補聴器をより良く使うためのケア

補聴器を活用するために必要なアフターフォローの知識

補聴器には、購入後のケアを行うアフターフォローというものがあります。では、アフターフォローとは、どんな事をするのかご存知でしょうか。

アフターフォローとは、補聴器の掃除をしたり、補聴器の効果がしっかりでているかを確認する事です。補聴器を長く、そして有効活用していくには、必要不可欠な存在です。

今回は、そんなアフターフォローの種類について、記載していきます。補聴器と付き合っていくには、欠かせない内容ですので、ぜひ理解しておきましょう。

少しでも補聴器屋が身近に感じれば幸いです。

アフターフォローとは

補聴器のアフターフォローとは、どのようなものがあるのでしょうか。こちらでは、アフターフォローについて記載していきます。アフターフォローは、冒頭の通り、購入後のケアになります。しかし、購入後のケアは、意外にも多くあります。

補聴器の点検、掃除

アフターフォローの代名詞と言えるのは、この補聴器の点検、掃除です。補聴器に故障がないか、をチェックしつつ、補聴器についた汚れを落としていきます。汚れは、補聴器本体から、耳せんまで落としていきます。お店によっては、補聴器を乾燥させ、補聴器内部に入った湿気を取り除く事もしています。しっかりと見てくれるところは、こんなところまで、しっかり見てくれます。

点検に関しては、補聴器の動作チェックを行います。動作チェックは、音を耳で聞きつつ、スイッチがしっかり反応するか、電源がしっかり入るか、何か気になる音、動作状況がないかをチェックします。

なお、音の強弱に関しては、耳で聞くだけではわかりませんので、機械を使います。その機械については、特性測定という欄で説明します。今の補聴器は、調整が自由自在であり、さらに音の大きさごとに、大きくする幅まで異なります。人の耳では、音の強弱や音が弱くなっているなどの事は、わかりませんので、機械を使って判別します。

耳の確認

アフターフォローの一環に入っているもののあまり行われないのが、聴力測定です。と言いますのも補聴器屋で測る聴力測定は、あくまでも補聴器を耳に合わせる一環で行います。メガネを作る際、どんな視力なのかがわからなければ、メガネを作りようがないように、補聴器も耳の聞こえがわからなければ、耳に合わせようがありません。そのために、補聴器屋には、聴力測定できる装置があります。

アフターフォローで使用するケースがあるのは、音が聞こえにくいという場合です。聞こえにくい場合、考えられる要因としては、補聴器が故障している事で聞きにくい、耳の聞こえが低下してしまい聞きにくい、補聴器を装用している状態での聞こえが元々低くて聞きにくい、その他の要因で聞きにくい、これらが考えられます。その他の要因には、補聴器や耳、以外の元々の聞きにくさが原因である場合が入ります。例えば、騒がしいところでの聞き取りが難しい、話しが元々はっきりしないなどの内容です。

これらの原因究明の為に、測定します。耳の聞こえが低下している事で聞きにくいケースは、滅多になく、ほとんどが補聴器を装用している状態での聞こえが元々低くて聞きにくいか、その他の要因で聞きにくい場合が多くなります。それらを適切に見極めるためにも測定は、重要になります。

なお、耳の聞こえを定期的に見る……という理由で、聴力測定を補聴器屋がする事はありません。それは、診断行為になりますので、本来なら医師がすべき事であり、補聴器屋はしてはならない事です。もし、耳の事を知りたいとお考えなら、耳鼻咽喉科を受診する事をお勧めします。その方が、ご自身が求めていた答えが見つかります。

補聴器の確認

補聴器の確認には

  • 特性測定
  • 音場閾値測定

の二つがあります。特性測定は、補聴器の音を機械を使って調べる事です。音場閾値(おんじょういきち)測定は、補聴器を装用した状態で、どれだけ音が聞こえるかを調べる事です。どちらも機械を使って、状態を確認します。

