聞こえの可視化に力を入れたご対応とお店の設備

このお店では、耳の状況や補聴器の改善状況に関して可視化できるようにし、補聴器による聞こえの改善に最善を尽くせるようにしています。

実は、私自身も生まれつき難聴で補聴器を使っているのですが、この私自身がしっかりと自分自身の聞こえを改善できるようになったのは、補聴器の聞こえの改善状況を可視化する事でした。

その事から、実際に難聴者である私自身が自分の聞こえを補聴器で改善する際、役に立った設備も整え、なるべくお客様側にも、耳の状況や補聴器による聞こえの改善状況に関して、ご相談しやすくなるようにお店作りを行いました。

以下、お店の設備について、ご紹介いたします。

聴力検査機器

耳の状況に関しては、この聴力検査機器、オージオメーターで測定しています。

仮に聴力を調べたデータ(オージオグラム)がない方やかなり昔に調べた方でも、お店側で調べる事ができますので、ご安心ください。

もし、病院さんで、聴力や耳の状況を調べたものをお持ちでしたら、お越しいただく際にお持ちいただけると嬉しいです。多くある場合は、最近のもののみで、大丈夫です。

こちらでは、基本的な聴力の他、

言葉の聞き取りという、聴力検査では調べられない音声の理解度というものも調べる事ができます。

聴力検査は、音がどれだけ聞きにくいのかを調べる測定で、この言葉の聞き取り(語音明瞭度測定といいます)は、言葉がどれだけ聞きにくいのかを調べられる測定です。

なお、聴力検査室は、しっかりと測定できるよう、少し広めの防音室をご用意しています。

この中に一緒に入って、仮にわからない事があれば、その場でご質問いただきながら、ご相談をしています。

補聴器の効果測定器

補聴器による聞こえの効果測定。まさに補聴器による聞こえの改善状況の可視化の要になる部分が、こちらです。

この測定は、音の部分。言い換えれば、聴力検査のように各周波数でどれだけ聞こえているのか。を調べる音場閾値測定(音場いきち測定)から、

補聴器を装用した状態で、どのぐらい音声が理解しやすくなったのかを調べる測定も行えます。

音場閾値測定は、聴力検査のように各周波数がどれだけ改善できているのかを把握しやすいのが大きな特徴です。

その利点を活用し、聴力から改善できると良い目標値と比較する事で、聞こえの改善相談をしやすくしています。

例えばですが、聞こえの改善に関して、なるべくしっかり行いたい。という事でしたら、目標値にガッツリ近づけて、聞こえの改善重視にしたり、そこまで大きくすると辛くなる。という事でしたら、すこし抑えめにする。こういった微調整がしやすくなります。

このお店の場合、実際に測定したデータをお見せたり、測定したデータの状況に関しても、お客様へご説明しています。

補聴器をつけた状態の言葉の聞き取りの測定(音場語音明瞭度測定)では、どのぐらいの声の大きさの方の音声が、どのぐらい理解できているのか。を可視化する事ができます。

この測定は、各音量ごとに調べる事ができますので、例えば、普通の声の大きさの場合は、どのぐらいの正解率(理解度)なのか。ちょっと声が小さい方の声の場合は、どのぐらいの正解率(理解度)なのかを知る事ができます。

こちらは主にご希望の方に行なっているのですが、この解説、及び、改善状況を調べる事も行なっています。

補聴器の相談フロア

補聴器の相談フロアでは、このような部屋で行なっています。

ある程度、スペースをとって、ゆったり相談できるようにし、

かつ、補聴器の調整状態や聞こえの改善状況に関しては、お客様側でも把握できるようにディスプレイをご用意しています。

このようにして、今現在の聞こえの改善状況や補聴器の状態なども、お伝えしています。

特に今現在の補聴器の調整に関しては、現状の数値と聞こえの改善目標に関して記載されています。

こういったデータを見ながら相談できると、「今、自分自身の改善状況はどのような状態なのか」を理解しやすくなります。

これは、私自身もそうだったのですが、どうしても補聴器は使っただけだとどのような状況なのかが非常にわかりづらくなってしまいます。

その事から、感覚だけではなく、こういったデータをフル活用して、このお店の場合は、聞こえの改善相談をしやすくする環境作りを行なっています。

なお、このようなご相談をするために、このお店では、完全予約制にし、お一人、お一人、しっかりとお時間をとって、ご対応しています。

補聴器は、どうしてもわからない事、わかりづらい事が多くなってしまいがちですので、こういった疑問や質問にお答えできるように完全予約制にして、ご対応しています。

まとめ

このお店では、主にこれらの検査機器、設備を入れて、補聴器のご相談を行なっています。

聞こえの改善相談をしやすくし、なるべく聞こえの改善に最善を尽くせるようにする事。こちらを意識して、お店作りを行いました。

私自身、生まれつきの難聴者で補聴器を使っている人間ではあるのですが、その経験でわかるのは、「補聴器は感覚では、正直よくわからない」という事でした。

感音性難聴や感音系の難聴。そういったものは、残念ながら補聴器では、耳を治すことができません。ですので、感覚のみで判断してしまうと、「聞こえる事もあるけれども、聞きにくい事もある。これで良いのかな?」となりがちです。

その経験から、なるべく聞こえの改善について最善を尽くせるようにするには、どのようにしたら良いのか。をずっと考えてきました。

そして、私なりの結論は、”可視化して、聞こえの改善を行うこと”。こちらでした。

感覚でわかりづらい部分はきちんと数値化(見える化・可視化)して、改善できるところは、しっかり改善すること。こちらです。

このお店の目的は、補聴器を販売する事ではありません。聞こえにくさにお困りの方がより良く生活できるようになる事です。

その事から、このお店では、聞こえの改善相談をしやすくし、聞こえの改善に最善を尽くせるようにする事。こちらを行うために、このような設備をご用意し、ご対応しています。