2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

ネット上には、仕事の役に立つものもある〜私が見ているサイト、仕事編〜

先日、私が見ている一部のものを紹介しましたが、今度は、仕事編。数は少ないのですが、多くの示唆を得られます。基本的に外資系のコンサルタント系やフリーランスのものが多く、彼らの経験や考えは、非常に参考になります。

仕事というと「自分の業界は特殊だから」というようなケースは、ありますが、基本的に、どこもそう変わりはありません。応用できるものは、多くあります。そして、一部、個人ブログなため、社会やそれらの経験から得られたことなども学べます。

今は、ネットで情報収集できる時代。生き方のような、考え方のようなものもありますが、自分の糧になるものは、どんどん吸収していきましょう!

続きを読む

ネットの発達により、個から得られる情報が多くなった

私は、根っからのネット好きですが、ネットがある時代に生まれて、本当に良かったなと思います。もちろん、ここまで発展したのは、ネットを普及させた人物や発明した人物がいるのは、いうまでもなく、かつ、情報提供が一般の方でも気軽に行えるようになったのが、要因でもあります。

私もブログという形で関連しますので、こちらでは、日々感じていることを載せていきます。

続きを読む

ネットの情報を楽に収集する方法〜こんな風に私は、収集してます〜

たまに「なんでそんなに知っているんですか?」「なんでそんなに色々考えられるのですか?」みたいなことを言われるのですが、それは、日々、ネットでの情報収集を日課にしているためです。

これは、私自身、感じることですが、どんな人も情報をたくさんえることができれば、ある程度、色々と考えられると思っています。ということで、私がよく使用しているFeedyというサービスなのですが、こちらに関してご紹介します。

知っている人も多いかもしれませんが、知らない人のために。

続きを読む

ご年配のお客さんから教えてもらうことは多い

職業柄、年配の方を対応するケースがあるのですが、年配の方々から教えられることも多いなと感じます。私の場合、ほとんどネット経由で、お客さんが来るので、30〜40代の方が多く、高齢者の方は、逆に少ない傾向があります。世の中の補聴器販売店の逆を行くのが当店の特徴ですw。

ネットで集客していると、面白いことに高齢者でもネットを使いこなしている人もおり、高齢者の方もご来店されます。そして、彼ら、彼女らのお話を聞いていると、自分自身も学べることが多いな。と感じます。

なお、ここでいう高齢者は、65歳以上を定義しています。

続きを読む

この業界をよりよくするために必要なものと個人的にやりたいこと

新年あけまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。さて、新年あけて、早速ですが、個人的にこの業界をよりよくするために必要なこと、自分がやりたいと思っていること、この2つに関して、載せていきます。

実行するかはともかく、難聴の方や難聴になってしまった方々がよりよくなる世界を考えた際に、これらのことは、必要かなと感じています。

新年あけて暇なので、載せていきます(ww

続きを読む

一年間、実際にお店を持ってみた結果、こんな一年でした

さて、本日を含め、あと2日もすれば新年ですが、私のところは、昨日、12月29日で、仕事納めです。今現在は、残りの仕事をこなしながらブログを執筆中。年始は、1月6日(金)から開始します。

今年の総括ということで、一年間、実際にお店を持ってみて、ブログを活用しながら、補聴器の販売や相談を受けてみた結果、どのような一年だったのか。こちらに関してまとめていきます。

私のお店は、ほぼインターネットと言いますか、このブログからお問い合わせや相談いただき、補聴器の販売やご相談を受けています。その結果ですね。

続きを読む

聴覚障害者が健聴の人を超える時代は来るのか

teens-629046_640

2016年、リオパラリンピックで走り幅跳びの選手、マルクス・レーム選手が8m21cmと驚異的な記録をだし、金メダルを獲得しました。去年の記録では、この記録よりも上の、8m40cmの記録をだし、ロンドン五輪の走り幅跳びの金メダル記録を9cm上回りました。このことにより、障害そのものに関する議論は、もちろん、他の業界でも「うちらの業界でも健常者により近く、または、超えられる日が来るのでは?」と期待している業界もあるかと思います。

