2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

当店で扱っているフルカナル形、耳あな形補聴器の概要

当店では、主にフォナックの補聴器を扱っています。こちらでは、現行機種のフォナックのフルカナル形、耳あな形補聴器に関して載せていきます。この補聴器の特徴から扱っている補聴器の金額に関して記載していきますので、ご参考にどうぞ。

なお、メーカーの方には、カタログのPDF版がありますので、補聴器全体、全般を見たい場合は、こちらをご覧ください。

リンク:フォナック補聴器 – 総合カタログ

フルカナル形、耳あな形補聴器とは

初めにこちらの特徴を書いてしまいますと

  • 聴力:高度難聴、一部重度難聴対応
  • 形状:耳あな形の中では、大きいサイズ
  • 備考:適合聴力の人は、耳かけ形を使うケースが非常に多い

となります。

耳あな形補聴器は、耳の型を採取して作る補聴器であり、自分専用の補聴器を作る事になります。それ故、オーダーメイド補聴器とも呼ばれます。フルカナル形、耳あな形補聴器は、耳あな形補聴器の中でも大きい部類に入る補聴器で、耳を埋めるくらい大きくなります。

耳あな形補聴器には、主にこの三つがある。今回の内容は、フルカナル形になる。

耳あな形補聴器には、主にこの三つがある。今回の内容は、フルカナル形になる。

フルカナル形の耳あな形補聴器がお勧めできる人は、少なく、対象となるのは、高度難聴〜一部、重度難聴の方となります。しかし、こちらの聴力の方の場合、音の出力、ハウリングの問題で、耳かけ形補聴器の方がお勧めになります。

耳あな形補聴器の方が良い、あるいは、仕事上でマスクを使ったり、ヘルメットを使うなど、耳かけ形補聴器だと邪魔になってしまうケースの場合において、フルカナル形、耳あな形補聴器がお勧めになります。

ただし、

  • 聴力が補える事
  • ハウリングが起こらない事

の二つが条件となります。

対応できる聴力としては

この補聴器が合うのは、この聴力の範囲内。こちらよりも聴力が重い場合は、補いにくくなり、かつハウリングのリスクもより上がる

この補聴器が合うのは、この聴力の範囲内。こちらよりも聴力が重い場合は、補いにくくなり、かつハウリングのリスクもより上がる

おおよそこの範囲内になり、聴力が適合範囲内であれば、こちらの補聴器を使用して、聞こえを補う事ができます。これよりも、聴力が重い方は、補えなくなったり、ハウリングがひどくなり、使いづらくなる事がありますので、お勧めできません。

フルカナル形、耳あな形補聴器の利点は、耳の中に補聴器が入る事により

  • ものの邪魔になりにくい
  • 余計な音がしにくい

の二つがあります。こちらは、主に耳あな形補聴器、全般に言える利点です。

耳あな形補聴器は、耳の中に入れますので、メガネやマスク、帽子といったものをつけても邪魔になりません。耳かけ形補聴器は、耳の上にかけるため、邪魔になってしまうのですが、耳の穴の中に補聴器を入れると、このようなものが邪魔になる事はありません。

また、耳かけ形補聴器の場合、髪の音がガサガサ言ったり、メガネのカチカチとした音がしたりするのですが、耳あな形補聴器の場合は、そのような事もありません。

ですので、耳あな形補聴器は、ものの邪魔になりにくく、かつ余計な気障りな音がしにくく快適に使いやすいというメリットがあります。

一方、欠点もあり

  • お勧めしない耳がある

という特徴もあります。

耳の型を採取して作るため、耳の中の様子によってはお勧めしません。

  1. 耳の中が変形している(手術をした事がある)
  2. 耳垢が湿っている
  3. 耳垢が多い
  4. 耳垂れが出る

この四つの内、いずれかに該当する場合は、お勧めできません。①は製作そのものができない事があり、②〜④は、故障の頻度が高くなります。

なお、耳あな形補聴器の場合、耳にぴったりする補聴器を作りますので、耳が塞がった感覚、こもった感覚が出る傾向が出るのですが、高度〜重度難聴の方の場合、そこまで強くでることは少なく、どちらかというとあまり感じない方の方が多くなります。

