お使いの補聴器の買い替え相談と改善のためにしている事

補聴器をご購入されたけれども、聞きにくさを感じていたり、購入した補聴器が使いづらい。など、ありましたら、新しく補聴器を変える。という事も当店では、承っています。

補聴器を使用されており、あまりうまく行っていないケース、お悩みのケースは、

  • 補聴器を使用しているけれども、聞きにくさを強く感じる
  • 補聴器が扱いづらい、不便さがある
  • 補聴器を使っているけど、ちゃんと調整されているのかがわからない

この3つの中のいずれか、もしくは、複数が当てはまります。

そのため、当店では、

  • 耳の状態から補聴器の状態を可視化し、どうしたらよくなるのかのご説明
  • 試聴や貸出を通じて、取り扱いを確認し、聞こえや扱いが適切な補聴器の選定
  • 補聴器の聞こえを可視化し、補聴器の調整、聞こえをお客様と相談しながらの改善

の3つを行なっています。

初めのページで記載させていただいた通り、当店では、

  • 補聴器で聞きにくさを改善可能な部分まで良くできるもの
  • ご自身にとって扱いやすいもの

この2つに重点を置いて補聴器の選定を行い、お困りの部分を改善しています。

補聴器を使用することで、全ての部分が良くなるわけではないのですが、補聴器でできる限りの改善は、させていただきます。

そして、補聴器を使用されていて気になる部分もそうですが、当店では、基本的に改善できる部分は、全体的に改善していきます

目次

当店での相談の流れ

初めに当店での相談の流れですが、

上記の通りとなります。

初回では、①〜④まで行い、耳の状況から補聴器の事について説明致します。その後、新しい補聴器で日常生活から職場まで、どのような変化があるか体験できるよう補聴器を貸出しています。

その後、有った方が良いという方のみ、⑤の部分へ進み、どのような補聴器にしようか、試聴やご相談を行い、判断していきます。そして、補聴器が決まったら、お渡しして今後のケアについてお伝えしています。

当店では、このように対応し、聞きにくさの改善及び、ご相談を行なっています。

①ご用件のお伺い

まず初めに、ご用件をお伺いいたします。補聴器を使用していて、気になるところ、聞いてみたい事、調べていただきたいところなどお話いただき、現状について確認していきます。

②状況の確認(各種測定)

ご用件をお伺いした後、耳や補聴器の状況確認を行なっていきます。

具体的には

  1. 耳の状況確認(各種測定)
  2. 補聴器を使用した状態の確認(各種測定)
  3. 測定した状況及び、現状のご説明

の3つを順に行なっていきます。

補聴器は、使用している状態だけですと、音が大きい、小さい、音の質が機械っぽい。など、感覚しか理解できません。そのような状況ですと、使用されている状態が、良いのか悪いのかすらもわかりません。

そのため、当店では、耳の状況を確認した後に補聴器を使用した状態も各種測定を通じて、聞こえを見える化していきます。

補聴器で聞こえを補えていないケースで多いのは、ご自身の状況を見えるような状況にしていない事。補聴器は使うだけでは、適正値まで聞こえているかはわからない。測定することにより、初めて、そこまで聞こえているのか。そうでないのかがわかる。この測定は、それを教えてくれる測定の一つ。

補聴器で聞こえを補えていないケースで多いのは、ご自身の状況を見えるような状況にしていない事。補聴器は使うだけでは、適正値まで聞こえているかはわからない。測定することにより、初めて、そこまで聞こえているのか。そうでないのかがわかる。この測定は、それを教えてくれる測定の一つ。

具体的にお伝えしますと、補聴器の効果を見れる測定には、上記のものがあります。

これは、音場閾値測定で測定した数値。▲が補聴器を使用している状態。赤い△が改善目標値だとすると、このように数値化される。すると、どの周波数が足りていないのか。逆に良い状態まできているのかもわかるようになる。補聴器は、可視化すると、状況が一気にわかりやすくなる。

これは、音場閾値測定で測定した数値。▲が補聴器を使用している状態。赤い△が改善目標値だとすると、このように数値化される。すると、どの周波数が足りていないのか。逆に良い状態まできているのかもわかるようになる。補聴器は、可視化すると、状況が一気にわかりやすくなる。

