片耳のみ聞こえにくいケースの対応

こちらでは、片耳のみ聞こえにくいケースの改善を希望された際の対応に関して記載していきます。基本的に当店で行なっている対応ですが、

上記の通りとなります。初回は、耳の状況を確認させていただき、どのように補ったら良いのか。それらについて調べ、補聴器の説明から、試聴、日常生活、仕事場で試せるよう貸出を行います。

幾日か貸出し、補聴器があった方が生活が良くなる、仕事上の不便さを軽減できるとなった場合、どの補聴器を購入するのか。その相談を行なっていきます。決まりましたら、ご用意し、お渡しです。

主にこのような流れで対応しています。

以下、ポイントに関して記載していきます。

目次

①補聴器を理解するための期間

初回は、

  • 耳の確認
  • 耳に合う補聴器の説明
  • 補聴器の効果確認
  • 補聴器の試聴(貸出)

を行います。

耳の確認フェーズ

耳の確認フェーズで行うのは、

  • 聴力測定測定
  • 語音明瞭度測定

の2点です。もし、耳鼻咽喉科で検査したものがあれば、お持ちください。なければこちらで測定し、どのような耳かをまず理解していきます。

片耳のみ難聴の場合、基本的には、

  • 聞こえにくい耳を補聴器で補う
  • 聞こえる耳で聞こえない耳側の音を聞く

の2つの補い方があります。

前者は、聞こえない耳に補聴器を直接装用するやり方で、後者は、クロス補聴器と呼ばれる聞こえない耳にクロスという音の送信機を乗せ、聞こえる耳には、補聴器を装用することで、常時、聞こえない側に来る音を聞こえる耳に送る機器です。

基本的には、補聴器で聞こえない耳を補えるのであれば、直接、補聴器で聞こえない耳側を聞きやすくさせた方が聞こえにくさは改善できます。そして、補聴器で直接、聞こえにくさを改善させることが難しい場合は、クロス補聴器で聞きにくさを改善していきます。

こちらに関して詳細を理解したい場合は、こちらをご覧ください。

リンク:片耳のみ聞こえにくい方を補聴器で補う時に理解したい2つの補い方

まず、どのように補ったら最大限、聞きにくさが軽減できるのか。それを調べるために、耳の状況を把握していきます。

耳に合う補聴器の説明

耳の状況を調べましたら

  • 耳の状況の説明
  • 耳に合う補聴器の説明

を行います。

クロス補聴器で補った方が良い場合は、クロス補聴器を実際に見ながら補聴器の説明を行い、試聴や体験も行なっています。

そして、聞こえにくい耳に直接補聴器を装用した方が良い場合は、どのような補聴器があるかを説明しながら、実際に補聴器の音を聞いていただけるようにしています。

なおクロス補聴器や一般の補聴器には、

  • 形状
  • 性能

といった選ぶ要素があります。これらも含めてご説明していきます。

補聴器の効果確認

クロス補聴器は、実際にご自身の耳でどのように聞こえるのかを体験いただき、一般的な補聴器の場合、どのくらい聞こえが改善できているのかを目で確認しながら、改善させていきます。

なお、あくまでも一般的な補聴器の場合に限りますが、初めの段階では、目標となる音量まで入れることが難しいケースが多いため、現状の聞こえを確認しながら、最終的にどのくらい聞こえを改善したら良くなるのかなどもお話しします。

補聴器の効果確認に関しましては、一般の補聴器(聞こえにくい耳に音を入れて補う方法)になりますが、

リンク:補聴器の調整と聞こえを改善させる目安

のようにしています。

補聴器の試聴(貸出)

補聴器の感覚を体験いただいたり、効果の確認が終わりましたら、補聴器の貸出を行います。当店の場合は、日常生活で補聴器があることで、どのように変化するのか、職場でどのように聞こえるのか、体験できるよう貸出も行なっています。

幾日か補聴器を試聴し、補聴器があった方が日常生活が楽になる、職場で仕事がしやすくなる、あった方が良いとなった場合、次のステップに進みます。

②補聴器を決める期間

補聴器があった方が生活が楽になったり、補聴器の購入を希望する場合、どの補聴器にするのか。こちらについて決めていきます。行うことは、単純で

  • 補聴器ごとの特徴を再確認
  • 希望する補聴器の試聴、製作

の2つを行います。再度、改めて補聴器に関して、どのような補聴器にするのかを相談し、そして、その補聴器を用意したり、試聴、貸出を行います。

補聴器には、耳の型を採取して製作するものもありますが、この段階で、そのようなタイプの補聴器を製作し、実際に試聴できるようにしています。

③補聴器のお渡し

試聴を通じ、どの補聴器にするかが決まりましたら、ご用意後、お渡しして終了です。この際、今後の補聴器の相談に関して、行います。

補聴器の場合、製品によっては、汚れや目詰まりによって音が出なくなる、聞こえにくくなるものもあります。定期的にメンテナンスすることで、聞こえる状態をキープできるようになりますので、定期的なメンテナンスをお勧めします。

このメンテナンスは、当店にご来店いただくか、ご自身でやっていただくかの2つに一つとなります。ただ、お忙しい方でも機能の確認のため、6ヶ月に1度は、ご来店をお勧めしています。

