2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

測定結果から導きだす補聴器で耳を補う方針

mark-516279_640

耳の状態が理解できると、補聴器でどのように補ったら良いのかも自ずと理解できます。中には、判断に迷うケースもありますが、そのようなケースの場合は、実際に考えられる選択肢を試す事で、どちらが良いかを検討します。

補聴器で耳を補う場合、どのようにして補ったら良いかを考える事が非常に重要です。その選択肢について見てみましょう。なお、あくまでもこちらは、私自身が行っている事となりますので、ご了承ください。

結論から

初めに結論から記載します。

なお、以下、クロス補聴器、バイクロス補聴器という単語が出てきます。クロス補聴器とは、聞こえにくい耳に音を入れるのではなく、聞こえる耳に聞こえにくい方に来る音を転送する機器です。そして、バイクロス補聴器とは、両耳聞こえにくい耳に、片耳を補聴器で補い、もう片耳は、クロス補聴器のように聞こえる耳に音を転送する機器です。

補聴器の場合、聞こえにくい耳に音を入れて補っても、聞こえが改善しにくい耳があるため、このような機器もあります。

当店における耳の補い方、耳には、音を入れて効果が出る耳とそうでない耳があるため、このように考えて聞こえを改善させる

当店における耳の補い方。耳には、音を入れて効果が出る耳とそうでない耳があるため、このように考えて聞こえを改善させる

結論から記載しますと、このようになります。

まず、耳の聴力低下の傾向には

  • 両耳とも同じくらい聞こえにくい
  • 片耳のみ聞こえにくい
  • 両耳聞こえにくいが、片耳がより聞こえにくい

の三つしかありません。そして、

  • 聴力測定
  • 語音明瞭度測定

の二つを行い、耳の状況を明らかにしていきます。聴力の状態と明瞭度の状態で耳を補う方針を導き出していきます。

なお、聴力測定、語音明瞭度測定により何がわかるのか、こちらが不明な場合は、以下のものをご覧下さい。こちらをご覧いただければよりこちらの内容がより理解できます。

リンク:聴力測定、語音明瞭度測定をする事でわかる事

両耳とも同じくらい聞こえにくい場合の補い方

両耳とも同じくらいの難聴の場合、耳の状態として考えられるのは

  • 両耳とも明瞭度が同じ
  • 片耳のみ明瞭度が極端に下がっている

の二つがあります。両耳とも明瞭度が同じ場合は、両耳に補聴器を装用するのが最も聞こえを補える方針です。そして、片耳のみ明瞭度が極端に下がっている場合は、バイクロスで聞こえを補うのが最も聞こえを補える方針となります。

両耳とも明瞭度が同じ

聴力も明瞭度も両耳とも大差ない場合は、両耳装用が最も聞こえを補える方針となります。

両耳の聴力が同じ場合は、明瞭度も同じ傾向がある。この場合は、両耳装用が良い

両耳の聴力が同じ場合は、明瞭度も同じ傾向がある。この場合は、両耳装用が良い

主にこのようなケースです。これは、両耳とも明瞭度が低下している場合においても同様です。

難聴には、様々な原因で聴力低下が起こりますが、両耳とも同じくらい低下するケースは多くあります。

  • 老人性難聴
  • 騒音性難聴(慢性的なケースに限る)
  • 生まれつきの難聴(場合によります)

この三つは、両耳とも同じくらい聴力低下する事が多い症状です。

片耳のみ明瞭度が極端に低下している

片耳のみ、明瞭度が極端に落ちている場合は、補聴器で聞こえを補おうとしてもノイズにしか聞こえない事がありますので、その場合は、バイクロス補聴器を使って補います。

両耳の聴力が同じでも稀に明瞭度が極端に低下しているケースがある。この場合は、バイクロスが良い

両耳の聴力が同じでも稀に明瞭度が極端に低下しているケースがある。この場合は、バイクロスが良い

このようなケースは、あえて聞こえにくい耳に音を入れない方が、聞こえの効果は高くなる傾向があります。

聴力が例え同じでもまれに、片耳のみ明瞭度が極端に落ちているケースを見ます。そのような場合は、バイクロス補聴器を装用した方が、聞こえにくさを改善しやすくなります。

補聴器を装用していない側は、気が付きにくくなりますので、そのままにするより、音を聞こえやすい耳に転送するバイクロスの方が、聞こえにくさによる不自由度は、軽減できます。

こちらのケースは、どのような症状を持っている方がなるのか、よくわかりません。しかし、たまに見ます。

片耳のみ聞こえにくい場合の補い方

片耳のみ難聴の場合、耳の状態として考えられるのは

  • 聴力低下が中等度クラス
  • 聴力低下が重度クラス

の二つがあります。聴力低下が中等度クラスであれば、補聴器を耳に装用した方が聞こえを改善しやすく、聴力低下が重度クラスの場合は、クロス補聴器を装用した方が、聞こえを改善しやすくなります。

