補聴器の性能

アナログ補聴器とデジタル補聴器の聞こえ方は全く別物

アナログ補聴器とデジタル補聴器の聞こえ方の違い。どんな違いがあるのでしょうか。

これらを理解するとより自分の聞こえに合わせる方法が見出せるかもしれません。

最近のデジタル補聴器は、アナログのような聞こえにしたり、デジタルの聞こえにする事もできます。

アナログ補聴器とデジタル補聴器の違いは、他のサイトでもありますので、それぞれの利点、欠点と個人的思考を混ぜて記載していきます。

全ての物には、利点があれば、欠点もあります。アナログ補聴器、デジタル補聴器も同様です。

アナログとデジタルの違い

アナログ補聴器とデジタル補聴器の違いは、音の処理方法に違いがあります。アナログは、聞いた音を決められた音量で増幅し、そのままイヤホンで出力します。

一方、デジタル補聴器は、聞いた音を中のCPUが解析し、どの音を大きくしようか、抑えようか考えて音ごとの処理を加えた上でイヤホンから出力します。

そのため、デジタル補聴器には、音を抑える機能やハウリングを抑制する機能などが付けられるようになりました。アナログ補聴器と比較するとデジタル補聴器は、技術が発達した事による一種の補聴器革命です。

ただし、それぞれに利点欠点があります。

アナログ補聴器の利点、欠点

アナログ補聴器の利点は、

  • 電池持ちが良い
  • マイク入力からイヤホン出力まで時間が早い

この2点です。

デジタル補聴器と比較すると電池の持ちは良くなります。アナログの場合は、複雑な計算をする必要がないため、電池の持ちも良く、マイク入力からイヤホン出力するのも早いです。デジタル補聴器とは全く逆です。

アナログ補聴器の欠点は、単調なことしかできない点です。ある程度決められた出力パターンがあり、それに合わせて、自分の耳を合わせるしかありませんでした。具体的には、周波数に関してのいくつかの出力パターン、音量に関するいくつかの出力パターン、この二つを組み合わせ、調整を行います。これらの調整を行った後、最後にボリュームでも音量調整し、耳に合わせる補聴器がアナログ補聴器です。

また、上記にも記載されていますが、音を抑える機能やハウリングを抑える機能は存在しません。これらは、補聴器が、音を分析する力を得た事で搭載された機能です。分析できるようにならないとどこの音を軽減たらいいか判断できません。アナログは、補聴器が耳に合わせるのではなく、補聴器に自分の耳を合わせる機器でした。

一つ例外として、アナログ補聴器には、独特のひずみがあります。これを欠点というか言わないかは、微妙なところですが、音質的には欠点と言えます。しかし、この音が好きという方は意外に多く、アナログからデジタルへの補聴器の切り替えは、非常に困難を極めたのも事実です。

デジタル補聴器の利点、欠点

技術の進化により、大幅な革命が起こった補聴器業界。今度はデジタル補聴器です。

利点は、

  • 様々な細かい調整ができるようになった
  • 各種抑制機能を付けられるようになった

この二つです。

デジタル補聴器は、補聴器の中にCPUを詰め込めるようになりました。そのおかげで、マイクから拾った音が何なのか、どのような音なのか、どこから入ってきた音なのかがわかるようになりました。そして、どの周波数をどれだけ大きくしようか細かく調節できるようにもなってきました。それにより、ある周波数は聞こえるようにしたいので大きめに音を入れて、この周波数は、少なめに入れるなど、調整の幅が非常に広がりました。

デジタル補聴器のすごさは、これだけではありません。マイクで拾った音が分析できるようになると騒音を抑制する機能、特殊な音を抑制する機能、指向性といった機能も搭載できるようになりました。

騒音を抑制する機能は、騒音抑制、あるいはノイズキャンセラーと呼ばれています。また、特殊な音を抑制する機能は、ハウリングキャンセラー、ウインドブロックなどと呼ばれています。これらのものは、CPUの中に波形を記録させておき、その音を拾った際、抑制する働きがあります。このような働きができるようになると聞こえてくる音がより快適になりました。これは、アナログ補聴器時代には、考えられなかった事です。

技術の進化は、これだけではありません。外部のリモコンで補聴器を操作できるようにしたり、他の機器を使用し、電話の音が直接補聴器に聞こえるようにもなりました。

アナログ補聴器が主流だった時代に、これだけ補聴器が進化する事を誰が予想できたでしょうか。恐らく誰も予想できなかったと思います。

補聴器は奇跡とも言える進化を遂げてきました。

しかしその一方で残念ながら欠点も存在します。この場合は、欠点というよりアナログより劣っている点となります。

  • 電池の持ち時間の低下
  • マイク入力からイヤホン出力へのタイムラグ

この2つは、膨大な処理が必要とされるデジタル補聴器ならではの欠点です。多くの処理が必要とされるデジタル補聴器は、その処理を行うための電気を必要とします。各種音の抑制、ハウリング抑制などの機能を使うと使う程、電池の消耗は激しくなります。

また、膨大な処理を行えば、当然音の加工にも時間がかかり、結果的には、マイク入力からイヤホン出力までの時間がかかります。ただしここは、使用したとしても気になるところではありません。あくまでもアナログと比較すると劣っているだけであり、補聴器を使用する上で問題となるところでは、ありません。

出力方法の違い(リニア増幅とノンリニア増幅)

