補聴器の形状や特徴

警告音やお知らせ音をしっかり聞きたい方にお勧めする補聴器

高度難聴〜重度難聴の方で、警告音やお知らせ音、チャイムの音、聞こえないと困る高い音をなるべく聞きたい、しっかり聞きたいというご希望がある場合、私がお勧めするのは、ナイーダVという補聴器です。

この補聴器は、耳かけ形の補聴器で、サウンドリカバーという少し特殊な機能が備わっています。耳かけ形の特性とこの機能により、私の場合は、ナイーダVという補聴器をお勧めしています。

このようなご希望には、ナイーダVがお勧め

高度難聴の方や重度難聴の方より、たまに警告音やお知らせ音、チャイムの音、聞こえないと困る高い音をなるべく聞きたいというような依頼を受けるのですが、その際、お勧めしているのは、上記の通り、ナイーダVになります。

私の場合、フォナックというメーカーのものを扱っているのですが、高度〜重度の方が使用する補聴器の一つが、このナイーダVになります。

ナイーダVは、つい最近出てきた補聴器。ナイーダシリーズの最新機器。防水(防滴)補聴器として有名。ナイーダVは、つい最近出てきた補聴器でナイーダシリーズの最新機器。防水(防滴)補聴器として有名。

ナイーダのカタログは、このようになりまして……。

実際の形状。一般的な耳かけ形となる。もちろん、防水(実際は、防滴程度)機能もある。実際の形状。一般的な耳かけ形となる。もちろん、防水機能もある。が、防滴程度なので、過信しないように。

形状は、このような形になります。典型的な耳かけ形補聴器です。

さて、こちらをお勧めする理由についてですが、

  • 耳かけ形補聴器の特性
  • サウンドリカバーという機能

の二つがあります。

耳かけ形補聴器の特性

補聴器は、どの補聴器もマイクの位置が異なりますので、音が入る範囲、音の拾い方が異なります。耳あな形補聴器は、前方の音をよく拾う傾向があるのに対し、耳かけ形補聴器は、全周囲の音をよく拾います。個人的には、耳かけ形補聴器は、若干後ろの音が拾いやすいようにも感じます。

耳あな形補聴器は、目で見える範囲内をよく拾い、後方は、前方ほど拾う事はありません。耳あな形の場合、基本的に人の耳の機能が活かされるため、耳の遮蔽効果(耳の場合は、後方から来る音を少々下げます)があり、前方の音がより聞きやすくなる傾向があります。

文章だけですと「後方が聞こえにくくなるのだから、前方が聞きやすくなる事と関係ないのでは?」と思う方も多いのですが、実際に装用してみると、明らかに前方の音が拾いやすく(大きく入るように)なります。

それに比べて、耳かけ形の補聴器は、全方向からの音が一律に入るように感じます。ですので、警告音やお知らせ音などの音を聞くという観点から考えると、耳かけ形補聴器の方が優秀です。どの方向からも入るので、後ろからも入りますし、横からも前方からも入ります。

補聴器に限らず音響機器は、マイクの位置で拾う音も変わります。音声ではなく、音が聞こえたいという場合は、耳かけ形補聴器が希望する内容上、ベストになります。

サウンドリカバーという機能

ナイーダに限らず、フォナックの補聴器には、サウンドリカバーなる機能が搭載されています。簡単に言いますと、聞こえてくる音の周波数を少々、低くして、耳に届けてくれるというものです。

基本的に難聴の方は、低い音よりも高い音の方が聞きにくい傾向があり、高い音を入れても、聞こえに貢献しないケースがあります。そのような方のために作られたのが、サウンドリカバーです。

聞きにくい高音の部分でわざわざ音を理解するのではなく、少し周波数を低くして、聞こえやすいところで理解できれば、自分が聞きたい音を理解しやすくなるのでは?という考えのもと作られたもので、仕組みとしては、聞こえてきた音の高い部分に関して、少々低くして(4000Hzの音は、3500Hzとして出力するなど)出力します。

このような事ができると、今まで高い音が聞こえにくかった方でも、高い音を感じる事ができます。聞こえにくいところで聞くという事ではなく、少しでも聞きやすいところで聞くために、周波数をシフトしていると言った方がわかりやすいかもしれません。

実際に感じる音の感覚は、高い音をそのまま感じるのではなく、少々低くして感じるようになります。このようにできると、特に音に関しては、気が付きやすくなりますので、警告音やお知らせ音、高い音に関しては、聞きやすくなります。

なお、文章のみ読みますと、音が変わる事に関して、もしかしたら、不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。私がお客様に試聴した限りではありますが、違和感を感じる方というのは、ほとんどいません。むしろ、元々聞こえにくかったところがわかるようになった、という方の方が多く居ます。

元々聞こえていなかった、補聴器でも補えていなかった部分をより聞きやすい部分にシフトしていますので、音質が変化するというよりも今まで聞こえなかった音が聞こえてくるような感覚があるようです。

まとめ

このような希望がある方は、ナイーダVをお勧めします。警告音やお知らせ音に関して、より理解しやすくなる可能性があります。厳密には、聴力や耳の状態によって変わる傾向はありますが、他の補聴器より、望みは改善しやすくなります。

このようなご希望があれば、試してみてはいかがでしょうか。少しでもお望みのものが手に入れば幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、お店を開いています。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。

お店の特徴を見てみる