補聴器の形状や特徴

耳かけ形補聴器の特徴から考える適合する人、しない人

耳かけ形補聴器といえば、補聴器の中でも代表的な補聴器であり、使用している人が最も多い補聴器でもあります。では、この補聴器は、いったいどんな方に合うのでしょうか。

こちらでは、耳かけ形補聴器の利点、欠点から、耳かけ形補聴器がお勧めな人、その他の補聴器がお勧めな人についても載せていきます。耳かけ形補聴器は、良くも悪くもオールラウンダーです。そのため、各補聴器が対応しきれない部分の方にお勧めできる補聴器です。

なお、耳かけ形補聴器は、厳密にはいくつか種類があります。こちらでは、標準形のタイプに絞って扱っていきます。RIC(リック)と呼ばれるタイプについて理解したい場合は、こちらをご覧下さい。

リンク:RIC補聴器と耳かけ形補聴器の違いを理解する4つのポイント

では、早速見ていきましょう。

お勧め補聴器の結論

まず始めに結論として、耳あな形補聴器が何らかの原因で使用できない方にお勧めです。例えば、

  • 聴力が重いために対応できない
  • 耳あな形補聴器が装用できない
  • 耳あな形補聴器の適性がない

は、まさに耳かけ形補聴器がお勧めになります。耳かけ形補聴器の利点は、オールラウンダーであるところです。それは、逆にいえば、長所たるところがないとも言えます。

補聴器を販売する人間からすれば、オールラウンダーは、長所ですが、補聴器を装用する人間からすれば、オールラウンダーは、長所になりません。それは、自分の耳に合った補聴器なら何でも良いからですね。そのため、耳あな形補聴器が対応できないケースにのみ耳かけ形補聴器は、適合します。

耳かけ形補聴器の基本

耳かけ形補聴器とは、このような機器です。

hearing aid ear

※画像は補聴器メーカーフォナックジャパンより引用

一般的なタイプが標準タイプで、新しいモデルがRICタイプと書かれているものです。標準タイプとRICタイプは、形状こそ似ていますが、全くの別物です。利点も欠点もそれぞれ異なります。

どちらも耳かけ形補聴器と呼ばれているのは、その名の通り、耳にかける補聴器だからです。耳かけ形補聴器の名前の所以は、ここにあります。

耳かけ形補聴器は、写真ではわかりにくいのですが、補聴器本体と耳に入れる耳せん、そしてその二つを繋ぐチューブの三つから成り立っています。補聴器本体に音を拾うマイクがあり、そのマイクから拾った音を大きくして、耳に届けてくれます。

使い方

耳かけ形補聴器を使用する場合は、単に耳かけ形補聴器の電源を入れ、そのまま補聴器を耳に装用するだけで使用できます。補聴器の構造は、このようになっています。

BTE01

下の電源の部分に、電池を入れ、閉めるだけで音が出るようになります。電源を切るときは、図のように開いた状態にしておけば、勝手に切れます。しっかり閉めている状態で、電源ON。空けておくと電源OFFです。

その他は、ボリュームとプログラムスイッチなるものもあります。ボリュームは、赤い色の部分で、音を大きくしたり、小さくしたりする機能です。手動で音を大きくしたい、あるいは、小さくしたいという場合に使います。プログラムスイッチとは、ボリュームと異なり、音そのものをガラりと変えたい時に使用するものです。例えば、普段使う用の音設定と騒がしい中で使用する用の音設定があったとします。その音設定を切り換えるのが、プログラムスイッチです。ただし、元々音の設定していないと使えない機能であり、さらに、使用する人は、使いますが、使用しない人は、全く使用しません。

ボリュームやプログラムスイッチは、手動で色々と補聴器を調整したい人向けにある機能です。

耳かけ形補聴器の利点、欠点

では、耳かけ形補聴器の利点と欠点は、何でしょうか。それについて見てみましょう。耳かけ形補聴器の特徴は、良くも悪くも何でも対応できるところにあります。それがそのまま、利点に出てきます。また、補聴器そのものの構造にも欠点があります。