こちらは、補聴器の聞こえの感覚を周波数別に表示してくれるため、使用されている方の聴力から補う目標値と現状(どこまで聞こえているのか)、この2つを比較する事で、適正値まで、補聴器で聞こえを補えているのか。というのを確認できます。

このように補聴器には、補聴器を使用した状態を把握する測定がいくつかあります。そして、それらの測定には、聴力(耳の状態)からどのくらい改善していると良いかの概ねの基準もあります。

それらを比較する事で、現状は良いのか。改善する余地はあるのか。改善するとしたら、どのようにしたら良いか。もわかるようになります。

当店では、聴力や補聴器の使用状態を確認した後に、

  • 今現在の補聴器の聞こえの状態
  • 補聴器でどこまで聞こえにくさが改善できて入れば良いかの改善目標値
  • より改善していくには、どこをよくしていければ良いか

これらを中心にお話し、現状についてお伝えしていきます。

そして、測定結果から現状をより良くさせる改善方針を考え、ご説明しています。

③その耳に合う補聴器のご説明

耳や補聴器の状況を調べ終わったら

  1. 耳や補聴器の状況から、補聴器でどう改善したらよいかのご説明
  2. 補聴器の基礎から形状、性能のによる違いのご説明
  3. ご自身にとって扱いやすく希望に合った補聴器の選び方のご説明

と、ご説明を行なっていきます

基本的には、耳やお使いの補聴器の状況を踏まえた上で、改善する際に重要になる内容、補聴器の形状や性能の違い、特徴などをお伝えしていきます。

そして、聞きにくさが改善でき、かつ、取り扱いが問題ない補聴器を選べるようにしていきます。

④補聴器の試聴及び聞こえの改善

補聴器の説明中に併用して、対象となる新しい補聴器も試聴していきます。この際、ある程度、改善できるように補聴器を調整していきます。

今現在、補聴器は、このようにパソコンを使って調整しています。

補聴器を調整している状態や補聴器の状態は、見えるようにディスプレイを2つに分けて行なっていきます。

聞こえの改善に関しては、ご自身の補聴器の状態を見る際に使用された測定を行いつつ、

  • 補聴器を装用した状態の聞こえの現状
  • ご自身の聴力の場合、どこまで補聴器で改善すれば良いかのご説明
  • 調整に関する基本的な改善方法

について改めてご説明します。

"補聴器の調整については、聞こえを改善できると良い目標値(<span

補聴器の状況は可視化できると、補聴器を調整する側、補聴器を使用する側の両方で、どのように調整して改善していければ良いかを相談しながら、良くしていく事ができます。

当店では、一方的に補聴器を押し付けるのではなく、どのようにしたらお客様が良い状態になるのか。それをご説明しつつ、なるべくお客様が望むような状態にできるよう改善していきます。

当店でしている補聴器の調整
当店で行なっている補聴器の調整について詳細を知りたい方は、聞きにくさを改善し、より良い状態にするために当店でしている補聴器の調整をご覧ください。

調整した補聴器は、幾日か貸出し、日常生活上や職場でも試せるようにしています。

⑤補聴器を選ぶための試聴・貸出と補聴器チェック

新しい補聴器を使用いただき、以前の補聴器と比較してあった方が良い、補聴器の購入を考えたいなどありましたら、本格的にどの補聴器を購入するのか選んでいきます。

補聴器の選定については、

  • 聞こえに関しては、 しっかり効果が出ているのか
  • 補聴器の取り扱いは、問題ないか

を確認しながら、貸出を通じて、適切な補聴器を選んでいきます。

当店で貸出や試聴をしているのは、お客様側からすれば、安心して相談できるというのもあるのですが、当店側の利点としては、実際に使っていただく事でちゃんと扱えるものなのか、聞こえが改善できているのかを確認できるためです。

扱いに問題なければそれで良いですし、仮に使いにくいものだった場合は、それをふまえて、修正していきます。

使いにくい補聴器を購入してしまうケースは、ほとんどにおいて確認が不十分なことから、起こる事が多いです。そのため、試聴を通じながら、現状を確認させていただき、使い続けていく上で、問題ないかも当店側で確認しています。

いきなり決める(購入する)のではなく、使ってみて「問題なさそうだ」という確認ができると、こちらとしても、良い補聴器を提供しやすくなりますので、このようにしています。

