お使いの補聴器が聞こえにくい方の対応

すでに補聴器をお持ちである場合、お持ちの補聴器を見たり、こちらの補聴器をベースに改善するなど、以下のサービスも行っております。

他店でご購入され、自分の耳に合っているのだろうか?今、どんな聞こえなのだろうか。など感じている方は、基本的に状況を見える化して、状況を把握しています。

これはあくまでも経験上ですが、聞きにくいと感じているケースは、総じて、ご自身の状況を目に見える形にしたことがないケースをよく見ます。

補聴器は、耳を治せる道具ではないのは確かですが、状況をみて改善の余地があれば、もっと改善をすることができます。そのために状況を把握し、その内容を提供する。ということも当店では行っております。

補聴器をお持ちの方へのサービス

こちらについては、

  • お持ちの補聴器の状況について調べたい
  • 現在の補聴器をベースに改善したい
  • 補聴器を新しくしたい

の3つがあります。

お持ちの補聴器について調べたい

はじめにサービスの概要ですが、

  • 料金:¥3,240円
  • 測定:聴力測定、音場域値測定など
  • 対応:どのメーカー、機種でも可能
  • 備考:お客様のご要望に合わせ、測定を行なっていきます

こちらは、お持ちの補聴器に関して知りたいことをご要望に合わせて調べていきます。ご依頼で多いのは、補聴器を使用した状態について、現状どうなのか。改善できるところまで、きちんと改善できているのか。というセカンドオピニオンのような依頼です。

そのようなケースでは、耳の状態を調べつつ、補聴器を装用した状態も調べていきます。

耳の場合は、聴力測定ですが、補聴器の場合は、音場閾値測定というもので調べることができます。こちらは、補聴器を装用した状態で、各周波数を調べることで、現状を把握できる測定です。

今現在聞こえている数値と聴力から聞こえの改善目標値を出し、その比較をしたり、左右で補聴器を装用している場合は、その左右の聞こえも調べたりし、今現在の現状についてお伝えしています。

どのようなものも目標と現状を比較することで、より状況が理解しやすくなる。目標と同じくらいなら良いし、目標より、低い場合は、それをどう達成するか。よりどのように改善していければ良いかを考えていけば良いのだ。

どのようなものも目標と現状を比較することで、より状況が理解しやすくなる。目標と同じくらいなら良いし、目標より、低い場合は、それをどう達成するか。よりどのように改善していければ良いかを考えていけば良い。

例えば、上記の図が音場域値測定で調べた図なのですが、▲は、補聴器を装用した状態での聞こえで、△は、補聴器なしの状態。そして、赤い△は、聴力から目標とする値になります。現状の聞こえと聴力から目標とする値がわかると、これらを比較することで、より現状を理解することができます。

なお、目標とする数値は、聴覚医学会が出している補聴器適合指針2010の内容を基準にしています。

audiology-03

(3)評価方法

ファンクショナルゲインが聴力の半分(ハーフゲイン)であるか、装用域値が1000Hzで35dB以内であればよい。ファンクショナルゲインは、低音域ではハーフゲインより少なくてもよく、高音域の利得は補聴器の性能上ハーフゲインが得られない場合がある。

評価例(図11)

補聴器適合例と適合不十分例を示した。▲印は低音及び高音部をのぞき非装用時の域値のほぼ半分のファンクショナルゲインを得ており適合例と言える。■印の場合は、ゲインが不足しており、適合不十分例といえる。

Audiology japan 53,2010 補聴器適合検査の指針(2010)聴覚医学会より引用

そのほか、私自身の経験もプラスαして、より状況を改善できる目標値を設定しています。そして、その目標値と現状を比較し、状況に関してお伝えしています。

現在の補聴器をベースに改善したい

こちらの概要ですが

  • 料金:¥5,400円(税込)+α
  • 調整:基本はフォナックのみ
  • 備考:料金は、測定、調整のみであれば、5.400円です。部品交換が入ると別途その代金をいただきます。
  • 注意:あまりにも補聴器が古い場合は、買い換えを勧める場合もあります。

となります。

基本的には、上記の「お持ちの補聴器の状況について調べたい」の内容に補聴器の調整も加えたものとなります。

調整後は、再度測定を行い、状況をより良くできたかなども確認しています。

補聴器を新しくしたい

こちらの場合は、基本的に新規の方と同じような手順で改善していきます。

具体的な流れは、上記の通りになります。具体的な順序は

  1. 耳の確認
  2. 改善する方法の提案
  3. 補聴器の説明及び貸出
  4. 本格的な検討
  5. 補聴器のお渡し

になります。

耳の確認

初めに行うのは、耳の確認です。こちらは、聴力や補聴器を装用した状態全てを確認し、初めに現状を把握していきます。

改善する方法の提案

調べた後は、どのようにしたらより良くなるのか。耳の状況に加え、その方法に関してもお伝えしていきます。

調べて見た結果、限界まで、ちゃんと調整されているケースもありますが、7割くらいの方は、より改善できる傾向があります。

補聴器の説明及び貸出

改めて補聴器に関して説明させていただき、実際に補聴器を耳に合わせ、状況をより良くしていきます。

この際、日常生活上、もしくは、職場など、実際にお困りの場所で使えるようにするため、補聴器の貸し出しも行っています。

本格的な検討

実際に使ってみてよかった場合は、本格的に検討するため、

  • 形状
  • 性能

といった部分を改めて相談していきます。そして、貸出などを通じて、ご自身が望むものを探していきます。

なお、いまいち、改善できなかったなと感じた場合は、そのままご返却いただければ大丈夫です。そして、もう少し使ってみたいなどのご要望があれば、その都度、貸し出しを長くしたり、使っていただいたりすることもしています。

