クロブタとお勉強シリーズ

補聴器で目指せる聞こえの改善と補聴器の実際のところ

補聴器で改善できるところは、どこまでなのでしょうか。そして、その改善と補聴器の実際のところについては、どうなのでしょうか。その点に関して会話形式にしてまとめてみました。補聴器に関して理解したい方は、参考にしてみてください。

では、レッラゴー!

深井
さて、補聴器に関して聞きたいんだったね。どんなことを聞きたいの?

クロブタ
ん~補聴器に関して全般!

深井
全般・・・。そうか、だったら、大まかな内容に関して理解していこうか。

クロブタ
はい

補聴器でどこまで改善できる?

深井
まず補聴器は、「聞こえを補う機器である」ということだね。これは、どういう意味かわかるかい?

クロブタ
まぁ音を大きくして聞こえを補う・・・ってことですよね。

深井
そうだね。聴力検査をしてみると、どのように聞こえているのかがわかるよね。その数値で聞こえにくくなっている部分に関して、補助するようなイメージかな。音というのは、高い音もあれば低い音もあるよね。耳の状態は、様々なので、その低下した部分を補う。そのようにしているのが補聴器だよ。

クロブタ
そうですね。それは、よく聞きます。

深井
では、補聴器を使用してどこまで補えるか。それはわかるかい?

クロブタ
どこまで?

深井
そう。どこまで。

例えば、目であれば、主に使われるのは、視力だよね(※視力以外もありますが、ここは簡単にするため、視力のみをベースにします)。視力の場合、1.0や1.5、2.0などあり、基本的には、1.0くらいあれば、日常生活上は、問題ないことが多いから、このあたりまでは改善できるようにするのだけど、補聴器の場合は、どうだろう?

クロブタ
・・・

深井
耳の場合、聴力で難聴だとか、正常だとか決めているから、こちらをベースに考えていこうか。言葉だけではわかりにくいのでオージオグラム(聴力図)で考えていくよ。聴力図の見方はわかるかい?

クロブタ
お、おおよそは・・・

深井
では、これも復習していこうか。

オージオグラムの見方と聞こえにくさのレベル

深井
さて、こちらがオージオグラムというやつだね。

まぁ簡単に言えば聴力図だね。自分の耳がどのくらい聞こえているのかを理解する図だよ。主に聴力を調べた際に使われるものになる。

深井
おそらくほとんどの人が耳鼻咽喉科さんで、

このようなヘッドフォンをつけ

聞こえたらボタンを押してください。などと行なったと思うけれど、その際に得られた数値を書き込むのがこのオージオグラムなんだ。

クロブタ
はい

深井
主な見方は、

こちらの通り、○が右、×が左、今回は、必要最低限の内容を伝えていくので、骨導と呼ばれるのは、排除していくね。

聴力レベルが、聞こえにくさのレベルで、数値が大きくなるとなるほど、聞こえにくくなり、横の軸は、周波数で、低い音から高い音がある。耳の場合は、それぞれの音の高さがどのように聞こえているのか。それを調べられるようになっている。

クロブタ
はい

深井
で、基本的な数値については、以下の通り

普通に聞こえている人は、0~10dBでほとんど聞こえている状態で、

  • 正常:0~24dB
  • 軽度:25~49dB
  • 中等度:50~69dB
  • 高度:70~89dB
  • 重度:90dB~

とそれぞれ分かれている。

そして、聞こえにくさに関しては、主に4分法というもので、区別されることが多いね。聴力の部類に関しては上にも書いてあるけど

こちらの通り。4分法で計算し、その数値がその人の難聴のレベルになるんだ。

クロブタ
あ〜それ聞いたことあります。でも、なんで4分法で難聴の部類を分けているんですか?確かこれ以外にも分ける方法があるんですよね?

