2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

当店で扱っている耳かけ補聴器と耳あなクロスのミックス形の特徴

クロス補聴器とは、片耳のみ難聴の方が使用する補聴器です。主に片耳が聞こえており、もう片耳が補聴器で補えない状態の方が使用します。クロス補聴器にもいくつか種類があり、こちらでは、その一つである耳かけ補聴器と耳あなクロスのミックスタイプに関して記載していきます。少々、特殊な組み合わせですが、理想の組み合わせの一つです。

このタイプの形状、金額、特徴、これらに関して載せていきます。

なお、メーカーの方には、カタログのPDF版がありますので、補聴器全体、全般を見たい場合は、こちらをご覧ください。

リンク:フォナック補聴器 – 総合カタログ

耳かけ補聴器と耳あなクロスの概要

当店で取り扱いのあるこのタイプのクロスは

  • メーカー:フォナック
  • 機種名:フォナッククロス
  • 備考:一つ前の世代の組み合わせになります

となり、金額に関しては、

cros-bte-ite-mix

このようになります。こちらは、補聴器+クロスの金額で、クロスを使う場合は、必ず補聴器も必要になります。そのため、補聴器とクロスのセットで考える必要があります。また、いくつか性能があり、それにより、金額が変化します。

耳かけ補聴器と耳あなクロスの特徴

こちらでは、

  • 形状
  • 特徴

の2つに関して載せていきます。

形状

こちらのクロスは、旧タイプのものを使います。今現在の現行機種では、耳かけなら耳かけ、耳あななら耳あなとど補聴器もクロスも同じ形状にする必要があります。しかし、旧タイプの場合は、組み合わせが自由なため、このような組み合わせが可能です。

dscn1917

形状としては、このようになります。

dscn1923

クロス側(聞こえにくい側につけるもの)は、このような形状をしており

dscn1924

通気をよくするために穴が空いています。

dscn1922

こちらは、聞こえる耳につける補聴器です。クロスは、音を転送させる送信機で、補聴器がそれを受け取る受信機になります。

ポイントは、穴がいつくか空いた耳せんを使用することです。聞こえる耳につけるものは、転送されてきた音を聞きつつ、聞こえる側の音も聞かなければならないため、穴を開け、聞こえる耳側からくる音は、そのまま聞こえる耳側で受け取れるようにします。そのため、穴を開けています。

dscn1926

そのほか、補聴器にはスイッチがついており、こちらで音量を調整できるようしたり、音そのものを切り替えたりすることもできます。

dscn1925

このスイッチは、クロス側にもあります。少し見辛いのですが、右上の方にぽっちのようなものがあり、こちらがスイッチになります。

このような形状をしているのが、耳かけ補聴器と耳あなクロスの組み合わせになります。

特徴

こちらでは、このクロスの特徴に関して記載していきます。

  • いい部分
  • 悪い部分

を載せていきます。

いい部分

こちらとしては、

  • 聞こえの効果が高い
  • 余計なノイズが入りにくい
  • 電話がしやすい

の3つがあります。

聞こえの効果が高い

当店で片耳難聴の方に試聴し続けた結果ではありますが、大半の方が聞こえにくい側を耳あな形にした方が聞こえやすくなると評価しています。お客様よりお伺いする限りですが

  • 聞こえる音の範囲
  • 騒がしい中での聞こえの効果
  • 複数の人とのお話

については、耳かけ形よりも耳あな形の方がよくなるようです。

hirou-hani-2

その理由として考えられるのは、音を拾う範囲です。耳かけ形の場合は、全体的に音を拾う傾向があり、状況によっては、後ろから聞こえる感覚が強くなります。それに比べ、耳あな形の場合は、前方を中心に聞くようになります。

これが聞こえの何に役に立つかと言いますと、耳かけ形の場合は、音を拾う範囲が広く(遠くまでという意味ではなく、頭の上も下も拾い、かつ後ろも前も左右も拾います)、耳あな形は、あくまでも前方を中心に聞きます。

