補聴器のこと

遂に3Dスキャンにて耳型採取をするところが出た

気になるものがありましたので、ご紹介です。今回の内容は、3Dスキャナーを使い、耳の形状を写す技術に関するものです。eイヤホンというイヤホン、ヘッドホンの専門店であり、結構有名なお店が、3Dスキャナーを使い耳型採取をするサービスを始めたようです。

耳型採取は、耳の形に合わせたオーダーメイド補聴器、耳の形に合わせた専用の耳せんであるイヤモールドを製作する際に必須であり、補聴器の世界には、無くてはならないものです。それが、他の業界で、3Dスキャナーを使い、耳型採取をするサービスを始めました。

情報のシェアという事で、こちらにも載せていきます。

3Dスキャンにて耳型採取

このサービスが始まったのは、本年度の8月末であり、秋葉原のカスタムイヤホン専門のお店で始めたようです。

リンク:e☆イヤホン、3Dスキャナでイヤモニ用耳型採取サービスを29日開始。UE対応

その装置を使って耳型採取したレポに関しては、こちらがわかりやすいと思います。

リンク:【密着レポ】飯田里穂、3Dスキャンの巻[耳型採取編]

耳に見た事も無い装置をつけ、耳の中にレーザーのようなもので照らし、形状を計測していくようです。レーザーを当てても何か感じる事はないようです。

凄い技術ですね。ぜひ、補聴器販売店にも欲しい技術です。

事故を減らせるのは有意義

このような技術は、ぜひとも補聴器販売店に欲しい技術ですね。私は少なくともそう思います。

個人的に思うのは、耳型採取の事故です。今現在の耳型採取ですが、耳の中に、印象剤という粘土のようなものを耳に入れて耳の形を採取します。採取する前には、必ず必要以上に印象剤が奥にいかないよう耳にブロック(綿)を入れます。

しかし、このブロックをうまく入れないとその隙間から印象剤が漏れだし、耳の奥に印象剤が行ってしまう事があります。そのようになると耳の型を取り外す際、痛みを感じてしまい、取り出せなくなったり、鼓膜を傷つける、あるいは、耳を傷つけてしまう事があります。

このように耳型採取は、必ず事故と隣り合わせになります。

では、耳型採取の事故を減らすには?と考えると、最も良いのは、この3Dスキャナーを使ったものですね。何も耳の中に入れる必要がありませんので(場合によってはスキャナーは入れる必要があるかもしれませんが……)、事故を起こしようがなくなります。個人的には、ここが最も素晴らしい点だと考えています。

事故を防ぐには、気をつけるという事ではなく、そもそもの仕組みを変え、事故を起こしようのないようにする事が最も良いと考えています。その方が、安全ですし、必ず改善できます。

あとがき

情報のシェアという事で、載せさせていただきました。事故は、誰にとっても良くありませんので、このような技術は、補聴器販売店にこそ、あって欲しいものだと思っています。もしかしたら、今現在、このようなシステムを作っているところもあるかもしれませんね。そうなれば、よりこの業界も良くなっていく事が考えられます。

技術は人のためにあり、人の生活をより良くさせるために存在している物だと、私は思います。このような技術で、事故がなくなれば、それは、本当に素晴らしい技術だと私は思います。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:新たな手話通訳、Google Gestureが創り出す繋がる世界

リンク:音声をリアルタイムで翻訳するCaptioning on Glass

リンク:業界が変わらなければ替わるかもしれないという発想

リンク:補聴器を水の中に入れても復活する時代が来るかもしれない

ABOUT ME
深井 順一・補聴器を使っている補聴器販売員
2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている補聴器販売員です。パートナーズ補聴器、代表。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”こちらをどうぞ。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない方
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった方
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

また、聞こえの改善方法に関しては、聴力別、聞こえを補聴器で改善させる方法に、まとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
補聴器のこと

補聴器を調整する人に必要なのは、技術力ではなく、問題解決能力

2018年1月31日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
最近思うことを少し書いていこうかなと思うのですが、個人的に感じるのは、補聴器を調整する人に必要なのは、技術力ではなくて問題解決能力だよね。と …
補聴器のこと

補聴器が変わらなければどう替わるのか

2015年2月24日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
昨日は、「業界が変わらなければ、替わるかもしれないという発想」を記載しました。非常に参考になる話しで、いくら岩盤規制があったとしても、市場の力でいとも簡単に覆される可能性があるとい …
補聴器のこと

パートナーズ補聴器、本日、開店です

2016年2月5日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
突然のお知らせ、失礼します。本日、パートナーズ補聴器、開店となります。今まで、お問い合わせをいただいていた方には、事前にご連絡させていただきましたが、こちらでは、まだ告知をしており …