耳かけ形補聴器の利点

耳かけ形補聴器の利点は、基本どんな聴力でも対応できるところです。最も対応できる聴力幅が広いのが、耳かけ形補聴器の特徴であり、長所になります。

補聴器が耳に合う、合わないは、補聴器ごとに設定されている音の強さが重要です。高度難聴用耳かけ形補聴器と書かれている場合、高度難聴にまで、対応できるように音が強く出る事を意味しますし、重度難聴用とかかれた耳かけ形補聴器は、重度難聴まで対応できるよう補聴器の音が強く出る事を意味します。

基本的に、音の出力が強い機器なため、どんな聴力にも合わせられるというのが、耳かけ形補聴器の利点です。

ここが耳かけ形補聴器の利点です。

耳かけ形補聴器の欠点

耳かけ形補聴器の欠点は、

  • 補聴器が故障しやすい
  • 故障でない故障が多い

この二つがあります。補聴器の種類には、耳あな形補聴器、ポケット形補聴器がその他にありますが、これらの中で、ダントツに多いのが、耳かけ形補聴器です。補聴器には、完全に故障しているものから、故障していないにも関わらず、故障したような症状が出るものがあります。二つとも耳かけ形補聴器は、ダントツに多くなります。

故障が多い原因となるのは、汗によるものです。耳かけ形補聴器は、耳の裏に補聴器本体を置きます。しかし、そこは汗の流れ道であり、多くの汗がそこに行ってしまいます。そのため、汗のダメージを最も受けやすいのが耳かけ形補聴器です。汗が補聴器内部に侵入するとノイズが鳴ったり、音がでなくなったりする原因になります。

また、耳かけ形補聴器は、使用しているパーツが多い事から、様々なところで、音が止まる、小さくなる原因が発生しやすいのも欠点です。補聴器本体から音が出ていても、その音が耳に伝わる過程で、音が小さくなる事により、音が止まったように錯覚するケースや補聴器の仕様上、気をつけないと音が止まったり、出たりを繰り返す症状もあります。

本体そのものは、故障していなくても故障したような症状の発生率は、耳かけ形補聴器が最も多くなります。これは、耳かけ形補聴器の構造上の問題です。

耳かけ形補聴器の欠点には、このようなものがあります。

耳かけ形補聴器がお勧めな人、他の補聴器がお勧めな人

さて、一番知りたいのは、この部分ですね。耳かけ形補聴器の基本から、利点、欠点まで、見てみましたが、これだけでは、決める事ができません。なぜなら、利点、欠点は、補聴器そのものの利点、欠点を表すだけであり、自分にお勧めなのか、そうでないのかの判断は、別のものになってしまうからです。

また、補聴器が合う、合わないで判断しようとすると耳かけ形補聴器は、基本どんな人にも合いますので、みんな合う事になります。それでは、適切に選ぶ事ができません。その場合、軸をお勧めな人と他の補聴器がお勧めな人にする必要があります。

なお、選択肢の中にポケット形補聴器は、入れていません。この補聴器は、基本寝たきりの方くらいにしかお勧めできない補聴器です。

では、見ていきましょう。

耳かけ形補聴器がお勧めな人

耳かけ形補聴器がお勧めな人は、耳あな形補聴器が合わない方、何らかの要因で使用できない方です。耳の機能を最大限にするという思考のもと、補聴器適合を考えてみると、この思考が最も活かせるのは、耳あな形補聴器です。

耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の違いは、マイクの位置にあります。耳あな形補聴器は、マイクが本来人が聞く位置にあります。一方、耳かけ形補聴器は、マイクが本来人が聞く位置ではなく、耳の上の位置にあります。

耳の形状には、しっかりと意味があり、この形状をしているからこそ、人は、適切な方向感を得られます。耳の機能を最大限に活かす事を考えると耳あな形補聴器が最もお勧めになります。

耳あな形補聴器が合わない人は

  • 耳が小さい
  • 耳垢が飴耳
  • 耳垢が多い
  • 耳垂れが出る
  • 耳の中が変形している
  • 聴力が重い

このようなケースです。この中に当てはまる場合は、耳かけ形補聴器の方が無難に使いこなせます。耳が小さい、耳の中が変形している、聴力が重い場合は、対応できない可能性がありますので、仕方がないにしてもそれ以外は、耳かけ形補聴器の方が無難になります。

