2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器用乾燥機、D-Dry

補聴器には、補聴器用乾燥機というものがあります。補聴器は、精密機械であり、かつ、汗や湿気といったものに弱いため、それらの故障を軽減するために、乾燥機、乾燥剤が作られました。

乾燥機にはいくつか種類があるため、種類を説明しつつ、こちらの乾燥機に関して、説明していきます。

D-dryと各乾燥類の違い

こちらの概要ですが、

  • 価格:12,960円
  • 推薦:よく汗をかく方、補聴器を長く使用したい方
  • 備考:乾燥剤が不要なタイプ

となります。当店で扱っている乾燥機器に関しては、以下の通りです。

この中で乾燥能力に特化したもので、よく汗のかく方、補聴器の故障を最小限にしたい、長く使い続けていきたいという方には、こちらをオススメします。一般的に乾燥機器は、乾燥剤が必要なタイプが大半なのですが、乾燥剤は不要ですので、価格も最終的には、抑えることができます。

基本的に補聴器を毎日8〜12時間使用される方や補聴器のヘビーユーザーにオススメできる製品です。

D-Dryの概要

D-Dryの概要として、使い方も含めて説明していきます。

こちらがD-Dryになります。写真では、大きく見えるかもしれませんが、そんなに大きくありません。コンセントがありますので、そちらを差し込んで使用します。

蓋をあけると、このようになります。だいたい、補聴器ワンセット分、入るようになっており、右側に、オンと書かれたものがあります。使用する場合は、この中に補聴器を入れ、夜寝る前など、長時間入れる場合は、6hを押して使用します。

するとこのようにランプがつきます。こちらは、しばらくすると消えますが、そのまま補聴器は、入れっぱなしにしておきます。

基本的には、この状態で放置し、使いたい時に使っていただければ問題ありません。

まとめ

乾燥機器には、いくつか種類がありますが、補聴器をよく使う方や汗が多く、しっかりとケアしたい方には、D-Dryをオススメします。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。