2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器で耳を改善させる手引き書

writing-828911_640 (1)

こちらでは、主に耳が聞こえにくくなり、その状態を補聴器を装用して改善させる事をまとめたページとなります。聞こえの改善以外にも補聴器を装用して起こることや補聴器に関する内容もまとめていますので、聞きにくい現状を改善させる手助けとなれば幸いです。

なお、基本的に改善方法に関しては、こちらのページにまとめていきますので、気になる方は、このページに関して、お気に入り登録しておくことをお勧めします。

補聴器で耳を良くさせる基本と測定結果の見方

こちらでは、聞こえを改善させる基本ということで、どのように改善させていくのか。こちらに関して載せていきます。

  • 測定結果の見方
  • 耳の補い方

の2つについてみていきましょう。どのようなケースも、まず、どのような状態なのか。その部分を把握することから初めていきます。

なお手っ取り早く知りたい方は、耳の補い方からご覧ください。

測定結果の見方

耳の状態は、感覚だけではわからないため、測定して、どのような状態かをまずは確認します。

この場合、音がどれだけ聞きにくいのかをみる聴力測定と音声がどれだけ理解できるかの語音明瞭度測定というものがあります。

耳の補い方

耳の補い方に関しては、大きく分けて

  • 両耳とも聞こえにくい場合
  • 片耳のみ聞こえにくい場合

の2つしかありません。それぞれの補い方に関しては、以下の通りです。

補い方が重要なのは、どんな耳にも補聴器を装用すればたちまち良くなるということがないためです。中には、補聴器を装用しても残念ながら効果が見込めない耳というのもあります。

一般的な補聴器を使用して改善

こちらは、両耳とも補聴器を装用して改善していく、もしくは、片側のみ補聴器を装用して改善させていく場合に当てはまるものです。

このケースでは、聞こえの改善度が、調整>形状>性能の順に重要、かつ影響を受けます。

補聴器の基本

補聴器の基本として理解しておきたい部分をまとめたものが、こちらです。補聴器でどこまで補えるのか、そして、どのような部分が聞こえを改善させる上で、ベースとなるのか。その点に関してまとめました。

補聴器の調整

こちらでは、補聴器の調整になります。重要なのは、補聴器を装用した感覚だけでなく、客観的な評価も交えながら調整をしていくことです。補聴器には、補う目標を決めて調整していきます。

補聴器の形状&種類

補聴器の形状にはいくつか種類があります。こちらについてまとめてみました。形状は、補聴器を決める要素の一つです。

基本

詳細

補聴器の性能

補聴器を決める要素には、形状と性能があります。こちらは、その一つの性能になります。全体的に理解するのでしたら、補聴器の聞こえの効果と性能の関係、性能を理解する3つのポイントのみで大丈夫です。

基本

詳細

補聴器が合っているのかの確認

最後にどのような状態であれば良いのか。それについては、以下の通りです。

なお、その状態を調べる方法については、こちらがあります

クロス補聴器を装用して改善

片耳のみ聞こえにくく、その耳の聴力が大きく低下していたり、音を入れても歪んで聞こえる、言葉が言葉として聞こえない。このような場合は、クロス補聴器という機器を装用して聞こえを補っていきます。

クロスの場合、聞こえの改善の貢献度は、形状>調整>性能の順になります。それぞれまとめていきます。

クロス補聴器の形状

こちらでは、形状についてまとめて見ました。クロス補聴器には、形状のほか、その形状の組み合わせというものがあります。そして、その組み合わせにより、聞こえの効果が異なります。

クロス補聴器の性能

クロス補聴器の性能に関して、まとめてみました。補聴器には、主に3つの性能の部分があります。この部分の機能により、金額も変化します。

バイクロス補聴器で改善

バイクロス補聴器とは、両耳とも聞こえにくいけれども片耳の聞こえが大きく低下している方に有効な機器です。聞こえの効果に関しては、調整>形状>性能になりますが、形状により、クロス同様、大きく効果が変化します。

バイクロス補聴器の特徴は、一般的な補聴器の要素にクロスの要素が加わった形となります。

バイクロス補聴器の調整

バイクロス補聴器の調整は、主に一般的な補聴器と同じです。補聴器は、聞こえを改善させる目標値を定め、そこを目指しつつ、日常生活上でも使用できる音量に調整していきます。

バイクロス補聴器の形状

バイクロス補聴器で使える形状の特徴と組み合わせに関して載せてみました。バイクロス補聴器は、調整も重要ですが、形状によっても大きく聞こえの効果が変化するため、非常に重要な要素になります。

バイクロス補聴器の性能

バイクロス補聴器の性能は、クロス補聴器と同様になりますので、クロス補聴器の性能欄をご覧ください。

補聴器を使用する

こちらでは、補聴器を使用することによって起こることや使い方などを載せていきます。

補聴器から聞こえる音

さて、補聴器をつけるとどのような事が起こるのでしょうか。こちらについてまとめてみました。補聴器をつけると色々な音が聞こえるようになります。

操作&機能を使う

補聴器には、いくつか機能があります。機能は正しく使いましょう。

慣れる

補聴器を装用すると今までの音の感覚が変化します。音を聞き、慣れるにはどうしたら良いか。それについてまとめてみました。

使ううえでの注意

補聴器は様々なものの影響を受けます。

Q&A

私の耳に補聴器は合いますか?

補聴器は、どのくらい使えるものですか?

補聴器を使用していく上で、維持費はどのくらいかかりますか?

補聴器購入後は、そのままで良いのですか?

補聴器に保証はありますか?

補聴器の貸出はどうなんですか?

補聴器は紛失しそうなのですが、どうなんでしょうか?

補聴器購入後

こちらは、補聴器を購入した後のお話しです。主にメンテナンスや自分でケアする事、守る事などが入ります。

メンテナンス

補聴器には定期的なメンテナンスが必要です。3ヶ月〜6か月に1度は、行うことをお勧めします。ただし、自分でもできることはあります。

自分でケア

補聴器はケアする事も大切です。補聴器のケアをすれば最終的にご自身が困る回数を減らせます。

異常&不調を感じたら

補聴器を使い続ければ、不調や異常を感じる事もあります。わからない場合は、素直に補聴器販売店へ相談しましょう。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。