ということで私が関連する聴覚の世界はどうなのか。個人的に考えてみました。結論から言いますと、努力次第で可能。という結論に至りました。物事の整理をしていく意味で、私自身が考えたことを載せていきます。

なお、聴力が良くなる技術はさておき、良くなる技術があることを前提で考えてみました。

続きを読む

クロス補聴器の効果を感じやすい人、そうでない人

glasses-983947_640

クロス補聴器とは、片耳のみ難聴である方に使用される少し変わった機器です。こちらに関しては、補聴器を装用することにより、聞きやすさを感じやすい方とそうでない方に分かれます。言い方を変えますと効果を実感しやすい方とそうでない方です。

私のところでは、相談いただく方も多いので、それらの方々を対応してわかったことに関して載せていきます。なお。最終的には、ご自身の感覚で理解されることをお勧めします。

続きを読む

補聴器で補える聴力は、どのくらいから?

book-pages-1313474_640

補聴器の使用を考える前に「どのくらいから補聴器は使えるのだろうか」「少し聞きにくいくらいだけれど補聴器は、効果があるのだろうか」このような疑問をお持ちの方は、いらっしゃいますでしょうか。

補聴器は、聞こえを改善させる機器ではありますが、その改善度、聴力をより良くさせる数値に関しては、限度があります。そのため、あまりにも聴力が良い方や補聴器を装用して目指す改善値付近の場合は、ちょっと効果を得にくい傾向があります。

こちらでは、補聴器で補える聴力から、補聴器は、どこまで改善させられるものなのか。それについて載せていきます。数値で理解できれば、より補聴器に関しては、理解しやすくなります。

続きを読む

今ある聞こえを改善させる技術から、状況をより良くさせるには?

fashion-1478810_640

私自身、補聴器の販売をしていますが、その一方で、一難聴者でもあります。自分なりに補聴器は、自分の聞こえを改善させうる部分まで改善させていますが、それでもやはり聞こえにくい部分は、出てきます。

そこで、補聴器でできる部分を改善させつつ、自分自身の状況をより良くさせるには、どうしているのか。自分の考えとともに、やっていることに関して載せていきます。

続きを読む

【今まで聞きにくいところで聞きやすく】左耳のみ難聴の方、クロス補聴器にて改善しました

20代男性、これから就職ともあり、今より聞こえが良くなるのであれば、補聴器を検討したい。このようにご依頼いただき、聞こえの改善を行いました。こちらの方は、10歳の頃、急に左耳が聞こえなくなり、そこから、聞こえにくさを感じていた方になります。

当店で、聞こえの改善を行った結果

  • 今まで聞きにくい環境の中で聞きやすくなった
  • 聞きやすくなることで、安心感も得られた
  • 職場では、今まで聞きにくい状況だった場面でも聞きやすくなった

との評価をいただきました。では、どのように改善させたのでしょうか。こちらの方の状況から改善まで、記載していきます。同じような方は、ご参考にしてみてください。

続きを読む

イヤモールドの未来は、おそらくスマホ→カシャ→自宅お届け

aroni-738305_640

さて、唐突に始まりました。私の妄想シリーズ。補聴器業界の未来は、こんな感じになるのではないか?そんな予想をしていきたいと思います。

アマゾンダッシュが本格的に他の商品にも適用できるようになれば、補聴器の電池は、ポチっ!→自宅お届けになるのではないかと考えていますが、個人的には、イヤモールドもなんか、そんな感じになりそうな気がしています。

今回は、そんな妄想話。

続きを読む

クロス補聴器に関してよくいただく3つの質問

children-1879907_640

最近、クロス補聴器に関して、書いていないなぁ・・・ということで、よくいただくクロス補聴器の質問、言い換えれば、皆さんが感じている疑問点ですね。そちらに関してまとめていきます。

