2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

クロス補聴器に関してよくいただく3つの質問

children-1879907_640

最近、クロス補聴器に関して、書いていないなぁ・・・ということで、よくいただくクロス補聴器の質問、言い換えれば、皆さんが感じている疑問点ですね。そちらに関してまとめていきます。

なお、こちらは、クロス補聴器を装用する前にいただく質問となります。当店の場合、一般の補聴器販売店より、クロスに関して問い合わせいただくことが多いため、その中でよくいただく質問、3つを載せていきます。

ご参考にどうぞ。

続きを読む

補聴器の満足度が低いのは、ひどい販売店が多い?は考えにくい

christmas-1887306_640

先日、日本補聴器販売店が主催した研修会に参加し、その内容で本当に補聴器の満足度が上がるのか。と言う内容に関して、載せました。

中には、「満足度が低いのは、ひどい販売店が多いからだ」という声や「ちゃんと補聴器を調整できる人がいないからだ(ちゃんと補聴器を調整するってどう言う意味でしょう?)」と言うような疑問、投げかけをした方もいるかと思います。

私自身も考えながらやっているのですが、それに関しては、「本当にそうか?」と思うところがあります。ちゃんと補聴器を調整できる人は、ともかく(ちゃんと調整するの定義がかなり難しいのです)ひどい販売店があったとしても、全体の仕組みとして、良い販売店に案内するルートさえできていれば、そこに行かなくて済む状態になりますので、結局は、仕組みの問題になると考えています。

続きを読む

日本の補聴器に関する満足度36%。クレーム件数を減らせば改善するのか?

question-marks-2215_640

12月4日、一週間以上前のことですが、補聴器販売店協会が主催した補聴器販売者技能工場研修に参加しました。その際の共通認識としては、業界そのものの信用もそうですが、難聴者のQOL及び、補聴器販売に対する満足度を上げましょう。というお話でした。

で、この研修に参加した際、感じたことですが、販売店協会が考えているクレーム件数を減らせば、満足度は、上がるのか。というところに関しては、若干上がるかもしれませんが、それだけで、欧州や米国のように跳ね上がるか。と言われれば「それは正直、考えにくい」と感じています。

私自身が感じたことに関して載せていきます。

続きを読む

新製品発表で密かにちょ〜気になっているエクスパンションの改善

girl-1721432_640

先日、フォナックのセミナーに参加し、個人的に、密かに気になっているものがあります。それは、エクスパンションと呼ばれる要素です。新しい補聴器では、こちらに関して、より効果的に行う仕様になったとか。

補聴器を調整する人間としては、ここが一番気になったところです。マーケティング的思考では、先日書いた内容が気になったところですね。

ちょっとこちらに関して、私が感じたことをまとめていきます。

続きを読む

補聴器の内も外もすごい勢いで変化してきている

the-scenery-679011_640

う〜む、最近、なんかすごい勢いで、補聴器の内側も外側も変わってきているな・・・と感じます。内側というのは、補聴器業界、もしくは、補聴器そのものを表し、補聴器の外側というのは、補聴器業界外の変化になります。

もちろん、この変化は、今に始まったことではないのですが、ここ最近、さらに加速してきているような・・・と感じます。テクノロジーの変化は、早いですね。どちらかというと外の世界がやばい感じです。

そこで、私自身が気になったことを少しまとめていきます。

続きを読む

【2016年12月】フォナック新製品セミナーへ参加してみた

img_0283-1

私のところで、取り扱っている補聴器のメーカー、フォナックさんが新製品を発表するとのことで、セミナーに参加してきました。正直、感想としては、想像以上で、考えさせられることも多々ありました。

セミナー内容を一部記載すると共に、私自身が感じたこと、思ったことも載せていきます。

続きを読む

補聴器販売者技能向上研修に参加してみた

img_0278

先日(12月4日)、一般社団法人日本補聴器販売店協会が主催した補聴器販売者技能講習研修に参加してみました。約400人ほどの人が来たようで、多くの補聴器販売に携わる方々が参加。補聴器の適切な販売を目指し、基礎的な内容の講習会でした。

参加した手前、こちらに関して簡単にまとめていきます。なお、参加して感じたことの詳細や疑問に感じたこと。自分の考えは、後日に記載していきます。まずは、概要をまとめていきます。