アナログとデジタルでは、音の増幅方法も異なります。

主には、リニア増幅とノンリニア増幅と呼ばれるものです。

graph①

上記のものがリニア増幅と呼ばれるものです。補聴器に決められた音の増幅値に対し、一定の増幅を行うものです。主に、アナログ補聴器は、この増幅方法を使用していました。

周波数関係なしに、入力された音圧に対し、一定の加算値を加え、補聴器の出力を増幅させる方法です。図では、増幅値を20dBに設定しています。そのため、入力音に対し、出力音は全て20を足した数値になっています。

一定の加算値のため、入出力が綺麗な直線になっています。

graph2

次にノンリニア増幅です。入力された音圧ごとに音を大きくする加算値を変更する方法です。デジタル補聴器は主にこちらを使用しています。

難聴は小さい音が聞こえにくく、大きい音は、かえってやかましいという不思議な耳の聞こえになります。そのため、小さい音をより大きくし、大きい音を抑えるようにできれば、理想の聞こえになるのでは?という事で開発された増幅方法です。

上記の図では、入力音が低い順に、25dB、20dB、15dBとだんだん増幅幅が小さくなっています。

主な考え方は、聞こえない音を小さい音に聞こえる位置に持ってきて、世間が考える中くらいの音は、中くらいで聞こえるようにし、大きい音は、抑えて耳の聞こえを保護します。

その人の聞こえの感覚に合わせる補聴方法といえます。補聴の論理としては、理想の形式です。しかし、どんなものにも利点と欠点が存在します。

リニア増幅の利点、欠点

リニア増幅の利点は、音の感覚が掴みやすい事です。一定に音が大きくなるため、今までの感覚で補聴器が使用できます。大きい音はより大きく、小さい音は小さい音、この感覚を掴めるため、自然な増幅方法といえます。

リニア増幅の欠点は、増幅の幅が狭くなってしまう事です。大きな音が大きすぎない程度に合わせると小さい音が聞こえにくく、今までわからなかった音がよくわかる程度に合わせると、大きい音が大きすぎて使用できないケースがあります。

大きい音を出力を抑える機能もありますが、無理に抑えると音が潰れて、余計に聞き取りづらくなる原因になります。感覚としては一定以上、大きい音はどれも同じような音にしか聞こえなくなり、聞き分けが困難になります。

また、ノンリニア増幅より、基本的に音量感が増す方式なので、耳が繊細な方には向かない方式です。

ノンリニア増幅の利点、欠点

ノンリニア増幅の利点は、それぞれの聞こえやすい音の位置を調整できることです。聞こえない音は小さい音に聞こえる程度にしたり、大きい音は大きくしないようにしたり、自由に調整できる、これが最大の特徴です。

これができるようになり、大きい音に耐えられないから小さい音を大きくできないという事もなくなりました。難聴とは、言い方を変えますと、小さい音が聞こえないだけになります。その聴力に対し、小さい音が聞こえるようになれば良いのです。それらを解決する手段がこのノンリニア増幅です。

また、小さい音をより効果的に聞こえるようになると、聞こえる範囲も広がります。離れた人の声は、補聴器からすると小さい音の部類です。そのため呼ばれた時に気付きやすくなるのも利点の一つです。

欠点は、音の感覚がズレることです。今まで難聴で聞き取りにくかった音が聞こえるのは良いのですが、調整方法を誤ると、遠くの音の方が、近くの音より聞こえやすいといった不思議な現象が起こります。

人は、自分の聞いている音の大きさ、質でどれだけ離れているのか、どんな事が起こっているのかを掌握します。しかし、ノンリニア増幅にすると今まで感じていた音の感覚とは異なるため、小さいだから遠くの音だな、と思っても自分の感じている距離感とは異なり、違和感を覚えたり、音は大きく感じるのに距離があったりします。

これらは、自分の感覚レベルに合っていない事から生じる事ですが、この感覚レベルを合わせる行為は非常に困難な事です。そういった意味では、調整が非常に難しいともいえます。自由に調整できるからこそ発生する音の感覚のズレ。合理的にあわせようとする事で起こる歪みのようにも感じます。

最近の補聴器は、そういったズレが解消されつつあります。しかし、完全ではありませんし、音の調整によりいくらでも起こりうる事ですので、欠点といえば欠点です。

なお、補聴器の中には、リニア増幅、ノンリニア増幅、どちらかを選択できる機種も存在します。デジタル補聴器は、聞こえてくる音を分析する力があり、さらに増幅値を自分で決める事ができます。そのため、補聴器によっては、リニア増幅にしたり、ノンリニア増幅にしたりと選択する事ができるようにもなっています。ここはデジタル補聴器の長所となります。

あとがき

アナログ補聴器とデジタル補聴器の違いを書いてみました。最近は、ほぼデジタル補聴器です。色々調整できるので比較的どんな方にもあわせられる様になり、非常に便利になってきました。

補聴器はこれだけ進化してきたという風にみていただければ幸いです。補聴器開発に携わった全ての方々に感謝したいです。補聴器がこれだけ進化してきたのは、彼ら、彼女らのおかげです。

補聴器は現在もどんどん進化しつつあります。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器の役割は、耳の役割の代用をする事

リンク:補聴器を使用すると聞こえるざわざわした音とは

リンク:補聴器を選ぶ前に知っておきたい装用感覚に関する思考

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、お店を開いています。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。

お店の特徴を見てみる