補聴器による聴力低下

補聴器をつけると聴力は下がる?の質問に答えてみた

補聴器を装用すると、中には、より聞きにくくなってしまうのではないか。そのようなご心配をされる方が、たまにいます。

その問いに関する返答は、「なるべく耳への負担は、抑え、聞きにくくならないようにしている」となります。

補聴器は、聞こえを改善させる道具ではあるのですが、それと同時に大きすぎる音は、大きく入らないように工夫する事で、聞こえを改善しつつ、耳を守る役割もしています。

そのおかげで、補聴器が原因で聞きにくさが進むことは、少なくなってきました。

出力に制限をかけ、負担を減らす

補聴器でしている事は、聞こえを改善しつつ、耳を守る事です。

補聴器には、必ず、聞こえを改善させる部分と、音を抑える部分があります。まさに、赤い部分が聞こえを改善させる部分で、黒い線が、音を抑える部分です。音を抑える部分もあることで、必要以上に大きな音は、入らない様にしています。補聴器には、必ず、聞こえを改善させる部分と、音を抑える部分があります。まさに、赤い部分が聞こえを改善させる部分で、黒い線が、音を抑える部分です。音を抑える部分もあることで、必要以上に大きな音は、入らない様にしています。

こちらは、補聴器の調整画面になるのですが、黒い線と赤色の線があります。

この赤色の線は、補聴器の音の大きさを示し、どのくらい音を大きくしているのか。を表しています※3本の線は、それぞれの音の大きさレベルに変えられるように3本線になっています。

黒い線は、音の出力制限で、これ以上、大きな音は出さない。というラインです。

どの補聴器にも、このような音の制限装置がつけられており、音を抑える機能も補聴器にはあります。

日々の日常では、どうしても大きい音や咄嗟に大きな音がする事があります。

そのため、聞こえの改善はするのですが、必要以上に大きくすることは、避けるような設計になっています。

補聴器で大切なのは、これ以上、下がらないようにする事

補聴器で大切なのは、これ以上、聴力が下がらないようにする事です。

聞こえを改善させることは、大切なのですが、それ以上にこれ以上、悪くしてしまっては仕方がありません。

この理由には、大きな要素として、聴力が下がると下がるほど、補聴器の効果が薄くなる事、そして、聴力は、下がらないに越したことはない事。の二つがあります。

意外に知られていないのですが、補聴器での改善には、限度があり、聴力によっても、改善度合いが変化します。

比較的、軽い聴力ほど、改善度が高くなり、聴力が重くなると重くなるほど、補聴器を装用しても、聞きにくさが強く残りがちです。

そのため、耳を必要以上に痛めたり、聴力低下することは、避ける方が、良い生活を送る事につながります。

このようにして、耳を守っています

補聴器に関しては、聞こえを補うと共に、大きな音の制限をかける事で、必要以上に大きくならないように制限をかけています。

このようにして、耳を守り、ゼロではないにせよ、なるべく聞きにくくなるリスクは、抑えるようにしています。

ただ、限りなく抑えてはいるのですが、中には、聴力が進んでしまう方はいます。

進行性の難聴だったり、別の病気で下がったり、また、同じ病気にかかって下がったり、理由は、様々です。

昔は、補聴器の音も大きめに出していた方は、難聴が進む傾向があったのですが、今現在は、大きく減ってきました。

このようにして、聞こえを改善しつつ、耳を守っているのが補聴器です。

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえにくさにお悩みの方へ

聞こえにくい事でお困りだったり、使用されている補聴器が聞きにくいなど、お困り事がございましましたら、お気軽にご相談ください。

お困りごとを改善させるお手伝いをさせていただきます。

当店では、上記のような補聴器の無料お試しセットをご用意し、実際に日常生活や職場でご体験いただいた後に、補聴器について、改めて、お考えいただけるようにも、しています。

予約制にして、ご相談を承っておりますので、ご希望の方がいらっしゃいましたらお問い合わせフォームへ、ご連絡ください

なお、お店のサービスやお客様の実際の改善例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例