クロブタとお勉強シリーズ

補聴器で聞こえを改善させるために必要な考え

前回では、補聴器の全体に関して学びました。では、補聴器の効果を出すには、どのようにしたら良いのでしょうか。治らないけれども聞こえは改善できる補聴器。どのようにすれば聞こえに関して改善させやすくなるのか。それについて、みていきましょう。

〜数日後〜

深井
おっ?いらっしゃい。あれから数日たったけど、前回は、どうだったかな?

クロブタ
補聴器に関して、一応、それなりに理解できた気がします。また、一般的に言われている内容とは違って、面白かったですね。補聴器は、聞こえは治せないけれども改善はできる。でしたよね?

深井
そうだね。なので、まぁどんな感じに改善できるのか。それを体感(試聴)してみるのが重要かもね。前回は言ってなかったけど。

クロブタ
確かに言葉だけでは全然わからないですね。どのように聞こえるのかもどのように改善されるのかも。

深井
そうだね。

補聴器で聞こえを改善させるには?

クロブタ
ところで、気になったのですが、補聴器で聞こえるようにするには、何が重要なのでしょうか?

深井
ん?聞こえるようにする?聞こえを改善できるようにする。という意味でいいのかな?

クロブタ
はい

深井
そうだね・・・。やり方は、色々あるけれど、ちゃんと指数を作って今現在聞こえている状態を確認しながら改善を行うことかな。

クロブタ
と、言いますと?

深井
まず、補聴器の場合、このように調整しなければならないというものは決められていないんだよ。一応、聴覚医学会(補聴器に関する耳鼻咽喉科の学会、研究結果や論文などがみれる)では、補聴器の適合指針というものも作っているけれど、必ず、この方針に法ってやらなければならないというものは、ないかな。※聴覚医学会の補聴器適合指針は、医師が補聴器の適性を判断するものであり、補聴器販売店が行うことを念頭に置いたものではありません。

クロブタ
・・・

深井
なので、あくまでも私のやり方にはなってしまうのだけど、私の場合は、聴覚医学会のものを参考プラス、自分の経験に基づいて補聴器の効果確認し、お客さんに説明したり、状況を伝えているね。

例えば今現在どのような聞こえの状態なのか。聴力を改善できる目標値と今現在の聞こえは、どうなのか。そして、その音量で聞いてみて使える状態なのか、ちょっと音が大きすぎて辛いのか・・・などだね。

クロブタ
なるほど・・

深井
ちょっとイメージつきづらいから、実際に例を出しながらみていこうか。

聞こえ改善へのプロセス

深井
さて、今回用意したのは、こちら。

このような聴力だね。

クロブタ
ん?どこかでみたような聴力のような・・・?

深井
ああ、これは、私の聴力だよ。ちょうど良いから、自分の耳を例にしてみようかと思ってね。

クロブタ
なるほど。こういう時は、便利ですね・・・

深井
まぁ自分の体を利用できるからね。では、初めていくよ。

まず初めに行うのは、聴力に対して、改善させる目標値を定めることだね。このような聴力の場合は、

こんな感じかな。赤い△が聞こえの改善の目標値になるんだけど、これは、音場域値(おんじょういきち)測定の数値(音場域値測定は、基本的に聴力検査の見方と同じです)で、この測定は、補聴器を装用した状態で、聴力ベースでどんな風に聞こえているのかを可視化できる測定なんだよ。聴覚医学会の適合検査にも載っている測定の一つでもある。

クロブタ
ふむふむ

深井
その後、補聴器をセットし、音場域値測定で測定すると、今現在聞こえている感覚が数値で理解できるようになる。例えば

のような状態だとすると、▲の部分が補聴器をつけた状態で、△が補聴器をつけていない状態、赤い△が改善の目標となり、目標よりも少し低いことがわかるよね。

クロブタ
そうですね。目標と同じ部分もありますし、それよりも低いところもありますね。

深井
その後、補聴器を使用している時の体感と比較し、どのようにすれば良いのか。それを決めていければ良い状態だね。例えば、上記のような結果で、補聴器を使用中、自分で音量を上げることがあったり、少し物足りない感覚がある、かつ、大きくしても大丈夫そうであれば、より聞きやすく(音を大きく)し、改善させる。ということもできるね。

