2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

片耳のみ聞こえにくいケースの対応

こちらでは、片耳のみ聞こえにくいケースの改善を希望された際の対応に関して記載していきます。基本的に当店で行なっている対応ですが、

上記の通りとなります。初回は、耳の状況を確認させていただき、どのように補ったら良いのか。それらについて調べ、補聴器の説明から、試聴、日常生活、仕事場で試せるよう貸出を行います。

幾日か貸出し、補聴器があった方が生活が良くなる、仕事上の不便さを軽減できるとなった場合、どの補聴器を購入するのか。その相談を行なっていきます。決まりましたら、ご用意し、お渡しです。主にこのような流れで対応しています。

①補聴器を理解するための期間

こちらでは、

  • 耳の確認
  • 耳に合う補聴器の説明
  • 補聴器の効果確認
  • 補聴器の試聴(貸出)

について行います。基本的に初回に行うことが、こちらの内容です。

耳の確認フェーズ

耳の確認フェーズで行うのは、

  • 聴力測定測定
  • 語音明瞭度測定

の2点です。もし、耳鼻咽喉科で検査したものがあれば、お持ちください。なければこちらで測定し、どのような耳かをまず理解していきます。

片耳のみ難聴の場合、基本的には、

  • 聞こえにくい耳を補聴器で補う
  • 聞こえる耳で聞こえない耳側の音を聞く

の2つの補い方があります。

前者は、聞こえない耳に補聴器を直接装用するやり方で、後者は、クロス補聴器と呼ばれる聞こえない耳にクロスという音の送信機を乗せ、聞こえる耳には、補聴器を装用することで、常時、聞こえない側に来る音を聞こえる耳に送る機器です。

基本的には、補聴器で聞こえない耳を補えるのであれば、直接、補聴器で聞こえない耳側を聞きやすくさせた方が聞こえにくさは改善できます。そして、補聴器で直接、聞こえにくさを改善させることが難しい場合は、クロス補聴器で補っていきます。

こちらに関して詳細を理解したい場合は、こちらをご覧ください。

リンク:片耳のみ聞こえにくい方を補聴器で補う時に理解したい2つの補い方

耳に合う補聴器の説明

耳の状況を調べましたら

  • 耳の状況の説明
  • 耳に合う補聴器の説明

を行います。

クロス補聴器で補った方が良い場合は、クロス補聴器を実際に見ながら補聴器の説明を行い、試聴や体験も行なっています。

そして、聞こえにくい耳に直接補聴器を装用した方が良い場合は、どのような補聴器があるかを説明しながら、実際に補聴器の音を聞いていただけるようにしています。

なおクロス補聴器や一般の補聴器には、

  • 形状
  • 性能

といった選ぶ要素があります。これらも含めてご説明していきます。

補聴器の効果確認

クロス補聴器は、実際にご自身の耳でどのように聞こえるのかを体験いただき、一般的な補聴器の場合、どのくらい聞こえが改善できているのかを目で確認しながら、改善させていきます。

なお、あくまでも一般的な補聴器の場合に限りますが、初めの段階では、目標となる音量まで入れることが難しいケースが多いため、現状の聞こえを確認しながら、最終的にどのくらい聞こえを改善したら良くなるのかなどもお話しします。

補聴器の効果確認に関しましては、一般の補聴器(聞こえにくい耳に音を入れて補う方法)になりますが、

リンク:補聴器の調整と聞こえを改善させる目安

のようにしています。

補聴器の試聴(貸出)

補聴器の感覚を体験いただいたり、効果の確認が終わりましたら、補聴器の貸出を行います。当店の場合は、日常生活で補聴器があることで、どのように変化するのか、職場でどのように聞こえるのか、体験できるよう貸出も行なっています。

幾日か補聴器を試聴し、補聴器があった方が日常生活が楽になる、職場で仕事がしやすくなる、あった方が良いとなった場合、次のステップに進みます。

②補聴器を決める期間

補聴器があった方が生活が楽になったり、補聴器の購入を希望する場合、どの補聴器にするのか。こちらについて決めていきます。行うことは、単純で

  • 補聴器ごとの特徴を再確認
  • 希望する補聴器の試聴、製作

の2つを行います。再度、改めて補聴器に関して、どのような補聴器にするのかを相談し、そして、その補聴器を用意したり、試聴、貸出を行います。

補聴器には、耳の型を採取して製作するものもありますが、この段階で、そのようなタイプの補聴器を製作し、実際に試聴できるようにしています。

③補聴器のお渡し

試聴を通じ、どの補聴器にするかが決まりましたら、ご用意後、お渡しして終了です。この際、今後の補聴器の相談に関して、行います。

補聴器の場合、製品によっては、汚れや目詰まりによって音が出なくなる、聞こえにくくなるものもあります。定期的にメンテナンスすることで、聞こえる状態をキープできるようになりますので、定期的なメンテナンスをお勧めします。

