補聴器の相談時間(日数)

補聴器相談の流れと、知っておきたい購入までにかかる時間

聞こえに困ることが増えてきたから、補聴器を考えたい。補聴器について、相談してみたい。となった場合、補聴器のご相談ができる場所で、聞きにくさを改善するための相談をしていきます。

その際ですが、はじめに知っておいていただきたい事は、補聴器を購入するのには、時間がかかる。という事です。

補聴器のご相談は、その日に相談しにいき、その日に補聴器が買える。という事は、ほとんどありません。

耳の状態を調べ、耳の状態に徐々に補聴器の音を合わせ、そして、補聴器のお渡し。という流れになることが多く、大体、1ヶ月〜1ヶ月半ほど平均的にかかります。

そのため、余裕を持ったご相談をすることが大切です。

補聴器相談の全体像

まず、補聴器を相談する際の全体像ですが、

あくまでも私のところでしているご相談の対応です。とはいえ、補聴器専門店であれば、ほとんどがこのような流れになっているかと思います。あくまでも私のところでしているご相談の対応です。とはいえ、補聴器専門店であれば、ほとんどがこのような流れになっているかと思います。

このようになります。こちらは、あくまでも私のところで行っている流れですが、特殊な事をしているわけではありません。

概要として

  • 購入までにかかる時間:1ヶ月〜1ヶ月半くらい(週一で通って)
  • お店に通う回数:4〜6回、前後
  • 相談時間:初回だけ、1時間30分〜2時間。次回から、30分〜1時間
  • 備考:場所や人により、購入までにかかる時間や相談時間は変化します

となります。

補聴器専門店、あるいは、認定補聴器専門店。という場所であれば、多くがこのような流れになっています。

時間がかかる要因は、

  • 聞こえを改善させるのに時間がかかる事
  • 耳の状態を把握しながら行うため、一回一回の時間が長くなる事

の二つとなります。

初回にかかる時間と行う事

初めにご来店いただいた際は、

  • 耳の状況確認(カウセリング、測定を含む)
  • 補聴器のご説明(説明及び希望のご確認)
  • 補聴器の試聴・貸出(幾日か実際の日常生活でのお試し)

について行い、補聴器の試聴を行うことが多いです。

概要としてですが、

  • かかる時間:1時間30分〜2時間くらい
  • 持っていくもの:聴力データなどあれば、持参すると良い
  • 備考:聴力データがない場合は、お店でも測れるようにしているところが多数

となります。

初めにご来店いただい際は、まずは、状況の確認を行っていきます。

そして、補聴器の説明をしたり、補聴器の試聴や貸出を行い、実際にどのくらい改善するのか。日常生活上で、どのくらい改善するのか。を試せるようにしているところが多いですね。

初回だけ、耳の状態を測定したり、補聴器の試聴をしたり、その補聴器の使い方などもご説明するため、かなり時間がかかります。

初回だけ、時間が大きくかかりますので、その点にご注意です。

補聴器販売店で行われている試聴・貸出サービスとその利点良心的な補聴器販売店や病院さんでの補聴器外来では、補聴器の試聴、貸出サービスがあります。補聴器を相談するときは、これらのサービスを利用できると、安心して相談しやすくなります。...

次回以降の相談

日常生活や職場で補聴器を使ってみて、補聴器があると良い、補聴器を考えたいとなった場合は、さらに進み

  • 補聴器の調整を煮詰める
  • どの補聴器が良いかをご相談

を行って、聞こえの改善と、補聴器の選定を行っていきます。

  • 時間:一回、30分〜1時間
  • 回数:試聴や決めるのに時間がかかると多くなる
  • 備考:補聴器を決めた後に聞こえの改善を煮詰めていく事が多い

次回以降は、初回ほど、時間はかからず、補聴器を決めていくためのご相談をしていきます。

補聴器の選定については、そのまま決めるのが難しいこともありますので、試聴をして決めたり、補聴器の特徴を伺い違いを理解しながら、決めていくことが多いです。

そして、補聴器が決まったら、より補聴器の調整を煮詰めていき、聞こえにくさの改善をしていきます。

ここから場所によって分かれていくのですが、場所によっては、補聴器を決めた後に聞こえの改善を煮詰めていくところと、試聴の段階で、補聴器の調整に関して、煮詰めていくところがあります。