続きを読む

補聴器で聞こえを改善させる基本要素と性能と形状の関係

adult-1869624_640

耳が聞こえにくくなり、補聴器を考えるようになった方に多いのは、どの補聴器がどう良いのか。それがわからないことかと思います。

金額が金額なだけに良いものを購入したいと思う反面、できるなら安くしたいと考えるのが一般的です。しかし、価格が低いものを購入する際に心配なのは「それでちゃんと聞こえにくさは改善できるのだろうか?」という不安です。

そこで、こちらでは、聞こえにくさを改善する際に影響する基本の部分と性能と形状の部分に関して触れていきます。

補聴器には、聞こえを改善させるベースの部分があり、そのサブとして、性能があります。性能に関しては、サブというよりもアシストしてくれるものと考えた方がわかりやすいかもしれません。そして、形状は、扱いやすさ、使いやすさに関わってきます。

続きを読む

バイクロス補聴器の調整と耳に合わせる基本

reading-498103_640-1

ほとんどの補聴器には、音を調整して、どのくらい聞こえさせれば良いのか。確認方法から、聞こえを改善させる目標値まで、おおよその部分は、決められています。

基本的に補聴器は、聞こえの改善が見込める数値、すなわち目標値を設定し、そこまで聞こえを改善できるようにしていきます。そして、日常生活でも使えるように音を聞こえるようにしつつ、使える範囲内にしていきます。これが補聴器の調整の基本です。

では、どのようにしていくのでしょうか。バイクロス補聴器における目標値と確認方法。調整の基本に関して載せていきます。

続きを読む

バイクロス補聴器の形状と形状による効果の違い

ball-1786430_640

バイクロス補聴器とは、両耳とも聞こえにくく、左右の聞こえが異なり、かつ聞こえない耳には、補聴器を装用しても効果が出にくい方が使う補聴器です。

聞こえの良い耳は、補聴器でそのまま聞こえを補い、聞こえにくい耳は、クロスと呼ばれる音の送信機をのせ、聞こえる耳に音を転送します。このようにすることで、聞きにくさを改善させます。

では、この機器には、どのような形状があり、そして、形状により、聞こえの効果は、どう変化するのでしょうか。こちらに関して、記載していきます。

なお、初めから結論を記載しますと、この機器は、クロスの形状により、聞こえの効果が大きく変化します。そのため、ちゃんと聞こえを改善させる場合は、形状による効果の違いを理解する必要があります。そうしなければ、本来得られるべき効果を得ることができなくなりますので、その点にご注意ください。

続きを読む

クロス補聴器に搭載されている性能と基本の3要素

reading-732540_640

補聴器は、金額により、大きく左右されます。クロス補聴器も同様で、金額の差は、ほぼ性能の差になります。

では、クロス補聴器の場合、どのような性能があり、それらがどのように異なるのでしょうか。こちらに関して載せていきます。

簡単に言いますと金額が良いものほど、聞こえる音の快適性を重視しつつ、なるべく聞きにくくならないようにしてくれます。

続きを読む

補聴器の使用年数(寿命)と買い替えサイクル

cat-179842_640

補聴器は、お値段がすることもあり、どのくらい使用できるのか。使い続けていけるのか。こちらが気になる方もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、一つの補聴器の使用年数は、約5年になります。一度買えば一生使えるものではなく、ある程度、買い替えの頻度があります。

質問をよくいただくこともあるため、こちらに関してまとめていきます。

続きを読む

クロス補聴器の形状と組み合わせによる特徴

eurasian-eagle-owl-1642795_640

クロス補聴器には、いくか形状があります。そして、クロスの場合は、聞こえる耳に装用するものと聞こえない耳に装用するものが、異なります。言い換えれば、聞こえる耳には、補聴器を装用し、聞こえにくい耳には、クロスと呼ばれる送信機を使います。

このように耳によって異なる機器を使う場合、形状ごとの特徴も、補聴器側、クロス側で変化します。そのため、こちらでは、使う耳ごとの形状から、その組み合わせに至るまで、クロス補聴器の形状にまつわるものを一通り、まとめていきます。

