補聴器の測定(検査)

補聴器を装用した時の聞こえを数値化するメリット

私の場合、自分の耳を合わせている感覚で、お客さんの耳に補聴器を合わせています。私の場合は、人の感覚は、わからないものだと考えた上で、感覚を数値化し、そのデータを見せつつ、お客さんの補聴器の調整をしています。

このようにしている理由は、自分自身が補聴器を装用しても、音が聞こえるようになっている感覚こそわかるけれども、どのくらい聞こえるようになっているのかわからなかったり、そもそも補聴器を装用した時に、どこまで聞こえるようになれば良いのかがわからないためです。補聴器を装用している身からすると、これらのことは、感覚だけでは判りにくいと思います。現に私の場合、数値にしないとわかりません。

聞こえを数値化することのメリットは、聞こえる感覚が可視化されることに加え、自分自身の状態を目標値と比較することで、感覚を相対的に理解しやすくなることです。

私がしている数値化

基本的に私がしている聞こえの数値化は、音場閾値と呼ばれる補聴器を装用した状態で、聞こえを測定することです。

様々な測定を行う防音室。当店の防音室は、こんな感じです。様々な測定を行う防音室。当店の防音室は、こんな感じです。

このような部屋に入り

防音室の中。様々な機器が置いてあります。防音室の中。様々な機器が置いてあります。

中にあるスピーカーで、音を出して測定するものです。

補聴器を装用した状態を調べる音場閾値測定の結果。補聴器の世界には、このようなものもある。補聴器を装用した状態を調べる音場閾値測定の結果。補聴器の世界には、このようなものもある。

これが実際に測定した場合の数値の書き方で、△が補聴器なしの状態、▲が補聴器ありの状態になります。この音場閾値測定は、実によくできており、△の部分が基本的に聴力検査で測定した数値とほぼ同じになります。つまり、聴力検査した数値から補聴器を装用した状態で、どこまで聞こえを改善できたかを見やすくできます。

補聴器の世界では、数値化する要素は、いくつかあるのですが、こちらが最も状況を理解しやすいため、私の場合、こちらで数値化しています。測定した数値と聞こえさせる目標値を定め、今感じている音量の大きさと、目標値とのギャップを見ることで、現状を理解しやすくなります。

数値化することで、相対的に感覚を理解しやすくなる

ここからが重要なのですが、感覚を数値化すると、今現在の自分の立ち位置がわかりやすくなります。例えば、目標値に対し、どのくらい聞こえているのかがわかれば、数値的に比較をすることができます。そして、今感じている音量を数値化すると、実際に必要とされる音量を入れた場合、どんなことが起こるのか、起こりそうなのかが相対的に想像しやすくなります。

例えば、黒い三角が意味現在聞こえている数値。赤が聞こえを目指す位置だとわかると何がわかるだろうか。例えば、黒い三角が意味現在聞こえている数値。赤が聞こえを目指す位置だとわかると何がわかるだろうか。

例えば、黒い三角が今現在の聞こえで、目標値を赤い三角だったとしましょう。今現在、聞こえている感覚で、大きくしても問題ないのであれば、大きくすれば良いですし、逆に聞いている感覚から、大きいのであれば、大きくするのは、控えた方が良いということもわかります。また、今は調整しなくても、後々音が慣れた頃にでも音量を上げ、より聞きやすくさせるということも考えることもできます。

このように目標と自分が聞こえている感覚を数値化できると、自分なりに考えられるようにできるのが、可視化させることの良いところです。自分なりに感じた感覚と目標値を照らし合わせ、判断できるようになると、どのようにしていこうかと考えて行動できるようになります。

自分の感覚は自分で理解する

補聴器を装用している私が感じるのは、音は、見えないものですので、どのような状態が良いのかがわかりにくい傾向があります。それを可視化することによって、自分の状況がわかりやすくなります。その結果、自分なりに考えて行動もできるようになります。

自分の感覚を理解し、自分なりに改善策を考え、行動できる。それが、数値化の最大のメリットです。中には、補いきっているものもありますが、特に初めて装用する場合は、自分の感覚を理解しつつ、どのように改善していこうかと考えるのは、重要だと思っています。その方が、補聴器に関して理解しつつ、聞こえを改善しやすくなります。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえを改善する補聴器専門店
補聴器を売るお店ではなく、聞こえを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている人です。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

なお、聞こえの改善方法に関しては、8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめに、記載しています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
補聴器の測定(検査)

補聴器を装用すると、語音明瞭度が上がる症例

2016年8月3日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
音を聞く事と、音声を理解できる事は、全く異なる事です。前者を調べるのは、聴力検査であり、音声の理解力は、語音弁別能検査(語音明瞭度検査)を行います。 私の場合、補聴器の効果に …
補聴器の測定(検査)

補聴器使用中のイマイチ理解しにくい音の感覚を知る方法

2016年3月8日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器を装用している私自身が思うのは、補聴器を装用した際、音が聞こえる感覚こそわかるものの、その音の感覚は、果たして良いのか、悪いのかの判断 …
補聴器の測定(検査)

音場閾値測定で目指す補聴器を装用した聞こえの目安

2014年5月23日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
音場閾値測定(おんじょういきちそくてい)とは、補聴器を装用した状態で、音を聞き、どのくらい小さい音が聞こえるようになったのかを調べる測定にな …