片耳のみ難聴の方を改善していくための測定とそこからわかる事

片耳のみ難聴といっても様々な耳の状態があります。

当店では、なるべく聞きにくさを改善できるようにするため、耳の状況を確認し、どのように補っていくと良いのか。その点を測定しながら、考えていきます。

こちらでは、当店がしている耳の確認から、耳の状況別に、どう補っていくと良いのか。こちらについて、まとめていきます。

特に片耳のみ難聴の方は、特殊な方が多いため、この部分が聞きにくさを改善させる上で、最も重要になります。

耳の状況を把握する測定

片耳のみ難聴になり、治療ができないケースは、多くが感音性難聴になります。

感音性難聴とは、耳の中の器官である内耳が何らかのダメージを受けてしまい、聞きにくくなる難聴です。

重要なのは、ここからで、感音性難聴になると

  • 音そのものが聞きにくくなる
  • 音声が理解しづらくなる

という問題が出てきます。

音が聞きにくくなる事により、音声が理解しづらくなるというのもあるのですが、仮に適切な音量であったとしても、理解ができない、難しい。ということが増えてきます。

そのため、耳の場合

  • 音の聞こえ方を調べる→聴力検査
  • 言葉の聞こえ方を調べる→語音明瞭度測定

の2つの測定があります。

当店では、この2つを行い(場合によっては、聴力検査のみ)、どのようにしたら改善しやすくなるのか。その改善方針を考えていきます。

聴力検査

聴力検査は、基準(0dB)から各音の聞こえ(周波数)が、どのような状態なのかをみる測定です。

聴力検査では、聴力を測定する。調べた図は、このようになる。基本的には、○(右耳)と×(左耳)の数値を主にみる。この数値をみることで、どのような状況かを把握することができる。

聴力検査では、聴力を測定する。調べた図は、このようになる。基本的には、○(右耳)と×(左耳)の数値を主にみる。この数値をみることで、どのような状況かを把握することができる。

見方は、このようになります。各音の高さ別に、どのような聞こえ方をしているのかがわかり、左右で、どのように異なるのか、同じなのかもわかるようになります。

片耳のみ難聴の場合、この数値があまりにも下がりすぎていると、聞こえにくい耳側に補聴器をつけても、効果が望めません。そのため、ある特殊な補聴器を装用して、聞きにくさを改善していきます。

耳の状況により、補う方法、そのものが変化しますので、測定しつつ、どのように改善したら良いかを考えていきます。

語音明瞭度測定

耳には、言葉の理解度を調べる測定があります。それが、語音明瞭度測定(語音弁別能検査とも言います)です。

補聴器の世界には、音声を理解するための測定。というものがある。これにより、どのくらい理解できるのか。補聴器の適性は、どのくらいなのかがわかる。

補聴器の世界には、音声を理解するための測定。というものがある。これにより、どのくらい理解できるのか。補聴器の適性は、どのくらいなのかがわかる。

あ、き、じ、など、一つ一つの言葉を聞こえる音量で聞かせ、どのくらい正解するのか。これを調べる測定が、語音明瞭度測定となります。

行なっている様子。聞こえた通りに紙に書き、採点を行う。重要なのは、正解することではなく、状況を把握する事。リラックスして受けよう。

行なっている様子。聞こえた通りに紙に書き、採点を行う。重要なのは、正解することではなく、状況を把握する事。リラックスして受けよう。

感音性難聴は、音以外に言葉の聴きにくさが出てくるため、このような測定を通じて、どのような状況なのかを把握していきます。

縦軸が正解率で、横軸が音の大きさです。正解率が高いと高いほど、補聴器の適性があり、低くなると低くなるほど、補聴器を装用しても、効果が望みにくくなります。

重要なのが、数値の意味。補聴器の適性は、50%以上になる。50%以下の場合は、補聴器の効果が劇的に薄くなってくるので、注意が必要だ。

最も重要なのが、数値の意味。補聴器の適性は、50%以上。50%以下の場合は、補聴器の効果が劇的に薄くなるため、改善の考え方を変えなければならない。

正解率の意味は、このようになります。こちらの意味がすごく重要になるのですが、正解率(明瞭度)が50%以下だった場合は、補聴器の効果は、薄くなります

片耳のみ難聴の場合、悪化した原因により、極度にこちらが低下していたりすることがありますので、調べて現状を把握していきます。

仮にこの結果が悪い場合、その耳側に補聴器を装用しても、音が聞こえるだけで、音声は、かなりわかりづらくなります。

そのようなケースは、別の方法で改善していく必要があるため、このような測定を通じて、どのように補ったら良いかを考えていきます。

測定結果から考える補い方

さて、耳の状況を調べ終わったら、実際ににどのように補っていったら良いのか。その点に関して、考えていきます。

片耳のみ難聴の場合、パターンとしては、大きく分けて

  • 片耳が全く聞こえないケース
  • 片耳が軽度〜中等度難聴で、明瞭度が良いケース
  • 片耳が軽度〜中等度難聴で、明瞭度が低いケース

の3つに分かれます。

片耳が全く聞こえないケース

こちらは、

こちらは、右側は、正常で、左側が全然聞こえないケース。

こちらは、右側は、正常で、左側が全然聞こえないケース。

このような聴力の方が、対象です。

主に

  • 生まれつき片耳のみ聞こえにくい
  • 突発性難聴になり、聞こえにくくなった
  • ムンプス難聴により、聴力低下した
  • 外リンパ瘻になり、聞こえなくなった
  • 聴神経腫瘍、摘出手術により、聞こえなくなった

