クロス補聴器の性能

クロス補聴器の性能による違いと自分が望むグレードを選ぶ方法

クロス補聴器には、それぞれ、性能別のグレードというものがあります。どのクロス補聴器でも聞こえにくさの改善は、できるようになっているのですが、このグレードにより、聞こえが変化します。

クロス補聴器の場合、主に性能は、聞こえを良くした後の問題を改善する機能の良さにより、金額や聞こえが変化するようになっています。性能が上がると、補聴器を快適に使いやすくなったり、騒がしい中でもなるべく聞きにくくならないように支援してくれたりします。

こちらでは、クロス補聴器の性能に関する基本から気になる事について記載していきます。クロス補聴器について、理解を深めていきたいとお考えの場合は、参考にしてみてください。

なお、以下は、私のところで扱いがあるフォナックのクロス補聴器に関して記載していきます。

補聴器のグレードと性能

一番初めにクロス補聴器の性能の選択肢に関して記載していきます。

クロス補聴器の場合、このように形状だけではなく、それぞれの性能別のグレードがあります。クロス補聴器を選ぶ場合は、どのランクのものを買うか。というところも考える必要があります。クロス補聴器の場合、このように形状だけではなく、それぞれの性能別のグレードがあります。クロス補聴器を選ぶ場合は、どのランクのものを買うか。というところも考える必要があります。

クロス補聴器には、性能別でもいくつかあり、それぞれで金額から性能が異なります。クロス補聴器は形状以外にも性能のランク、グレードというものが存在しています。

基本的には、冒頭に記載した通り、どのランクの補聴器でも聞こえに関しては、改善できるようになっています、金額の大半は、聞こえを改善した後の問題を改善できる機能の多さ、機能の強さが、異なってきます。

値段が良いものほど、快適に使用でき、かつ、聞きにくくなりやすい場所でも、なるべく聞きにくくならないよう、支援してくれるのが、主な特徴です。

残念ながら、良いクロス補聴器を購入すれば、耳が治る。ということは、ないのですが、基本的には、良い補聴器ほど、聞こえを改善した後に気になりやすい音を抑制してくれたり、騒がしい中でもなるべく聞きにくくならないよう、支援してくれたりします。

これがクロス補聴器の性能の基本になります。そして、補聴器を選ぶ場合は、どの性能のもの、ランクのものにするかを決めていく必要があります。

聞こえの改善と性能

さて、クロス補聴器の性能に関してもう少し詳しく見ていきましょう。

基本的に性能に関しては、このようになります。

性能には、

  1. 聞こえを改善する際に使われる機能
  2. 聞こえを改善した後に起こる問題を改善する機能

の2つがあります。

初めに簡単にまとめますと、クロス補聴器の場合は、聞こえを改善させる、というよりも、聞こえない耳側にくる音をそのまま、聞こえる耳側に転送しますので、どのクロス補聴器でも聞きにくさは、改善できるようになっています。

ですので①の機能(聞こえを改善する際に使われる機能)は、一番下のエコノミーでも、一番上のファーストでも、そんなに大きく変わりません。大きくできる量は、両方とも同じですし、改善すると良い目標となる音量値は、どちらも達成できるようになっているためです。

そして、②と③の聞こえを改善させた後に起こる問題を改善する機能が多いと多いほど、機能が高性能になるほど、金額が高くなり、結果的に、性能が良い補聴器。というようになります。

聞こえを改善する際に使われる機能

聞こえを改善する際に使われる機能とは、チャンネルと音の出力です。

こちらは、12chのもの。それぞれの周波数が、12等分されており、12等分、細かく調整できる。こちらは、12chのもの。それぞれの周波数が、12等分されており、12等分、細かく調整できる。

クロス補聴器を含む、補聴器は、上記のように周波数別に調整できるようになっています。そして、その数が、それぞれのランクで異なるようになっています。

こちらをみていただくと、8ch、12ch、16ch、20chと書かれていますが、この部分がそのようになります。

ただ、クロス補聴器の場合、この部分は、そこまで金額差による恩恵は、受けづらい状態です。

一般的な補聴器は、聞こえにくい人の聴力を補うために、このような細かく周波数別に調整できるようにしているのですが、クロス補聴器を付ける側の耳は、正常な聴力になりますので、皆さん、似たり寄ったりの調整になります。

