形状別(組み合わせ別)、特徴

バイクロス補聴器の形状と形状別特徴による選ぶポイント

バイクロス補聴器を選ぶ際、形状と性能の部分を選ぶ必要があります。こちらでまとめていくのは、形状です。

バイクロス補聴器における形状は、基本的に、補聴器そのものの扱いやすさ、使いやすさに関して、影響します。形状により、聞こえの改善度が少し異なる部分はありますが、大きく分かれるのは、使いやすさ、扱いやすさの部分です。

この補聴器の形状には、耳にかけるタイプと耳の中に入れるタイプの2つがあります。それぞれ、どこに装用するか。で、利点、欠点が異なります。

このページでは、どのような特徴があるのか。どちらが自分に適するか。というのを理解しつつ、選べるように記載していきます。

バイクロス補聴器に関して知りたい方は、参考にしてみてください。

バイクロス補聴器の形状

冒頭の通り、バイクロス補聴器には、

  • 両耳とも耳にかけるタイプ
  • 両耳とも耳の中に入れるタイプ

の2つがあります。

両耳とも耳にかけるタイプ

バイクロス補聴器の基本となる形。スタンダードなオーソドックスタイプが、耳かけ形です。バイクロス補聴器の基本となる形。スタンダードなオーソドックスタイプが、耳かけ形です。

両耳とも耳にかけるタイプ(通称、耳かけ形)は、このような形になります。オーソドックスなタイプで、この補聴器の基本となる形状です。

 

補聴器側、まだ、聞こえを補える耳側は、このような機器を装用し、

 

補聴器では、補えない耳側は、このような機器を装用します。

クロス側(聞こえない耳側につける機器)の白い線のようなものは、固定するためだけにつけているもので、このような耳せんを使い、耳の装用感覚(耳を塞ぐとこもった感覚、閉塞感)をよくして、使います。

さらに聞こえない耳側につける耳せんは、このような穴が空いたものを使う。それにより、耳を塞ぐとおこる、閉塞感や耳が詰まった感覚を軽減することができる。さらに聞こえない耳側につける耳せんは、このような穴が空いたものを使う。それにより、耳を塞ぐとおこる、閉塞感や耳が詰まった感覚を軽減することができる。

こちらにつける耳せんは、このように穴が空いているタイプを使います。耳を塞ぐと、どうしても閉塞感や耳の中が詰まった感覚、こもった感覚を感じてしまうため、その影響をなるべく受けないように、穴が空いた耳せんを使い、その感覚を和らげていきます。

スイッチ等もあり、ここで、音量を操作したり、音を切り替えたり、というのもできるようになっています。

耳につけている感覚は、このような状態です。●の部分に補聴器があります。耳につけている感覚は、このような状態です。の部分に補聴器があります。

耳にかけて使用しますので、装用した状態は、このような状態になります。最近は、形状が小さくなってきましたので、あまり耳にかかっている感覚は、そこまで目立たなくはなってきました。

これが、耳かけ形になります。

両耳とも耳の中に入れて使うタイプ

こちらは、両耳とも耳の中に入れて使用するタイプです。耳の形を採取して作る、その人、専用の補聴器になります。

補聴器側は、このようになり

クロス側(補聴器で補えない側)は、このようになります。

耳あな形も聞こえない耳側につけるものは、密閉すると閉塞感が出るため、なるべくそのようなものは、出ないように加工しつつ、製作する。耳あな形も聞こえない耳側につけるものは、密閉すると閉塞感が出るため、なるべくそのようなものは、出ないように加工しつつ、製作する。

さらに耳の中にものが入ると感じやすい閉塞感、こもる感覚を軽減するため、このような穴を空けて作ります。

補聴器には、自分で音を調整するためのパーツがある。耳あな形にもあり、これらの部品をつけることができます。補聴器には、自分で音を調整するためのパーツがある。耳あな形にもあり、これらの部品をつけることができます。

