補聴器の調整や効果を出す方法

ものが先ではなく、耳が先。というお話

私のブログには、聞こえの改善思考で記載しているせいか、結構、お問い合わせをいただくのですが、皆、なんと言いますか、もの、もしくは、型に当てはめて考える人が多いな……と感じます。

耳の改善の場合、もの(補聴器や治療技術)が先なのではなく、耳が先です。耳の状況がどのようになっているのか。それによって対処方法や改善させる方法が異なるためですね。

0から考える

耳の場合、一応、難聴別に、耳の状況の傾向もあります。例えば、突発性難聴になると、音声の理解力がなぜか低下しやすかったり、高度の難聴になることが多いなどです。

しかし、重要なのは、すべての人がそのようになるわけではないということです。あくまでも傾向ですので「これの改善は、これ」というようなステレオタイプのように考えると、うまく改善できないケースがあります。

考えなければならないのは、自分、もしくは、改善したい人の状況を改善させることであり、難聴視点での改善ではありません。つまり、その人の状況を把握することが重要になります。

0ベースで、その人の状況を見て、耳の現状を改善させる。それが、聞こえの改善の基本です。

耳を調べるものがあるのは、0ベースで考えるため

耳の状況を理解するのに有名なのは、

  • 聴力検査
  • 語音明瞭度測定

の2つになります。

これらの検査も耳の状況を理解するためにあるものであり「この方の状況は、どのようになっているのかな?」と知るためのものになります。もし、傾向だけで全てが済むのであれば、測定する必要や調べる必要はないですよね。そういうことです。

0ベースで考えるため、その人の状況を理解するために測定があります。

ものが先ではなく、耳が先

この症状には、これがいい。というようなものは分かりやすく、頭も使わなくて済みますので、魅力的なのですが、しっかりとした改善を行う場合は、耳が先です。つまり、ものが先ではなく、耳の状況、人が先ということですね。

重要なのは、その人の状況を理解することであり、そこから改善が始まります。

と、立て続けにお問い合わせいただいたこともあり、思わず記載。う〜ん……ものを先に考えたり、型を意識しても改善に向かわないんですよね。耳の状態を理解し、それに合わせた改善方法を行うことで、改善しやすくなりますので。

ABOUT ME
深井 順一 / 難聴の補聴器調整者
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧

関連する記事
補聴器の調整や効果を出す方法

補聴器の評価に必要な音場閾値測定に関する基礎知識

2015年9月12日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
補聴器を装用する際、大切なのは、なんでしょうか。私は、装用した補聴器の評価方法だと考えています。補聴器を選択する際、ご自身の経験、ご自身が良 …
補聴器の調整や効果を出す方法

メガネのお店で学んだフィッティングの基本

2018年1月12日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
え〜私ごとですが、最近、メガネが壊れまして、そのため、近くの眼鏡市場でメガネを買いに行きました。何気なく買いに行ったのですが、個人的には、結構、大きな学びがありました。 メガ …
補聴器の調整や効果を出す方法

補聴器の評価には、聞こえてくる音の感覚も含まれる

2016年6月5日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
お店を構え、補聴器の販売をしてきてしばらくが経った。来店されるお客さん(本当に感謝だ)を対応すると様々な事に気が付かされる。補聴器を求める方 …