逆に結構大きく聞こえるということであれば、この状態でひとまず行うか、少し音量を下げるでもいいよね。

クロブタ
なるほど・・・

深井
この際、重要なのは、

  • 補聴器で聞こえを改善させる目標はどこなのか
  • 今現在、聞こえている数値はどこなのか
  • 今現在、感じている音の感覚はどうなのか

の3つ。①の目標がなければどこまで改善できれば良いかわからないし、②の聞こえている状態を自分で確認できないと、今、どんな状況かもわからない。補聴器は装用することで音が大きく聞こえる感覚はわかっても、自分がどのような聞こえなのかは、さすがにわからないからね。そして、③の自分で感じている感覚も考えないと、音が大きすぎて辛くなったりもしやすいのでね。

この3つをそれぞれ見ながら調整していく。それが補聴器だよ。

クロブタ
なるほど・・・

深井
上記の3つは、3つ合わさって初めて適切にみれるようになる。どれが欠けてもダメなものだね。

聞こえ改善の目標値は

クロブタ
大体の流れはわかったのですが、一つわからないのがありまして・・・

深井
はい、なんでしょう?

クロブタ
この聞こえ改善の目標値ってどうやって作るんですか?

深井
なるほど、確かにこの部分は、非常にわかりにくいね。私が主にやっている方法にはなるけど、私の場合は、音場域値測定を基準に調整しているよ。

クロブタ
ああ、先ほど出てきたものですね。

深井
そう。実は、その前に出てきた聴覚医学会で作られた補聴器適合指針2010の中にもこの測定に関する効果測定が記載されているからそれを見てみようか。

クロブタ
・・・

深井
その内容は

audiology-03

(3)評価方法

ファンクショナルゲインが聴力の半分(ハーフゲイン)であるか、装用域値が1000Hzで35dB以内であればよい。ファンクショナルゲインは、低音域ではハーフゲインより少なくてもよく、高音域の利得は補聴器の性能上ハーフゲインが得られない場合がある。

評価例(図11)

補聴器適合例と適合不十分例を示した。▲印は低音及び高音部をのぞき非装用時の域値のほぼ半分のファンクショナルゲインを得ており適合例と言える。■印の場合は、ゲインが不足しており、適合不十分例といえる。

Audiology japan 53,2010 補聴器適合検査の指針(2010)聴覚医学会より引用

こんな感じかな。

クロブタ
なんかわかるような・・・わからないような・・・

深井
簡単に説明すると1000Hzが補聴器を装用して35dBで聞こえていればOK。それか、補聴器なしの状態で測定した数値の半分(70dBだったら35dB)まで聞こえていればOK。ただし、低域(250〜500Hz)は、半分より少なくてよく、高域(2000〜4000Hz)も半分より下でもいいよ。ということだね。

まぁ聴覚医学会でも、どちらかというと補聴器なしの測定結果の半分を目指して、それが達成できればいい。達成できなければ聞こえるところまで補ってね。的なニュアンスを感じるね。

クロブタ
なるほど・・・

深井
私がこちらを参考にしているのは、実際にこの考えでやると確かに効果を感じる人が多いからだね。まぁ医師の学会で発表されているものだから、生半可なものでは、色々と言われるので、効果に関して厳しく吟味した上で、決めているのだと思うけどね。変なの出したら、他からポンコツ扱いされる可能性もあるし。

クロブタ
なるほど・・・。しかし不思議ですね。1000Hzだけは、確定なんですね。それ以外は、半分行けばいいみたいな文面ですが・・・。

深井
ああ、それは1000Hzを聞こえさせると効果が出やすいからだね。

クロブタ
!?そうなんですか?

深井
これは、昔からそうで、知っている人は知っているものなんだけど、なぜか1000Hzを聞こえさせると効果が高くなる傾向があるんだよね。もちろん、補聴器で改善させられる部分まで改善させるという意味の効果なんだけど。

クロブタ
それでなんですね。

深井
おそらくね。昔のアナログの補聴器なんて1000Hz付近をえらく聞こえさせてたしね。まぁアナログの補聴器の場合、意図してそうしていたのか、そのようになってしまっていたのかまでは、わからないのだけど。

クロブタ
ふ〜ん

深井
それと私の場合は、さらに自分なりにやってみてだけど上記の目標を加えて

こんな感じで目標値を決めているかな。あくまでも中等度難聴くらいの聴力の方が対象だけど、1000Hzと1500Hzは、最低でも35dBは改善させたいところだね。効果を出すためには。

クロブタ
なるほど・・・。

深井