耳にかけるタイプと同様、音量を操作するボタンや音を切り替えるボタンなどもつけられ、自分で操作することもできます。

耳の中に入れて使う補聴器ですので、耳の中がこのように埋まるようになります。耳の中を覗こうとすると見えますが、正面からは、そこまで目立つ状態ではありません。

バイクロス補聴器のそれぞれの特徴

耳かけ、耳あなの違いは、基本的にどこに補聴器を装用するか。という部分で、特徴が異なります。形状については、冒頭の通り、補聴器の使いやすさ、扱いやすさに関与します。

形状別の主な特徴は、こちらの通りです。早速、もう少し細かく記載していきます。

両耳とも耳かけ形の特徴

厳密には、耳かけ形のタイプは、小型のタイプと標準タイプがあります。違うのは、大きさと電池の持ちで、それ以外の性能やできることなどは、ほぼ同じです。また、耳かけ形で得られる利点も欠点も同じです。厳密には、耳かけ形のタイプは、小型のタイプと標準タイプがあります。違うのは、大きさと電池の持ちで、それ以外の性能やできることなどは、ほぼ同じです。また、耳かけ形で得られる利点も欠点も同じです。

両耳とも耳かけ形の特徴は、このようになります。

耳かけの場合は、全体的に音を拾うせいか、広く音を拾いやすい。そのため、聞こえない側から話されたり、その会話、そして、会議の席などでは、よくなりやすい。ただ、逆に音が多い環境だと、音が入りすぎて、周りの音に邪魔されてしまうことも。耳かけの場合は、全体的に音を拾うせいか、広く音を拾いやすい。そのため、聞こえない側から話されたり、その会話、そして、会議の席などでは、よくなりやすい。ただ、逆に音が多い環境だと、音が入りすぎて、周りの音に邪魔されてしまうことも。

気になる聞こえの改善のイメージですが、このようになります。耳かけ形は、耳の上に補聴器を載せるせいか、広い範囲で音を拾える傾向があり、聞こえない側から話された時の聞こえや複数の方との会話の時に聞こえない側から話された時などが特にわかりやすくなります。

しかし、騒がしい中でのお話は、逆に音を拾いすぎるせいか、周囲の音などに邪魔されて、少しわかりづらくなる傾向が出ます。

形状の特徴としては、良くも悪くもなんでもできるのが、この機器の特徴です。そのため、オーソドックスなタイプと言えます。

使っている人の視点からすると補聴器を使った時の快適性はすごく重要な要素。耳かけ形は、耳あな形より、耳が塞がった感覚を感じにくいため、、まだ、耳あなより、不快な感覚を感じにくい。使っている人の視点からすると補聴器を使った時の快適性はすごく重要な要素。耳かけ形は、耳あな形より、耳が塞がった感覚を感じにくいため、、まだ、耳あなより、不快な感覚を感じにくい。

さらに、耳あな形は、耳の中を塞ぐのですが、こちらは、耳あなほど、耳を密閉することはありませんので、こもった感覚、耳の閉塞感(イヤホンを耳につけた時に感じる塞がった感覚、自分の声が大きく聞こえる感覚)が少なく、耳あな形より快適に使う事ができます

特に補聴器を初めて使用する場合は、この部分が気になりやすい傾向がありますので、少しでも楽に使えると、補聴器の活用もしやすくなります

耳にかける場合、どうしても同じいちにくるものがあると、邪魔になりやすい。ただ、この点は、実際に気になるか、ならないかは、人次第になることが多い。耳にかける場合、どうしても同じいちにくるものがあると、邪魔になりやすい。ただ、この点は、実際に気になるか、ならないかは、人次第になることが多い。

唯一の欠点は、載せる位置による物のブッキングです。耳にかけて使用しますので、人によっては、メガネの邪魔になったり、帽子、ヘルメット、マスクなどを常時つける方(例えば、医療関係のお仕事で常にマスクをつける方、歯科衛生士の方など)は、少し邪魔に感じる可能性があります。

