故障・修理

FMの故障症状一覧、当てはまる人はすぐに修理しよう

FM機器といえば、補聴器の聞こえを拡張してくれる機器です。現在、お子さんが使用するケースが多く、学校での授業や日常でも活用している子もいます。別名、補聴援助システムとも呼ばれます。

補聴器にも故障があるようにFM機器にも故障があります。では、どのような故障があるのでしょうか。今回は、こちらの故障内容について記載していきます。当てはまるものがあれば、すぐに補聴器屋さんへ持っていきましょう。早めに修理すれば、それだけ早く使えるようになります。

なお、FM機器の別にRogerという補聴援助システムがあります。こちらも基本同様ですので、Rogerを持っている方も同じようにお考えください。また、補聴器の故障については、含んでいませんので、その点はご注意ください。

FM機器の故障症状

まず初めに、故障症状から見ていきましょう。FM機器の場合は

  • ノイズがする
  • 音が出ない
  • 電池が無くなりやすい

この三つが存在します。では、それぞれの症状の詳細を見ていきましょう。

ノイズがする

ノイズがするのは、常にノイズがするものから、ある時だけノイズがする場合まで、様々なものがあります。どちらも故障になります。ある時だけノイズがする例は、マイクのコードに触れるとノイズがする、補聴器についている受信機に触れるとノイズがする……というものがあります。

ノイズには、ガーガー、バリバリッとした音がなる事が多く、明らかに異質な音が聞こえます。なお、高い音がする場合は、ノイズではなく仕様である事が多くなります。補聴器には、お知らせ音があり、FMが動作する際、お知らせ音がなるタイプがあります。この音がなっている場合は、故障ではありません。

ノイズは、明らかに異質な音が大きく聞こえます。

音が出ない

送信機の充電もしっかり行っており、補聴器の電池もしっかりあるのに関わらず、うんともすんとも言わない場合がこちらです。

音が出ないのは、わかりやすい症状です。今まで同じように使用していて、いきなり使用できなくなった場合は、故障である可能性が高くなります。

電池が無くなりやすい

FM機器の送信機で、しっかり充電しているのに関わらず、最初使用していた頃より、使用時間が短くなる事があります。通常どの送信機も8〜10時間ほど使用できるのですが、3〜5時間くらいしか使えなくなると故障している場合があります。

充電池そのものに起こる症状として、充電を繰り返すと初め使用していた頃より、使用できる時間が減ります。充電を繰り返すと徐々に充電できる容量が減ってしまい、充電をしたとしても使い初めほど充電されておらず、初めの頃より電池がなくなるのが早い……という現象が起こります。これは、FM機器に限らず、全ての充電池に言えます。

FM機器の場合、充電池の寿命は、1年〜2年くらいになります。ただし、充電池は、充電回数で決まりますので、充電池の寿命は、おおよそ程度にお考えください。

まとめ

これらの症状がある場合は、補聴器屋さんに持っていき見てもらいましょう。FM機器の症状には、故障ではなく仕様である場合もありますので、どこが原因でそうなっているかをしっかり見てもらった方が、状況を改善しやすくなります。

それぞれの故障場所

では、さらに深く知りたいという方のために、これらの症状がある場合、そしてそれらの症状が故障であるとした場合、どこが故障しているのかも記載していきます。FM機器やRogerは、故障となる症状は少なくとも、それを引き起こす原因となる部分は、多くあります。

ノイズがする

どこからノイズがするかが重要です。ノイズがする原因となるのは

  • マイクコードの故障
  • 受信機の故障
  • オーディオシューの故障

これらがあります。常にノイズがする場合は、受信機の故障である事が多く、それ以外は、触れたところの接触不良により、故障しています。送信機のマイクコードに触れた時、ノイズがすれば、マイクコードのどこかが断線する事により、ノイズがしています。FM機器の受信機に触れるとノイズがすれば、受信機と補聴器が接触している部分にノイズの原因があります。また、オーディオシューに関しても同様です。

なお、オーディオシューとは、補聴器と受信機の間にかます部品です。一体型の受信機を使用している方は、使用しませんが、汎用型と呼ばれる受信機を使っている方は、オーディオシューを使わないとFM機器、Rogerを使用できません。汎用型受信機は、主に補聴器メーカーとFM機器メーカーが異なる方が使用するものです。

ノイズがする!の注意

ノイズに関しては、故障かどうかの判断が難しくなります。常にノイズが発生している場合は、間違いなく故障と言えるのですが、汗が受信機やオーディオシューに入り込み、一時的にノイズがしてしまうケースや受信機によっては、電池ケースの開きすぎてしまい、受信機に触れるだけでノイズがする事もあります。これらのケースは、故障ではない、あるいは、ケースバイケースにより、故障として、修理に出します。