聴力低下が中等度クラス

聞こえにくい側が中等度難聴までであれば、語音明瞭度測定の結果が良い事が条件ですが、一般的な補聴器を耳に装用する方が、聞こえにくさの改善に役立ちます。

主にこのような聴力の方です。

片耳のみ中等度難聴の場合、悩むケースが多いが、片耳に補聴器を装用するケースが多いように感じる

片耳のみ中等度難聴の場合、悩むケースが多いが、片耳に補聴器を装用するケースが多いように感じる

実際には、クロス補聴器の方が良いのか、一般的な補聴器の方が良いのか、聴力により悩む傾向がありますが、どちらが良いのか検証したうえで、補聴器で補う方針を決めていきます。

こちらに当てはまるケースは

  • 突発性難聴
  • 低音障害型感音難聴(再発繰り返しによる聴力低下)
  • 生まれつきの片耳難聴

となります。なお、これらの症状の中には、語音明瞭度の結果が低くなる事もあるため、その場合は、クロス補聴器の方が聞こえを改善できます。

聴力低下が重度クラス

重度の聴力低下があった場合は、残念ながら音を入れても、改善しないケースがほとんどです。そのため、聞こえにくくなった耳に音を入れるのではなく、聞こえる耳に聞こえにくい方に来る音を転送させて聞こえを補う方が聞こえを改善しやすくなります。一般的にこのようなケースでは、医師に「補聴器は効果ない」と言われるケースが大半です。

片耳のみ重度難聴の場合は、クロス補聴器が有効。それ以外では、補う事はほぼできない。

片耳のみ重度難聴の場合は、クロス補聴器が有効。それ以外では、補う事はほぼできない。

主にこのような聴力の方が対応します。そして、対応するのは、クロス補聴器という補聴器です。こちらは、聞こえにくくなった耳に音を入れるのではなく、聞こえる耳に聞こえにくい耳に来た音を転送する機器となります。

耳には残念ながら音を入れても改善しにくい耳が存在します。そのような場合は、音を聞こえる耳に転送して聞く方が、遥かに良く改善できるようになります。

なお、余談ですが、クロス補聴器には、耳かけ形と耳あな形がありますが、いくつか、欠点があるものの耳あな形のクロスの方が、非常に聞こえが良くなります。

こちらに当てはまるケースは

  • 突発性難聴
  • ムンプス難聴
  • 生まれつきの片耳難聴

の方で、かつ聴力低下が重度の方です。このような方々には、聞こえにくい耳に音を入れて補うのではなく、聞こえにくい耳に来る音を聞こえる耳に転送する形式で耳の聞こえを補います。

片耳がより聞こえにくい場合の補い方

こちらに関しては

  • 聴力差が大きくないケース
  • 聴力差が大きいケース
  • 明瞭度の差が大きいケース

の三つがあります。聴力差が大きくなく、かつ明瞭度もそれなりにあるのでしたら、両耳装用が最も聞こえを良くする方針となります。そして、聴力差が大きいケースでは、バイクロス補聴器で補うのが聞こえを良くする方針です。また、明瞭度の差が大きいケースにおいてもバイクロスの方が聞こえを良くしやすくなります。

聴力差が大きくないケース

聴力差がさほど大きくないケースでは、両耳に補聴器を装用する方針が最も聞こえを改善できます。こちらは、聴力差がそこまで大きくなく、語音明瞭度測定の結果が良い事が条件です。

聴力、明瞭度とも近い、あるいは、良い事が条件だが、この場合は、両耳装用が良い

聴力、明瞭度とも近い、あるいは、良い事が条件だが、この場合は、両耳装用が良い

主に上記のような聴力の方が対応します。このような聴力の場合、厳密には聴力の差により、補聴器で両耳装用するのが良いのか、バイクロスで補うのが良いのか、悩む事が多いケースです。仮に迷った場合は、どちらも試し、どちらか良い方を選択します。

こちらに当てはまるのは、

  • 生まれつき難聴
  • 老人性難聴
  • 騒音性難聴

などの両耳とも聞こえにくくなる難聴の方々です。

聴力差が大きいケース

聴力差が大きいケースや片耳の聴力低下が重度クラスの場合は、補聴器で聞こえにくい側に音を入れても補いにくく、このようなケースは、バイクロス補聴器で聞こえを補うと聞こえにくさの改善がよりしやすくなります。