聞きやすく扱いやすい補聴器を得るためのチェック項目

補聴器の適合(合っているか、そうじゃないか)で確認していることは、聞きやすく扱いやすい補聴器を得るためのチェック項目の通りになります。

⑥補聴器のお渡し&今後のお話し

購入する補聴器が決まりましたら、ご用意してお渡しになります。

この際

  • 補聴器のメンテナンス方法
  • 今後の定期メンテナンス

これらについてお伝えしています。補聴器は、慣れてきますと、生活必需品になります。購入した後は、いかに聞きにくくならないようにできるかが重要です。

聞きにくくなる回数が減ると減るだけ、ご自身が困ることも少なくなります

ご相談(改善)の流れのまとめ

当店では

このようにして、聞こえの改善を行なっています。

基本的には①〜④までを初回で行い、その後の対応は、ご希望に応じて変えています。

ご購入(改善)には、3〜6回通っていただくことが多く、初回の相談時は、1時間30分〜2時間ほどかかります(耳の状況など調べることが多いため、時間がかかります)。その後の相談は、30分〜1時間になります。

少々、手間やお時間がかかる点は、誠に申し訳ございません。その代わり、聞きにくさを改善させ、生活をより改善できるよう、現状の改善を行なっています。

当店をオススメする方

当店をオススメする方は

  • 聞きにくさの改善から不便さを感じる取り扱いまで、全体的に良くしたい方
  • ご相談に不安を感じており、補聴器の試聴、貸出を通じて、ご相談したい方
  • ご自身で耳や補聴器の状況を把握しながら、聞こえの改善をご相談したい方

という方々です。

聞きにくさの改善から不便さを感じる取り扱いまで、全体的に良くしたい方

補聴器を購入したけれどもうまく使えない。または、補聴器で強く聞きにくさを感じている方に向けて、当店では、補聴器で聞こえを改善させる上で重要になる部分から補聴器に関する基礎まで、改めてご説明し、改善を行なっています。

その際、今現在、感じている部分の改善は、もちろん、改善できる部分は、総合的に改善させていただきます。

適切な補聴器というのは、単純で、冒頭に記載した通り、

  • 補聴器で聞きにくさを改善可能な部分まで良くできるもの
  • ご自身にとって扱いやすいもの

の2つを兼ね備えたものです。

当店では、耳の状況や補聴器の状況を調べた後、お客様別に補聴器での改善についてご説明し、ご自身が望むものを提供できるようにしています。

ご相談に不安を感じており、補聴器の試聴、貸出を通じて、ご相談したい方

一度、うまくいかなかった場合、ご相談する事そのものに関しても、慎重になりがちです。特に補聴器のようなお安いものではない場合は、どのようなものなのか、試せたりすると、安心して相談できるかと思います。

そのため、当店では、補聴器の試聴、貸出を通じて、ご相談をしています。

こちらに関しては、本当に改善できるのか、取り扱いは、問題ないのか。今まで気になっていた部分は、どうなのか。と、気になる部分をご自身で体験できるようにし、補聴器について、ご自身で理解しながら、相談できるようにしています。

また、様々な機器を用意し、違う形の補聴器の比較、同じ補聴器でも性能別の比較、それぞれ、日常生活や職場で使用いただき、どのように変化があるかを試せるようにもしています。

補聴器の試聴や貸出を通じて、補聴器を理解しながら、ご相談できるよう、当店では、行なっています。

ご自身で耳や補聴器の状態を把握しながら、聞こえの改善をご相談したい方

当店では、聞こえにくさを改善させていく際、初めに耳の状況や補聴器の使用状況に関して、確認していきます。それを確認後、現状を説明しつつ、改善できそうな部分は、総合的によくしていきます。

新しい補聴器の調整については、聞こえの可視化を行い、それぞれ

  • 補聴器を装用した状態の聞こえの現状
  • ご自身の聴力の場合、どこまで補聴器で改善すれば良いかのご説明
  • 調整に関する基本的な改善方法

についても説明させていただきます。

そして、現状の補聴器の聞こえの改善値や補聴器で聞こえが改善できると良い部分を説明しながら、補聴器を使用いただいた時の音の大きさ、体感についてもお伺いしていきます。