この点は、補聴器そのものも小さくなっていますので、そのように感じる方も入れば、全く問題なく使える方もいます。

それらの特徴から

  • オフィスで働いており、主に聞こえない側から話された時のお話、会議などで聞きにくさを感じている方
  • 初めて補聴器を考える方
  • 扱いやすい、使いやすい補聴器をお考えの方

におすすめです。

オーソドックスなタイプですので、なんでも一通りできるというのが特徴です。そして、扱いやすさ、使いやすさにも優れているのが、耳かけ形補聴器です。

耳かけ形は、オーソドックスな形とあり、ほとんどの人に合うように作られている補聴器です。一つ、注意点をお伝えするのでしたら、メガネ、マスク、ヘルメットなどかぶるもの、耳の裏にブッキングするものを常に使うケースです。その場合は、実際にこの補聴器を試聴なり、貸出してもらったりで、使ってみて、ご自身の環境でも使えるかどうかを試してみましょう。仮に難しい、強く邪魔に感じる場合は、耳あな形の方が、使いやすくなります。

両耳とも耳あな形の特徴

耳あな形の中にも標準タイプ以外にもう少し大きいタイプもある。基本的に聴力低下が大きい方が使用するものとなる。その場合においても、耳あなの特徴は、変わらない。耳あな形の中にも標準タイプ以外にもう少し大きいタイプもある。基本的に聴力低下が大きい方が使用するものとなる。その場合においても、耳あなの特徴は、変わらない。

両耳とも耳あな形のバイクロスは、このような特徴があります。

耳あな形の特徴は、前方を中心に聞けること。そのせいか、耳かけ形より、少し音を拾う範囲が狭い(どちらかというと、耳かけの方がやたらと広い)。そのおかげで、騒がしいところは、周囲の音に邪魔されにくくなり、まだ、こちらの方が良い。という方が多い。耳あな形の特徴は、前方を中心に聞けること。そのせいか、耳かけ形より、少し音を拾う範囲が狭い(どちらかというと、耳かけの方がやたらと広い)。そのおかげで、騒がしいところは、周囲の音に邪魔されにくくなり、まだ、こちらの方が良い。という方が多い。

聞こえの改善イメージは、このようになります。人の耳は、前方を中心に聞き、後ろからくる音などは、少し弱く入るようにしているのですが、そのせいか、耳あな形補聴器は、その特徴のように前方を中心に聞く補聴器です。

そのおかげか、耳かけより、騒がしい中でのお話がわかりやすくなることが多いです。この点は、わかりやすくなるというよりも、耳かけ形より、拾う範囲が少し狭いことで、邪魔されにくくなり、結果的に、まだ、こちらの方がわかりやすい。という状況になります。

耳かけ形は、耳の上に載せるため、どうしても同じいちにくるものは、邪魔になることがある。しかし、耳あな形は、耳の中に入るため、邪魔になることは、ほとんどない。耳かけ形は、耳の上に載せるため、どうしても同じいちにくるものは、邪魔になることがある。しかし、耳あな形は、耳の中に入るため、邪魔になることは、ほとんどない。

もう一つの特徴は、耳の中に装用するため、物の邪魔にならないことです。

耳につけている感覚は、このような状態です。●の部分に補聴器があります。

耳かけ形は、耳の上、裏にかけて使用するため、耳にかける物が他にあったり、ヘルメット、帽子などかぶるものがあると、邪魔になってしまうのですが

耳の中に補聴器をつけられると、そのような邪魔には、なりません。そこが、耳かけ形と大きく違うところです。

また、耳あな形は、耳の形を採取して製作するため、耳にしっかりと固定できます。よく体を動かす方や特にスポーツをやっている方には、外れにくくなったり、安定して補聴器をつかえる。という特徴もあります。

しかし、欠点もあります。それは、耳が塞がった感覚、こもった感覚が強くなることです

耳を塞いだりすると、自分の声が低く響いた感覚になったり、閉塞感を感じたりするのですが、耳あな形は、良くも悪くも耳の形を採取して、その方の耳に合わせたものになりますので、その感覚が一番増幅されます。