ノイズは、故障していなくてもでる事が多いので、要注意です。常にノイズがしている場合は、すぐに出す必要がありますが、それ以外に関しては、気になる場合のみ、補聴器屋さんに頼んで、出してもらいましょう。

音がでない

音が出なくなる原因には

  • 送信機が故障
  • マイクコードが故障
  • 受信機が故障
  • オーディオシューが故障

この四つがあります。上記のノイズの故障箇所にプラスして送信機が加わります。送信機以外は、初症状としてノイズが鳴り初め、ひどくなると音が出なくなります。

送信機に関しては、ある日、突然、電源が入らなくなったり、使用できなくなるケースがあります。このようになると故障になります。衝撃による故障もありますが、故障原因がわからない故障もあります。

なお、送信機によっては、画面がフリーズする事により、止まっているように見えます。この解除方法は、送信機の取り扱い説明書に記載されています。こちらをご覧になっておくといざという時に、復帰できる事があります。

電池がなくなりやすい

充電池が原因です。充電池を交換してもらえば、直ります。

知っておきたい修理の事

さて、こちらでは、知っておきたい修理の事を載せていきます。FM機器は、上記に載せた通り、症状一つとっても様々な故障原因が考えられます。補聴器とは、異なり少々特殊ですので、予め適切な修理依頼について学んでおきましょう。

FM機器の預け方

FM機器、あるはRogerを預ける際は、補聴器を含めて一式(送信機+受信機)を預けると修理する側にとっても原因がどこにあるかがわかりやすくなります。できれば、一式まるごと預ける事をお勧めします。

それぞれの故障原因を見てみると受信機、送信機、オーディオシューには、同じような症状があります。特に音が出ない原因に関しては、要注意です。送信機一つと受信機二つがあった場合、受信機二つとも音が入っていないケースでは、送信機の故障が疑われます。しかし、受信機が壊れていない事を確認していませんので送信機+受信機が壊れているケースを発見できません。送信機一つと受信機二つで、受信機片側が聞こえない場合は、受信機が原因とわかりますが、断定できないケースでは、できれば丸ごと一式預ける事をお勧めします。

その方が、確実に直って返ってきます。FM機器は、様々なところに故障の原因が分散していますので、しっかりと見る必要があります。

預ける時間

通常の補聴器修理と同じく、10日〜2週間ほどかかります。ここは、申し訳ないのですが、我慢が必要です。

各症状の予防

上記には、故障箇所について記載しました。こちらでは、故障箇所から、予防について記載していきます。予防としては、

  • 乾燥ケースでしっかり乾燥させる
  • 送信機のマイクコードを、強く引っ張らない
  • 送信機に衝撃を与えない

この三つになります。受信機の故障は、ほぼ汗による故障です。そのため、乾燥ケースで毎日、しっかり乾燥させるようにすると故障を、軽減できます。送信機のマイクコードは、強く引っ張ったり、物に引っ掛けたりすると中の線が切れてしまい、音が聞こえなくなったり、ノイズがするようになります。ここも気をつけるようにするとそう断線する事はありません。そして、衝撃をなるべく送信機に与えないようにすれば、送信機の故障も軽減できます。言い方を変えれば、丁寧に扱う事となります。

これらの事をしても故障するときは、故障しますが、故障する回数を軽減する事はできます。今回は、壊れてしまいましたが、これからなるべく壊れないようにすれば、問題ありません。次回から、故障が少なくなれば、今回、故障した経験が生きるようになります。

あとがき

FM機器、Rogerの修理について、記載してみました。音が聞こえなくなった、ノイズがする、電池がなくなるのが早い、このような症状があれば、補聴器屋さんに持っていきましょう。

故障していた場合、早く修理依頼すれば、その分、早く修理は上がります。放っておいても直るものではありませんので、早々に依頼してしまうのが最も良い方法です。

これらの内容で、FM機器、Rogerがより活用できるようになれば、幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【改善事例あり】聴力別、聞こえの改善方法をまとめてみました

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

聞こえにくさにお困りの方のために、こちらでは、聴力別、補聴器による聞こえの改善方法に関して、まとめてみました。

もし、

  • 職場で聞きにくさに困る事がある
  • 聞きにくい事でうまく人とコミュニケーションしづらい
  • 他のところで相談したけど、よくわからなかった

などありましたら、参考にしていただき、聞こえの改善にお役立ていただければ幸いです。

なお、こちらのページには、実際のお客様を改善した事例まで、載せています。同じような症状の方、聴力の方を参考にしていただき、改善のヒントを掴めたのであれば、幸いです。

聴力別、改善方法お客様の改善事例