フルカナル形、耳あな形補聴器の形状

フルカナル形、耳あな形補聴器は、このような形状をしています。

聞こえの程度が重くても耳あな形が良いという方のために作られた補聴器。

聞こえの程度が重くても耳あな形が良いという方のために作られた補聴器。

形状としては、結構大きくなり、これだけ大きくしているのは、音を大きく出すほか、ハウリングを防ぐ役割もあるためです。

形状が大きいので、それなりに操作ができる

形状が大きいので、それなりに操作ができる

補聴器には、ボリューム(音量を大きくしたり、小さくするもの)やプログラムスイッチ(音を切り換えるスイッチ)というものがあり、どちらも手動で操作ができます。

形状が大きいため、電池も大きい。

形状が大きいため、電池も大きい。

電池が入る部分は、こちらで、ここをしっかり閉めた状態にすると音が入り、少し開いた状態にすると音が切れます。補聴器の電源は、こちらになります。

フルカナル形、耳あな形補聴器は、このような補聴器です。

フルカナル形、耳あな形補聴器の金額

当店で扱っているフルカナル形、耳あな形補聴器に関しては、以下の通りです。

ite-price

補聴器の金額は、基本的に性能の部分で大きく変化します。主に

  • 指向性と呼ばれる機能
  • 快適性を高めてくれる機能

の二つによって変わり、こちらの詳細に関しては、

hearing-seino-

となります。補聴器は、静かなところであれば、そこまで大きく金額の差は感じないのですが、騒がしいところになると、金額の差が生じるようになります。

騒がしいところでは、周囲の音にかぶさり、聞きたい音がかき消されるような感覚になりやすいのですが、それをなるべく低下しないように、覆い被さらないようにしてくれるのが、指向性機能です。

そして、補聴器には、快適性を高めてくれる機能もあります。騒がしい中だと、暗騒音というざわざわ、サーッと言った音が大きく聞こえやすいのですが、それを軽減し、なるべく聞こえてくる音を和らげてくれたり、風の音は、非常に大きく聞こえやすいのですが、その音を抑えてくれたりします。金額が上になると、このような機能が優れていたり、搭載される事により、主に聞く必要がない音を軽減し、音を感じる感覚を楽にしてくれます。

補聴器の機能に関して簡単に言いますと、日常生活上で聞こえを楽にしてくれるのが高額な補聴器に共通する事で、機能が充実していると楽に、かつなるべく耳の機能を活かしてくれるという特徴があります。

フルカナル形、耳あな形補聴器のまとめ

フルカナル形の耳あな形補聴器は、一般的な耳あな形補聴器同様、耳の特性を利用しやすい補聴器です。ですので、ものに邪魔されるのが嫌な方、なるべく聞き取りを遮らないようにしたい方にはお勧めです。しかし、聴力的には、補える範囲の視点、ハウリングの視点、の二点に厳しい傾向があり、あまり作る方はいらっしゃいません。

高度難聴〜重度難聴の方の場合、一般的に使うのは、耳かけ形補聴器です。そのため、こちらは、限られた方々が使用されています。そして、あくまでも使用してみて、ハウリングの問題やちゃんと聴力を補える方が対象となります。

なお、補聴器を選定される際は、試聴を行ってから決める事をお勧めします。使ってみてわかる事は、多くありますので、実際に使ってみてどうか。それをしたうえで行うと、理解しやすくなります。

お気軽にご相談ください

聞こえにくい事でお悩みだったり、今の聞こえの状態を良くしたいとお考えの方は、一度ご相談下さい。どこに相談したら良いかわからない方も、お引き受けしています。ご希望の方は、お電話か、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

※当店は、完全予約制となります。大変お手数ですが、ご希望の場合は、一度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。