片耳のみ重度難聴の場合、重度難聴側は補いにくいため、バイクロスで補った方が聞こえを改善しやすくなる

片耳のみ重度難聴の場合、重度難聴側は補いにくいため、バイクロスで補った方が聞こえを改善しやすくなる

主にこのような聴力の方です。

こちらのケースで当てはまるのは、複数の難聴原因が重なる複合型です。

  • 老人性難聴
  • 騒音性難聴
  • 生まれつきの難聴

の方々が

  • 突発性難聴
  • ムンプス難聴
  • 低音障害型感音難聴
  • 中耳炎

などの片耳のみ聞こえにくくなる症状になったり、逆に片耳のみ聞こえにくい方々が、老人性難聴などにより、聴力が低下してきたケースが当てはまります。

明瞭度の差が大きい

聴力および明瞭度の差も大きい場合は、バイクロス補聴器で補うのが最も聞こえを改善しやすい方法です。

明瞭度が低い場合は、残念ながら音を入れても効果が薄い。このような場合は、バイクロスの方が不自由度を改善できる

明瞭度が低い場合は、残念ながら音を入れても効果が薄い。このような場合は、バイクロスの方が不自由度を改善しやすくなる

残念ながら明瞭度が低い場合、低い耳に補聴器を入れても聞こえを改善しにくくなるため、聞こえる耳に音を転送する方が聞こえを改善しやすくなります。

補足事項

補う方針に関して

  • 両耳装用と片耳装用
  • 特殊な補聴器、クロス、バイクロスを扱う理由

について補足します。

補足①〜両耳と片耳〜

両耳装用と片耳装用の違いですが、両耳装用から片耳装用を比較すると

  • 音の方向が理解できない
  • 騒がしいところでの聞き取りは両耳装用よりも難しくなる
  • 複数の方とのお話しも両耳装用より、難しくなる
  • 装用していない側からの呼びかけに気が付きにくい

などがあります。片耳のみ装用するとこれらのところで聞きにくくなってしまいますので、両耳とも補聴器の効果が望めるのでしたら、両耳に補聴器を装用します。

補足②〜特殊な補聴器、クロス、バイクロスを扱う理由〜

片耳のみ聞こえにくい方には、クロス補聴器。両耳とも聞こえにくく、かつもう片耳が聞こえにくいケースには、バイクロス補聴器を当店では、お勧めしています。それぞれの選定における考えは、上記の通りです。

このような機器は、なかなかなく、恐らく、上記の方針をご覧になった方の中には「おや?」と思う方もいるかもしれません。

これらを扱っている理由ですが、こちらのものがあった方がお客様の不自由度を改善しやすいためです。片耳のみ難聴の方もそうですし、両耳のみ聞こえにくく、片耳が特に重いケースも同様です。聞こえにくい側を聞こえやすくするのには、大きな効果があります。

私の方で、いくつか試聴やお客様に試していただいたところ、両耳聞こえにくく、かつ片耳がより聞こえにくいケースでは、より聞こえにくい側も含めて改善できるバイクロス補聴器の方が聞こえの効果が良く、かつ不自由度も改善しやすい事がわかりました。そのため、こちらを選択しています。

片耳難聴の方も装用しないより、クロス補聴器を装用した方が仕事や日々の生活の中での不自由度を改善できる傾向があります。

当店では、あくまでも困っている事を改善させるために補聴器を提供する場所であり、補聴器を販売するという観点で対応する事はありません。今困っている事を最大限改善させる事が当店の方針です。

そのため、これらのものも扱い、どのようにしたら聞こえを最も改善できるのか、そしてそれを理解し、その補聴器を提供するようにしています。

補聴器で耳を補う方針のまとめ

補聴器で耳を補う際、当店では、どのように補ったら効果が望めるのか、こちらを初めに明らかにします。中には、きわどいものもあり、迷ってしまう事もありますが、その場合は、考えられる手法を試し、どのように補うのが良いのかを明らかにします。

その後、補聴器の形状、性能の部分を決めていきます。このように選定する事で、聞こえにくい事による不自由をできる限り、軽減する事ができます。

測定結果の見方でも記載しましたが、耳には、残念ながら音を入れても、聞こえにくい、あるいは、ほぼ効果が見込めない耳というのがあります。片耳のみ重度難聴の方だったり、極端に語音明瞭度測定の結果が低いと、聞こえにくい耳に音を入れて補う方針では改善はほとんど望めません。

しかし、これらのケースで片耳が聞こえる、あるいは、補聴器を使う事により、聞きやすくなるのでしたら、その耳で音を聞いた方が、全体の不自由度は、改善する傾向があります。

当店では、このようにして聞こえにくい方々の耳を補っています。音を入れても効果が望みにくい耳があるからこそ、測定結果からどのような耳なのかを確認し、補う方針を明らかにした後に補聴器選定へ進んでいます。

このようにしてお客様の不自由さ、今感じているお悩みを改善しています。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。