なお、中身に関しては、基本同じ性能のものが入りますので、耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の差は、形状の違いになります。

他の補聴器がお勧めな人

他の補聴器とは、耳あな形補聴器になります。耳あな形補聴器が合う方は、上記の合わない人にプラスして、軽度〜中等度難聴の聴力の方になります。その場合は、耳の機能を最も活かせる耳あな形補聴器がお勧めです。

耳かけ形補聴器で思う事

耳かけ形補聴器で思う事は、どんな人にも合う補聴器という利点しかない事です。そして、それは販売するものの利点であり、使用するものの利点ではない事です。数ある補聴器から自分に合った選ぶ場合、使用するなら長所を見て選びます。しかし、どんな人にも合う補聴器は、使用する人からすると長所ではありません。

さらに、マイクは、耳の上にありますので、人が持っている耳の機能を活用する事は、できませんし、汗や故障ではない故障も多いのも気になります。

特に故障が多いのは、致命的であると私は、考えています。購入する時は、気にされないポイントですが、補聴器は、ずっと使用し続けていくものです。耳の変わりになる補聴器が故障しやすいという事は、その故障のしやすさ=困る可能性の高さに繋がります。補聴器がある生活が当たり前になれば、ご理解いただけますが、補聴器が故障するというのは、大きな恐怖です。今まで、聞こえていたものが、急に聞こえなくなれば、ほとんどの人は、困ります。故障の高さは、この困り度に直結してしまいます。そういった面でも、より故障が少ない耳あな形補聴器は、お勧めです。

私自身、実は、耳かけ形補聴器を装用しています。補聴器を購入した時は、それほど、耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の違いを意識していませんでした。生まれつき難聴である事、そして今まで耳かけ形補聴器をずっと装用していた事、さらに耳あな形補聴器を装用していた時、あまりにも耳垢詰まりが多くなってしまい、装用するのが少し鬱陶しくなった事が原因です。

しかし、耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の違いを真剣に考え、耳の補聴であるべき姿を考えると「使用できるなら耳あな形補聴器しかないのではないか」と思うようになりました。耳かけ形補聴器を購入した時は、完全に思考停止しており、そのような事を考えた事すら、ありませんでしたが、今では、このように考えています。そのような事もあり、耳かけ形補聴器を購入したのを少し、後悔しています。

故障した時のために、私自身は、過去の補聴器を持っています。それも常に使えるようにしています。しかし、本当に重要なのは、自分に合った補聴器を常に使用する事です。そして、そもそも故障なんていうものは、ないほうが良いものでもあります。補聴器のあるべき姿を考えると耳あな形補聴器を使用できる人は、耳あな形補聴器。使用できない人は、耳かけ形補聴器。このようになるのではないかと私は、考えています。

あとがき

耳かけ形補聴器について、記載してみました。こちらの内容で、少しでも補聴器選択が簡単になれば、幸いです。基本補聴器は、音の大きささえ自分の耳に合っていれば、合わないという事は、ありません。こちらに記載したのは、より自分の耳に適した補聴器を選ぶには、という内容で書いています。耳あな形補聴器で補える耳であれば、耳あな形補聴器でも耳かけ形補聴器でもどちらでも耳の聞こえを補う事はできます。

どちらが合うか……という理論は、0と1、つまり、イエスかノーかで決める事が多くなってしまいますが、実際には、より良く補えるのは、どちらか?になります。耳あな形、耳かけ形、両方とも耳の聞こえを補える人は、私は、耳あな形補聴器をお勧めしますが、必ずしもこの補聴器ではないと補えないという事はありません。

あくまでもより適切に耳を補うには?という議論ですので、ここは、誤解されないように注意してください。

ただし、私の場合は、耳あな形補聴器が合うなら、耳あな形補聴器、耳あな形補聴器が合わないなら、耳かけ形補聴器になると考えています。

これらの内容がお役に立てば、幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、お店を開いています。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。

お店の特徴を見てみる