そのため、多くあることに越したことはありませんが、多くあったとしても、あまり活用ができません。

あくまでもこの部分だけにはなりますが、実際に改善している身から感じるのは、12chもあれば、ほとんどのケースにおいて、調整や改善ができる、という事です。

メーカーもそれがわかっているのか、その部分をスタンダードとして、設定しています。

なお、こちらに関しては、一番下のものでも改善できるようになっています。少し調整しづらくはなりますが、適切な音の大きさに設定したり、聞こえを改善させることは、できるようになっています。

聞こえを改善した後の問題を改善する機能

次は、聞こえを改善した後の問題を改善する機能です。先ほど、聞こえを改善させる際に使われる機能のお話をしましたが、金額の大半は、②の聞こえを改善した後の問題を改善する機能によって、決まります。

クロス補聴器を含む、補聴器全般は、昔は、音を大きくするだけしかありませんでした。聞こえなくなった聴力の部分を補ったり、音を転送するわけですが、それをすると、今度は、周囲の音が大きく感じてしまったり、風の音が大きく感じてしまったり、逆に音が聞こえることで、周りの音に音声が邪魔されてしまったり……というのが起こりました。

補聴器は、音響機器ですので、これは、他の音響機器でも起こります。身近なものは、スマートフォンで、スマートフォンで会話する際、相手が騒がしいところにいたり、風が強いところにいると、風の音や周りの音が大きくなり、その音と話している人の声が混ざってしまい、何を言っているのか、よくわからなかったりします。

そのようなことが補聴器でも起こりますので、それらのものを改善できるようにしたのが、補聴器です。そして、より改善させるための機能が、この聞こえを改善した後の問題を改善する機能になります。

具体的には、このような機能があります。機能としては、

  • 騒がしい環境でもなるべく聞きにくくならないよう支援してくれる指向性
  • 不快に聞こえやすい音をなるべく自然にしてくれる快適性を高めてくれる機能

の2つに分かれます。

騒がしい環境でもなるべく聞きにくくならによう支援してくれる指向性

こちらは、

この部分になります。指向性に感しては、かなり簡易的な説明になりますが、前方の音を中心に聞くようにしてくれる機能が指向性です。

周囲が騒がしい場合、全体的に音を聞くのではなく、聞く範囲を狭めることで、邪魔される事を減らし、なるべく騒がしい環境でも聞きにくくならないように支援してくれます。

もしかしたら、人によっては「そうではなく、人の声だけ聞こえるようにすれば良いのでは?」という方もいるかもしれませんが、大抵、騒がしいところは、物音が大きいというよりも、人が多くいすぎて、会話が複数重なって騒々しさを作っていたりしますので、人の声だけ聞こえるようにしても、人の声に邪魔される事になりますので、改善されません。

そこで、聞く音の範囲を狭め、なるべく邪魔されないようにしたのが、この指向性です。人は、前を向いてお話することが基本ですし、話したい人が遠くにいる状態で、話したりすることは、ないだろう。と考えての機能になります。

実際には、上記のことだけしているわけではなく、なるべく音声の部分は、拾うようにした上で、聞こえる音の範囲を狭めたりなど、今現在の指向性の機能は、大きく変わっています。

その性能の良さにより、金額が大きく変化します。ただ、この機能は、耳かけクロス形のビジネスクラス以上しかありません。

形状の中には、聞こえない耳側に耳あなの形を使うものがあります。こちらの場合は、自分の耳の指向性を使うタイプですので、こちらは、機能としてはありません。形状の中には、聞こえない耳側に耳あなの形を使うものがあります。こちらの場合は、自分の耳の指向性を使うタイプですので、こちらは、機能としてはありません。

クロス補聴器の形状には、耳かけ補聴器、耳あなクロスもありますが、こちらは、自分の耳の指向性を使っているため、機械の中には、指向性は、含まれていません。こちらは、自分の耳の指向性を使っている。という状態です。