これは、補聴器が原因というよりも何か耳にものを詰めると感じる感覚で、耳の中に入れる以上、どうしても感じてしまう物になります。ですので、もちろん、耳かけ形補聴器でも感じるのですが、耳あな形は、特にその部分を感じやすくなります。

これらの特徴から

  • 耳にしっかり装用できるものが良い(スポーツ、体をよく動かす方)
  • 電話をよくするので、それがしやすい補聴器が良い
  • マスクやメガネ、ヘルメットなど、よく使うため、邪魔にならないものが良い

という方によく使われます。

もちろん中には、補聴器の聞こえの効果で使われる方もいるのですが、それよりも、どちらかというと、上記の3つにより、使う方が多いです。

耳あな形は、メリットも大きいければ、デメリットも大きい補聴器です。デメリット部分である耳の閉塞感に関しては、できるなら、こちらのものを希望される場合、実際に耳あな形が使える範囲内なのか(閉塞感、こもった感覚が使える範囲内なのか)を確認したのち、購入できると良いです。その部分を軽減するやり方もあるのですが、それをしても、中には、大きく感じてしまい、厳しい方もいます。特に聴力が軽いと軽いほど、感じやすくなりますので、そのような方は、要注意です

バイクロス補聴器の形状は、試聴しながら決めていこう

さて、バイクロス補聴器の形状の特徴に関して記載してみました。それぞれ、耳にかけることによる利点と欠点、耳の中に入れることによる利点と欠点があります。

形状は、使い勝手、扱いやすさに影響し、そこまで大きく聞こえに関して、影響することはありません。ですので、ご自身が使いやすいものを選べるとベストです。

もし、形状を決める場合は、実際に試しながら決めていけるといいです。上記には、いくつか特徴を記載してみましたが、実際に使ってみなければわからないことも多くあります。

例えば、耳にかけるものは、耳の上にかけるものがあると邪魔になりやすい。と記載しましたが、実際には、邪魔になりやすい方もいれば、全然、気にならない方もいます。

メガネのサイズもありますし、どんなマスクを使うのか。どのくらい使うのかなどは、どうしても人によって変化するため、ここまで、一概に言えることはできません。

ですので、試してみて「あっ、思ったより全然邪魔にならないな」であれば、候補に入れていいですし「う〜ん、結構、邪魔になるな。使いづらい、補聴器が落ちそうでちょっと心配だな……」と感じるのでしたら、他のものを使うと良いでしょう。

重要なのは、ここにある特徴を踏まえながら、実際に使ってみて、ご自身がどう感じるかです。情報だけを鵜呑みにして選ぶことは、あまり良いことではありません。使った感覚を通じて、補聴器の形状別、特徴を理解していけると、ご自身にとって良いものを選ぶことができます。

補聴器の試聴は、補聴器屋さんや病院さんでは、基本的によく行なっていることですので、そんなに気にする必要はありません。気軽に試聴を申し出てみましょう。

補聴器を合わせる側も「実際にこの補聴器は、この方にとって合うのか」は、気になる要素ですので、気軽に借りて、試してみましょう。試せば、良いか悪いかも補聴器屋さん側もわかるので、どのような補聴器だと良いのかの選定基準になり、より良いものを提供しやすくなります。

ということで、こちらの内容が参考になれば幸いです。

よりバイクロス補聴器について知りたい方へ

こちらでは、バイクロス補聴器について、より知りたい方へ向けて、バイクロス補聴器に関する内容をまとめていきます。知りたいところからご覧ください。

左右の聴力が異なる場合の聞こえの改善思考

バイクロス補聴器の基本について

バイクロス補聴器の性能や種類を知る

バイクロス補聴器の調整について

左右の聴力が異なるケースの改善事例

他、知っておくと良いこと

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、お店を開いています。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。

お店の特徴を見てみる