騒がしい中では、音を拾う範囲が大きければそれだけ様々な音が入り、邪魔されやすくなります。音を拾う範囲が前方と聞く部分を制限した方が、周囲の音には、邪魔されにくく、聞きたい音声は、聞きやすくなります。その違いが、形状によってでてきますので、結果としては、効果も形状によって異なります。

余計なノイズが入りにくい

耳あな形の特徴の一つですが、余計なノイズが入りにくいというのがあります。

dscn1827

この場合の余計なノイズとは、髪がマイクに当たったり、メガネが補聴器に当たる時に聞こえるノイズです。耳にかけるタイプは、マイクが耳の上に乗るため、マイクに髪が刺さり、ガサガサいったり、メガネなどの同じいちに載せるものがあたり、カチカチ、ガチャガチャ聞こえることがあります。

耳あな形の場合は、耳の中に入るため、そのようなことは、ほとんどありません。それらのものに触れる機会が少なくなりますので、結果的に余計なノイズは、入りにくくなります。

電話がしやすい

主に左耳が聞きづらく、右利きの方が対象(右耳が聞こえにくく、左利きも対象)になります。耳かけ形のクロスですと耳の上にクロスを載せるため、そこに受話器をずらして聞く必要があるのですが、当て方により、聞きにムラがあります。

しかし、こちらであれば、聞こえる耳のように普通に電話していただくだけで、ストレートに音が入ります。楽にでき、かつ、聞こえやすいのがこちらの形状の特徴です。

こちらの形状であれば、聞こえにくい側に受話器を当てても普通に電話ができるようになります。

悪い部分

こちらとしては、

  • 電池の寿命が短い

こちらがあります。

電池の寿命が短い

旧シリーズのものを使っていますので、補聴器の効果こそ高いのですが、電池の寿命が短いのが欠点です。

主にクロス側が消費しやすく、上記に載せたタイプですと一日7時間使用で、2〜3日ほどしか保ちません。長く使用するとするほど、1〜2日くらいしか使用できなくなります。こちらが欠点です。

クロス補聴器は、常に通信しているため、非常に電池の消費が早くなります。スマートフォンでも無線やブルーツゥースで通信し続けるとあっという間にバッテリーが無くなりますが、それと同様です。

まとめ

耳かけ形の補聴器で、耳あな形のクロスを使うタイプは、クロス補聴器としては、理想の形状です。クロスの効果は、主にクロス側の形状によって変わり、かつ聞こえる耳側に補聴器を装用する際のリスクも最大限、軽減できます。

上記には載せなかったのですが、聞こえる耳に、ものを詰めると聞こえにくくなることもそうですが、自分の声が低く響いたり、強く響く感覚を得ます。これは、耳にものを入れると起こる感覚であり、どんな人も起こります。しかし、耳かけ形の補聴器であれば、耳の中に空洞を作りやすいため、聞こえる側からの音を遮らず、かつ声の響きも最大限、軽減してくれます。

これらのことから、クロスを使う形状としては、理想のタイプとなります。電池寿命が短いのが唯一の欠点ですが、それ以外には、欠点はありません。

なお、当店の場合は、電池寿命を少しでも長くできるよう、作れる方には、少し大きいタイプの製作を提案しています。

dscn1888

補聴器もクロスも大きくなるのですが、その代わり、電池の寿命が1.5倍ほどになります。しかし、クロス側ですが、耳がある程度、大きければ、上記のようにできますが、小さい場合は、

fs4

このサイズになります。その場合は、小さいタイプにするか、それとも大きくなるけれどもこちらのサイズにするか。こちらについても相談します。

dscn1892

補聴器については、このくらいサイズが異なります。大きい電池を使用するため、形状が全体的に大きくなります。

電池の寿命は、このようにして伸ばすことは可能です。

性能

補聴器の金額は、基本的に性能の部分で大きく変化します。主に

  • 指向性と呼ばれる機能
  • 快適性を高めてくれる機能

の二つによって変わり、こちらの詳細に関しては、

seinou-select

となります。補聴器は、静かなところであれば、そこまで大きく金額の差は感じないのですが、騒がしいところになると、金額の差が生じるようになります。

騒がしい環境下では、様々な音がするため、それらの音に邪魔されて、聞きにくさを感じやすくなります。その際に少しでも聞きやすくするために開発されたのが、指向性という機能です。

