2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

当店で扱っているカナル形の耳あな形補聴器の概要

当店では、主にフォナックの補聴器を扱っています。こちらでは、現行機種のフォナックのカナル形補聴器に関して載せていきます。この補聴器の特徴から扱っている補聴器の金額に関して記載していきますので、ご参考にどうぞ。

なお、メーカーの方には、カタログのPDF版がありますので、補聴器全体、全般を見たい場合は、こちらをご覧ください。

リンク:フォナック補聴器 – 総合カタログ

カナル形の耳あな形補聴器とは

初めにこちらの特徴を書いてしまいますと

  • 聴力:軽度〜中等度、一部高度難聴まで対応
  • 形状:耳あな形の中では、標準サイズ
  • 備考:CICより扱いやすく、電池の保ちも良い

となります。

耳あな形補聴器は、耳の型を採取して作る補聴器であり、自分専用の補聴器を作る事になります。それ故、オーダーメイド補聴器とも呼ばれます。カナル形の耳あな形補聴器は、耳あな形補聴器の中でも標準サイズに入る補聴器で、耳の中に入り耳の穴よりも手前も埋めます。

耳あな形補聴器には、主にこの三つに分かれる。今回、説明していくのは、中央にあるカナル形

耳あな形補聴器には、主にこの三つに分かれる。今回、説明していくのは、中央にあるカナル形

耳あな形補聴器は、主に三つに分かれるのですが、その中の一つがカナル形の耳あな形補聴器です。こちらがお勧めになる方は、CIC補聴器だと心配事がある方、もしくは、CIC補聴器が使えない方となります。

例えば、CIC補聴器は、形状が小さいため、取扱いに心配される方や音の出力が足りず、CIC補聴器だと耳を補えない場合は、この補聴器がお勧めになります。

対応できる聴力としては

カナルの主な適応範囲。これよりも聴力が重い場合は、補いにくく、かつハウリングのリスクが飛躍的に高まる

カナルの主な適応範囲。これよりも聴力が重い場合は、補いにくく、かつハウリングのリスクが飛躍的に高まる

おおよそこの範囲内になり、聴力が適合範囲内であれば、こちらの補聴器を使用して、聞こえを補う事ができます。これよりも、聴力が重い方は、補えなくなったり、ハウリングがひどくなり、使いづらくなる事がありますので、お勧めできません。

カナル形の耳あな形補聴器の利点は、耳の中に補聴器が入る事により

  • ものの邪魔になりにくい
  • 余計な音がしにくい

の二つがあります。こちらは、主に耳あな形補聴器、全般に言える利点です。

耳あな形補聴器は、耳の中に入れますので、メガネやマスク、帽子といったものをつけても邪魔になりません。耳かけ形補聴器は、耳の上にかけるため、邪魔になってしまうのですが、耳の穴の中に補聴器を入れると、このようなものが邪魔になる事はありません。

また、耳かけ形補聴器の場合、髪の音がガサガサ言ったり、メガネのカチカチとした音がしたりするのですが、耳あな形補聴器の場合は、そのような事もありません。

ですので、耳あな形補聴器は、ものの邪魔になりにくく、かつ余計な気障りな音がしにくく快適に使いやすいというメリットがあります。

一方、欠点もあり

  • お勧めしない耳がある
  • こもりを感じやすい

という特徴もあります。

耳の型を採取して作るため、耳の中の様子によってはお勧めしません。

  1. 耳の中が変形している(手術をした事がある)
  2. 耳垢が湿っている
  3. 耳垢が多い
  4. 耳垂れが出る

この四つの内、いずれかに該当する場合は、お勧めできません。①は製作そのものができない事があり、②〜④は、故障の頻度が高くなります。

また、耳の中を塞ぎますので、こもりという現象が起こりやすくなります。これは、耳を塞ぐと起こる現象で、イヤホンを耳の中にいれると自分の声がこもったような感覚がしたり、低く響くような感覚があるかと思います。それらを感じやすい場合は、カナル形補聴器にすると、こもりを感じる確率は高くなります。

耳あな形補聴器の場合、形状によりこもりやすさが異なり、CIC補聴器は、こもりを一番感じにくく、フルシェル形の耳あな形補聴器は、聴力の影響で感じにくく、一番感じやすいのは、カナル形の耳あな形補聴器となります。この形状で一番の問題は、こもりの感じやすさとなります。

なるべくこの感覚を感じないようにさせる加工はできるのですが、それでもこもりは感じやすい傾向があります。

カナル形の耳あな形補聴器の形状

カナル形の耳あな形補聴器は、このような形状をしています。

こちらがカナルの耳あな形の形状。一般的な耳あな形補聴器であり、よく見る形状のものとなる。

こちらがカナルの耳あな形の形状。一般的な耳あな形補聴器であり、よく見る形状のものとなる。

耳の型を採取し、その人専用の補聴器を作るのが、こちらの特徴で、耳の穴の中に入る部分から、耳にしっかり入るように作ります。

それぞれ操作するボタン。表面からでも操作ができる部分が多い

それぞれ操作するボタン。表面からでも操作ができる部分が多い

補聴器には、ボリューム(音量を大きくしたり、小さくするもの)やプログラムスイッチ(音を切り換えるスイッチ)というものがあり、どちらも手動で操作ができます。

電池は、このような感じになる。

電池は、このような感じになる。

電池が入る部分は、こちらで、ここをしっかり閉めた状態にすると音が入り、少し開いた状態にすると音が切れます。補聴器の電源は、こちらになります。

カナル形の耳あな形補聴器は、このような補聴器です。

カナル形の耳あな形補聴器の金額

当店で扱っているカナル形の耳あな形補聴器に関しては、以下の通りです。

ite-price

補聴器の金額は、基本的に性能の部分で大きく変化します。主に

  • 指向性と呼ばれる機能
  • 快適性を高めてくれる機能

の二つによって変わり、こちらの詳細に関しては、

hearing-seino-

となります。補聴器は、静かなところであれば、そこまで大きく金額の差は感じないのですが、騒がしいところになると、金額の差が生じるようになります。

騒がしいところでは、周囲の音にかぶさり、聞きたい音がかき消されるような感覚になりやすいのですが、それをなるべく低下しないように、覆い被さらないようにしてくれるのが、指向性機能です。

そして、補聴器には、快適性を高めてくれる機能もあります。騒がしい中だと、暗騒音というざわざわ、サーッと言った音が大きく聞こえやすいのですが、それを軽減し、なるべく聞こえてくる音を和らげてくれたり、風の音は、非常に大きく聞こえやすいのですが、その音を抑えてくれたりします。金額が上になると、このような機能が優れていたり、搭載される事により、主に聞く必要がない音を軽減し、音を感じる感覚を楽にしてくれます。

補聴器の機能に関して簡単に言いますと、日常生活上で聞こえを楽にしてくれるのが高額な補聴器に共通する事で、機能が充実していると楽に、かつなるべく耳の機能を活かしてくれるという特徴があります。

カナル形の耳あな形補聴器のまとめ

カナル形の耳あな形補聴器は、CIC補聴器同様、耳の特性を利用しやすい補聴器です。ですので、効果そのものも高い傾向があります。しかし、耳によっては、作れなかったり、あるいは、こもりを感じてしまう傾向があります。

CIC補聴器では、音の出力が足りない方や形状が小さい事で心配な要素がある方に、この補聴器はお勧めです。

なお、補聴器を選定される際は、試聴を行ってから決める事をお勧めします。使ってみてわかる事は、多くありますので、実際に使ってみてどうか。それをしたうえで行うと、理解しやすくなります。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。