当店の流れのまとめ

当店では、基本的にこのような流れで相談を承っています。始めに耳の状態を確認し、どのように補ったら良いのかを調べ、聞こえにくさを最も改善できる方法は、なんなんなのか。それを調べていきます。

その後、補聴器の試聴や貸出を通じ、補聴器のことを理解いただきながら、ご相談を進めていきます。補聴器の貸出を行っているのは、お店だけで聞いても日常生活でどのように変化があるのか、実際に使いたい場所、例えば職場では、どのような変化があるのかがわからないためです。

実際に貸出を通じ、理解いただきながら、仮にあった方が良いのであれば、どのような補聴器が良いのか。こちらの相談を継続していきます。その後、相談を進め、購入する補聴器が決まったらお渡しです。

当店では、このように対応しています。

ご利用になったお客様の声

当店をご利用になり、実際に補聴器を購入になった方の声に関しては、こちらの通りです。

生まれつき片耳が聞こえにくい方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)したのは、なぜですか?

実際のアンケート

リンク:【車内で聞きやすく】生まれつき左側が聞こえない方、クロス補聴器で改善しました

ムンプス難聴により、聴力低下した方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)したのは、なぜですか?

実際のアンケート

リンク:【席を気にしなく】ムンプス難聴の方、クロス補聴器で改善しました

突発性難聴により、聴力低下した方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)したのは、なぜですか?

実際のアンケート

リンク:【聞きにくい側の音声が理解しやすく】突発性難聴、片耳中等度難聴の方をクロス補聴器にて改善しました

そのほかの片耳のみ難聴の方の症例は、片耳のみ難聴の改善集をご覧ください。なお、片耳など関係なく全体の改善症例集については、難聴症例改善集をご覧ください。

Q&A

Q、耳や補聴器に関する相談をしたいのですが、相談料は、どのくらいかかりますか?

基本的に相談料はいただいていなく、ご相談は、無償で承っています。補聴器の貸出しも代金は、かからず、補聴器を購入する際に、その補聴器代がかかります。

Q、補聴器の貸出は、どのくらいしているのでしょうか?

補聴器の貸出しにつきましては、1〜2週間を何回かに分けて貸出しをしています。お客様によって使いたい日数や様子をみたい時間が異なりますので、ある程度、自由に貸出しを行なっています。

Q、補聴器の貸出しは、お金がかかりますか?

補聴器の貸出しに関しては、代金は、いただいておりません。電池やケースもおつけしています。ただし、紛失された場合は、実費をいただくことがございますので、その点だけ、お気をつけください。

Q、補聴器には、保証はありますか?

保証に関しては、故障した際に保証があります。補聴器については、2年間、クロスに関しては、1年間の保証期間です。紛失の保証は、ございませんので、予め、ご了承いただければ幸いです。

Q、補聴器の寿命は、どのくらいでしょうか?

寿命というと少し返答が難しいのですが、補聴器の平均使用年数は、5〜6年になります。

まず、補聴器は、故障したとしても修理をして使い続けられる製品になります。そうなりますと、修理ができなくなる頃合いが、寿命を決めるようになるのですが、補聴器の販売を中止してから、5年は、修理対応できるようになっています。現行機種を購入した場合であれば、7〜9年くらいは、使い続けられるようになっています。

Q、実際に改善を依頼した場合、どのくらい通う必要がありますか?

大体のケースに置いて、3〜6、7回に収まることが多いです。多いのは、4〜5回になります。補聴器の試聴や様々な補聴器を試聴、貸出しをする場合は、少し通っていただく回数が増えるようになります。

こちらの点は、誠に申し訳ございません。

Q、クロス補聴器に関して興味があります。片耳が全く聞こえないのですが、もう片耳も少し聞きづらさを感じています。このようなケースでも、クロス補聴器は、使えるのでしょうか?

その場合は、もしかしたら、バイクロス補聴器の方が良いかもしれません。バイクロスとは、全く聞こえない耳は、まだ聞きやすい耳側へ音を転送し、まだ聞きやすい耳側は、補聴器で聞こえを改善させる補聴器です。クロス補聴器とよく似たもので、まだ聞きやすい耳側も補聴器で補ったのが、バイクロス補聴器となります。

ただ、実際には、どのくらい聞こえにくいのかにより、クロスかバイクロスかが分かれます。詳細は、以下の内容をご覧下さい。

リンク:両耳難聴でより片耳が聞こえにくい方に有効なバイクロス補聴器

Q、耳鼻科にかかり、一通り診断をしていただいたのですが、聴力検査のデータがありません。その場合でも引き受けてくださるのでしょうか?

当店でも耳の状況は調べられますので大丈夫です。どのように補ったら良いのかを考える際、調べさせていただきます。

Q、クロス補聴器も一般の補聴器も試してみたい!

その際は、そのようにご連絡いただければ試聴および、貸出しさせていただきます。

お問い合わせ

聞こえにくさにお悩みの方やご相談ごとがございましたら、以下のフォームより、お問い合わせください。

営業時間に関しては、上記の通りになります。営業日1日以内で返信しています。

そして、お電話の方が良い場合は03-5809-7586(青色の部分をクリック、タップで当店へ電話繋がります)こちら宛にご連絡ください。お電話の場合は、接客中などで出れない場合もございます。予め、ご了承いただければ幸いです。

 お名前 必須

 メールアドレス 必須

 相談内容をご記入ください 必須