんおんせいなんちょう)、混合性難聴(こんごうせいなんちょう)の三つです。これらを覚えておくことで、どこに原因があり、どんな改善方法があるか理解しやすくなります。

これらは、耳のどこに原因が発生するかで、症状が異なります。今回は耳の仕組み、役割を記載しつつ、それぞれの難聴の原因と改善方法を見ていきましょう。

続きを読む

騒音性難聴になったら理解しておきたい症状の特徴と改善方法

morning-819362_640

騒音性難聴とは、大きな騒音を聞くことによって引き起こされる難聴です。大きな音には、様々なものがあり、例えば、ライブハウスで大きな音を聞く、猟銃などの射撃音を聞く、これらが当てはまります。大きい音を聞くと、必ず耳に負荷がかかります。その結果、状況により、耳が聞こえにくくなります。

騒音性難聴とは、このような極めて大きい音を聞く事による難聴、あるいは、大きな音を聞き続ける事による難聴を指します。では、他にどのような症状があるのでしょうか。そして、この難聴を改善するには、どのようにしたら良いのでしょうか。こちらでは、騒音性難聴について症状、改善方法。主にこの二つについて、記載していきます。

難聴の理解と聞こえの改善に役立てば幸いです。

続きを読む

誰でも可能。片耳難聴で全く聞こえない耳を補聴器で改善させる方法

片耳のみ難聴の方を改善させる機器には、クロス補聴器と呼ばれる聞こえない耳側にくる音を聞こえる耳に転送する機器があったりします。

片耳のみ難聴の場合、聞こえにくい側から話されたり、騒がしい中での会話が聞きにくくなる傾向があります。これらの部分に関して、耳を治すまでは行かずとも、改善させることができます。それがクロス補聴器です。

私の場合、日々、片耳難聴の方とお話しする機会があるのですが、聞きにくいことで、深く悩んでいたり、少しでも改善したいという方にお会いします。なかなか改善方法に関しては、知れ渡っていないようですので、片耳難聴の方々の改善に関して記載していきます。

  • 今現在、職場で困ることが多くなっている
  • 少しでも現状を改善させたい
  • 補聴器を聞こえない耳に試したけど、全く効果なかった

という方は、こちらの内容をご覧になり、少しでも現状や生活が楽になれば幸いです。

なお、聞こえにくくなり、耳鼻科を診察していない場合は、まず受診しましょう。耳が治れば、このような機器をつけるより状況は、はるかによくなります。こちらの内容は、あくまでも治療ができなかった方に向けた内容になります。

続きを読む

老人性難聴の概要と聞こえの改善方法

old-people-616718_640

老人性難聴とは、加齢により聴力が低下した症状を指します。年齢を重ねる事による聴力低下は自然な事ですので、誰にでも起こりえる難聴となります。今現在、日本の高齢化が進んでいる事により、こちらによる聞こえにくさを感じている方が増えてきました。

では、この難聴は、どのような難聴なのでしょうか。こちらの概要から改善方法まで記載していきます。こちらでお悩みの方の手助けとなれば幸いです。

続きを読む

【重要】誰も言わない聴力低下すると起こる3つの症状

bible-1216063_640

音が聞こえにくくなるとどのような事が起こるのでしょうか。難聴とは、耳が聞こえにくくなる事を指します。音が聞こえにくくなると単純に音が聞きにくくなるだけではありません。難聴になった方が体験するのは、音が聞きにくくなる事により、言葉が聞きにくくなる事です。しかし、それ以外にも耳は、音を活用していますし、耳特有の障害も起こります。

今回は、音が聞こえにくくなる事により、どのような事が起こるのかを記載していきます。こちらにより、難聴の理解、聞こえにくくなる事による被害、そして聞こえの改善に役立てば幸いです。

続きを読む

不安を感じている方に送る低音難聴の改善方法

coffee-548943_640

ある日、耳に違和感を感じ、耳鼻咽喉科へ受診したがこれ以上聞こえは治らないと言われた。あるいは、耳の聞こえが低下し、治療はしたものの再発もあると聞き、少し不安を感じている……。このような、お悩みはないでしょうか。低音難聴とは、急に起こる難聴の一つで、現在、20〜40代の女性に多くなっている難聴です(男性もかかる事があります)。主には、片耳のみの難聴ですが、再発すると聞こえがどんどん重くなってしまう事があります。そうなれば、今の段階よりも聞きにくくなってしまう可能性もあります。

こちらでは、低音難聴の概要から治療、予防、再発、改善、これらのワードで、一つずつ低音難聴に関して、記載していきます。こちらをご覧になり、聞こえを改善させる手伝いができれば幸いです。