不快に聞こえやすい音をなるべく自然にしてくれる快適性を高めてくれる機能

2つ目は、こちらになります。

⑴については、騒がしいところや音が多いところに行くと、なんとも言えないようなザワザワしたような音が聞こえてきます。人によっては、空気の音と表現する方もいますが、そのような音を抑制し、なるべく自然な感覚にします。

一応、この機能は、このような音が多くなると、感音性難聴の人は、聞きにくくなる、言葉の判別がしづらくなるということがわかったことから、徐々に強化されていった機能になります。この機能の強さが性能によって、異なります。値段が高いものほど、抑制する機能が強くなり、自然に感じるようになります。弱いものは、少し騒々しく聞こえるようになります。

⑵については、風がマイクに当たると大きな音がするのですが、それを軽減する機能です。こちらがあると、風が強くても、その音に関しては、気になりにくくなります。

こちらは、ビジネスクラス以上から、入るようになります。

⑶については、大きな音がした際に、その音だけを抑制する機能です。突然大きな音がすると、かなりうるさく感じることがあるのですが、その部分だけ、音を小さくすることで、より自然に、うるさく感じる事を少なくしてくれます。

一般的な補聴器では、よく評価されるのですが、クロス補聴器の場合は、あまりそのようなことは、感じないのか、そこまで評価は、高くない状態になります。あってもなくても、そこまで大きく変わる……という方は、今の所、私のところでは、ありませんでした。

⑷については、反響音を軽減する機能になります。音が反響しやすいオフィスの中や場所によっては、音が反響してしまい、音の輪郭が捉えにくくなったりするのですが、このような事を少なくしてくれるのが、この機能です。

なお、性能としては、一番上の性能のもの(ファーストクラスのみ搭載)にしかありません。

聞こえの改善と性能のまとめ

このようにクロス補聴器の性能は、

  1. 聞こえを改善する際に使われる機能
  2. 聞こえを改善した後に起こる問題を改善する機能

の2つによって決まります。聞こえを改善する際に使われる機能は、スタンダードクラスほどで打ち止めになり、それ以上の性能のものは、②の部分の性能向上の部分の方が、強くなります。

簡単にまとめますと、どの性能のものでも聞こえの改善はでき、性能が良いものは、クロス補聴器で聞こえを改善した際に気になりやすい音を抑制して、快適性を高めたり、聞こえを阻害されやすい騒がしいところでの聞き取りをなるべく邪魔されないようにしてくれる機能がついている。となります。

これが、クロス補聴器の性能の違いになります。

実際に補聴器を選ぶ方法と考え方

上記には、性能に関して記載しましたが、それだけですと、どのように考えて、選定をしていけば良いのか。この部分がなかなかわかりづらいかと思います。

そのため、あくまでも考え方の一つではありますが、

  • クロス補聴器の性能別(グレード別)の考え方
  • 実際にクロス補聴器を選ぶ際の選定方法

の2つに関して載せていきます。

クロス補聴器の性能別(グレード別)の考え方

クロス補聴器に関して、グレード別、性能別に関しては、上記の通りです。

この考え方に関してですが、

あくまでも一つの考えにはなりますが、私のところでは、このようにご説明しています。こちらは、実際に試聴した方や購入した方の意見を聞きながら、製作したものです。

基本は、スタンダードのクラスで、こちらは、聞こえを改善させる基本的な機能がフルスペックで搭載されています。それよりも上のランクのものは、聞こえを改善させる。というよりも、聞こえを阻害されやすい部分、周囲の音が入ってきてしまい、それにより、阻害されやすい部分をより支援してくれる機能が向上します。

しかし、聞こえを阻害されやすい部分を支援してくれる機能は、あると良い機能ではありますが、それがあるからといって全ての部分でよくなるわけではありません。

上記では、指向性と快適性の2つの機能に関して記載しましたが、実際のところ、使用していただいた方の意見や購入した方の意見を聞きますと、快適性の部分は、効果を比較的、感じやすいのですが、指向性の部分は、効果を感じる部分と変わりを感じない部分があります。