補聴器の聞こえについては、可視化して、その状況をお伝えし、感覚と数値を比較しつつ音の調整をしていきます。

そのようにして、なるべくお客様の望む状態になるように調整する人の意見、補聴器を使う側の意見、の双方の意見を入れながら、ベストな状態を目指していきます。

まとめ

当店をオススメする方は、

  • 聞きにくさの改善から不便さを感じる取り扱いの部分まで、全体的に良くしたい方
  • ご相談に不安を感じており、補聴器の試聴、貸出を通じて、ご相談したい方
  • ご自身で耳や補聴器の状況を把握しながら、聞こえの改善をご相談したい方

という方々です。

当店は、単に補聴器を売るお店ではなく、ちゃんと扱えて、聞きにくさを改善できる補聴器を提供するお店として考え、対応しています。

ご相談になった方(購入になった方)の声

こちらでは、主にご購入になった方の声を載せていきます。実際にどのように改善したかの内容も載せていきますので(リンク先に記載しています)ご参考にしてみてください。

買い替えK・Iさんのケース

こちらの方は、はじめ他店で補聴器をご購入されましたが、そちらではあまりうまく行かず、当店へご来店になりました。

現状を見てみると、片耳のみ装用しており、両耳装用の資質があったことから、両耳装用にして聞こえをさらに改善させていきました

どのようなことでお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて(ご相談されてみて)いかがでしょうか?

このお店で購入(相談)した理由は何でしょうか?

実際のアンケート内容

今まで聞きにくかったが故に行動がしにくかったり、諦めやすかったようですが、そのような性格まで徐々によくなってきた方です。聞こえが改善できたことも良いことですが、そのおかげで前向きにできたのは、何よりもよかったことですね。

原因不明の感音性難聴で軽・中等度難聴の方、補聴器で改善

K・Iさんの実際の症例に関しては、原因不明の感音性難聴で軽・中等度難聴の方、補聴器で改善をどうぞ。

買い替えF・Gさんのケース

こちらの方は、以前に補聴器を購入したことがあったのですが、うまく聞こえず、しばらくは、補聴器なしで生活していらっしゃいました。しかし、仕事もしており、かつ、今後も仕事をしていく予定でいたため、補聴器をお求めになりました。

現状を見てみると、両耳とも補聴器の適性があったため、両耳装用にしてなるべく聞きにくさを改善するようにしていきました

どのようなことでお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて(ご相談されてみて)いかがでしょうか?

co-e-f-g-03

このお店で購入(相談)した理由は何でしょうか?

coe-f-g-02

実際のアンケート内容

今現在、こちらの方は、仕事もしながら、趣味のテニスも楽しんでいる方になります。初めは、トラブルの部分を回避するという目的でしたが、仕事先でのお話しもテニスをするサークル内での話もしやすくなり、それらの状況もよりよくすることができました。

聞こえにくくなったとしてもその後も楽しんで良いわけですから、状況をよりよくでき、こちらとしては、何よりでした。

【非常に聞きやすくなった】高音急墜形感音難聴の方を改善させました

F・Gさんを改善させた方法、実際にしたことは、【非常に聞きやすくなった】高音急墜形感音難聴の方を改善させましたをどうぞ。

買い替えK・Aさんのケース

他店で補聴器をいくつか購入されていたようですが、なかなか改善せず、少し遠いのですが(他県お住まい)わざわざ当店へご来店いただいた方となります。

状況を確認すると右側は、補聴器を装用しても改善が難しいため、ある特殊な補聴器で改善させることになりました

どのようなことでお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて(ご相談されてみて)いかがでしょうか?

このお店で購入(相談)した理由は何でしょうか?

実際のアンケート内容

補聴器の試聴から初め、状況をよりよくでき、こちらとしては、何よりです。近距離であれば、かなり聞きやすくなったようで、重宝しているようでした。

元々句会やお友達と出かける機会が多かったようで、それらの場所で聞きやすさを改善することができました。耳の状況は、人によって異なるため、その人の状況を見ながら、どのように改善させてあげると良いのか。それを再度、考えさせられる症例でもあります。

【お持ちの補聴器より聞きやすく】軽・中等度難聴の方、バイクロス補聴器で改善

K・Aさんを良くさせた実際の方法に関しては【お持ちの補聴器より聞きやすく】軽・中等度難聴の方、バイクロス補聴器で改善をご覧ください。

補足

これ以外の買い替え症例に関して見てみたいという方は、こちらをご覧ください。

リンク:他店購入でうまく行かなかった方の改善

そして、全体的に症例を見たいという方は、こちらをご覧ください。

リンク:お客様の症例紹介

Q&A

Q、補聴器の買い替えではなく単にどのようにしたら改善できるのか。のご相談は、していますでしょうか?