このメンテナンスは、当店にご来店いただくか、ご自身でやっていただくかの2つに一つとなります。ただ、お忙しい方でも機能の確認のため、6ヶ月に1度は、ご来店をお勧めしています。

当店の流れのまとめ

当店では、基本的にこのような流れで相談を承っています。始めに耳の状態を確認し、どのように補ったら良いのかを調べ、聞こえにくさを最も改善できる方法は、なんなんなのか。それを調べていきます。

その後、補聴器の試聴や貸出を通じ、補聴器のことを理解いただきながら、ご相談を進めていきます。補聴器の貸出を行っているのは、お店だけで聞いても日常生活でどのように変化があるのか、実際に使いたい場所、例えば職場では、どのような変化があるのかがわからないためです。

実際に貸出を通じ、理解いただきながら、仮にあった方が良いのであれば、どのような補聴器が良いのか。こちらの相談を継続していきます。その後、相談を進め、購入する補聴器が決まったらお渡しです。

当店では、このようにご対応しています。

ご利用になったお客様の声

  • 名前:Y・Iさん
    性別:女性
    年齢:40代
    症状:片耳のみ難聴(右耳のみ重度難聴)
    改善:クロス補聴器
    備考:小学校の頃に発見。治療はできず

Q 当店にご相談される前は、どのようなことでお悩みでしたか?

職場で右側(難聴側)から話しかけられても気がつかなかったり、聞き取れないことがあり、健聴側に回ってもらう等も場所スペースの問題でできないこともあったので、不便さや周囲への申し訳なさを感じていました。

Q 当店を知ってすぐに来店されましたか?されなかった場合は、どのような不安がありましたか?

HPの記事を読んで、すぐに予約連絡をさせていただきました。正直なところ、補聴器購入を検討の上、というよりもまずはお話を伺ってみたいという動機でした。

Q 実際にお使い(ご購入)になっていかがですか?素直なご感想をお聞かせください

実際の便利さはももちろんなのですが、「右側から話しかけられた時に聞き落とすかもしれない」という不安が軽減されたような気がします。そういう不安があったのだということ自体を、これまで自覚していなかったように思います。

Q 他にも似たような販売店があったのにも関わらず、なぜ当店でご購入されたのでしょうか?

HPの記事と合わせて、対応をとても親身になっていただき、じっくり検討できたことが大きかったと思います。購入前に様々な補聴器の試行をさせて頂けたことで、あった方が便利だと実感できました。

  • 名前:K・Kさん
    性別:女性
    年齢:40代
    症状:片耳のみ難聴(右耳のみ重度難聴)
    改善:クロス補聴器
    備考:幼少の頃から聞こえにくかった

Q 当店にご相談される前は、どのようなことでお悩みでしたか?

難聴の右側から話しかけられることに苦痛を感じていました。自分でなるべく人の左側には座らないように意識的にしていました。無意識にも右奥に詰める席の取り方をしていたかもしれません。 保護者会や茶話会、参観など子どもの学校や保育園でのふとした場面で、自分ではどうにもならない場合も多くあり、右隣の方に聞こえないと伝えることで会話が途切れたり逆に気を使わせてしまうくことがかえって面倒に感じ、何となく場をしのいでいました。 職場や家族など、気心の知れた人の中では気持ちが楽でしたが、聞こえない不自由さを感じてはいました。

Q 当店を知ってすぐに来店されましたか?されなかった場合は、どのような不安がありましたか?

