補聴器を使う・慣れる

髪の毛が多すぎると補聴器の音は聞きにくくなるというお話し

補聴器を装用している人で、見えにくくしたいがために髪の毛を多くし、見えなくしている人もいるのですが、補聴器を使っており、かつ補聴器を販売している身からするとあまりオススメできるものではありません。その理由は単純で、髪の毛が多ければ、多いほど、音が髪に遮られ聞きにくくなるからです。意外に理解されていないのですが、耳周りの髪の量が多いと、補聴器の聞きにくさにつながります。

髪が多いと聞きにくくなりやすい

補聴器は、音響機器ですので、遮るものや聞き取りを邪魔するものには、弱くなります。これは、耳にかけるタイプの耳かけ形補聴器、耳の中に入れる耳あな形補聴器、両方とも共通し、特に女性に多くなる傾向があります。

髪が長いのは、いいのですが、髪の量が多いと、多いほど、まるでカーテンのように音を遮り、補聴器が拾える音が小さくなります。その結果、聞きにくく感じやすくなります。

遮るものは少なく、が補聴器は鉄則

耳かけ形補聴器の場合は、髪から補聴器を出し、耳あな形補聴器の場合は、耳を覆わないようにすると一番ベストです。このようにできると邪魔されませんので、できる限り、聞き取りをよくすることができます。

ということで、邪魔するものは、できるならなるべく排除しましょう。そして、仮に補聴器が見られたくないということであれば、それを我慢して使用していただくか、聞き取りを重視するかの2択になります。自分にとって良い方を選んでみてください。

なお、これは、髪に限らず、全てのことに共通します。例えば、イヤーマフをつけたり、耳を覆う何かをつけると、聞きにくさを感じやすくなります。遮るものは少なく、が補聴器は鉄則です。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”こちらをどうぞ。また、連絡先は、”お問い合わせページにあります。
【お悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル行なっています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて、補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない方
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった方
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい方

などいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。聞こえの改善相談や補聴器の無料トライアルも行なっており、日常生活から、職場で実際にご体験いただけます。

当店の特徴については、以下の通りです。お店の特徴以外に、実際にお客様をどのように改善したかの事例もまとめています。

なお、聞こえの改善に関しては、聴力別、聞こえを補聴器で改善させる方法まとめに、まとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
補聴器を使う・慣れる

補聴器の役割は、耳の役割の代用をする事

2015年8月20日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器の役割とは、どのようなものがあるのでしょうか。私自身、補聴器がしてくれている事を考えてみますと、タイトル通り、補聴器の役割は、耳の役割を代用してくれる事にあると思っています。 …