耳・難聴のこと

片耳美大生キクチさんのPlease Tagを見てきました

皆さん、片耳美大生キクチさんをご存知でしょうか。こちらの方は、生まれつき片耳が聞こえにくい方なのですが、日々の体験をマンガ風に表現されている方です。私自身商売上の事もあり、こちらの方のブログをよく読んでいました。両耳が聞こえにくい方の状況は、私自身の経験上から判断すれば良いのですが、片耳が聞こえにくい方の実態、様子、実際に困っているところは全くわからなかったからです。

さて、今回何気なくTwitterを見ていたところお、大学の卒業制作として「Please Tag」なるものを製作していましたので、日々の御礼も兼ねて行ってみる事にしました。

片耳美大生キクチさんとは

冒頭の通りですが、右耳のみ聞きにくい方で、現在、美大生の方です。日々の様子をマンガにして発信されています。ブログ(note)は、こちら

リンク:片耳難聴マンガ 片耳なんちょー

今現在は、Twitterで発信する事が多くなっています。Twitterアカウントは、こちら

リンク:片耳美大生 キクチ

内容としては、このような内容を載せています。

私自身が気が付いたのは、前年の10月くらいです。片耳難聴の方の様子がわかる事から、むさぼるように読んでいました。どのようなところに困難があり、どのような様子なのかがわかれば、考え方、あるいは、今あるもので、何か解決できるかもしれないと考えたからですね。

実際に読んでいて気が付いたのは、結構聞きにくそうだな……という事でした。片耳が聞こえにくいという事で、これほど聞きにくく感じるものなのか……と感じたのが正直な感想です。これは、ある意味業界そのものも反省しなければならない事ですが、片耳難聴に関して、少々軽視されている点があり、人によっては、片耳聞こえているから、コミュニケーションには、問題ないと考えている方もいらっしゃいます。

実際の経験を記載されたこの内容は、非常に勉強になる事が多く、私自身は、常にこの方をウオッチしていました。そこに、卒業制作で、Please Tagなるものを製作しているという事で、情報提供の感謝と実際の物を見てみるため、お邪魔してみる事にしました。

Please Tagとは

さて、ここからがこの方のすごいところですが、マンガに空き足らず、Please Tagという当事者が伝えたい事を支援する道具を製作します。

Please Tagは、簡単に取り付けられるタグPlease Tagは、簡単に取り付けられるタグ

こちらに関して、Webサイトから引用しますと

障害者の方も病気の方も怪我の方も妊婦の方もそうじゃなくても。名前の上では同じ症状でも、その人が本当はどうしてほしいかって実は各々で違います。また、助ける方の立場から言えばどうやって援助すればいいのかわからないことって多いです。

PLEASE TAGの役割はシンプルです。どう助けてほしいかを本人がメッセージにして書き、表示する。「お願いします」のコミュニケーションを助けます。

Please Tagより引用

こちらは、なかなか自分の事を伝えにくい方に自分自身の状況を伝える支援をしてくれる道具です。マタニティマークを色々なものに応用できるようにしたものというとイメージしやすいかもしれません。見た目に問題なくても、様々なものを抱えている方は、多くいます。むしろ、見た目で問題ないからこそ、見過ごされてしまうケースの方が多いでしょう。 そのような方を支援するために生まれたのが、このPlease Tagです。

キクチさんは、卒業制作として、こちらのものを製作されました。詳しい経緯やものについては、Please TagのWebサイトを見る事をお勧めします。

リンク:Please Tag

実際に行ってみました

ここが武蔵野美術大学か……

むさびに到着!むさびに到着!

キクチさんの卒業制作の場所は以下のツイートより

という事ですので、早速行ってみる事に。※実際は、何も知らずに行き、パンフレットでキクチさんを探しました。何も考えずに行ったので、正直めっさ焦りました……。

で、到着。

10号の309教室10号館の309室の様子

おお〜、すごいな〜。既に人がいっぱい……。

人の数だけPlease Tag人の数だけPlease Tag

人の数だけPlease Tagがあるという事を考えさせられます。写真ではわかりにくいかもしれませんが、こちらのものは、全て異なる内容が記載されています。

Please Tagの展示様子Please Tagの展示様子

キクチさんが製作に関わった理由に関しても記載されていました。こちらは、全て一人で製作したというから驚きです。これは、Please Tagもこの部屋の製作も含めてになります。

Please Tagの装用者の声Please Tagの装用者の声

Please Tagに関する説明ですね。実際に触れた印象ですが、結構大きい印象を持ちました。伝えるためにはある程度大きくないと見えませんので、このような形状だったのでしょう。私自身もマタニティマークを見ると思うのですが、たまに見えないので、気が付かない時があります。この点をどう考えるかが、非常に重要であり、難しい点ですね。

これに追加して、私自身、簡単なご挨拶と日々の御礼をキクチさんに伝えてきました(伝わったかは定かではありませんが……)。キクチさんは、絵のイメージ通りの方で、非常に明るい方であり、活動的な方である印象を受けました。

この製品も商品化をしたいという野望も持っているようで、実際に購入したいという声も聞いている事から、製品の期待感は、あるようですね。人を幸せにできる製品であれば、ぜひとも商品化していただきたいと思っています。

見に行ってみよう!

さて、こちらをご覧になり、興味が出た方は、実際に行ってみてはいかがでしょうか。Please Tagを見に行くのも良し、周りの美術品を見るのも良し、キクチさんとお話ししてみるのも良しです。

武蔵野美術大学の卒業、修了制作展は、2016年1月15日(金)〜18日(月)9:00〜17:00まで行っています。行く際は、私の二の舞にならないよう、先ほどのツイートをご確認ください。

私の場合、全く考えずに行ってしまったので「キクチさんは、どこに居るのだろう?」と片っ端から、パンフレットで、「キクチ」という文字を探すはめになりました。こうならないように覚えておく事をお勧めします。逆に言えば、それでも何とかなるという事でもありますが。

最後にブログに載せる事を了承いただきましたキクチさんに感謝を申し上げます。本日は、お忙しい中、ありがとうございました。

 

リンク:耳の聞こえは補聴器+αで考える時代の到来

リンク:聞こえにくい方の支援は、聴覚障害者のみになるのは、なぜ?

リンク:このブログを書いている人は、こんな人

リンク:難聴児は、全国で毎年どのくらい生まれてくるのか

ABOUT ME
深井 順一・補聴器を使っている補聴器販売員
2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている補聴器販売員です。パートナーズ補聴器、代表。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”こちらをどうぞ。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない方
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった方
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

また、聞こえの改善方法に関しては、聴力別、聞こえを補聴器で改善させる方法に、まとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
耳・難聴のこと

聴覚障害者が健聴の人を超える時代は来るのか

2016年12月28日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
2016年、リオパラリンピックで走り幅跳びの選手、マルクス・レーム選手が8m21cmと驚異的な記録をだし、金メダルを獲得しました。去年の記録では、この記録よりも上の、8m40cmの …
耳・難聴のこと

iPS細胞による難聴の治療、一歩を踏み出したiPS細胞の現状。

2014年6月27日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
再生医療。現在、治療に関して再生医療が非常に注目されています。今から約1年半前に発表されたiPS細胞は、世界に衝撃を与えました。再生医療は、 …
耳・難聴のこと

聞こえにくくて困っていると言っているのに「様子を見ましょう」と言う医者に思う事

2016年7月23日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
当店の場合、このブログを見てくださり、そこから、補聴器の相談やお問い合わせをいただくのですが、思いのほか、患者さんが聞こえにくくて、仕事や人 …