軽度難聴

軽度難聴の方は、少々症状を軽く見られすぎではないだろうか?

最近、お客さんとお話ししていて感じるのは、なぜかよくわかりませんが、軽度難聴の方は、少々、症状を甘く見られているといいますか、困っているのに関わらず、そのままでも良いみたいな言われ方をするようなケースをよく対応します。

軽度の難聴というと、軽い難聴ということで、症状が軽い印象を持ちますが、難聴は、そもそも聴力だけで困り度が決まる訳ではありませんので、何言って言ってんだ感があるのですが、ちょっとこの点に関して整理して書いて行きます。

ことの成り行き

私の場合、生まれつき難聴なので、自分自身で補聴器を装用しつつ、補聴器の販売店を運営している身なのですが、幸いにもちらほらお客さんが見え、補聴器のお話をしたり、身の回りのお話などをしています。

偶然なのかわかりませんが、聞こえにくくて受診したのに関わらず「補聴器をつけるボーダーライン」や「まぁ補聴器つけなくてもいんじゃない?」的なことを言われるケースを最近は、よく対応します。患者さんとしては、聞きにくくて困っている状況なのにですね。

これに関して、個人的な考えではありますが、

  • つけるつけないは、困っているか、困っていないか
  • 改善の自信がない場合の対応方法

の二つに関して、載せて行きます。

つけるつけないは、困っているか、困っていないか

そもそも難聴の本質は、コミュニケーション障害なので、聴力も関係しますが、聴力だけで症状の重さが決まる訳ではありません。

基本的には、

  • 聴力
  • 人との接する回数、環境

の二つにより、決まります。

ですので、聴力だけで判断するのは、そもそも本質から外れた考えです。

仮に聴力がある程度、低下したケースでも、周囲の方が非常に協力的だったり、目で確認できるような仕組みがあったりする場合は、あまり補聴器の必要性は、あまり感じません。

また、人の接する機会が少ない方も同意です。人の声の音量は自分で操作はできませんが、機械類の音は自分で操作できることが多いためです。

しかし、軽度の聞きにくさがあった場合でも、仕事をしている場合や人と接する機会が多いと、聞きにくさや聞きにくいことによる苦痛を感じやすい状態になります。

耳が聞こえにくくなることによって起こるのは、

  • 音が聞こえにくくなる
  • コミュニケーションが取りにくくなる

の二つで、音が聞こえにくくなることの影響は、身の回りの音が聞きにくくなり、周囲の状態がわかりにくい、アラーム系がわかりにくい。などがあります。

一方、コミュニケーションが取りにくくなることの影響は、職場、および日常生活の人間関係の悪化、自分自身の自信の低下があります。

ここまで書けばもうおわかりだと思いますが、精神的負担が大きいのは、コミュニケーションが取りにくくなることであり、音が聞こえにくくなることではありません。

意思疎通が行いにくくなれば、自分に自信を持てなくなったり、人間関係に影響が出てくるので、被害が大きく(正直、大きすぎる気もしますが)なります。

難聴の場合、聴力だけで考えても仕方がありません。たとえ軽度であっても、仕事をしていれば聞きにくさを感じるケースというのは出やすくなりますし、もう少し聞きにくさが進んでいたとしても、人と接する機会がほとんどない方だと、あまり困ることはなかったりします。

ですので、私は、困っているのか、そうでないのか。シンプルにただそれだけで考えています。

軽度難聴の場合の改善判断の仕方

しかし、そのような方々を対応する側からしたら、

  • 軽度難聴の方は、補聴器有無で差はあるのか
  • 軽度だと補聴器の効果も出ないのではないか

という不安もあるかと思います。

その場合、私が行っていることですが、

  1. 音場域値測定でそのままの耳(裸耳)を調べる
  2. そのデータからどこまで改善できそうなのかを見積もる
  3. 実際に使ってみてどうか(実際に改善させてみてどうか)を見る

のプロセスを組めば、たとえ軽度の方でもよい対応ができるようになります。

まず、多くの人が間違っている点は、聴力データ(オージオグラム。聴力検査で得られたデータ)で補聴器の効果を見積もることです。

そもそも聴力データは、耳の診断に使うものであり、補聴器でどれだけ改善できそうか、補聴器を使った方がいいかは、少々判断しにくくなります。

この際、わかりやすくするには、耳の状態を見るもので判断するのではなく、補聴器の効果指数が出る音場域値測定で耳の状態を判断すると、理解しやすくなります。

簡単に言いますと、耳をベースで考えるのではなく補聴器をベースに考えるということです。

軽度の難聴(平均45dBほど)の場合における目標値。だいたいここまで補聴器で改善はできることが多いです。実際には、25dBでも大丈夫な方はいますが、あまり大きくしすぎると、周囲の音が大きく感じすぎてしまうため、あまりオススメは、していません。軽度の難聴(平均45dBほど)の場合における目標値。だいたいここまで補聴器で改善はできることが多いです。実際には、25dBでも大丈夫な方はいますが、あまり大きくしすぎると、周囲の音が大きく感じすぎてしまうため、あまりオススメは、していません。

