補聴器の助成金

【助成金まとめ】補聴器の購入費助成制度と医療費控除について

補聴器には、補聴器を購入する際に受けられる助成制度がいくつかあります。

どれも条件付きのものとなりますので、実際に使える人は、その条件を満たす方となり、限られてはしまうのですが、使えると、いくらか、助成金を得られますので、お金を節約することに繋がります。

こちらでは、主な補聴器の購入費助成制度と医療費控除について記載していきます。

主な助成制度、3点と医療費控除について

基本的に助成制度をまとめますと

  • 障害者自立支援法
  • 軽度・中等度難聴児・者への補聴器購入助成制度
  • 高齢者(65歳以上)への補聴器購入助成制度
  • 医療控除

の四つがあります。

障害者自立支援法

リンク:厚生労働省:障害者自立支援法

障害者自立支援法とは、国が定めた障害者に認定される方々に対する福祉サービスになります。

概要としてですが

  • 対象者:聴力が、両耳とも70dB以上or片耳、90dB以下、片耳50dB以下
  • 窓口:お住いの地区の役所(障害福祉課が窓口である事が多いです)
  • 利点:自立支援法対象の補聴器を購入できたり、助成を受けられる
  • 備考:制度を利用する場合は、必ず補聴器購入前に行う必要あり

となります。

聴覚に関しても存在し、等級により、助成額や支給される補聴器が変化します。

対象ケース①。両耳が70dB以下の場合は、対象になります。聴力低下の度合いにより、等級レベルが変化します。対象ケース①。両耳が70dB以下の場合は、対象になります。聴力低下の度合いにより、等級レベルが変化します。

まず、こちらの対象者ですが、聴力が、両耳とも70dB以下になるか

対象となるケースその②。片耳が50dB以下、もう片耳が90dB以下の場合も対象になります。この場合は、基本的に6級という等級になります。対象となるケースその②。片耳が50dB以下、もう片耳が90dB以下の場合も対象になります。この場合は、基本的に6級という等級になります。

片耳が、50dB以下、もう片耳が、90dB以下(全く聞こえない)場合から、対象になります。

両方とも、ここまで低下すると日常生活ができなくなるほど、低下しますので、その頃になって、やっと障害者認定になります。

相談窓口は、お住いの地区の役所になります。例えば、このお店は、東京都墨田区にあるのですが、その場合は、墨田区の役所に相談しにいきます。

窓口は、障害福祉課という課がありますので、そこに相談しにいくと、手続きを受けられるようになります。

申請時、一点、注意点があるのですが、制度を利用する場合は、必ず、補聴器を購入する前に行う事です。

購入後に申請しても受けられませんので、その点にご注意ください。

こちらの制度が使えると、補聴器を購入する際に助成金を受けられたり、自立支援法対応の補聴器を購入でき、補聴器を購入する際の費用を抑える事ができます。

軽度・中等度難聴児・者への補聴器購入助成制度

例として、墨田区のページを記載しています。お住いの地区でお調べする事をお勧めします。例として、墨田区のページを記載しています。お住いの地区でお調べする事をお勧めします。

リンク:墨田区役所:中等度難聴児の補聴器購入費助成

こちらは、障害者自立支援法が受けられない子供達の補聴器購入費の一部を助成する制度です。

概要ですが

  • 対象者:18歳未満で、自立支援法の制度を利用できない方
  • 窓口:お住いの地区の役所(窓口は障害福祉課が多いです)
  • 注意:補聴器購入前に窓口に相談する事
  • 備考:行なっている市区町村としていない市区町村あり
  • 調べ方:お住いの市区町村+補聴器購入費助成制度と検索