続きを読む

iPS細胞で難聴は治せるのか、難聴の原因から考える治療の問題

medic-563423_640

iPS細胞による難聴の治療。これらの技術は、実際に実現可能なのでしょうか。これらの技術は果たして、応用可能なのでしょうか。

難聴に関してある程度、知っている者からすると少々不安な部分があります。難聴になった原因が色々あれば、難聴の方の状況も人それぞれです。

今回は、iPS細胞による難聴の治療に関する問題点を考えていきます。

続きを読む

iPS細胞で難聴を治すうえで考えられるリスク

dice-812111_640

iPS細胞で、難聴を治す事ができたら、非常に喜ばしい事です。聞きにくい今を変えてくれるのなら、難聴者にとって、渡りに船であり、最も求めているものになります。

しかし、個人的には、少し気掛かりなことがあります。耳が治るのは、良いのですが、果たして本当に全ての事が解決するのか……と言われれば、わからないからです。

さて、私は、どんなところが気掛かりになっているのでしょうか。今回は、わからない点とリスクになる点を記載していきます。なお、こちらの内容は、全て生まれつき難聴の方に当てはまります。元は、難聴ではなく、何かの原因で難聴になった場合は、iPS細胞のデメリットはありません。その理由については、本内容を見れば、自ずと理解できるようになります。

それでは、見ていきましょう。

続きを読む

iPS細胞による難聴の治療、一歩を踏み出したiPS細胞の現状。

doctor-563429_640

再生医療。現在、治療に関して再生医療が非常に注目されています。今から約1年半前に発表されたiPS細胞は、世界に衝撃を与えました。再生医療は、治療が難しかったものに光を与える事になりました。難聴もその一つです。

これらの発明は、どのように聴覚障害の方に有効活用されるのでしょうか。今回は、iPS細胞の概要と難聴に関する治療の現状について記載していきます。

続きを読む

新たな手話通訳、Google Gestureが創り出す繋がる世界

michelangelo-71282_640

手話。それは、難聴になった一部の方が使用する言語です。手話を使う方は、世界各国を視野に入れると、4,500万人いるとされています。しかし、独自の伝達方法を使用する手話は、会話できる方が少ないのが現状です。

そんな中、世界を代表する企業Googleが手話を音声言語化させようと試みているようです。その名もGoogle Gesture、この技術は果たして、どの様に聴覚障害を抱えた方々へ影響するのでしょうか。

今回は、Google Gestureについて見ていきましょう。

続きを読む

パソコンの音声、耳、補聴器で聞く方法まとめ

notebook-338486_640

今現在、インターネットが発達した事により、パソコンで色々な事ができるようになりました。音楽、動画を無料で見れるこの時代は、本当にすごい時代だと思います。

個人的には、難聴であってもこれらのものを楽しんで良いと考えています。好きな音楽を聞いたり、好きな動画、あるいは気になる動画を見て、勉強するのも良いでしょう。何より、このようなものを楽しめるようになれば、より生活は豊かになりますし、楽しむ事もできるようになります。

今回は、これらの世界をより楽しむために、音声の聞き方についてまとめていきます。機械が増えてきた今、様々な選択肢があります。これらの選択肢でベストなものを選べれば、より音声を聞いて楽しめるようになります。

それでは、見ていきましょう。

続きを読む

感情を理解するロボット「pepper」聴覚障害者にもたらす物とは

robot-1214536_640

ソフトバンクが開発した感情を理解するロボット「pepper(ペッパー)」この発明は聴覚障害者にとって何を意味するのでしょうか。

孫社長は、Twitterにて、手話通訳機能の搭載を検討されている事も明らかにしました。

聴覚障害者のバリアフリーの実現に欠かせない手話通訳。

今回は、peperの作り出す世界の可能性について考えていきます。

続きを読む

補聴器を使用している人は耳垢に注意しよう

laptop-943558_640

補聴器を使用していると耳垢が溜まりやすくなります。そのせいか、たまに耳が汚れすぎていると勘違いしてしまい、耳掃除を必要以上にしてしまう方がいます。耳掃除は、するとするほど、耳垢が多く分泌されるようになりますので、しすぎに注意です。

今回は、そんな耳垢に関するお話しです。こちらで、耳垢に関して学んでいきましょう。

続きを読む

片耳が聞こえにくい方へ送る、聞こえを改善させる方法

hands-437968_640

片耳が聞こえにくい方にとっては、どのような補聴方法があるのでしょうか。

この片耳とは、片側は聞こえに問題ないけれども、もう片方の耳が聞こえにくい場合、両方とも聞き取りにくいが片方がより聞き取りにくい場合があります。片耳が聞こえにくい……にも色々種類があります。

これらのケースには、クロス補聴器、バイクロス補聴器と呼ばれる補聴器を装用することで、聞こえが良くなる可能性があります。

今回は、片耳が聞こえにくい方への補聴方法を記載すると共に、クロス、バイクロス補聴器が有効なケースに関して記載していきます。

続きを読む

検索フォーム