補聴器のお渡し

本格的な検討で補聴器が決まったら、それを用意してお渡しです。

補聴器のお渡し後は、良い状態をキープするための定期点検や壊れにくくするための方法などをお伝えし、長く使えるようにしています。

ご相談になった方(購入になった方)の声

こちらでは、主にご購入になった方の声になりますが、載せていきます。実際にどのように改善したかの内容も載せていきますので(リンク先に記載しています)ご参考にしてみてください。

買い替えK・Iさんのケース

こちらの方は、はじめ他店で補聴器をご購入されましたが、そちらではあまりうまく行かず、当店へご来店になりました。

状況を把握した上で、どのようにしたらよりよくなるのか。その点についてお話しし、実際に試聴。その後、状況をより改善できましたので、結果として、ご購入となった方です。

どのようなことでお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて(ご相談されてみて)いかがでしょうか?

このお店で購入(相談)した理由は何でしょうか?

実際のアンケート内容

今まで聞きにくかったが故に行動がしにくかったり、諦めやすかったようですが、そのような性格まで徐々によくなってきた方です。聞こえが改善できたことも良いことですが、そのおかげで前向きにできたのは、何よりもよかったことになります。

K・Iさんの実際の症例に関しては、こちらをどうぞ。

リンク:原因不明の感音性難聴で軽・中等度難聴の方、補聴器で改善

買い替えF・Gさんのケース

こちらの方は、以前に補聴器を購入したことがあったのですが、うまく聞こえず、しばらくは、補聴器なしで生活していらっしゃいました。しかし、仕事もしており、かつ、今後も仕事をしていく予定でいたため、補聴器をお求めになりました。

状況を確認しながら、お話しし、試聴を通じてよくなりましたので、結果として、補聴器をお求めてになり、お渡ししました。

どのようなことでお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて(ご相談されてみて)いかがでしょうか?

co-e-f-g-03

このお店で購入(相談)した理由は何でしょうか?

coe-f-g-02

実際のアンケート内容

今現在、こちらの方は、仕事もしながら、趣味のテニスも楽しんでいる方になります。初めは、トラブルの部分を回避するという目的でしたが、仕事先でのお話しもテニスをするサークル内での話もしやすくなり、それらの状況もよりよくすることができました。

聞こえにくくなったとしてもその後も楽しんで良いわけですから、状況をよりよくでき、こちらとしては、何よりでした。

F・Gさんの内容については、こちらをどうぞ

リンク:【非常に聞きやすくなった】高音急墜形感音難聴の方を改善させました

買い替えK・Aさんのケース

他店で補聴器をいくつか購入されていたようですが、なかなか改善せず、少し遠いのですが(他県お住まい)わざわざ当店へご来店いただいた方となります。

状況を確認すると右側は、補聴器を装用しても改善が難しいため、ある特殊な補聴器で改善させることになりました。そちらを試聴後、よりよくなるとのことで、そのままより聞こえを改善させ、結果的にご購入となった方です。

どのようなことでお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて(ご相談されてみて)いかがでしょうか?

このお店で購入(相談)した理由は何でしょうか?

実際のアンケート内容

補聴器の試聴から初め、状況をよりよくでき、こちらとしては、何よりです。近距離であれば、かなり聞きやすくなったようで、重宝しているようでした。

元々句会やお友達と出かける機会が多かったようで、それらの場所で聞きやすさを改善することができました。耳の状況は、人によって異なるため、その人の状況を見ながら、どのように改善させてあげると良いのか。それを再度、考えさせられる症例でもあります。

K・Aさんの症例に関しては、こちらをどうぞ。

リンク:【お持ちの補聴器より聞きやすく】軽・中等度難聴の方、バイクロス補聴器で改善

補足

補聴器について全体的に理解したい。状況改善に関して知りたいという方は、以下をご覧ください。

リンク:補聴器で耳を改善させる手引書

また、これ以外の症例に関して見てみたいという方は、こちらをご覧ください。

リンク:お客様の症例紹介

まとめ

以上、当店では、このようなサービスを設けております。どの内容も聞きにくいので相談したい。という部分から生まれたサービスです。ご相談したい内容があれば、お気軽にご相談ください。

相談する場合は、下の方に電話番号、もしくはお問い合わせフォームがありますので、そちらよりご相談をお願いいたします。

よろしくお願いいたします。