クロス補聴器には、どのような形状があり、どのような特徴があるのか。こちらについて理解したい方は、参考にしてみてください。

なお、クロス補聴器の場合、聞こえの効果の影響に関しては、形状>調整>性能の順で重要になります。

片耳のみ難聴の方を対応する中で、私自身、様々なことをしてきましたが、それによりわかったのは、音の調整で形状による効果の壁を越えられないことでした。そのため、本当に聞こえやすくしたいのであれば、どの形状が効果がでるのか。それを理解することが何よりも重要になります。

続きを読む

クロス補聴器の調整と目標とする音量

notebook-1841548_640

補聴器は、拾った音を調整して、聞こえを改善させる機器です。これは、クロス補聴器も例外ではありません。

中には「クロス補聴器は、正常の耳に補聴器をつけるんですよね?調整などあまり不要では?正常の耳に音を転送するだけなのですから」とお考えになる方もいるかもしれません。

しかし、私自身、クロス補聴器の調整をしていくうちにただ転送するだけでは、ダメであるということがわかってきました。そして、音を調整した方がより聞こえにくさを改善したり、気になる音を抑制しつつ、日常生活上で使いやすくなることもわかりました。

こちらでは、あくまでも私自身がやっていることですが、クロス補聴器の調整と調整の目標となるものを出していきます。こちらをご覧になれば、使えて、聞こえにくさを改善できる状態にするには、どうしたら良いかがわかるようになります。

なお、クロス補聴器は、調整よりも形状の方が効果に対して影響を受けやすい機器です。通常の補聴器の場合は、補聴器の調整の方が、聞こえの効果を左右する要素となるのですが、クロスの場合は、調整よりも形状の方が、効果を左右します。その点は、ご注意ください。

また、まだまだ改良を重ねていく必要があるため、検証し次第、こちらの内容を随時変えていきます。以前と内容が違う?ということがあった場合、その際は、より良くなるものがわかったんだなと暖かい目で見守りください。

続きを読む

補聴器は無くしやすい?実際に紛失が多いケースとその対策

deco-hase-1240892_640

補聴器を購入する前に心配になることの一つは、無くしそう・・・というところがあるかと思います。補聴器の形状によっては、かなり小さいものもあり、無くしたらどうしようか。心配になる方もいます。それは、そう簡単にポンポン買えるものではない事も関係しています。

そこで、そんなご心配をしている方に向けて、こちらに関して、対策を載せていきます。はじめに結論から記載しますと、皆さんがよくお考えになる「耳から落ちて無くすのではないか」というのは、ほとんどなく、紛失やなくす原因は、とあるものが非常に多くなります。

続きを読む

私の耳に補聴器は合いますか?という質問の解

book-1716308_640

私宛に問い合わせいただく内容で多いのは「このような耳なのですが、補聴器は合いますか?」という内容です。正直なところを言いますと、耳の状態を調べずに補聴器が合うか、合わないかは、わかりません。

耳は、感覚だけではわからないからこそ、様々な測定を行い、耳の状況を可視化します。そして、その状態から、どのように補ったら良いか。そして、効果はあるのか。それを見ていきます。

こちらでは、その考えと簡単な判別方法を載せていきます。基本的な部分に関して、ご理解いただきつつ、簡易法ではありますが、そちらでご判断いただければと思います。

なお、簡易法で悪かったとしても、耳の補い方には、様々な方法がありますので、あくまでもおおよそ程度にお考え下さい。悪かったとしてもそれを前提で考えていけば、補い方には、様々なものがありますので、聞こえにくさを改善できるケースもあります。

続きを読む

補聴器が合っているのか、そうでないのかを見る3つの要素

suyan-766428_640

補聴器が自分の耳に合っているのか、そうでないのか。それを見るのには、どのようにしたら良いのでしょうか。こちらでは、補聴器を販売している私自身が見ている基準に関して、載せていきます。

基本的にこれらの部分を確認すれば、少なからず失敗することはありません。そしてここからが重要ですが、補聴器は、自分の耳に合わないものより、合うものの方が多くなります。

以下の内容をご覧になり、自分の耳に合う補聴器について、ご自身と補聴器屋さんで探していきましょう。

続きを読む

運営者:深井 順一

自己紹介

聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつき難聴者である事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。Webには、補聴器や耳の情報が少ない事から、ブログを通じて、情報提供をしています。運営者については、こちら。お問い合わせは、contactよりどうぞ。運営している店舗は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅より徒歩3分のところにあります。
検索フォーム