故障を防ぐ

故障が多い夏の補聴器の対策。大切な補聴器を守ろう

補聴器は汗や湿気に弱く、これらによる故障が夏になると多くなってきます。

補聴器が故障すると、聞きにくさに困るようになってきますので、なるべく故障しないようにできると、困る頻度も、困ることそのものも少なくできます。

こちらでは、夏の時期、なるべく故障しないようにする方法を記載していきます。

私自身は、補聴器を販売している身ではありますが、それと同時に補聴器使用者でもあります。

自分の経験から、壊れにくくする方法について記載していきます。

夏に行う基本的な補聴器のケア

補聴器のケアとして、夏にしておくことは

  • 乾燥ケースで補聴器を乾燥
  • 汗が多くなったら拭く
  • 場合によっては、補聴器を外す

の三つです。

乾燥ケースで補聴器を乾燥

補聴器のケア方法の一つとして、乾燥ケースで、補聴器を乾燥させることが挙げられます。

簡易的なタイプ。補聴器購入時にくれる補聴器屋さんもあります。簡易的なタイプ。補聴器購入時にくれる補聴器屋さんもあります。

このような簡易的な乾燥ケースから、

補聴器専用の乾燥ケース。こちらは、簡易的なタイプよりも乾燥能力が高いものになります。補聴器専用の乾燥ケース。こちらは、簡易的なタイプよりも乾燥能力が高いものになります。

専用の乾燥機器まであります。

どのケースでも良いので、夜寝る前や長時間使用しない時は、乾燥させる。それだけでも、変わってきます。

補聴器の電池が入っているところは、開いて、しまうとベスト。電池は、ケースにつけられる部分がありますので、そこに保管します。補聴器の電池が入っているところは、開いて、しまうとベスト。電池は、ケースにつけられる部分がありますので、そこに保管します。

ポイントは、必ず、電池の蓋は、開ける事です。蓋を開け、中まで乾燥させられるようにすることが、大切です。

そして、補聴器が汗で濡れているような状態だった場合は、補聴器の表面をタオル、ハンカチ、ティッシュで拭きましょう。

このような場合は、拭き取っておくだけでも、結構、変わります。

乾燥ケースは、夏だけではなく、オールシーズンで使えると、故障そのものの頻度を少なくできますので、オススメですね。

補聴器ケアの基本。補聴器の乾燥ケースの使い方補聴器の故障原因で多いのは、汗や湿気による故障です。これによる故障が、故障原因の大半を占めています。 そのため、補聴器の世界では、...
乾燥剤&乾燥機器は、どれを使ったら良いの?とお困りの方へ補聴器のケア方法として一般的なのは、乾燥剤&乾燥器を使って補聴器を乾燥させる事です。 しかし、この製品に関してもいくつかあ...

汗が多い場合は、補聴器を拭く

夏場、暑い状況に常にいると、当然、汗が出てきます。

汗が多くなってきたと感じたら、補聴器および、耳の周辺を拭くと、汗が補聴器に付きづらくなり、結果として、補聴器の故障を抑えられるようになります。

小さいタオルなどで吹けると、いいですね。小さいタオルなどで吹けると、いいですね。

補聴器は、そのまま、全体的にハンカチ、タオルで拭き取り

拭く場所のイメージ。耳の周辺とあとは、補聴器がかかっている耳の裏あたりを吹けると、補聴器に汗が付きづらくなり、オススメです。拭く場所のイメージ。耳の周辺とあとは、補聴器がかかっている耳の裏あたりを吹けると、補聴器に汗が付きづらくなり、オススメです。

耳の周辺、もしくは、顔全体をタオルで拭き取れると、汗が補聴器に付きづらくなります。

こちらは、できるときで構いません。

特に耳周りは、汗をかきやすいので、補聴器が乗っている耳の裏のあたり、そして、その周辺、全体をタオルで拭けると、スッキリしますので、オススメですね。

こちらは、意外にしている人が少ないのですが、効果も大きいです。

場合によっては、補聴器を外す

あまりにも汗が多い状態だったり、ダラダラ汗が滝のように流れてくる状態だった場合は、補聴器を一時期、外す。というのも有効です。

その隙に、タオルで顔全体を拭き、汗を取り除けると、より、故障に関しては、少なくできます。

汗は、常に同じ量が出るわけではありませんので、一度、多く汗かいた後は、しばらく、多く汗が出てくることはありません。

一旦、汗が落ち着いた頃に、補聴器を使用していければ、そこまで汗の影響を受けずに、使う事ができます。

汗が多い状況で、無理やり使う頻度が高くなると、どうしても故障が多くなってしまいます。

できる環境。という条件が付きますが、こちらもできると、より、故障に関しては、少なくできます。

一番、故障を少なくできるやり方は?

