当店の取り扱い商品

当店は、基本的にフォナックというメーカーの補聴器、製品を扱っています。各リンク先を参照いただくとより、細かい内容に関してみることができます。

なお、フォナックのメーカーのサイトは、「ソノヴァジャパン株式会社(旧:フォナックジャパン)」になり、カタログに関しては、「今現在のラインナップ(PDF)」になります。

一般の補聴器

聞こえにくくなった耳に直接装用し、改善させるタイプは、以下の通りです。

フォナックジャパンより引用

前提として、補聴器は、基本的に補える範囲内のものを選びます。適合範囲の聴力レベルは、上記の通りになります。最低限の内容として、合う聴力(補える範囲内)の補聴器を選ぶことが大切です。※クロス補聴器を除く

耳かけ形補聴器

耳にかけて使用するタイプの補聴器を耳かけ形補聴器と呼びます。こちらは主に、

  • RIC補聴器
  • 通常BTE補聴器
  • パワー形耳かけ形補聴器

の三つがあります。

RIC補聴器

RIC補聴器とは、耳かけ形補聴器の中でも小さい形状で、かつ補聴器に見えないデザインが特徴的です。

補聴器には、形状の他、性能の違いがある。基本的にどの補聴器でも補えるようになっているが、聞こえを改善した後の問題を解決しやすいものほど、金額が上がるようになる。

補聴器には、形状の他、性能の違いがある。基本的にどの補聴器でも補えるようになっているが、聞こえを改善した後の問題を解決しやすいものほど、金額が上がるようになる。

補聴器に関して抵抗がある方や目立ちにくいもの、自然に見えるものをお求めの方にお勧めできる補聴器です。

詳細については、こちら:当店で扱っているRIC補聴器の概要

通常BTE補聴器

一般的な耳かけ形補聴器といえば、この形状です。ほとんどの人に合う形状で、基本的な操作も豊富になります。

扱いやすさを重視したり、あるいは、自分自身で色々と操作したい方にお勧めできる補聴器です。

リンク:当店で扱っている通常の耳かけ形補聴器の概要

パワー形の耳かけ補聴器

主に、高度難聴、重度難聴の方が使用するのが、パワー系の耳かけ形補聴器です。

聴力が重い方が使用する一般的な補聴器となりますので、その方、以外には、合わない補聴器となります。

詳細については、こちら:当店で扱っているパワー形、耳かけ形補聴器の概要

耳あな形補聴器

主に耳の中に入れて使用するタイプを耳あな形補聴器と呼びます。こちらは主に

  • CIC補聴器
  • カナル形補聴器
  • フルシェル形補聴器

の三つがあります。

CIC補聴器

CIC補聴器とは、耳あな形補聴器の中でも形状が小さい部類に入る補聴器です。耳の奥に補聴器が入ることにより、最も一般的な耳の感覚に近くなります。

目立ちにくさや自然に耳に合う補聴器をお求めの方にお勧めです。

詳細については、こちら:当店で扱っているCIC補聴器の概要

カナル形補聴器

耳あな形補聴器の一般的形状がカナル形です。CIC補聴器より、形状が大きい分、扱いやすく、電池の保ちも良くなります。

聞こえやすさも扱いやすさもどちらも取りたい方にお勧めの補聴器です。

詳細については、こちら:当店で扱っているカナル形の耳あな形補聴器の概要

フルシェル形補聴器

パワー形の耳あな形補聴器が、フルシェル形補聴器です。主に、重い聞こえの方に対応する耳あな形補聴器で、大きく音を出す事から、形状が大きくなる傾向があります。

重い聞こえの方でも耳あな形を使いたい方にお勧めです。

詳細については、こちら:当店で扱っているフルカナル形、耳あな形補聴器の概要

クロス補聴器&バイクロス補聴器

聞こえなくなってしまった耳側にくる音を聞こえる耳側へ転送する機器をクロス補聴器と呼びます。クロスには、

  • 両耳、耳かけクロス
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロス
  • 両耳、耳あなクロス

の三つの種類があります。なお、クロス補聴器もバイクロス補聴器も同じ機器を使いますので、こちらでは、同一で記載していきます。

両耳、耳かけクロス

耳にかけて使用するタイプのクロス補聴器です。

音を広く拾うため、主に呼びかけに気がつきにくい、呼ばれているのに気がつかないことが多くあるという方にオススメできる形状です。

詳細については、こちら:当店で扱っている耳かけのクロス(現行機種)の特徴

耳かけ補聴器、耳あなクロス

聞こえる耳側には、耳かけ補聴器を使用し、聞こえなくなった耳側へは、耳あなのクロスを使用するタイプです。

騒がしい環境での聞こえに関して、最も改善しやすいタイプですので、その部分を優先的に考えたい方にオススメの形状です。

詳細については、こちら:当店で扱っている耳かけ補聴器と耳あなクロスのミックス形の特徴

両耳、耳あなクロス

両耳とも耳の中に入れて使用するタイプのクロスです。耳の中に入れて使用できるため、最も邪魔になりにくいという特徴があります。

片耳のみ聴力低下している方には残念ながら聞こえる耳側が聞きにくくなるという欠点を克服できないため、今の所、当店では、オススメすることはありません。

聞こえる耳側も40dBよりも下がっている場合は、対象になり、かつ、そのような方だと、デメリット部分が気にならなければ一番良い機器になります。

補聴器用電池

当店で扱っている補聴器用電池の紹介です。

  • 金額:@864円(税込)
  • 種類:PR536、PR41、PR48、PR44
  • 備考:3パック購入すると、2,592→2160円

一般的に使用されている補聴器用の電池は、全て揃えております。

リンク:補聴器用電池

補聴器用乾燥器&乾燥剤

補聴器は、汗や湿気に弱いため、乾燥機及び、乾燥剤などを使用して、故障を少なくするものも扱っています。

D-Dry

D-Dryは、乾燥剤不要タイプの補聴器専用乾燥機器になります。熱乾燥タイプの乾燥機器で、汗をよくかく、補聴器を使用する時間が長いなど、補聴器を酷使している方にオススメです。

詳細については、こちら:補聴器用乾燥機、D-Dry

クイックエイド&クレイドル

乾燥機器で有名なのは、このクイックエイドです。殺菌、消臭、乾燥の三つを行ってくれる優れた乾燥機器で、補聴器を長時間使用しており、かつ上記の三つをまんべんなく行って欲しいとお考えの方にお勧めです。

詳細については、こちら:補聴器用乾燥機器、クイックエイド&クレイドル

ドライカプセル&ケース

こちらは、ケースの中に錠剤入れるタイプの乾燥剤です。乾燥能力は、乾燥機器類に劣るものの安価で使いやすいのが特徴です。補聴器を使い始めたばかりの方や補聴器を常時使用していない方にお勧めです。

詳細については、こちら:乾燥剤、ドライカプセル

補聴器補助道具

こちらは、それ以外の製品に関して載せていきます。

イヤモールド

イヤモールドとは、耳の型を採取し、その人専用の耳せんを作ったものです。主に耳にかける補聴器を使っている方に使われ、補聴器がピーピー鳴りやすかったり、耳から外れやすい場合にお勧めです。

詳細については、こちら:イヤモールドの作成

バッテリーチェッカー

補聴器の電池の残量を知らせてくれるのが、このバッテリーチェッカーです。バッテリーチェッカーは、持ち歩く事もできますので、いつでも確認する事ができます。電池の残りが気になったり、交換するタイミングがいまいちわかりにくい方にお勧めです。

詳細については、こちら:電池チェッカー