行なっています。補聴器を買い換える。というところまでではなく、使っている補聴器の調子が悪い。ということでしたら、どのようにしたら良くなるのかのご相談は、承っています。

その場合も、基本的に料金は、今の所、いただいていません。依頼が多くなってきたら、有料化しようとは、思っています。

Q、耳や補聴器に関するご相談をしたいのですが、相談料は、どのくらいかかりますか?

基本的に相談料は、かかりません。補聴器の貸出しに関しても代金は、かからない状態です。補聴器をご購入になった際のみ、その補聴器代がかかります。

Q、補聴器の貸出は、どのくらいまでできるのでしょうか?

一回、1〜2週間で、何回かのスパンに分けて貸出ししています。この点は、お客様により、効果や使いたい日数が異なりますので、比較的、自由に行なっています。

Q、補聴器を借りて試してみたいのですが、お金は、かかりますか?

補聴器の貸出しに関しては、代金は、かかりません。ただし、紛失された場合は、実費をいただくケースがございますので、紛失だけお気をつけいただければ大丈夫です。使っていただく際に必要になる電池や補聴器のケースも貸出ししています。

Q、実際にみてもらうとしたら、どのくらい通うのでしょうか

人によって異なりますが、3〜7、8回が多いです。最短で3回ほどで、多いのは、4〜6回になります。補聴器を選定する際に様々な補聴器を試したい場合は、試すと試すだけ、お時間がかかります。その点は、誠に申し訳ございません。

Q、補聴器の値段は、どのくらいするのでしょうか

ものによりますが、両耳ですと36万〜104万円くらいまであります。片耳だと18万〜52万円です。こちらに関して知りたい場合は、当店の取り扱い製品をどうぞ。

Q、フォナックってどこのメーカーですか?全然聞かないのですが……

フォナックは、スイスにある補聴器メーカーです。日本だと馴染みはあまりないのですが、補聴器の世界では、世界中で最も売れているメーカーになります。

補聴器の金額が高めなのが難点ですが、その代わり、補聴器を使うため、改善させるための基本機能は、どの価格帯にもしっかり入っており、聞こえの改善と使う上での快適さを兼ね備えたメーカーです。

私も補聴器を使っている人間ですが、私が使用している補聴器もフォナックです。

Q、補聴器の寿命はどのくらいなのでしょうか?

補聴器の寿命、すなわち、どのくらい使えるのか。ということだと思うのですが、平均使用年数は、5〜6年になります。ただ、補聴器の場合、修理をして使い続けられる製品ですので、故障=買い替えではありません。

実際には、販売を中止してから5年は、修理できるようになっていますので、現行機種であれば、7〜9年ほどは、使おうと思えば使うことができます。多いのは、5〜7年で買い換えるケースとなります。

Q、補聴器に保証はあるのでしょうか?

修理に関しましては、2年間の保証期間があります。※自立支援法という特殊なものは、1年です。

その期間内の故障につきましては、無償で修理しています。ただし、ご自身で踏んづけて壊したり、誤まって洗濯してしまった場合に関しては、有償になることがあります。ご注意ください。

Q、耳鼻科で聴力検査をしてもらったのですが、そのデータがありません。そのような場合でもみていただけるのでしょうか?

データがないだけであれば、こちらで再度測定することができますので、大丈夫です。補聴器を合わせる過程上で耳の状況を確認させていただきます。

Q、バイクロスという補聴器を知ったのですが、扱っていますか?

取り扱っています。バイクロスの場合は、少し特殊になりますので、耳の状況を確認した後、どのように改善したら良いかなど、一通り、耳の状況からお話させていただき、試聴などもできるようにしています。

お問い合わせ

聞こえにくさにお悩みの方や補聴器に関するご相談ごとがございましたら、以下のフォームより、お問い合わせください。

営業時間に関しては、上記の通りになります。営業日1日以内で返信しています。

そして、お電話の方が良い場合は03-5809-7586(青色の部分をクリック、タップで当店へ電話繋がります)こちら宛にご連絡ください。お電話の場合は、接客中などで出れない場合もございます。予め、ご了承いただければ幸いです。

 お名前 必須

 メールアドレス 必須

 相談内容をご記入ください 必須