はい。ホームページに詳しくクロス補聴器のことが紹介され、お試し期間があること、購入に分割ができることが載っていたので、まずは問い合わせメールをしてみました。

Q 実際にお使い(ご購入)になっていかがですか?素直なご感想をお聞かせください

まず、ざわざわした飲食店で、難聴側に座っている同僚とスムーズに会話ができたことが嬉しかったです。電車の中で、横並びで難聴側の方との会話も問題なくできて、それも嬉しかったです。横並びにならざるを得ないシチュエーションでのみ使うかなと使用前は思っていましたが、購入してから(お試しの段階から)家を出て帰宅するまでつけています。ナイロン素材やビニールが擦れる音が大きくガサガサ聞こえたり、物を置く音や落とした時の音が大きくガチャっと聞こえたり、拍手の音や自分の声が大きく聞こえたりしますが、それも慣れ、それよりも右側の死角の音や声が(方向はわからないにせよ)聞こえる安心感や喜びの方が大きかったです。デモ機よりも雑音が少ない気もします。デモ機で一時的に痛くなった耳穴も、型を取っていただいたものをつけると全く痛みもなく問題ありません。 また、電話を難聴側の耳に当てて会話ができるので、驚きでした。初めて試した時はニヤニヤしてしまいました。電池の消耗は左右同じくらいで、1週間〜10日です。平日就労なので、祝日があったりして外出機会が少ないと10日くらいでしょうか。長く大切に使いたいです。

Q 他にも似たような販売店があったのにも関わらず、なぜ当店でご購入されたのでしょうか?

深井さんのプロフィールでしょうか。ご自身が補聴器ユーザーであることで、難聴者の気持ちがわかる方であると感じたので。

  • 名前:Y・Mさん
    性別:男性
    年齢:50代
    症状:左耳のみ中等度難聴
    改善:耳かけ補聴器(通常BTE)
    備考:突発性難聴により、聴力低下
    備考:難聴側の明瞭度は、70〜80%

Q 当店にご相談される前は、どのようなことでお悩みでしたか?

左耳がよく聞こえず、会議等で困ることが多かった

Q 当店を知ってすぐに来店されましたか?されなかった場合は、どのような不安がありましたか?

3ヶ月位してから来店しました。仕事が忙しかったのと、半分は諦めていたので、それほど本気では考えていませんでした。ただ家族にも一回行ってみたらと言われたので、来店しました。

Q 実際にお使い(ご購入)になっていかがですか?素直なご感想をお聞かせください

会議等で聴きやすくなった実感があります。普段つけていてもそれほど違和感がないのも良いと思います。

Q 他にも似たような販売店があったのにも関わらず、なぜ当店でご購入されたのでしょうか?

深井さんの対応が親切で、こちらの質問一つ一つに丁寧に答えていただいたので、内容を理解し、細かい調整もしていただき、購入することにしました。試聴を機種や調整を変更して、3週間に渡り、させていただいたのもありがたかったです。

FAQ:よくあるご質問

Q 試聴はどのくらいできますか?

A 基本的に7〜10日を一区切りとし、それを数回繰り返せます。段階にもよりますが、①の段階では、1〜2回ほど、②では、2〜4回ほどで終わるケースが多いです。

Q 補聴器を借りる場合は、お金がかかりますか?

A 基本的には、かかりません。貸出は、無償で行なっており、かつ、ケースや使用する電池に関しても無償で貸出しています。ただし、故障や紛失した際は、実費をいただきますので、その点にご注意ください。

Q 自分の耳には、クロス補聴器が合いそうなのですが、試聴できますか?

A はい、大丈夫です。その場合は、お問い合わせ時にその旨、お伝え下さい。試聴機も揃えて、ご相談を承ります。なお、どちらの耳が聞こえいくいのかも教えていただけますとスムーズに用意ができて助かります。

Q クロス補聴器と通常の補聴器、両方とも試してみたいのですが、可能でしょうか?

A はい、大丈夫です。ご希望があれば、そのままお伝えください。なるべくご希望に添えるようにしています。

Q 耳鼻咽喉科で耳を調べてもらったのですが、そのデータがありません。そのような状況でも相談していただけるのでしょうか?

A はい、大丈夫です。基本的に補聴器で必要な耳のデータは、当店で調べられるようにしていますので、問題ありません。ただ、お持ちであれば、持参いただけると助かります。

Q 補聴器を購入するまで何回通えば良いのでしょうか?

A 初回を含めて、4〜6回で終了することが多いです。このくらいを目安にお考えいただければ幸いです。

Q 購入する際は、補聴器のみ購入すれば良いのでしょうか?

A はい、おっしゃる通りです。補聴器を使用し続ける場合、電池やその他、故障を軽減させる乾燥剤が必要となります。当店の場合は、こちらに関して、補聴器ご購入時にサービスでつけております。電池に関しては、補聴器一台につき、3パック付属し、補聴器ご購入時から、使える状態にしています。

Q 補聴器を試聴してみて調子が良かったのですが、すぐに購入できますか?

A 誠に恐れ入ります、当店でお貸出ししている補聴器は、試聴用となりますので、製品をご用意する必要があります。製品によっては、カラーを選択したり、一部、耳の型を採取して作るものもあるため、ご用意するお時間が必要となります。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。