働く

営業とは、困っている事を改善させる仕事

営業とは、何でしょうか。私は、困っている事を改善させる仕事だと思っています。表面的には、それで物を販売しているのですが、やっている事は、困っている事を改善させる。ただそれだけになります。

世の中には、様々なものがあり、それぞれ異なった特性を持ちます。それらを理解し、お客様に適切なものを提供するのが営業ですね。私のブログをご覧になって来店された方の中で「深井さんがブログで書いている事ってかなり特殊ですよね?」とたまに言われる事がありますので、私自身が考えている営業に関して載せていきます。

困っている事を改善させる

営業の基本は、困っている事を改善する。ただそれだけになります。補聴器を求める方は、何らか困っている事があり、「○○に困っている。だから、これで改善させよう」と来店されているわけです。耳が聞こえにくくなり、困っている事があるとしますと、その改善方法は基本的に

  • 耳鼻咽喉科で耳が治療できるかを確認する
  • 治療できれば治療、できなければ耳を補聴器で補う

というような流れになります。耳を聞こえるようにするという事でも、方法は、いくつかあり、考えられる選択肢の中で最も自分に合うものを考えて選択する。それが、私がしている営業です。

補聴器を装用する方は、基本的に耳が治らなかった、元々治療方法が存在していなかった状態です。そのような状況下になって初めて補聴器を考えます。

耳の状況を改善させる

これは、仮に補聴器で聞こえを改善させる場合も同様です。この場合は、どのようにしたら最もよく耳を補えるか、というお話しになります。無理矢理、高額な補聴器を勧めるという事ではなく、予算の中で、どのように改善していくかという内容です。

補聴器は、耳の状況によって効果、あるいは効果を出す補い方が異なります。両耳とも聞こえにくく、補聴器を装用して効果が望める耳であれば、両耳に装用して聞こえを改善させる事が最も良い補い方ですし、片耳だけ補聴器を装用しても全く効果がでなく、もう片耳が聞こえる耳であれば、聞こえにくい側の音を聞こえる耳に転送して耳を補う方法の方が改善しやすくなります。

補聴器がしているのは、音を大きくして耳に入れる事です。しかし、補聴器をつける方の大半は、感音性難聴という耳で、音が聞こえにくくなる以外に、音声の理解までしにくくなるという症状がでます。そのため、誰もが補聴器を装用して効果がでるかと言いますと、そのような事はありません。耳の状況によって大きく変化してしまいます。ですので、耳の状況をよく確認しながら補い方を考えていかなければ改善が難しくなります。

その方が困っている事、その方の耳の状況、それらを伺いつつ、どのようにしたら最も良くなるかを考え、改善策を提示する。それが補聴器における営業ですね。これは、単に物を売るという発想では、改善方法を誤る、あるいは、本来改善できるところまで改善できない可能性が出てしまう事からもそうしています。

場面ごとの改善

補聴器の販売に限らず、状況の改善方法というのは、いくつか方法があります。例えば電話が聞きにくいと言われた場合、方法としては

  • 補聴器で聞く
  • そのままの耳で聞く

の二つがあります。仮に固定電話の音を聞きたいとしますと、補聴器で聞く事で理解しやすくなるのでしたら、補聴器の形状の一つ、耳あな形補聴器がお勧めです。こちらは耳の中に入りますので、今までの感覚で電話をしやすくなります。ただし、対象としては耳あな形補聴器が合う耳である事が、条件となります。

しかし、そのままの耳で聞く方が理解しやすいのであれば、テレアンプと呼ばれる電話機のブースターを付ける事で理解しやすくする事もできます。補聴器を通して音を聞くと理解しにくいという事があれば、こちらで音量をあげた方が理解しやすい方もいます。私自身は、どちらかというとこちらです。

このように状況改善を一つとっても改善方法は、複数ある事が多いです。補聴器を装用する事で良いなら、補聴器を装用したままやれば良いという事がわかり、それがやりやすい補聴器を提供する事が最も良い方法ですね。それよりも、ブースターをつけてお話しした方がわかりやすいなら、そちらを勧めれば、より良くなる事もわかります。このように状態を確認しながら行っていきます。

そのため、お客様の状況を確認し、どのようなものが合うのか(使えるのかの確認も含めて)、どのようなものであればもっとも改善できるのかを考えていく必要があります。これも営業ですね。

営業は、困った事を改善させる仕事

このように営業とは、困った事を改善させる仕事です。表面的には、物を販売しているわけですが、やっている事は、ものを売ってその方の困っている事を改善させる事になります。ですので、重要なのは、どう改善させるかになります。これがわかって、何を売るかが決まります。

もっとも、あくまでもこれは、私が考えている営業ですので、他の方がどのように考えているかはわかりません。ただ、私自身が思っている事を記載させていただきますと、このようになります。

このような選択思考でお客様には、お話ししていますし、相談も受けています。ブログに関しても同様の考えでしています。結構、物を買いにくるという思考が多いので、なかなか伝わらないのですが、私はこのように考えています。

私の考えを端的に言いますと「営業は困った事を改善させる仕事」になります。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器の装用タイミングを理解する2つのポイント

リンク:【実例】中等度難聴者が補聴器を装用するとどう改善されるのか

リンク:生まれつき聞こえにくい私は、自分の聴力をどう改善させたか

リンク:中等度の感音性難聴の私が自分に合った補聴器を選んだ方法

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、お店を開いています。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。

お店の特徴を見てみる