当店で扱っている耳かけのクロス(現行機種)の特徴

クロス補聴器とは、聞こえにくい耳に来た音を聞こえる耳に転送し、聞きやすくしてくれる機器です。主に片耳のみ難聴であり、その片耳が補聴器で補えない方に有効な補聴器となります。

このクロス補聴器には、いくつか種類があり、その一つが、こちらの耳かけ形のクロスとなります。

では、こちらのものは、どのような機器であり、どのような特徴があるのでしょうか。当店で扱っているこの機器に関して、記載していきます。

なお、メーカーの方には、カタログのPDF版がありますので、補聴器全体、全般を見たい場合は、こちらをご覧ください。

リンク:フォナック補聴器 – 総合カタログ

耳かけ形のクロスの概要

当店で取り扱いのある耳かけ形のクロスですが、

  • メーカー:フォナック
  • 機種名:フォナッククロスB
  • 備考:両方とも耳かけ形にするタイプです。

となり、金額に関しては

このようになります。こちらは、補聴器+クロスの金額で、クロスを使う場合は、必ず補聴器も必要になります。そのため、セットで考える必要があります。また、補聴器には、いくつかグレードがあり、そのグレード(性能)によっても金額が異なります。

耳かけ形のクロスの特徴

こちらでは、

  • 形状
  • 特徴

の2つに関して載せていきます。

形状

こちらのクロスは、両方とも耳かけ形にして使用するタイプです。

dscn1352

形状としては、このようになります。

cros-set

耳につける補聴器側は、このような耳せんを使用します。聞こえる耳側につける補聴器は、転送された音を聞くのもそうですが、それにプラスして、聞こえる耳側からくる音をそのまま自分の耳で聞く必要があります。そのため、このような穴が空いた耳せんを使用し、聞こえにくくならないようにします。

dscn1916

聞こえにくい側につけるものは、このようになります。こちらもなるべく耳を塞がないようにし、耳の中の湿気をためないようにします。

cros-hear5

こちらのクロスも色々と操作ができます。こちらのボタンがボリュームになったり、音を切り替えるスイッチになったりします。クロス補聴器は、自分で音量を変えたりすることもできます。

このような形状をしているのが耳かけ形のクロス、フォナッククロスBになります。

特徴

このクロスに関する特徴ですが、

  • いい特徴
  • 悪い特徴

の2つについて記載していきます。

いい特徴

こちらの良い点は

  • 比較的静かなところでの効果は高い
  • カラーが豊富
  • 電池の持ちを良くしやすい

があります。

比較的静かなところでの効果は高い

こちらの特徴は、比較的静かなところですと聞こえの効果が高いことです。オフィスの中、室内で聞こえない側から話されるとわかりづらかったり、距離が関係しやすい会議、打ち合わせの時などに聞きにくさを感じている場合は、こちらの形状が今の所効果が高くなります。

カラーが豊富

耳かけ形のクロスは、耳あな形のクロスに比べ、カラーが豊富です。耳にかけて使用するタイプですので、その表面のケースにいくつか種類があります。小さくて目立ちにくい形状をしていますので、人に見せる用というよりも自分で見る用という印象が強くなります。

電池の保ちを良くしやすい

耳あな形のクロス、及び補聴器は、耳の中に全ての部品を入れなければならないため、電池を大きくできる方もいれば、残念ながらできない方もいます。しかし、こちらの場合は、耳の外に補聴器がありますので、電池の持ちをよくさせることは誰にでもできます。

少し形状が大きくなりますので、形状が少し大きくなっても良い方、前提にはなりますが、電池の保ちを良くしやすいタイプになります。

悪い特徴

こちらデメリットは

  • 邪魔になることがある
  • 余計なノイズが入ることがある
  • 騒がしいところでの聞こえは、若干低下する傾向あり

があります。

邪魔になることがある

耳かけ形のクロスは、耳にかけて使用するため、おなじく耳にかけるものがある場合は、その邪魔になりやすくなります。多いのは、メガネ、マスク、ヘルメット、帽子が当てはまります。耳にかけるもの、頭にかぶるもの、この2つを使う回数が多い場合は、少々、補聴器が邪魔に感じやすくなります。