補聴器の効果指数を見れる音場域値測定では、補聴器で目指せる改善の目標値があります。

これは、難聴のレベルによって異なるのですが、仮に軽度の状態であれば、おおよそ上記のような、30dBくらいは目指せます。これは、私自身が実際に軽度の方(平均45dBくらいまで)の方を対応していて感じることで、簡単に言えば経験則になります。

▲が補聴器による改善予想値、△が補聴器なしの数値。仮に補聴器なしの方が上であれば、改善できる部分は、少ない。と見ることができます。▲が補聴器による改善予想値、△が補聴器なしの数値。仮に補聴器なしの方が上であれば、改善できる部分は、少ない。と見ることができます。

実際に測ってみて、このようなケースの場合は、補える範囲よりも上に来ているため、残念ながら、効果は薄く、望みにくい状態です。

補聴器の目標値より、今現在の聞こえが下回る場合は、改善の見込みがあります。補聴器の目標値より、今現在の聞こえが下回る場合は、改善の見込みがあります。

逆にこのような場合は、全然補えます。目標値よりも聴力が下に来ているため、補聴器で補える幅があるためです。

あくまでも体感ですが、1000Hz、1500Hzの2つで、補聴器なし、補聴器の改善目標の数値の差が15dB以上の場合は、改善できるケースが多いように感じます。もちろん、それ以外の周波数も下がっていることが多いのも要因だと考えられます。あくまでも体感ですが、1000Hz、1500Hzの2つで、補聴器なし、補聴器の改善目標の数値の差が15dB以上の場合は、改善できるケースが多いように感じます。もちろん、それ以外の周波数も下がっていることが多いのも要因だと考えられます。

ここも経験則で申し訳ないのですが、だいたい1000Hz、1500Hzあたりの補える合計値が、15dB以上(15を含む)場合は、補聴器の効果を感じる方が多いです。

耳の状態を可視化し、実際に補った方が良いのであれば、試聴を通じ、どのような変化があるのか、あった方が良いのかなど、患者さん、お客さんと話していけば、より良い対応ができるようになります。

どんな人も好きでそうなったわけではない

「困っているからこそ相談しに行ったのにつけなくて良い、そして、自分の現状は改善されない」や「補聴器を装用するケースのボーダーラインと言われ、悩んでる。でも聞きにくさがあり困っている」というお話を聞くたびに、悲しいなぁと思うのですが、なんと言いますか、もう少し親身になって対応してあげても良いのではないでしょうか。と感じます。

もちろん実際には、改善できるライン、そして、どこからが改善できるかについてもありますので、提供する側、対応する側の気持ちはわかります。私もどちらかというとそちらの人間です。

しかし、上記のことを行えば、改善できるのか、そうでないのか。もわかります。少なくとも聴力検査しただけの数値より、はるかにわかりやすくなります。

ボーダーラインじゃなく、実際に改善できるのか、そうでないのかがよりわかりますので、少しでも改善できる見込みがあるのであれば、個人的には、チャレンジしてみるのがいいと考えています。

私の場合は、仮に判断が難しい方の場合は

  • 実際に改善できる見込みがあるのか、どうなのか
  • 過去の症例と比較し、同じような症例はなかったか
  • 実際にやってみてどうなのか(補聴器装用時の可視化も含む)

をしています。改善できないより、改善できた方がいいからですね。もちろん、それだけですと判断がしにくいケースもありますので、実際に試聴をしながら、どのような状態になるのかをみることも多いです。

難聴に限らず、どんな病気や障害もほとんどの人はなりたくてなったわけではありません。

そして、そもそも相談しに行っている時点で、それを改善させたいと考えている人が大半です。であれば、こちらとしては、できることを行う。というのが本来すべき事ではないでしょうか。

と、生まれつき難聴で補聴器を装用し、かつ補聴器の販売をしている人は、思います。

軽度難聴の方に役立つ内容

軽度難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つのポイント軽度難聴を改善させるための聞こえを改善する基本、軽度難聴に合う補聴器の種類(形状)、補聴器の性能、改善に重要な補聴器の調整。この4つに関してまとめました。実際の改善事例ものせてみましたので、お悩みの方は、ご参考にどうぞ。...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【お困りの方へ】聞こえのご相談、承っています。

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

補聴器を使っている人の視点で、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方がより良い生活が送れるよう、支援しています。

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

適切なご相談ができるよう時間をとってご対応させていただき(予約制)、補聴器のご説明から、日常生活〜職場で補聴器を試せるよう、補聴器の無料レンタルも行っています。

当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

お会いする機会がございましたら、よろしくお願い致します。