私自身が自分で使用している限りですが、一番、効果があったのは、汗を拭く事です。

特に汗をかいたら、一旦、補聴器を外し、自分の耳周りを拭き、そして、補聴器をふく。

少し休憩し、汗を落ち着かせてから、補聴器を使用する。というのが、今まで、やってきた中で、一番、効果があると、感じています。

補聴器の乾燥ケースによる乾燥もできればしておいたほうがよく、その場合は、上記の通り、電池が入る場所をちゃんと開いて、しまう事です。

乾燥ケースの場合は、中までちゃんと乾燥させられるようにする事が大切ですね。

ですので、夏場は、タオルを常時したり、汗をかきそうな状態だった場合は、タオルを持っていき、汗を多くかいた時は、汗を拭いつつ、使っていくのが、個人的には、一番、故障しない方法かと感じています。

結局、補聴器に汗がつかないようにできると、それだけ、故障も少なくなります。

考え方としては、汗が多く補聴器につかないようにする事が、結局、故障が少なくなる方法なのかなと、使用していて感じます。

できれば知っておきたい補聴器の事

補聴器には、故障以外に、故障に近い症状が出ます。

夏場は、特にそれが多く、故障にみえる、一時的な故障。もしくは、仕様について知っておけると、リカバリーしやすくなります。

夏場、注意することは

  • 補聴器の電池について
  • 電池の動作に必要な空気穴について

の二つです。

補聴器の電池について知っておきたい事

夏場ですが、補聴器の電池が入る場所に、汗が溜まる事があります。

わかりづらいのですが、窪んでいる部分から上がプラス極で窪んでいる部分から下がマイナス極です。プラスとマイナスがかなり近いため、ボタン電池は、簡単にショートしやすい構造になっています。わかりづらいのですが、窪んでいる部分から上がプラス極で窪んでいる部分から下がマイナス極です。プラスとマイナスがかなり近いため、ボタン電池は、簡単にショートしやすい構造になっています。

電池には、プラス極とマイナス極があり、汗がこの部分に溜まると、簡単に電池がショートし、補聴器から音が聞こえなくなる事があります。

このようになるケースは、電池そのものが汗に濡れていたり、電池ホルダーの部分に汗がついていたりしますので、その場合は、そこの汗を拭い、新しく電池を入れ替える事が大切です。

汗に濡れたまま、やってしまうと、電池のショートを引き起こす可能性がありますので、また、電池が使えなくなります。

この点に注意ですね。

補聴器の空気穴

補聴器の電池は、空気電池と呼ばれ、空気電池は、空気中の酸素を取り込んで、発電します。

早い話が、補聴器には、必ず、その空気を取り込む穴があるという事です。この穴がないと、発電できなくなってしまうためですね。

赤で囲んでいる部分に小さな穴が二つあります。これが、空気穴になります。電池の空気穴は、基本的に電池の近くにある事が多いです。赤で囲んでいる部分に小さな穴が二つあります。これが、空気穴になります。電池の空気穴は、基本的に電池の近くにある事が多いです。

例えば、この補聴器の場合、ここが空気穴になっており、ここが汗によってふさがれたり、表面張力のような状態になると、空気電池に必要な酸素が取り込まれなくなり、一時的に補聴器の音が出なくなったりします。

補聴器の音が出なくなると、電池の蓋を開けるかと思いますが、その際に、また、空気が入って、電池が一時的に復活し、しばらくすると、また使えなく……のような繰り返しをする事がありますので、ご自身の補聴器の空気穴がどこにあるのかを知っておけると、いざという時に役立ったりします。

こちらが原因の場合は、その付近の汗を取り除いたり、耳側の汗を取り除くと、改善しやすくなります。

聞こえなくなったら見てもらおう

ここまで、対策に関して、載させていただきましたが、ただ、どんなに対策をしても、壊れるときは、壊れ、壊れない時は、そのまま使い続けられます。

補聴器を使っていて、ノイズがかなり多く聞こえたり、音が出たり、出なくなったりの症状が多くなったりした場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう。

どうしても機械物なため、壊れる時は、壊れますので、対策をすることは大切ですが、起こった時は、起こった時で、相談できるようにできると、ベストです。

補聴器屋さんによっては、代替機の貸出をしているところもありますので、そのようなサービスを受けられると、聞こえに困らず、対応できるようになるかと思います。

【修理手順付】こんな症状が出れば補聴器の故障!すぐに修理しよう補聴器でこのような症状があったら修理した方が良いものをまとめると共に修理する際の手順も記載してみました。補聴器で何か感じた場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう...

夏における補聴器の対策のまとめ

夏における補聴器の対策ですが、

  • 乾燥ケースで乾燥させる
  • 汗が多くなったら拭く
  • 場合によっては、外す

これらの事を意識しておけると、故障は、しづらくなります。

実際には、これらの事をしても、100%防げるわけではありませんが、故障の頻度を減らせるはずです。

私自身は、そこまで汗が多いわけではありませんが、上記の三つを行う事で、確かに故障に関しては、少なくなりました。

もうかれこれ、25年くらい使用していますので(1986年生まれで、小学校2年制の時から使用しています)、その経験から、こちらに関して、記載しています。

という事で、こちらの内容で少しでも、故障が減らせれば、幸いです。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえを改善する補聴器専門店
補聴器を売るお店ではなく、聞こえを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている人です。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

なお、聞こえの改善方法に関しては、8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめに、記載しています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
故障を防ぐ

補聴器を守る汗カバー、使用上の注意

2014年6月5日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器の故障の原因になる汗。こちらをいかに防ぐかで、補聴器を適切に使用できるか、できないかが決まります。 補聴器の部品(アクセサリー)には、汗が補聴器内部に侵入するのを防ぐ、 …