なお、こちらは、クロス補聴器を装用する前にいただく質問となります。当店の場合、一般の補聴器販売店より、クロスに関して問い合わせいただくことが多いため、その中でよくいただく質問、3つを載せていきます。

ご参考にどうぞ。

続きを読む

補聴器の満足度が低いのは、ひどい販売店が多い?は考えにくい

christmas-1887306_640

先日、日本補聴器販売店が主催した研修会に参加し、その内容で本当に補聴器の満足度が上がるのか。と言う内容に関して、載せました。

中には、「満足度が低いのは、ひどい販売店が多いからだ」という声や「ちゃんと補聴器を調整できる人がいないからだ(ちゃんと補聴器を調整するってどう言う意味でしょう?)」と言うような疑問、投げかけをした方もいるかと思います。

私自身も考えながらやっているのですが、それに関しては、「本当にそうか?」と思うところがあります。ちゃんと補聴器を調整できる人は、ともかく(ちゃんと調整するの定義がかなり難しいのです)ひどい販売店があったとしても、全体の仕組みとして、良い販売店に案内するルートさえできていれば、そこに行かなくて済む状態になりますので、結局は、仕組みの問題になると考えています。

続きを読む

日本の補聴器に関する満足度36%。クレーム件数を減らせば改善するのか?

question-marks-2215_640

12月4日、一週間以上前のことですが、補聴器販売店協会が主催した補聴器販売者技能工場研修に参加しました。その際の共通認識としては、業界そのものの信用もそうですが、難聴者のQOL及び、補聴器販売に対する満足度を上げましょう。というお話でした。

で、この研修に参加した際、感じたことですが、販売店協会が考えているクレーム件数を減らせば、満足度は、上がるのか。というところに関しては、若干上がるかもしれませんが、それだけで、欧州や米国のように跳ね上がるか。と言われれば「それは正直、考えにくい」と感じています。

私自身が感じたことに関して載せていきます。

続きを読む

新製品発表で密かにちょ〜気になっているエクスパンションの改善

girl-1721432_640

先日、フォナックのセミナーに参加し、個人的に、密かに気になっているものがあります。それは、エクスパンションと呼ばれる要素です。新しい補聴器では、こちらに関して、より効果的に行う仕様になったとか。

補聴器を調整する人間としては、ここが一番気になったところです。マーケティング的思考では、先日書いた内容が気になったところですね。

ちょっとこちらに関して、私が感じたことをまとめていきます。

続きを読む

補聴器の内も外もすごい勢いで変化してきている

the-scenery-679011_640

う〜む、最近、なんかすごい勢いで、補聴器の内側も外側も変わってきているな・・・と感じます。内側というのは、補聴器業界、もしくは、補聴器そのものを表し、補聴器の外側というのは、補聴器業界外の変化になります。

もちろん、この変化は、今に始まったことではないのですが、ここ最近、さらに加速してきているような・・・と感じます。テクノロジーの変化は、早いですね。どちらかというと外の世界がやばい感じです。

そこで、私自身が気になったことを少しまとめていきます。

続きを読む

【2016年12月】フォナック新製品セミナーへ参加してみた

img_0283-1

私のところで、取り扱っている補聴器のメーカー、フォナックさんが新製品を発表するとのことで、セミナーに参加してきました。正直、感想としては、想像以上で、考えさせられることも多々ありました。

セミナー内容を一部記載すると共に、私自身が感じたこと、思ったことも載せていきます。

続きを読む

運営者:深井 順一

自己紹介

聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつき難聴者である事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。Webには、補聴器や耳の情報が少ない事から、ブログを通じて、情報提供をしています。運営者については、こちら。お問い合わせは、contactよりどうぞ。運営している店舗は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅より徒歩3分のところにあります。
検索フォーム