耳・難聴のこと

耳の錯覚、錯聴を体験してみよう

耳にも目と同じ錯覚というものがあります。耳の場合は、錯聴(さくちょう)と呼んでいます。日本ではあまり馴染みがない言葉です。

耳の錯覚で、錯聴です。耳の聴覚フィルターに関する錯覚は、私達に様々なことを教えてくれます。

これらの実験から、耳が音を聞いているのではなく、耳はあくまでも音の通り道であり、音を理解しているのは、脳であることがわかってきました。

そんな錯聴について記された面白いサイトがありますので紹介します。

錯聴について学べるサイト

錯聴について学べる面白いサイトがあります。結構有名なサイトなのですが、イリュージョンフォーラムと呼ばれるサイトです。

illusion

イリュージョンフォーラムより一部キャプチャーしました(引用)

こちらは、錯覚と錯聴についてのサイトです。画面の通り、それぞれのアイコンをクリックする事により、様々な事が体験できます。

個人的にお勧めなのが、連続聴効果、マガーク効果、モザイク音声です。

連続聴効果では、音声や音楽をぶつ切りにしてノイズを入れるとどうなるかを検証しています。ぶつ切りのみの状態、ノイズを入れた時の状態をぜひ比較してみてください。驚きの聴覚機能を体験できる一つです。こちらを少し応用したのが、時間領域の生起条件(ギャップ)です。こちらはスライダーを使って、どのようにしたら、音が滑らかに感じやすいかを体験できます。個人的に一番びっくりした錯聴です。

マガーク効果では、視覚と音声を入れてどのように聞こえるかを検証したものです。視覚と音声異なるものを入れたら、果たしてどちらが優先されるのでしょうか。こちらも非常に驚く内容です。他に耳と目を使った錯聴では、交差か反発かも非常に面白いです。

最後のモザイク音声では、ある意味補聴器を装用した状態の様に感じました。音質が悪い頃の補聴器はこんな感じです。私の場合は、聞き取れましたが、他の方にとっては、どのように感じるのでしょうか。昔の音質が悪かった補聴器に似ているという理由だけで挙げてみました。

その他、音声が流れるものを体験したら、また初めから聞いてみることをお勧めします。例えば、A、B、C、Dと聞くものがあった場合、Dが正解音で、他のA、B、Cは音を加工した音声だったとします。その場合は、Dを聞いた後に、A、B、Cを改めて聞いてみてください。以前とは違って聞こえるはずです。人の感覚は結構当てにならず、初めはわからなくても、正解を聞いてしまうと以前わからなかった音声でも聞き取れるようになっています。これも一種の錯聴です。

人の聴覚とは本当に面白いです。

なおサイトリンクはこちら:イリュージョンフォーラム

冒頭には、錯覚が出てきますので、錯聴に合わせると、キャプチャー画像のような画面が出てきます。ここで体験できるようになります。難聴の方でも音声を大きくする事で体験可能です。ぜひ様々な錯聴を体験してみてください。

あとがき

聴覚について知れる錯聴サイトを紹介してみました。

人の聴覚は、本当に面白いですね。錯聴は、意図して起こっているのではなく、脳がどのようにしたら効率よく聞きたい音を聞けるようにしているかを知るきっかけになります。

例えば「連続聴効果」では、ノイズがあっても人は滑らかに音声を聞く技術を持っていることがわかります。これは、周りが騒がしくても言葉を聞き取れるようにするにはどのようにしたら良いかを脳が知っていることで起こっています。これを知らなければ、ノイズを入れたとしても、元の音同様、音がぶつ切りで聞こえているはずです。

目や耳を使った「錯聴の交差か反発か」も様々な情報から、どのような事が起こっているかを知る良い例です。目で得られた情報と耳で得られた情報を組み合わせて、そのように状況を理解し、それを目に映しています。目も耳同様、見ているのは単なる映像であり、その映像を理解しているのは脳です。目も耳も脳に情報を与える一つの通達経路でしかありません。

これらを体験すると人の体は本当に良くできていると驚きます。

補聴器に関する内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【聞こえにくさにお悩みの方へ】完全予約制による聞こえの改善相談、実施中

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞こえにくさによるお困り事がございましたら、お気軽にご相談ください。

例えば

  • 補聴器は初めてで、どう聞こえを改善すると良いか、聞いてみたい
  • 自分の聞こえを改善する際のポイントや問題点を聞いてみたい
  • 上記の説明を聞いた上で、実際に補聴器も体験してみたい

このようなご希望がございましたら、当店では完全予約制の無料相談をしていますので、お気軽にご利用ください。

仮に補聴器に関して、試してみたい。という場合は、補聴器無料お試しセットもございますので、実際に日常生活や職場でご体験いただいただく事もできます。

それを体験してから、改めて補聴器について、お考えていただいても構いません。

当店は、完全予約制にして、ご相談を承っておりますので、もし、ご希望の方がいらっしゃいましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

なお、お店のサービスやお客様の実際の改善例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例

お客様の声(お客様のレビュー、アンケートまとめ)当店をご利用になったお客様のレビューのまとめとなります。実際にご相談されて、どうだったのか。まとめてみました。ご参考にどうぞ。...