補聴器の調整と改善の考え方

補聴器の調整は、聴力的視点と感覚的視点の二つの視点から行う

補聴器を調整する際ですが、聴力に合わせるやり方と音を感じる感覚に合わせるやり方の二つがあります。基本的に、聴力に合わせるやり方で調整していくのですが、それだけでは、うまく行く事が少ないないため、聴力の観点で調整をした後に、補いすぎてしまった部分を削り、使える状態にしていきます。また、音の感覚を変えたりという事もしていたりします。

補聴器の調整といえば「お客様の耳に合わせます」という抽象的な言葉で表現される事が多いのですが、こちらでは、もう少し深堀りしていきます。

簡単に言いますと補聴器は、音響機器ですので、音響機器上の特徴が出やすく、単に聴力の観点だけで見れば良いというわけではありません。聴力の観点で行った後、音の感覚に合わせ、なるべく使用できる状態にしていきます。

補聴器の調整の視点

結論から記載しますと、上記に記載した通り

  • 聴力の視点で、どのように補うのか
  • 音を感じる感覚の視点で、どう調整するか

という観点で見ます。かなり大雑把になりますが、補聴器は、聴力を良くさせる機器です。それを表現しますと

基本的に補聴器は、聴力を良くさせる機器。装用する事で、画像のように聴力が良くなる。基本的に補聴器は、聴力を良くさせる機器。装用する事で、画像のように聴力が良くなる。

のようになります。聞こえにくくなっている部分をより重点に補うのが、聴力的観点で、聞こえを改善させる初めのプロセスです。しかし、ただ単に、聴力のみ見て、音を大きくしてしまうと、

  • 音が大きすぎてキツい
  • 今までの聞こえと違いすぎて違和感を感じる
  • 響きすぎて使えない

というような事が起こりやすくなります。

特に初めて補聴器を装用するケースでは、今まで、聞こえにくい状態でいたため、一気に聞こえるようにさせると、あまりにも音が大きすぎてしまい、辛くなりがちです。騒がしい環境下や身の回りの物音が気になる傾向がでますので、補聴器を装用した状態を確認し、音を軽減したり、補聴器を最低限、使えるような状態にします。

このようにして日常生活、あるいは、会社内で使える状態にしていくのが補聴器です。

慣れている人、そうでない人

補聴器の調整には、上記の二つがあるのですが、厳密には、

  • 慣れている人には、聴力的観点でガッツり音を入れる
  • 慣れていない方には、二つの視点で、使える範囲内を目指す

傾向があります。音を入れてあげる事により、聞きやすくなるため、慣れている方には、聴力的観点で、ガッツり音を入れても、問題なく使用できる方が大半です。

しかし、補聴器を使い始めた方の場合は、いきなりそこまで入れる事は、難しいため、徐々に音量を上げていく傾向があります。聞こえが低下した耳は、全般的に高い音が聞こえにくくなっているケースが多く、そのまま聴力的観点で補おうとすると、高い音を補いすぎて、単にキンキンするような音質になり、使いづらくなります。

慣れている場合は、しっかり入れても大丈夫ですが、そうでない方は、段階を踏んであげていく傾向があります。もちろん、中には、初めから行ってもよい方もいます。

補聴器を装用すると何が起こるのか

補聴器を装用すると一番びっくりするのは、聞こえる音の範囲です。聞こえにくいレベルにより、変わってしまうのですが、聞こえが低下すると、音が聞こえにくくなるというよりも聞こえる音の範囲が、グッと小さくなります。その状態で補聴器をつけると、一気に聞こえる音の範囲が広がり、かつ音量も大きくしているので、聞こえる音の量(音量ではなく、音の量。音が聞こえる数といった方がわかりやすいかも?)がかなり多くなります。

理想は、聴力のレベルに適した音量を入れる事ですが、初めからそのような事をすると、あらゆる音が入るようになります。もちろん、中には、そのような事をしても大丈夫な方は、いますが、ほとんどの方は、うるさく感じがちです。そのため、ステップを踏みながら、音量を大きくしていきます。

慣れている方は、そのまま聴力的観点で補っても良いのですが、そうでない方は、徐々に大きくしていきます。

赤丸が最終地点、青丸が中間地点、初めは、中間地点を目指し、最終的には、赤丸を目指す。なお、青丸は、最低限、効果を感じる領域には、音を入れる。赤丸が最終地点、青丸が中間地点、初めは、中間地点を目指し、最終的には、赤丸を目指す。なお、青丸は、最低限、効果を感じる領域には、音を入れる。

あくまでも私のやり方になりますが、最終地点を設定し、補聴器装用前の状態と最終地点の間を中間地点とし、初めにその状態になるように設定します。その後、補聴器を使用し続け、補聴器を使用する環境に慣れた頃合いに、音量を大きくし、最終地点を目指します。

このような感じで補聴器は、調整していきます。再度のステップに関しては、補聴器販売店ごとに変わったりしますが、概ねやっている事は、同じになります。

こんな感じで合わせていきます

補聴器は、こんな感じで合わせていきます。補聴器に慣れているのか、それとも初めて装用するのかでも異なりますが、基本的には、

  • 聴力の視点
  • 感覚の視点

この二つを駆使して、耳に合わせていきます。そして、どちらも最終地点を目指して調整していきます。中には、音量を大きくできないケースはありますが、その場合は、そこが最終地点になります。

これが、補聴器の調整です。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。

お店の特徴を見てみる