左右の聴力が違う難聴

片耳がより聞きにくい方の補い方は、バイクロスが良い2つの理由

片耳のみ聞きにくい方や両耳が聞こえにくく、片耳がより聞きにくい方の相談が増え、こちらに関する知見がモリモリと最近上がってきました。ご相談に実際に来られる方を対応すると、様々な事に気が付かされますし、実際に状況を伺う事で、どのように改善するのが最も良いかを考える事に繋がり、大変ありがたい限りです。

さて、片耳がより聞きにくい方の中には、これから装用しようとお考えの方や、実際に片耳のみ補聴器を装用している方をお見受けしますが、このような耳の場合、バイクロス補聴器が補い方として良好になります。

結論から

両耳とも聞こえにくいけれど、片耳がより聞きにくい方に、有効なのは、バイクロス補聴器と呼ばれる補聴器を装用する事です。

バイクロス補聴器が合う聴力。両耳とも聞こえにくく、片耳がより聞こえにくい耳に適合するバイクロス補聴器が合う聴力。両耳とも聞こえにくく、片耳がより聞こえにくい耳に適合する

対象となる聴力は、このような聴力です。

たまにこのような聴力の方が、聞こえの良い片耳のみに補聴器を装用しているケースを見受けられます。しかし、こちらでは、主に聞こえにくい側は、そのまま聞こえにくいままになってしまいますので、そちら側からのお話し、音に気が付きにくく、改善する事がなかなかできません。

バイクロス補聴器であれば、聞こえにくい側の音、お話しもわかるようになりますので、聞こえの改善度が異なります。

バイクロス補聴器とは

バイクロス補聴器と言われても馴染みが無い方が大半だと思います。

バイクロスとは、音を入れるのではなく、聞こえにくくなった耳に来た音を聞こえる耳に転送する機器です。

クロス補聴器は、聞こえない耳に来る音を聞こえる耳に送る補聴器バイクロス補聴器は、聞こえる耳で全ての音を理解する補聴器

聞こえる耳は、補聴器で音を入れて補い、聞こえを補いにくい、補聴器の効果が望めない耳には、音を転送する送信機(クロス補聴器)をのせ、聞こえにくい側に来る音を聞こえる耳に送る補聴器です。

クロス補聴器は、クロスに来た音を通常の補聴器に転送させるバイクロス補聴器は、クロスに来た音を通常の補聴器に転送させます

一般的には、バイクロス仕様、バイクロスシステムと呼ばれています。

バイクロス補聴器が合う聴力。両耳とも聞こえにくく、片耳がより聞こえにくい耳に適合するバイクロス補聴器は、逆にこのような特殊な方にしか合わない

上記の通り、このような聴力に対応します。このような聴力の場合、片耳のみ補うだけでは、

  • 聞こえにくい側の音、呼びかけに気が付かない
  • 騒がしい中では、よくわからない

という事が多いため、これらの部分をより改善できるものが、バイクロス補聴器です。

基本的に聞こえにくい耳からの音の方がわかりにくいため、そちらの改善をする方が、聞こえにくさの改善度、不自由度の軽減は、大きくなります。

片耳のみで補う問題点

片耳のみ補聴器で補うケースがありますが、私が見る限り、ほとんどの方で、片耳で無理に補おうとして、音量を大きくしているケースを見ます。片耳のみで、聞こえにくい側も含めて、カバーしようとなると、通常、設定する音量より、大きめに設定する必要があるため、音が強く感じすぎてしまったり、聴力によっては、音の響きが強くなってしまうケースを見ます。

このようなケースでは、片耳で無理に補うのではなく、バイクロス仕様にすれば、片耳は、通常の音量、そして、聞こえにくい側は、そのまま音を聞こえる耳に転送してくれるようになりますので、無理に片耳の補聴器の音を大きくする必要もありません。

片耳で無理に補うより

  • 音が少なくでき、耳にかかる負担も減る
  • バイクロス仕様の方が聞こえが良くなる

となり、バイクロス補聴器の方が、楽に、そして聞き取りも良くなります。特に聞こえにくい側からの音、お話しは、そのような傾向が出ます。

バイクロスのまとめ

片耳のみで補うより、負担も、聞こえも良くなるのがバイクロスの良いところです。改善度が高くなりますので、上記のような聴力に当てはまる場合は、お勧めします。

もちろん、感音性難聴である事や補聴器でできる事の限界はありますが、片耳で補うより、聞き取りはしやすくなり、精神的に楽になったり、心苦しい思いをする事は少なくなります。

そして、これから補聴器を装用する場合は、こちらの補い方をするのが、最も今感じている不自由度を軽減できますので、お勧めします。

ABOUT ME
深井 順一・補聴器を使っている補聴器販売員
2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている補聴器販売員です。パートナーズ補聴器、代表。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”こちらをどうぞ。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない方
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった方
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

また、聞こえの改善方法に関しては、聴力別、聞こえを補聴器で改善させる方法に、まとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
左右の聴力が違う難聴

左右の聴力が異なる場合における補聴器改善の2つのポイント

2018年2月4日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器で聞こえを補う際、仮に左右とも聞こえが異なる場合、どのように確認やどのようなところに注意すれば良いのでしょうか。 こちらは、仮に …
左右の聴力が違う難聴

【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方

2018年9月16日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
左右の聴力が異なる場合、その耳の状況に応じて、補聴器で改善させる方法は、異なります。 左右の聴力がそこまで大きく離れておらず、補聴器を …
左右の聴力が違う難聴

左右の聴力が違う耳を補聴器で改善する4つのポイント

2019年2月25日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
難聴の方の中には、左右の聴力が異なる方もいます。 生まれつきの感音性難聴で左右の聴力が異なる方もいれば、老人性難聴により、左右差が出て …