お店の雰囲気や中の様子

当店は、広々とした大きいお店ではなく、こじんまりとした小さなお店になります。適切にご相談できる補聴器販売店を目指し、特にお客様の状況を見るための設備を重点的に整えています。

お店の雰囲気

DSCN1652

こちらは、当店の入り口です。

DSCN1559

入り口付近には、ソファーがあり、待合室になっています。

DSCN1560

ソファーの反対側は、このようになっています。主に私の事務作業場になります。

少し奥に相談スペースがあります。相談スペースの様子は、このようになっており、こちらで主に相談します。

DSCN1565

後方には、大人数で来られた時も一緒に相談する事ができるようイスも設置しました。こちらは物を置くスペースにもなりますので、お荷物がある場合でもお越しいただけます。

現在の補聴器は、パソコンを使って調整するため、当店ではディスプレイを二つにわけ、行なっている内容や補聴器の状況を見れるようにしています。

このようにする事で、実際に行っている事や補聴器の状況に対し、お客様にも理解しやすくしています。デイスプレイは、みやすくするため、少々大きいもの(23inch)を使っています。

また、重度難聴の方や聞こえが重い方は、音声ではお話しが通じにくい傾向がありますので、ディスプレイに文字を写し、意思疎通できるようにもしています。そのためにもディスプレイは、二つに分けています。

DSCN1566

防音室は、大きめの2畳サイズを設置しています。その理由は、しっかりと測定するとなると、ある程度の広さの防音室が必要になるためです。

DSCN1567

こちらは、防音室の中の様子です。防音室には、電話ボックス型のように一人だけ中に入って行うタイプもありますが、当店では、お客様と一緒に私も入ります。

わからないところはその場で質問やご相談できるようにする事で、測定というのはしやすくなります。このようにして、各種測定を行っています。

防音室の内部は、吸音材を使用し、反響しないようにもしています。反響すると適切な測定ができないためです。

こちらはオージオメーターです。主に耳の聞こえを測定するものになります。

様々な測定ができるのですが、基本的なものは、

聴力測定があります。こちらの場合は

このような図にして、耳の状態について確認し、内容について説明も行なっています。

また耳には、言葉の理解度を調べる測定もあるのですが、同じくこちらの機器で行えます。

耳の状況によっては、音と音声の理解度、それがどのようになっているのかを見る必要があります。適切に相談できるよう、これらのものは、測定できる環境を作っています。

それ以外には、補聴器を装用した状態の聞こえを測定するスピーカーもあります。

補聴器の場合、耳に装用するだけでは感覚のみしかわからない。そのため、客観的にどのように聞こえが補えているのか。それを見る測定もある。その一部が、音場域値測定となる。

補聴器の場合、耳に装用するだけでは聞こえる音の感覚のみしかわからない。そのため、客観的にどのように聞こえが補えているのか。それを見る測定もある。その一つが、音場域値測定となる。

それがこちらになります。

測定する際は、必ず人とスピーカーの距離を一定に保つ。音は、離れれば音が異なって聞こえるため、どのように測定するかが重要となる。

測定する際は、必ず人とスピーカーの距離を一定に保つ。音は、離れれば音が異なって聞こえるため、どのように測定するかが重要となる。

当店の場合は、測定する距離も毎回同じにし、測定結果を比較できるようにしています。そのようにしなければ現状を把握したり、異なる補聴器を比較することができないためです。

補聴器の場合、なかなか体感だけで、どのように聞こえているのか、適切な位置まで聞こえるようになっているかがわかりません。そのため、このような測定も行えるようにし、現状を確認できるようにしています。

赤い△が補聴器を使って聞こえを改善すると良い数値。△が補聴器なし、▲が補聴器ありの状態。現状を調べ、自分の聴力から目指せると良い数値がわかると、現状を把握したり、自分の補聴器が合っているのか、そうでないかがわかるようになる。

赤い△が補聴器を使って聞こえを改善すると良い数値。△が補聴器なし、▲が補聴器ありの状態。現状を調べ、自分の聴力から目指せると良い数値がわかると、それぞれの数値を比較する事で、現状を把握したり、自分の補聴器が合っているのか、そうでないかがわかるようになる。

もっとも測定するだけでは意味がないため、現状を理解できるように、その方の聴力からどのくらい改善できると良いかの目標値と現状の測定結果についてお話し、状況がどのようになっているのかを理解できるようにしています。

また、補聴器を使った状態で調べられるのは、音だけではありません。

言葉の聞き取りの部分も調べられるようにしています。こちらも上記のものと同様、どのくらい理解できると良いのか、現状は、どうなのか。図の見方から、そこからわかることについてお話ししています。

tenpo-9

ご相談スペースの更に奥には、作業場があります。こちらで補聴器の状態を見たり、掃除、点検を行っています。

当店は、決して大きなお店ではありませんが、聞こえの改善のために必要なものは、しっかりと揃えたお店になります。

当店からのお願い

誠に恐れ入ります、皆様に当店からお願いがあります。

  • 予約制
  • オートロック

それは、この2点です。

予約制

当店では、しっかりと耳のご相談をするために予約制にしています。耳の状態を適切に理解しつつ、ご相談をするには、耳を調べたり、耳の状況をお伺いしたりなど、それなりにお時間がかかります。

そのため、誠にお手数ですが、相談をご希望の場合は、予約をお願いいたします。以下にお問い合わせフォームがございますので、こちらより、ご連絡ください。

オートロック

大変恐れ入りますが、当店はオートロック式になっております。

当店は、ビルの6階にあります。1階の様子は、このようになっています。

そのため、お越しになる場合は、こちらの端末に601と入力し、呼び出しボタンを押してください。その後、私の方からロックを外しますので、中に入る事ができます。

誠にお手数ですが、よろしくお願い申し上げます。

無料でご相談、お引き受けしています

耳や補聴器に関するご相談は、無料でお引き受けしています。補聴器の試聴や貸出に関しても、無料です。

聞こえにくさにお悩みだったり、ご相談ごとがございましたら、以下のお問い合わせフォームか、ご連絡先より、ご連絡願います。

営業日に関しては、上記の通りです。営業日より、一日以内で返信しております。

お電話でのご連絡は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

また、以下のフォームよりお送りしたのに関わらず、返信がない場合は、誠にお手数ですが、お電話でご連絡03-5809-7586(青色の部分をクリック、タップで当店へ電話繋がります)、いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 お名前 必須

 メールアドレス 必須

 相談内容をご記入ください 必須