となります。

対象者は、自立支援法の制度を受けられない18歳未満の子供達になります。

申請の窓口は、お住いの地区の役所で、障害福祉課が相談窓口になっている事が多いです。

例えば、このお店ですと墨田区東駒形にありますので、墨田区役所の障害福祉課が窓口になる。という状態ですね。

注意点は、補聴器購入前にご相談する事と、行なっている市区町村としていない市区町村がある事です。

その部分の確認と、医師の診断なども必要になりますので、もし、対象となる場合は、お住いの地区の役所(障害福祉課)にご相談する事をお勧めします。

それか、お住いの地区+補聴器購入費助成制度と検索すれば、探す事ができます。

高齢者(65歳以上)の補聴器購入助成制度

例として、墨田区のものを出しています。お住いの地区で探してみる事をお勧めします。例として、墨田区のものを出しています。お住いの地区で探してみる事をお勧めします。

リンク:墨田区役所:高齢者補聴器購入助成

こちらは、自立支援法を受けられない高齢の方の補聴器支援制度になります。

概要ですが

  • 対象者:満65歳以上で、自立支援法を受けられない方
  • 窓口:お住いの地区の役所(窓口は高齢福祉課が多いです)
  • 注意:補聴器購入前にご相談する事
  • 備考:市区町村により、行なっているところとそうでないところあり
  • 調べ方:お住いの市区町村+補聴器購入費助成制度と検索

となります。

対象者は、自立支援法を受けられない満65歳以上の方になります。

窓口は、お住いの地区町村の、高齢福祉課になります。例えば、このお店の場合は、墨田区東駒形にありますので、その場合は、墨田区役所の高齢福祉課が窓口になります。

注意事項としては、補聴器購入前に窓口に相談する事です。購入後は、受け付けてくれませんので、ご注意ください。

厳密には、対象となるには、医師の診断などが必要となり、窓口に行けば、その制度に関して、教えていただけます。

利用する場合は、まず、窓口に相談してみましょう。

それか、まずは、ご自身の市区町村+補聴器購入費助成制度、で検索してみて、あるかどうか確認するのも良い方法です。

医療費控除

リンク:国税庁:補聴器の購入費用に係る医療費控除の取扱いについて(情報)

リンク:耳鼻咽喉科学会:補聴器購入者が医療費控除を受けるために

医師の診療や治療を受けるために直接必要であるケース、ご自身の病気を治すために必要であるケースなどに、医療費控除の制度が使用できます。

ただ、基本的に補聴器は、対象にならない事が大半です。

概要ですが

  • 対象者:医師の診断や治療を受けるために補聴器が必要なケース
  • 窓口:耳鼻咽喉科(補聴器相談医のみ可能)
  • 注意:聞こえにくくなったため補聴器、では申請できず
  • 注意:医療費控除を希望する場合は、補聴器相談前に耳鼻科へ
  • 備考:原則、医師を通しての補聴器購入になります
  • 備考:医療費控除の決定権は、税務署

となります。

非常に難しいのですが、基本的には、医師の診断や治療を受けるために直接、補聴器が必要であるケースが対象となりますので、仮に聞こえにくくなったため、補聴器を考えたい。という場合は、対象とならない点にご注意ください。

何かしら病気となり、その治療方法として、補聴器による治療が妥当と医師に判断されたり、何かの病気の治療を受けるために聞こえないと不利益を被るため必要であるケースに、現在は、対象となっています。

窓口ですが、耳鼻咽喉科で、かつ、補聴器相談医の認定がされている方のみが、行うことができます。こちらがない耳鼻科さんでは、医療費控除の書類が記載できませんので、ご注意ください。

リンク:日本耳鼻咽喉科学会:補聴器相談医名簿

医療費控除に関しては、不明な点が多く、こちらについて知りたい場合は、補聴器の相談前に耳鼻咽喉科の補聴器相談医の先生にお伺いすることをオススメします。

そして、仮に書類を記載いただいたら、認定補聴器専門店及び、認定補聴器技能者しか、書類を記載することができません。

そのため、そのお店を探し、認定補聴器技能者に対応していただき、書類を記載していただく必要があります。

リンク:認定補聴器専門店システム

認定補聴器専門店には、必ず1名は、認定補聴器技能者がいることになっていますので、専門店を探せば、自ずと会えるようになります。

補聴器メーカーからの割引

補聴器のメーカーによっては、児童割引、就学時割引というものが存在します。

概要ですが、

  • 対象者:18歳未満か学生である事
  • 窓口:補聴器販売店
  • 金額:希望小売価格より、何割か割引
  • 提示:保険証や学生証のコピー(身分証明)を求められる事が多い
  • 備考:行なっているメーカーとそうでないメーカーあり

