基礎知識

補聴器を使っているからこそ感じる聴力低下の予防の大切さ

私の場合、補聴器の販売や難聴のことを考えるというのは、自分ごとですので、ふと自分に当てはめて考えてしまうことが多いのですが、耳のことを考えると思うのは、正直、これ以上、聴力が下がるのは、勘弁だな……と思います。

その理由に関することやなるべくそれをおこさないことに関して記載していきます。耳が聞こえにくく、このページを見ている皆さま、お互いこれ以上悪くならないようにしたいものですね。

結論

結論から申しますと、

  • 今の技術では、難聴は治せない
  • 補聴器は、聴力が低下すると低下するほど、効果も低下する

の二つがあります。

今の技術では、残念ながら耳を治せないという点は、ほとんどの方が知っているかと思います(治療できるものは除く)。そのような方がつけるのが補聴器になるわけですが、この補聴器、実は、聴力が低下すると低下するほど、聞こえの効果もつられて低下してしまうんですね。

基本的に聴力ごとに補えるレベルというのが存在するのですが、聴力が重くなると重くなるほど、残念ながら改善レベルも薄くなってしまいます。それが、補聴器です。どの方も、同じように改善できるのであればいいのですが、今現在の技術では、聴力レベルにより、改善度のレベルも変化します。

ここから言えるのは、聴力低下に関して予防やそのことに関して、しっかり理解しておいた方が良い。ということです。実際に使っている私もそう感じます。

より悪くしないための三つのこと

では、どうすれば良いのか。ということになるのですが、まとめますと

  • ストレスを溜めないようにするor味方につけられるようにする
  • 健康的な食事及び適度な運動
  • 大きな音を聞きすぎない

の三つがあります。

まず、そもそも難聴に関して進む理由、もしくは、これ以上、悪くなる原因に関してですが、

  • 進行性の難聴である
  • 病気系の難聴になった
  • 老人性難聴になった

の三つがあります。

それぞれ

  • 進行性の難聴:原因不明、進む理由もよくわからない
  • 病気系の難聴:ストレスによるものが多い
  • 老人性難聴:大きな音の聞きすぎと動脈硬化が原因

というようになります。つまり、この三つの対策が、上記のものになるわけですね。

進行性の難聴の場合、残念ながらそのまま進んでしまうことが多いため、ちょっとどうすることもできないのが実情です。お話によると予防や進行を遅らせることもできる症状の場合もあるようですが、この部分は私、わかりません。この場合は、申し訳ありません。

そのほかは、生まれつき難聴、もしくは、なんらかの原因により、難聴になった場合でも、病気系の難聴、例えば、世間を賑わせている突発性難聴やメニエール病(めまいの病気、難聴にもなる)がありますね。これらのものにかかると、当然、さらに聴力が下がります。

生まれつき難聴の場合だとわかりやすいかもしれませんが、生まれつきの難聴+別の難聴になり、その二つが重なり、さらに聴力低下する……というイメージです。これらの病気系の難聴の原因に関しては、今現在、ストレスによるものとされており、ストレスを溜めないこと、もしくは、ストレスを味方につけられるようにすると良いと考えています。

ストレスを味方につけるというのは、私自身の考えで、業界では言われていないことです。

安心安定のケリー・マクゴニガル氏の本。だいたいこの方の本は、安定して、良い本。安心安定のケリー・マクゴニガル氏の本。だいたいこの方の本は、安定して、良い本。

ソースは、この本です。

今現在、この本を読み終えたのですが、この本は、ストレスに関する常識を変える本で、一般的にストレスは悪いもの、という認識があるかと思いますが、それは、ストレスは、悪いものと考えている人は、本当にそのようになり、そうではなくストレスは、良いもの、成長には必要不可欠なものだと考えている人には、その通りに出てくる、というものです。

実際に行なった実験では、そのように出てきているようで、ストレスを害だと思っている人には、本当に害になり、そうでない人は、健康リスクも少なく、むしろ、そちらの方が長く生きられた。というエビデンスも載っています。

私自身もよくストレスは溜めないようにしよう。と言われるたびに「そもそもストレスを溜めないこと、もしくは、受けないことは、可能なのか」と常々思っていた人間ですので、この方法で、逆にストレスを力に変えた方が良いのではないかと考えています。

そして、最後は、老人性難聴ですね。今現在、年齢を重ねると自然になるイメージがありますが、どうもこちらは、大きな音の聞きすぎと動脈硬化が原因のようです。年齢を重ねた人、全てが起こる訳ではなく、これらの条件が重なると、徐々に聴力低下してきやすくなるようですね。

であれば、対策は、そのままになり、大きな音を聞きすぎないことと動脈硬化を引き起こさないように健康的な食事、適度な運動を行い、なるべくそのようなことを引き起こさないようにする。それが対策です。

動脈硬化は、タバコも関係しますので、喫煙者は、禁煙する。というのも重要です。そんなに簡単なことではないのは、重々承知ではありますが。

まとめ

ということで、まとめますと今現在の技術では、耳を治せないものは、補聴器に頼らざるを得ません。その場合、聴力により、補える範囲が異なりますので、聴力の低下=補聴器の効果の低下にも繋がります。

では、進むのには、どんなことがあるのかと言いますと

  • 進行性の難聴である
  • 病気系の難聴にかかる
  • 老人性難聴が進む

の三つがあります。その対策が、

  • ストレスを溜めないようにするor味方につけられるようにする
  • 健康的な食事及び適度な運動
  • 大きな音を聞きすぎない

になります。

ちなみにストレスを味方につけられるようにするというのは、完全に私の私見ですので、参考程度に理解しておいてください。もしよければ、ケリー・マクゴニガル氏の「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」を読んでみるのもいいかもしれません。いい本ですので、オススメです。

簡単に言いますと「健康的な生活をする」となります。それが巡り巡って、自分の体をこれ以上、悪くしないようにすることに繋がります。

もちろん、定期的に病院さんで聴力管理するものいいですね。聴力は、自分の感覚ではわかりませんので、数値にしてもらい、落ちていないのを確認するのも重要です。

と、これ以上、聞こえにくくならないための内容でした。私自身もそうですが、これ以上、聴力低下するのは、勘弁。という人間ですので、お互い、より悪くならないようにしていきたいものですね。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もオススメです。

リンク:補聴器メンテナンスの裏の目的は、良いサイクルを見つけ出す事

リンク:補聴器の調整と聞こえを改善させる目安

リンク:補聴器を守るために知っておきたい影響を受ける機器

リンク:ミライの授業を読んで学んだ3つの事

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