ロジャー・FMの基本

補聴援助システムを使用するとなぜ聞こえが良くなるのか?

補聴器には、補聴援助システムという補助機器があります。この機器は、送信機に話しかけた音声が直接受信機をつけている補聴器に入る事により、非常に良い聞こえを得られるシステムとして有名です。中には、このシステムで全ての人が話して欲しいとお考えになる方もいます。

では、なぜこのように聞こえやすくなるのでしょうか、そして補聴器単体では、なぜこのような事ができないのでしょうか。今回は、補聴援助システムを使用するとなぜあんなにも聞こえが良くなるのかを記載していきます。

補聴援助システムとは

補聴援助システムとは、このようなものです。
tuusin

※画像は補聴器メーカーフォナックジャパンより引用

送信機を話し手が持ち、その話し手が送信機のマイクに話しかける事で、受信機がついている補聴器に直接音声が入ります。このようにする事で、話した内容を中心とした音声のみをしっかり補聴器に送る事ができるようになります。

このシステムが非常に聞きやすくなる理由は、送信機のマイクを話し手の口に近い位置で、音声を拾っている事があげられます。このように音声を拾う理由は、

  • 音声を調整しやすい
  • ノイズを拾いにくい

この二点があります。ノイズ(周囲の騒音)を拾いにくく音声のみを抽出できると、ある事が簡単にできるようになります。ここが最大のポイントです。

なぜ聞きやすくなるのか

補聴援助システムが聞きやすくなる理由は、SN比(Sシグナル:聞きたい音、Nノイズ:周囲の騒音)を改善しやすくなるからです。騒がしい中、あるいは、距離が離れたところでの音声の聞き取りは、音そのものも小さく感じてしまう事も原因ですが、周囲の音と聞きたい音声の音量が逆転(周囲の音の方が大きい状態)になってしまうのが原因です。それにより、周囲の音ばかり聞こえてしまい、肝心なシグナル(聞きたい音)を聞くことができません。

では、仮に二つのチャネルがあったとすればどうでしょうか?このチャネルとは、周囲の騒音の音量を調整できるチャネルと音声の音量を調整できるチャネルです。仮に聞きたい音となるべく抑えたい音を二つに分ける事ができれば、常に周囲の音より聞きたい音声を優先し、その音声を大きく聞こえるようにしておく事で聞きやすくする事もできます。周囲の音がどれだけ大きいかがわかれば、それより大きい音で聞きたい音を流す事により(あるいは、周囲の音を下げ、聞きたい音を優位に保ったり)、常に聞きたい音声が優位にする事が可能になります。

さて、このような状況を作り出すためには、どのような事が必要でしょうか。確実に必要になるのは、なるべく聞きたい音声しか入らないチャネルになります。このチャネルを作っているのが、補聴援助システムのマイクです。

このように音を別々に調整できるようになるとシグナルとノイズを別にして調整する事ができるようになりますので、聞きやすさを改善しやすくなります。これが、補聴援助システムのからくりです。

補聴器が改善しにくくても、補聴援助システムで改善できる理由

補聴器では、なぜ改善しにくいかといいますと、このSN比が改善しにくいからです。その理由に関しては、こちらにも記載しています。

リンク:補聴器のボリュームを上げても聞きやすくならない理由

補聴器の場合、聞こえにくい時にボリュームを上げて改善を試みます。この方法の場合、聞きたい音も大きくなりますが、同時に邪魔している音があれば、その音も大きくしてしまうという欠点があります。そのため、聞きにくさが変わる事はありません。

しかし、補聴援助システムは、聞きたい音と邪魔している音を分けていますので、聞きたい音のみ大きくできるという芸当が可能になります。ですので、聞きやすくする事が比較的容易にできます。

補聴援助システムは聞こえが改善しやすい

補聴援助システムで聞こえが改善しやすい理由は、このように聞きたい音と邪魔する音を入り口の部分で区別できている点になります。補聴器では、聞きたい音もその音を邪魔してしまう音も色々とごちゃまぜで拾ってしまいますが、補聴援助システムは、聞きたい音を中心として拾っています。

このように入り口の部分でわけて拾う事ができるようになると、聞きたい音だけ大きくする、聞こえやすく調整するという事が可能になります。そのため、補聴援助システムでは、驚く程聞こえが改善します。

補聴援助システムがなぜ良いかの理解に繋がれば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器の力をさらに引き出す周辺機器まとめ

リンク:補聴援助システムを購入前に理解したい欠点の改善方法

リンク:補聴器を磁気ループに対応させるには

リンク:補聴器の買い換えはいつがベストか

ABOUT ME
深井 順一・補聴器を使っている補聴器販売員
2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている補聴器販売員です。パートナーズ補聴器、代表。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”こちらをどうぞ。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない方
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった方
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

また、聞こえの改善方法に関しては、聴力別、聞こえを補聴器で改善させる方法に、まとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
ロジャー・FMの基本

補聴援助システムを購入前に理解したい欠点の改善方法

2015年5月29日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
難聴の子どもの聞こえを支援する補聴援助システム。このシステムは、非常に素晴らしい聞こえを提供してくれる頼りになる機器です。しかしその一方、と …
ロジャー・FMの基本

FM補聴器、Rogerの選択方法を知ろう

2014年11月30日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
FM補聴器をご存知でしょうか。正しくは、FM機器を装着した補聴器になります。 FM機器は、補聴器に直接音声を入れられるシステムです。話し手につけてもらう送信機、聞き手の補聴器 …
ロジャー・FMの基本

FM機器は、故障していない?気をつけたい仕様の事

2014年6月12日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
FM機器とは、主に児童が使用する補聴器の聞こえを拡張させる機器です。送信機、受信機に分かれ、送信機のマイクに話しかけると直接音声が補聴器に伝 …