補聴器の調整

聞こえている感覚がわかりづらい補聴器の効果を自分なりに知る2つの方法

補聴器を装用しても意外にも補聴器の効果はわかりづらかったりします。聴力低下が大きく、かつ人の声が全然聞こえない、周囲の音もほとんど入らないといった方は、補聴器を装用し、聞こえるようにすると、すぐに効果を実感するのですが、大抵の方は、そんなに聴力が低下する前に聞きにくさを覚え、補聴器の相談を開始します。

しかし、ある程度、聞こえにくい耳でも聞こえていると、補聴器を装用しても、その差がわかりづらかったりします。では、そのような場合、どのようにして効果を確認すれば良いのでしょうか。

今回は、そちらに関して載せていきます。

効果を理解する二つの方法

自分で簡単にできる方法は

  • 補聴器使用後に補聴器なしの生活をする
  • 周りの人に聞く

の二つがあります。どちらも共通する要素は、

  1. 聞こえにくい人は、自分がどれほど聞こえにくい状態なのかを自覚できない
  2. 装用する人は、自分自身が聞こえるか、聞こえないかの判断のみになる

の二点にあります。

①については、聞こえない状態はわかるけれども、聞こえにくい状況は、自分で自覚する事は残念ながら難しい状態です。耳を調べたり、人から言われて、聞こえにくい事がわかるように、感覚に関して、自分自身で自覚する事は、相当に難しい事となります。

②については、聞こえる、聞こえないの判断のみになってしまうとなかなか理解しづらい傾向があります。補聴器は、感音性難聴の方が装用するものになりますので、残念ながら聞き取りが100%になる事はありません。そのためです。

補聴器の効果を簡単にかつ、効果的に見る場合は、この二つが有効です。

補聴器使用後に補聴器なしの生活をする

自分でできる簡単な方法の一つは、こちら、補聴器使用後に補聴器なしの生活をする事です。意外かもしれませんが、こちらの方が、補聴器の効果、補聴器あり、なしの差がわかりやすくなります。こちらを行う場合は、2〜3日、使用し、1〜2日、使用しないなどの日数ごとにわけて確認すると、理解しやすくなります。

その理由としては、±0からプラスはわかりづらいけど、プラスから0はわかりやすいというものがあります。こちらは、私自身もそうなのですが、補聴器は、聞こえにくい今と比較するよりも、聞こえやすくなった後に、元の状態にする方が、違いを感じやすくなります。

これは、聞こえにくい状態がどれほど聞こえていない状態なのかがわからないためです。補聴器を装用すると聞こえる範囲が一気に広がりますので、その広がった状態から、元の状態を比較してもらった方が、状況はわかりやすくなります。

私自身は、これを±0からプラスはわかりづらいけど、プラスから0はわかりやすいという風に表現しています。実際に私自身もそのように感じていますし、事実、補聴器を装用して比較した時は、あまり効果を感じていないという方でも、装用後に元の状態を比較すると、少なからず、聞こえていない事に気が付きやすくなっています。

周りの人に聞く

補聴器業界では当たり前ではあるのですが、補聴器の効果は、自分よりも周囲の人の方がわかりやすくなります。これは、上記にも記載した通り、聞こえにくい人は、どれほど自分が聞こえにくい状態なのかがわからないためです。言い換えれば、自分の中に比較対象を作りにくい状態となります。

周囲の人は、聞こえにくい時の反応を知っていますので、聞こえるようになった時の反応と比較する事で、簡単に効果を比較できます。そのため、周囲の人に「最近、補聴器をつけるようになった」と言ったり、逆に言わなくても「最近、妙に反応が良いね」や「変わったね」というような評価をもらえる事もあります。

周囲の人は、簡単に比較対象を作れますので、周囲の人に装用前と装用後の評価を聞くとすぐに理解できたりします。

わかりにくければご参考に

補聴器の効果は、装用するだけではわかりにくかったりします。そのような場合は、上記の内容に関して、意識してみてはいかがでしょうか。補聴器の効果に関して、より理解できるようになります。

どちらにしても補聴器は自分自身では、効果がわかりづらい傾向があります。音が聞こえてくる感覚こそわかるのですが、それにより、どう聞こえやすくなっているのか、どう良くなっているのかは、意外にもわかりません。これは、私自身もそうです。

もっともこの部分は、どのくらいの難聴レベルなのかにより、変わってくるのですが、もし、わかりづらい傾向があるのでしたら、ご参考にしてみてください。補聴器の効果に関して、理解しやすくなります。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえを改善する補聴器専門店
補聴器を売るお店ではなく、聞こえを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている人です。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

なお、聞こえの改善方法に関しては、8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめに、記載しています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
補聴器の調整

補聴器を新しくする時に起こる感覚の乖離とその改善方法

2016年5月19日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
さて、補聴器を新しく買い換える際、たまにですが、感覚の乖離が激しい方がいます。今まで感覚のみで合わせてきた場合によく起こるのですが、新しい補 …
補聴器の調整

補聴器販売店がしている補聴器の調整の一連の流れ

2016年5月24日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器の調整は、補聴器を使っている人からすると、よくわからないものだと思います。色々とごちゃごちゃやって、何かしている部分はわかるかもしれま …
補聴器の調整

メガネを買うときに知った自動検眼システムと補聴器について考えてみる

2018年1月13日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
先日、メガネを買いに行き、そこで色々と考えさせられたことがあったため、メガネのお店で学んだフィッティングの基本の様な内容を記載しました。実は …