余計なノイズが入ることがある

耳かけ形のクロスは、耳の上にかけて使用するため、マイクもその辺りにあります。耳の上にマイクがあると髪がマイクに刺さり、ガサガサいったり、メガネをつけていたりすると、ツルがあたり、カチカチと音がするケースがあります。

気になる人とそうでない人がいますので、評価が分かれるところではありますが、このようなことも起こります。

騒がしいところでの聞こえは、若干低下する傾向あり

クロス補聴器には、耳にかけるタイプ、耳の中に入れるタイプの2つがありますが、騒がしいところでの評価は、耳の中に入れるタイプの方が良い傾向があります。

ここでいう騒がしいところとは

  • 居酒屋さんの中での会話
  • 地下鉄の騒々しい電車の中での会話
  • 工事現場クラスの騒がしさの中での会話

になります。

  • 一般的な道路沿いでの会話
  • ショッピングモールクラスの会話
  • 人が多いオフィスの中での会話
  • ファミレスクラスの騒がしさの会話

くらいであれば、改善することは多いのですが、先にあげた非常に騒がしくなりやすい環境ですと、どうしても補聴器そのものをつけても改善がしづらかったりします。クロス補聴器には、いくつか種類がありますが、その種類ごとの効果を見てみますと、少し騒がしいところでの改善は、下がる状態になります。

まとめ

聞こえる音の範囲が広いという強みはあるものの、その強みゆえ騒がしすぎるところでは、邪魔されやすくなってしまうのが、この形状の特徴です。

そのため、まだ騒々しくない場所、例えば、オフィスで仕事をする際に、聞こえない側から話されるとわかりづらい、会議、打ち合わせで聞きにくさを感じやすい、という方には、非常にオススメです。強みだけを利用できるからです。

 

性能

補聴器の金額は、基本的に性能の部分で大きく変化します。主に

  • 指向性と呼ばれる機能
  • 快適性を高めてくれる機能

の二つによって変わり、こちらの詳細に関しては、

seinou-select

となります。補聴器は、静かなところであれば、そこまで大きく金額の差は感じないのですが、騒がしいところになると、金額の差が生じるようになります。

騒がしい環境下では、様々な音がするため、それらの音に邪魔されて、聞きにくさを感じやすくなります。その際に少しでも聞きやすくするために開発されたのが、指向性という機能です。

上記の写真のように主に前方からの音声を入れられるようにして、それ以外のところは、音を抑制させることにより、前方からくる音声を浮かび上がらせるという手法です。人は、主に前を向いてお話ししますので、その習性を利用し、なるべく邪魔されないように支援してくれるのが指向性機能となります。それにより、騒がしい中でもできる限り、聞きやすくしてくれます

そして、補聴器には、快適性を高めてくれる機能もあります。騒がしい中だと、暗騒音というざわざわした音や、サーッと言った音が大きく聞こえやすいのですが、それを軽減し、なるべく聞こえてくる音を和らげてくれたり、楽にしてくれます。

他、風の音や補聴器によって大きく聞こえやすい突発的な大きな音なども抑える機能があると、不快に感じにくくなります。金額が上になると、このような機能が優れていたり、搭載される事により、主に聞く必要がない音を軽減し、音を感じる感覚を楽にしてくれます。

補聴器の機能に関して簡単に言いますと、日常生活上で聞こえを楽にしてくれるのが高額な補聴器に共通する事で、機能が充実していると、楽にかつなるべく耳の機能を活かしてくれるという特徴があります。

耳かけのクロスのまとめ

耳かけクロスは、拾える音の範囲が広いせいか、比較的静かなところ、もしくは、少々騒々しい程度のレベルのところでの効果は、非常に発揮しやすい補聴器です。

そのため、仕事の時に困りやすくかつ、オフィスワーカーの方には、オススメです。そのような方の場合、聞きにくい部分を全体的に改善できる傾向があります。

それがこの補聴器の特徴です。