また、基本的に音声の聞きやすさは、エコノミーの部分もファーストの部分も大きく変わるわけではありません。この部分の表現は、すごく難しいのですが、静かなところであれば、邪魔する音がないため、エコノミーもファーストも大きく変わる事がないのです。

しかし、周囲が騒がしくなったり、少々ざわついているところですと、性能が上のもののの方が、より快適に使用できたり、クロス補聴器を使った時の疲れ、耳の負担が減ったりします。

クロス補聴器の場合、このように形状だけではなく、それぞれの性能別のグレードがあります。クロス補聴器を選ぶ場合は、どのランクのものを買うか。というところも考える必要があります。

それらの事から、スタンダードを基準とし

  • ファースト:今現在できる改善を手に入れたい方
  • ビジネス:騒がしいところに行く事が多く、なるべく良い補聴器が欲しい方
  • スタンダード:コストパフォーマンスに優れたクロス補聴器が良い方
  • エコノミー:なるべく価格を抑えたい方

このように各ランクに関しては、感じています。

実際にクロス補聴器を選ぶ際の選定方法

実際にクロス補聴器を選ぶ際の選定方法ですが、ご自身が良いと思われるクロス補聴器、この場合、形状も性能のグレードも含む、両方のものを使ってみて、どう感じるか。を、体感(試聴)してみるのが、一番判断しやすくなります。

上記に記載したのは、あくまでも傾向であり、私自身が感じてきた事になります。例えば、スタンダードのものとビジネスのものを使って比較してみたところ、あまりよく違いがわからなかった、もしくは、違いを感じなかった。のであれば、スタンダードのものを選べば良いですし、違いは、あり、よかった。のであれば、ご自身が気にいる方を選べば大丈夫です。

実際の選定には、どうしてもお値段の方も入ってしまいますが、試しながら、一個、一個、確認していけると判断がしやすくなります。上記に載せたのは、あくまでも一つの内容になりますので、ご自身がどのように感じるか。その部分で決めていけると良いでしょう。

補聴器屋さんでは、クロス補聴器を貸出、試聴させてくれるところがありますので、試聴や貸出期間中(場所によって変わりますが、大抵、1週間〜1、2ヶ月ほど)に日常生活から職場で使用してみて、どのような変化があるのかを試せると良いかと思います。

情報だけではなく、自分が、実際にどう感じるのか。その点を理解しながら、選定していければ、間違いはありません。

試しながら考えていけると、良い選択というのは、自ずとしやすくなります。

クロス補聴器の性能に関するまとめ

さて、まとめていきます。クロス補聴器に関してですが、基本的にどの性能のものでも聞こえの改善は、できるようになっています。

そして、性能が変わる事によって大きく変わってくるのは、基本的な音声の聞こえではなく、騒がしいところでの会話の支援の能力や聞こえを改善した後に気になりやすい不快な音を抑制してくれる機能の性能です。

高い補聴器ほど、聞こえが良くなるというよりも、快適性を良くし、かつ、騒がしいところで聞きにくくなりやすい状況をなるべくなくすように支援してくれます。

もちろん、支援や快適性を良くはしてくれるのですが、それにより、全てが全て良くなるわけではありません。ただ、支援をしてくれるようになる事で、楽に使用できたり、聞きにくさを少しでも減らすことはできます。

そして、ご自身に合うもの、ご自身が欲しいと思うものを使う事で、今感じている不便なところや聞きにくい事によって感じるストレスも軽減してくるでしょう。

これが、クロス補聴器の性能の違いになります。性能の部分に関して、理解が深まったのであれば、幸いです。

クロス補聴器をより知りたい方へ

こちらは、クロス補聴器についてより詳しく知りたい方へ向けたクロス補聴器に関する内容をまとめたリンク集です。見たいところからご覧ください。

クロス補聴器の対象者から基本や効果について

クロス補聴器の種類や性能を理解する

クロス補聴器での改善事例

クロス補聴器を使用する時に知りたい事

クロス補聴器の音の調節について

クロス補聴器、購入前に気になる事

クロス補聴器を購入した後は?

こちらが、聞きにくさやお悩みの改善にお役に立てば幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