となります。

カタログには、載っていない事が多いのですが、こちらの対象となる方のみ、少し割引されて購入ができます。

基本的に補聴器販売店が窓口になっていますので、対象となる方には、販売店側から提示があるかと思います。

ただ、行なっているメーカーや対象にならない補聴器が一部あるようですので、その部分は、お気をつけください。

補聴器屋さんとこの点に関して、相談できると、より良い購入ができるかと思います。

なお、助成制度は、重複して使用できます。

例えば、上記には、軽・中等度難聴児の購入助成がありますが、それプラス、この就学時、割引を使用すれば、割引プラス助成が受けられます。

このような活用の仕方がありますので、この点も含めて、補聴器屋さんと相談できると、費用を抑えることができます。

お気軽にご相談してみましょう。

各、助成制度の相談のタイミング

医療費控除を除く(医療費控除は、耳をみてもらった後や補聴器の相談前に聞いた方が良いです)、各、助成制度の相談のタイミングですが、補聴器屋さんに補聴器の相談を行い、補聴器が決まる、少し前に各窓口に行けるとベストです。

補聴器のご相談ですが、基本的に試聴や貸出を通じて、どのような補聴器が患者様、お客様に合うかを調べていきます。

それと同時に聞こえの改善をしていくのですが、補聴器があると良い、購入したい。となった時に、購入する前に役所にいけると、最もタイミングとしては、ベストになります。

早すぎると、購入するかわからない状態で相談することになりますし、購入した後ですと、助成制度が受けられません。

補聴器屋さんも、この制度をご存知ですので、お話を行い、少し、補聴器の貸出の状態を長くしてもらうなどして、購入を少し待ってもらい、その間に窓口に相談できると、スムーズに相談できるようになります。

その場合は、「補聴器屋さんで相談中で補聴器に関する助成制度を補聴器屋さんから聞いた」ということを伝えられると、Goodですね。

補聴器に関して、相談中であること、まだ購入していない事を伝えられることが大切です。

このようにできると、制度に関しても、使いやすくなるかと思います。

ちなみに私のところは、このようにして、実際にご相談しています。

補聴器の助成制度に関するまとめ

補聴器の助成制度に関しては、上記の通り

  • 障害者自立支援法
  • 軽度・中等度難聴児・者への補聴器購入助成制度
  • 高齢者(65歳以上)への補聴器購入助成制度
  • 医療控除

の四つがあります。医療費控除のみ、利用できるのかが、よくわからないことが多いため、私の管轄外になっています。

この点に関しては、申し訳ございません。医師に直接、聞いていただけると、対象になるのか、ならないのかを教えてくださるかと思います。

利用できるものがあれば、利用してみましょう。少しでも負担が少なくなれば、それだけ、生活も楽になります。

以上、補聴器購入の助成制度でした。

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえにくさにお悩みの方へ

聞こえにくい事でお困りだったり、使用されている補聴器が聞きにくいなど、お困り事がございましましたら、お気軽にご相談ください。

お困りごとを改善させるお手伝いをさせていただきます。

当店では、上記のような補聴器の無料お試しセットをご用意し、実際に日常生活や職場でご体験いただいた後に、補聴器について、改めて、お考えいただけるようにも、しています。

予約制にして、ご相談を承っておりますので、ご希望の方がいらっしゃいましたらお問い合わせフォームへ、ご連絡ください

なお、お店のサービスやお客様の実際の改善例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例