上記の写真のように主に前方からの音声を入れられるようにして、それ以外のところは、音を抑制させることにより、前方からくる音声を浮かび上がらせるという手法です。人は、主に前を向いてお話ししますので、その習性を利用し、なるべく邪魔されないように支援してくれるのが指向性機能となります。それにより、騒がしい中でもできる限り、聞きやすくしてくれます

そして、補聴器には、快適性を高めてくれる機能もあります。騒がしい中だと、暗騒音というざわざわした音や、サーッと言った音が大きく聞こえやすいのですが、それを軽減し、なるべく聞こえてくる音を和らげてくれたり、楽にしてくれます。

他、風の音や補聴器によって大きく聞こえやすい突発的な大きな音なども抑える機能があると、不快に感じにくくなります。金額が上になると、このような機能が優れていたり、搭載される事により、主に聞く必要がない音を軽減し、音を感じる感覚を楽にしてくれます。

補聴器の機能に関して簡単に言いますと、日常生活上で聞こえを楽にしてくれるのが高額な補聴器に共通する事で、機能が充実していると、楽にかつなるべく耳の機能を活かしてくれるという特徴があります。

耳かけ補聴器と耳あなクロスのミックスのまとめ

この形状は、最も安定して、誰でも効果が出せる形状になります。電池の寿命が短いという欠点はありますが、クロス補聴器を使う上では、お勧めできる形状の一つです。

実際には、両耳とも耳あな形を作る現行機種の耳あなクロスが最も聞こえを改善しやすいのですが、耳の穴がある程度、大きくないとリスクの部分が強くなり、非常に聞きにくい補聴器になります。その点、こちらは、そのような部分はありませんので、安心して効果を出すことができます。

当店の場合は、どのようなクロスが最もお客様にあうのか、それを考えて選定しています。耳の大きさがあまりなければ、こちらが良いですし、耳が大きく、両耳とも耳あな形のものが使えそうであれば、そちらをご案内します。そして、仮にこの形状になるのであれば、形状が少し大きくなり、電池の寿命が長いタイプの方が良いか、それとも寿命は短くとも形状の方を取るのか。このような部分まで考えて、提供しています。

最終的には、こちらからするのはアドバイスとなり、お客様の意向を汲みながら選定していきます。無理にこちらの意見を押し付けることはありません。私自身も聞こえにくい人間ですので、補聴器の選定は、聞こえの改善しやすいさを第一に考えて、選定します。その方が、聞こえにくさを改善でき、結果的に、聞きやすくなることで得られる恩恵が多いためです。

当店では、このようにして選定します。

クロス補聴器は、片耳のみ聞こえにくく、もう片耳は、正常の方のために作られました。こちらを使うことで

  • 騒がしい職場でも聞きやすくなった
  • 車の中でも会話がしやすくなった
  • 騒がしい出張先でもお話がしやすくなった

という声をいただいています。お困りでなければそのままで良いかと思いますが、もしお困りであれば、試してみることをお勧めします。改善できれば、お悩みの部分を改善できますし、それについて悩むことはなくなります。全ての部分が耳が治るまでに良くなるわけではありませんが、改善できる部分は、いくつかあります。

金額の高さはありますが、聞こえやすくなった時の効果とその価値をご自身で考えて見てはいかがでしょうか。効果を実感できれば、今までより聞こえに悩むことはなくなります。

もし、聞こえにくさを感じており、困っていることがあれば、お気軽にご相談ください。聞こえにくさを改善させるお手伝いをさせていただきます。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。