特性測定

補聴器は、機械を使用しなければ、正常なのか、異常なのかがわかりません。予め、補聴器の音を調べた結果を残しておき、それと比較する事で、音が正常か、異常かを調べます。

たまに自分の耳で補聴器の善し悪しを決めている方がいますが、そのような場所は、お勧めしません。補聴器は、人の耳に合わせる機械です。人により、耳の聞こえが異なるため、補聴器は、様々な調整ができるようになっています。一人一人違う聞こえに合わせている補聴器は、残念ながら人の耳で、故障か、そうでないかを判断する事はできません。一人一人違う補聴器の調整だからこそ、それぞれの音を予め残しておき、そのデータと比較する事で、初めて補聴器が故障しているか、正常であるかがわかります。

人の耳でわかるのは、共通の要素であるノイズ、スイッチの効きです。音の強弱までは、わかりませんので、機械を使って調べます。補聴器の場合、いつのまにか、高い音の利得が下がっている事があり、この測定は、補聴器の効果をキープできているかを見るためにも重要です。

音場閾値測定

こちらは、補聴器を装用した状態で、どれくらい音が聞こえているかを調べる事です。補聴器は、音を大きく聞かせる機器ですが、装用した状態だけでは、どれだけ聞こえているのか、どのくらい聞こえるようになったのか、目標値に対して状況は、どうなのかがわかりません。補聴器を装用した状態を目で見えるようにしたのが、この測定です。

アフターフォローの場合、この測定も基本、聴力測定と同じように使います。聞きにくいという時に活用し、どこに原因があるかを調べます。また、私の場合は、長らく測っていない場合は、補聴器の効果確認のために測る事がありました。お客さんの中には、遠慮して「調子は良い」という方もいるため、そのような方は、本当に調子が良いのかも調べていました。そして改善するところが出れば、それについてお客さんとお話しし、改善するか、そのままが良いかを相談します。

この測定は、補聴器の調整に影響するとても重要な測定です。重要なのは、補聴器を装用して、どれだけ聞こえるかです。その結果を見る事ができますので、そこで、さらに調整した方が良いのか、このままキープするのが良いのかもわかります。重要なのは、調整する事ではなく、しっかりと効果があるかを確認する事です。

その他

その他に当てはまるのは、修理預かりです。補聴器は、故障する事もありますので、修理預かりして、直します。物には、故障したら、買い換えるタイプと故障しても修理して使い続けるタイプがあります。補聴器の場合、中途半端ですが、修理して使い続けるタイプになります。

ただし、製造中止から5年以内までしか修理はできません。気になる場合は、この補聴器は、何年修理できるかを伺ってみましょう。また、製造中止になっていないとしたら、まだまだ修理は可能である事がわかります。

修理お預かりをするのもアフターフォローの一環です。

アフターフォロー まとめ

アフターフォローには、これらの種類があります。何か気になる事があれば、補聴器屋さんへ行き、補聴器を見てもらったり、効果があるかを測ってもらうのも良いでしょう。補聴器の効果がしっかり出るようにキープするのも重要です。これは、健康をキープするのが重要である事と同様です。

また、効果を見てもらうのも自分自身の聞こえを知る事に繋がります。自分がどれだけ聞こえているかを理解する事も良い事です。

ぜひ、もっと補聴器屋さんを活用しましょう。

あとがき

補聴器のアフターフォローについて記載してみました。補聴器のアフターフォローには、このようなものがあります。いくつご存知だったでしょうか。もし、一つでも知らない事があれば、この内容を記載した甲斐があります。補聴器で重要なのは、効果を理解する事とその効果のキープです。この二つを行うために、アフターフォローは、存在します。

補聴器の事で、何か気になる事があれば、相談してみましょう。きっとお力になってくれます。補聴器屋は、補聴器の事を相談するためにあります。

これらの内容がお役に立てば、幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:意外と知られていない補聴器メンテナンスのメリット

リンク:補聴器を守るために知っておきたい影響を受ける機器

リンク:電池購入に関する基礎知識をまとめてみました

リンク:損をしないための補聴器電池の注意点と性能の良い電池

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