深井
いい質問だね。厳密には、4分法で難聴の部類を分けている理由はわからないんだけど、4分法は、音声に関係ある500Hz、1000Hz、2000Hzを中心に計算している。言い換えれば、その人の音声の聞きにくさのレベルを軽度~重度と分けていると言えるね。みんな音声が聞きにくいと言ってくる人が大半だから、わかりやすいようにそのようにしているんじゃない?。

クロブタ
なるほど。

深井
軽度は、対面や1対1では問題ないことが多いけど、離れたり、距離があると聞こえなかったりするレベル、あとは、騒がしくなると急に聞きにくくなりやすい。

中等度は、対面でもわからないことが結構、増えてくるレベルで離れると大抵わからなくなる。

高度は、対面でもほとんどわからなくなり、離れたら全然わからない。

重度は、全然、聞こえない。というレベルと覚えておけば、いいかな。かなり簡単に説明しているけど。

クロブタ
ふむふむ・・・

深井
このように聴力図の見方がわかれば、色々と理解することができるようになるね。右耳がどれだけ聞こえにくいのか、左耳がどれだけ聞こえにくいのかがわかれば、客観的に理解することができるね。

聞こえを改善できるレベルは?

深井
さて、初めの質問に戻ろうか。聴力で正常だと判断したり、難聴の程度を決めているのであれば、補聴器でどこまで改善できるかを数値化することもできるはずだよね。補聴器を装用して改善する数値はどこだと思う?

クロブタ
う~ん、さすがに0~10dBは、無理だと思うけど、20dBくらいはいけるんじゃないですかね。

深井
なるほど、正常の範囲ギリギリは入るんじゃないか・・・。ってことだね。

クロブタ
はい

深井
聴力によって異なるけど、最も聞こえを補えるものでも、大体30~35dBくらいが限度だね。基本的には。あくまでも中等度難聴くらいを想定しておはなしすると・・・

だいたいこのくらいだね。▲で表示されているのが、補聴器を装用した状態の主な改善の目標値。人によっては、500〜1500Hzを30dBくらいまで改善させられるケースもあるけど。

クロブタ
えッ!?

深井
知らない人も多いけど、補聴器では正常のラインまでは、改善できないんだよ。よくて軽度難聴程度で、上記の絵も補聴器の聞こえの▲は、全部、軽度難聴に部類しているでしょ?

クロブタ
確かに・・・。ちなみに正常のラインまで改善させる方法はあるのですか?

深井
もし、耳を治療することができる、もしくは、手術することで耳を治せるのであれば、そこまでいくこともあるかもしれないけど、そこは、ちょっとわからないね。まぁ逆に言えば、耳の治療ができるのであれば、治療した方がいいというのは、こういった理由からだね。実際には、改善値にもよるけど。

クロブタ
そうですか・・・

深井
そう、補聴器を装用しても耳が治らないというのは、これ以外にも理由はあるけど、その理由の一つは、これだね。この部分は、主に聞こえる距離が関係する。距離や音量が関係するから、音声の理解のしやすさに関してもある程度、影響を受けるかな。例えば、近いといいけど、離れるとだめ。または、声が小さい方は、難しいなどだね。

その他、聞こえに影響するもの

クロブタ
これ以外の理由には、どんなものがあるのですか?

深井
これ以外は、

  • 語音明瞭度(音声の理解度)
  • 音の処理の難しさ

の2つかな。音の処理の難しさは、ちょっと省略するけど、語音明瞭度(ごおんめいりょうど)とは、音声の理解度を示すもので、語音弁別能とも言われるね。

人は、耳で音を聞いてはいるけど、最終的にその音を理解するのは、脳の方なので、どのように音を捉えているのか、それを理解するもの。と思ってもらえれば良いかな。耳の場合は、この部分も調べられるようになっているよ。

クロブタ
へ~、そんなものも調べられるのですね。

深井
そうだね。ここからが重要だけど、補聴器は、簡単に言えば、音を大きく入れるようにして、音を聞こえるようにする道具なので、語音明瞭度の測定を行えば、どのくらい聞こえを改善できそうなのか、改善は難しいのか、それらのことがおおよそわかるようになってるんだよ。

クロブタ
え!?理解できるんですか?

深井
そうだよ。例えばだけど、これが、語音明瞭度測定をした際の結果になるんだけど・・・

数値を見てみると、いろいろ書いてあるよね。縦軸が音声の理解度、横軸が音の音量。補聴器での改善の可能性をみる場合は、正解数がどこまで上がるのか。ここを見ればいいんだよ。

クロブタ
ふむふむ・・・

深井
左を想定して話すと、この場合、一番良いのは、90%と出ているね?この数値に関しては、50%以上あれば補聴器の効果が見込まれると考えられている。一般的にはだけど。

クロブタ