というケースに見られます。

生まれつき片耳のみ聞こえにくいケースと突発性難聴のケースは、人により、様々なのですが、それ以下の、ムンプス難聴、外リンパ瘻による聴力低下、そして、聴神経腫瘍、摘出手術により、聞こえなくなった方は、このような聴力が多いです。

仮にこちらの図の左側(青い×)に補聴器をつけたとすると、▲くらいまで改善できることが多い。しかし、一般的な声の大きさで理解しつつ、少し声が小さい感覚でも理解できるようにするには、赤い△くらいの部分まで改善させる必要がある。その部分まで改善させることは、今現在の技術では、できないため、大きく聴力低下した場合は、聞こえない耳側に補聴器をつけても、聞きにくさを感じやすい。

仮にこちらの図の左側(青い×)に補聴器をつけたとすると、▲くらいまで改善できることが多い。しかし、一般的な声の大きさで音声を理解しつつ、少し声が小さい感覚でも理解できるようにするには、赤い△くらいの部分まで改善させる必要がある。その部分まで改善させることは、今現在の技術では、ほとんどできないため、大きく聴力低下した場合は、聞こえない耳側に補聴器をつけても、聞きにくさを感じやすい。

そのような場合、聞こえなくなった耳に補聴器を装用しても、聴力低下が大きすぎて、効果は、ほとんど出ません。聞こえにくさを改善させる場合は、上記の赤い△の部分まで改善させる必要があるのですが、その部分まで改善させることができないためです。

クロス補聴器のイメージ。聞こえない耳側にきた音を聞こえる耳側で聞こえるようにしてくれるのが、クロス補聴器。残念ながら、聞こえなくなった耳側に音を入れても、改善しない方々のために作られた機器になる。

クロス補聴器のイメージ。聞こえない耳側にきた音を聞こえる耳側で聞こえるようにしてくれるのが、クロス補聴器。残念ながら、聞こえなくなった耳側に音を入れても、改善しない方々のために作られた機器になる。

このようなケースは、聞こえる耳側に音を転送して、聞きにくさを改善させるクロス補聴器で改善させると、よりよくすることができます。

形は、一般的な補聴器と同じ。クロスから補聴器へ音を転送する仕組みになる。

形は、一般的な補聴器と同じ。クロスから補聴器へ音を転送する仕組みになる。

実際の形は、一般的な補聴器と変わりません。

片耳が軽度〜中等度難聴で、明瞭度が良いケース

こちらは、

聴力低下が補聴器で補える範囲である場合のケース。

聴力低下が補聴器で補える範囲である場合のケース。

このような聴力で

明瞭度は、50%以上なら、良い評価。ただ、できれば、70〜80%ほどは、欲しい。そのようなケースは、片耳に補聴器を装用した方が、バランスよく補えるようになり、よくしやすい。

明瞭度は、50%以上なら、良い評価。ただ、できれば、70〜80%ほどは、欲しい。そのようなケースは、片耳に補聴器を装用した方が、バランスよく補えるようになり、よくしやすい。

このような明瞭度の方が対象です。

こちらに該当するケースは、聞こえない耳側に補聴器を装用して、補った方が、両耳とも聞こえるようになり、バランスよく補えます。

こちらも

  • 生まれつき片耳のみ難聴
  • 突発性難聴により、聞こえなくなった

という方に見られます。

ただし、実際には、聞こえない耳側に補聴器を装用してみて、その補聴器の効果により、左右されます。

補聴器を装用しても、あまり改善されない場合は、クロス補聴器の方が改善度が高くなる傾向があります。そのような場合は、2つとも試しながら、どちらの方が改善しやすくなるのか。を調べながら、改善度の高い方を選び、よくしていきます。

片耳が軽度〜中等度難聴で、明瞭度が低いケース

こちらは

先ほどの聴力でも

こちらは、明瞭度が低いケース。重要なのは、明瞭度が低い場合、補聴器での改善は、ほとんどできない事。そして、この数値は、補聴器であげることもできないため、低い場合は、クロス補聴器で補った方が聞きにくさは、改善できる。

こちらは、明瞭度が低いケース。重要なのは、明瞭度が低い場合、補聴器での改善は、ほとんどできない事。そして、この数値は、補聴器であげることもできないため、低い場合は、クロス補聴器で補った方が聞きにくさは、改善できる。

語音明瞭度測定をして見たら、低かった。というケースになります。

明瞭度が低い場合は、残念ながらその耳に補聴器を装用しても効果が薄くなります。

そのため、クロス補聴器で補っていくと、聞きにくさを改善しやすくなります。

このようなケースは、またまた

  • 生まれつき片耳のみ難聴
  • 突発性難聴により、聞こえなくなった

という方に見られます。

生まれつき片耳のみ難聴の場合は、かなり長い間、全然聞こえない状態のまま(補聴器で補った事がないなど)であったり、音を耳に聞かせていない環境だと、明瞭度が低くなる事があります。

突発性難聴の場合は、症状の重さにより、この部分が、非常に下がってしまう場合があります。

そのようなケースは、クロス補聴器で補っていくと、改善しやすくなります。

片耳のみ難聴の方の改善についてのまとめ

片耳のみ難聴の方は、上記に紹介した通り、補聴器で聞こえを改善させるには、かなり特殊なケースが多くなります。特殊というのは、ただ単に補聴器を装用すれば、改善する。という耳ではない。という事です。

そのため、はじめに耳の状況を確認させていただき、どのように補ったら良いか。を考えていきます。そして、その改善方針に則った機器や改善方法の説明をさせていただき、試聴、貸出もできるようにしています。

当店では、このようにして、なるべく聞きにくさを改善できるようにしています。