2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の定期メンテナンス

補聴器ご購入後、当店では、定期メンテナンスをお勧めしています。当店が行なっている定期メンテナンスは、以下の通りです。

補聴器の定期メンテナンス

定期メンテナンスで行なっていることは

  • 補聴器の点検
  • 補聴器の掃除

の2点になります。期間については、3〜6ヶ月に一度をお勧めしています。

補聴器の点検

補聴器の点検で行なっているのは、

  • 動作チェック
  • 補聴器の音チェック

の2点です。

動作チェック

動作チェックでは、スイッチ系の確認を行います。

スイッチ系とは、ボリュームやプログラムスイッチ、そして、電源になります。これらのものは、何度も動作させると、へたってきたりしますので、動作が怪しくなったら、修理するためにお預かりしたり、その場で手直しします。

特に耳かけ形の場合、電源のON、OFFを繰り返すと電池に当たる金具が開いてしまい、スイッチが入りにくくなったりしますので、そのようにならないよう、事前に対処します。

補聴器の音、チェック

補聴器の音、チェックとは、補聴器の音を調べる特性機で、設定した通りに音が出ているのか。その確認を行います。

補聴器の音は、高い音だけ低下していたり、気がつかないで低下することもありますので、実際に設定した通りに出ているのか。その確認を機械で行います。

補聴器の掃除

補聴器の掃除では、汚れを落とすこともそうですが、それ以上に行なっているのは、聞きにくくならないように対処することです。

耳あな形補聴器、一部のクロス補聴器では、耳の中にイヤホンを入れるため、耳垢や汚れにより、音が聞こえなくなることもあります。耳の中に入る部分には、上記の写真のような白いフィルターがついています。

こちらが詰まる前に掃除やメンテナンスを行い、常に聞こえる状態をキープするようにしています。

まとめ

当店では、このような定期メンテナンスを行なっています。メンテナンスの目的は、聞こえる状態をキープすることです。上記の内容は、全て聞こえる状態をキープするために行なっていることとなります。

当店での考えは、補聴器を売ることではなく、補聴器を使い、少しでも日常生活や職場での環境を良くしていただくこととしています。そのため、定期メンテナンスを通じて、より良い生活を支援するようにしています。

なお、故障や故障の予兆が見られた場合は、早急にお預かりし、修理や改善の対応を行なっています。その際、補聴器をお預かりする必要があった場合は、代替機の用意も行なっています。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。