どちらかというと、補聴器を購入した後に煮詰めていくところが多く、私の場合は、購入する前の試聴の段階で、補聴器の選定と同時に煮詰めていくことが多いです。

  • 調整にかかる時間:合計で、3〜5週間ほど
  • 備考:週一で計算した場合(3〜5回ほど通う)

補聴器の調整にかかる時間ですが、このようになります。

補聴器を初めて使う場合は、まず、補聴器に慣れるのに、2〜3週間ほど、そして、調整して、なるべく聞こえを改善できると良い部分まで入れられるようになるのに、さらに2〜3週間ほどになりますので、時間がかかります。

そのため、私の場合は、補聴器の相談と同時に、調整に関しても煮詰めて、なるべく通う負担を少なくできるようにしています。

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...
聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

最後と補聴器ケア

補聴器である程度、聞こえの改善ができたら、補聴器をお渡しして終了です。

その後は、補聴器のケアを行い、今後は、補聴器がなるべく壊れないようにケアをしていきます。

概要としては

  • する事:補聴器のメンテナンス、クリーニング等の
  • 期間:4〜6ヶ月に一度
  • 時間:〜30分くらい
  • 備考:劣化部品がある場合は、交換し、よくしていきます

になります。

補聴器には、定期点検というものがあり、補聴器販売店で定期的な点検を行うことで、事前に故障の目を詰んだり、劣化した部品があれば、交換し、よく使える状態にしていきます。

4〜6ヶ月に1度ほど、通えると、こちらは、ベストです。

補聴器購入後の定期点検と聞こえをキープする環境作りの大切さ補聴器を購入後は、聞こえの良い状態をキープする事が大切です。その方法である定期点検とその理由に関して記載してみました。良い状態で使い続けられると、結果的に困ることを少なくできます。...
補聴器購入後、故障して困らないようにするための三つのポイント補聴器を購入後は、補聴器のケアを知ること。補聴器のリカバリー方法を知ること、定期点検を行うこと、これらを行えると、困りにくくなります。その内容についてまとめてみました。...

主な流れは、このようになります

補聴器の相談をする場合、流れとしては、主にこのような状態になります。

細かい部分は、お店や病院さんにって変わりますが、どの場所でも、相談する時間や通う日数、それは、そこまで、大きく変わりません。

大体、トータルで1ヶ月〜一ヶ月半ほどかかり、長い方は、2〜3ヶ月ほど、かかるケースもあります。

通う回数も、4〜6回、長くなると、8〜12回ほど通うことになります。

そのため、補聴器屋さんや相談する場所は、通える範囲内のところが楽になります。

こちらは、少し私のお店のことが入っていますが、概ね、どこも同じような状態になります。

特に聞こえを改善させる部分が、徐々に聞こえを改善させ、補聴器に耳を慣れさせながら、改善していくため、お時間がかかります。

そのため、補聴器のご相談は、余裕を持って相談することをオススメします。

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【聞こえにくさにお悩みの方へ】完全予約制による聞こえの改善相談、実施中

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞こえにくさによるお困り事がございましたら、お気軽にご相談ください。

例えば

  • 補聴器は初めてで、どう聞こえを改善すると良いか、聞いてみたい
  • 自分の聞こえを改善する際のポイントや問題点を聞いてみたい
  • 上記の説明を聞いた上で、実際に補聴器も体験してみたい

このようなご希望がございましたら、当店では完全予約制の無料相談をしていますので、お気軽にご利用ください。

仮に補聴器に関して、試してみたい。という場合は、補聴器無料お試しセットもございますので、実際に日常生活や職場でご体験いただいただく事もできます。

それを体験してから、改めて補聴器について、お考えていただいても構いません。

当店は、完全予約制にして、ご相談を承っておりますので、もし、ご希望の方がいらっしゃいましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

なお、お店のサービスやお客様の実際の改善例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例

お客様の声(お客様のレビュー、アンケートまとめ)当店をご利用になったお客様のレビューのまとめとなります。実際にご相談されて、どうだったのか。まとめてみました。ご参考にどうぞ。...