補聴器を使う時に知っておきたい事

髪の毛が多すぎると補聴器の音は聞きにくくなるというお話し

補聴器を装用している人で、見えにくくしたいがために髪の毛を多くし、見えなくしている人もいるのですが、補聴器を使っており、かつ補聴器を販売している身からするとあまりオススメできるものではありません。その理由は単純で、髪の毛が多ければ、多いほど、音が髪に遮られ聞きにくくなるからです。意外に理解されていないのですが、耳周りの髪の量が多いと、補聴器の聞きにくさにつながります。

髪が多いと聞きにくくなりやすい

補聴器は、音響機器ですので、遮るものや聞き取りを邪魔するものには、弱くなります。これは、耳にかけるタイプの耳かけ形補聴器、耳の中に入れる耳あな形補聴器、両方とも共通し、特に女性に多くなる傾向があります。

髪が長いのは、いいのですが、髪の量が多いと、多いほど、まるでカーテンのように音を遮り、補聴器が拾える音が小さくなります。その結果、聞きにくく感じやすくなります。

遮るものは少なく、が補聴器は鉄則

耳かけ形補聴器の場合は、髪から補聴器を出し、耳あな形補聴器の場合は、耳を覆わないようにすると一番ベストです。このようにできると邪魔されませんので、できる限り、聞き取りをよくすることができます。

ということで、邪魔するものは、できるならなるべく排除しましょう。そして、仮に補聴器が見られたくないということであれば、それを我慢して使用していただくか、聞き取りを重視するかの2択になります。自分にとって良い方を選んでみてください。

なお、これは、髪に限らず、全てのことに共通します。例えば、イヤーマフをつけたり、耳を覆う何かをつけると、聞きにくさを感じやすくなります。遮るものは少なく、が補聴器は鉄則です。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