聞こえを改善する基本

なるべく理想の補い方(改善)をした方が良いたった一つの理由

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考、こちらでは、聞こえの改善の基本として、様々な耳の状況に関して、どう補うと良いのか。その点に関して、まとめてみました。

しかし、中には、そこまで考えて、改善する必要があるのか。と、疑問を浮かべる方もいるかもしれません。

私自身は、実際に補聴器を使用している人間ですが、そのように感じる理由は、しっかりと改善する方法で、改善しないと、聞こえにくさが残りやすくなるためです。

今現在、補聴器を装用しても、普通に聞こえている人と同じようには、改善されません。それどころか、しっかりと改善をしたとしても、正常な人には、届かず、聞きにくさは、どうしても出てしまいます。

そのため、しっかり改善する方法で行わないと、より聞きにくさが残りやすくなってしまいまいます。

今現在、改善できる部分は?

今現在、ご自身の耳に対し、しっかりと仮に補えた場合、

補える量、改善される量は、聴力によって異なりますが、軽度〜中等度難聴ですと、▲の位置くらいまで、改善される傾向があります。平均的に、30〜35dBくらいで、正常の範囲内である25dBまでには、及んでいません。補える量、改善される量は、聴力によって異なりますが、軽度〜中等度難聴ですと、▲の位置くらいまで、改善される傾向があります。平均的に、30〜35dBくらいで、正常の範囲内である25dBまでには、及んでいません。

このくらい改善される傾向があります。数値に関しては、聴力測定と同じで、上にくるとくるほど、聞こえが良く、各周波数別にどれだけ聞こえているか。を表現しています。

正常の人の聴力は、0〜25dBの範囲内で、一般の人が聞こえている数値は、0〜10dBです。

補聴器である程度、しっかり補うと、聴力によっては、30〜35dBくらいまで改善されます。

数値だとわかりやすいのですが、それでも、正常の人には、叶わず、少し聞きづらさが出てきます。

片耳のみ使った場合と両耳とも補聴器を使用した場合の違い。静かなところは、そこまで変わらないのですが、騒がしい場面になると、急に変わってきます。これは、補聴器の調整で、どうこうできるものではありませんので、その点に注意が必要です。片耳のみ使った場合と両耳とも補聴器を使用した場合の違い。静かなところは、そこまで変わらないのですが、騒がしい場面になると、急に変わってきます。これは、補聴器の調整で、どうこうできるものではありませんので、その点に注意が必要です。

補聴器メーカーソノヴァジャパンより引用

これにプラスして、両耳と片耳のみの聞こえの違いは、このようになります。静かな場面では、片耳も両耳もあまり変わりません。

しかし、騒がしい中に入った時に、急激に変わるようになります。聞こえを改善したとしても、片耳のみつけた場合と両耳ともつけた場合とでは、聞こえの改善が異なります。

補聴器には、言葉の聞こえを補聴器をつけたまま調べる測定もあります。その場合は、正常の人に少し及ばず。という状況です。▲の部分が、それなりに耳の感覚(明瞭度)が良い方で、目指せるおおよその範囲です。補聴器には、言葉の聞こえを補聴器をつけたまま調べる測定もあります。その場合は、正常の人に少し及ばず。という状況です。▲の部分が、それなりに耳の感覚(明瞭度)が良い方で、目指せるおおよその範囲です。

別の視点でみてみますと、補聴器を使用した状態で音声の聞こえに関して、調べる測定があるのですが、そのデータですと、上記の状態になります。

だいたい、正常の人の場合は、40dB(小さい声の方の声量)あたりでほぼ100%になります。感覚としては、声は、小さいけど、理解できる。という感覚です。

しかし、難聴の方の場合、補聴器を装用し、改善度が良い人でも、40dBで60〜80%くらいが限度で、50dB(少し声が小さい方の声量)、60dB(一般の人の声の大きさ)あたりから、改善度が大きく上昇するようになります。

改善できる部分は、あるのですが、あと一歩、足りない。というのが、補聴器の聞こえです。

実際には、上記の内容は、測定結果になりますので、静かな環境で調べた内容になります。難聴の人が苦手とする、距離が離れたところ、騒がしいところでの会話は、周りの音に邪魔される事が増えてしまいますので、上記の数値より、もっと下がることになります。

改善をあまり考えないと、それだけ効果が減ってしまう

重要なのは、改善そのものをしっかりと考えなければ、それだけ、聞きにくさが大きくなりやすい事です。

上記に記載した通り、しっかりと補ったとしても、健聴の人の聴力どころか、正常の聞こえの範囲内にすら、入りません。

例えば、両耳とも補聴器が適合し、片耳のみ補聴器を付ければ、正常の人と同じくらいまで改善し、両耳に補聴器を装用したら、健聴の人、以上に聞こえが改善される。という事であれば、片耳のみ装用すれば、良いと思います。

しかし、現実は、ご自身に適した補い方をしたとしても、耳が治るレベルまで、行くことは、ありません。

つまり、聞こえの改善そのものに関して、どのようにしたら、改善しやすくなるのか。その点を理解し、それをしっかり行わないと、それだけ、聞きにくさが出やすくなってしまうということです。

適した補い方をする事で、聞こえの改善度は、あげる事ができます。しかし、それでも、健聴の人には、及ばないので、改善を適当に考えてしまうと、それだけ、聞きにくさが改善しにくくなる傾向が強くなります。適した補い方をする事で、聞こえの改善度は、あげる事ができます。しかし、それでも、健聴の人には、及ばないので、改善を適当に考えてしまうと、それだけ、聞きにくさが改善しにくくなる傾向が強くなります。

絵で表現すると、このようになります。聞こえを改善するどころか、聞こえを改善できる量が減ってきてしまいますので、仮に補聴器をつけたとしても、聞きにくさが出やすくなってしまいます。

まとめ

このことから、補聴器で聞こえを改善する場合、しっかりと改善していく事を考えるのが大切です。

改善するために何が必要なのか、どのように補ったら良いのか。どのくらい改善されていると良いのか。これらの部分は、聞こえを改善する上で、非常に重要になります。

適当に考えても、正常の人と同じ聞こえにまで、改善されるのであれば、こんな複雑な事を考えなくても良いのですが、実際には、しっかりと補ったとしても、聞きにくさが出てきてしまいます。

そのことから、補聴器でしっかりと聞こえを改善させる事を考えるのは、非常に重要です。

そして、しっかりと補う方法で、改善し、なるべく聞きにくさは、減らせるようにしていきましょう。

このページに関連する内容

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
片耳にのみ、補聴器をつける3つのケース補聴器で聞こえを改善する場合、基本的には、聞こえを改善できる方法をはじめに理解し、その内容に沿って、聞こえを改善していきます。 そ...
片耳に補聴器をつける場合、聞こえにくい方につける。は、半分間違い補聴器を装用する時に最も考える事は「どのようにしたら最も効果があるか」になります。聞きにくい方に補聴器を装用するのは、効果がない事もありますので、その場合は、行いません。どの場合においても効果があるやり方を行います。...
補聴器の効果が、残念ながら見込みにくい人補聴器は、どのような人が適合し、どのような方が効果がないのでしょうか。そのポイントを書いてみました。補聴器は、あくまでも音を大きくする道具ですので、効果がない方もいらっしゃいます。その場合は、他のもので補っていく事も必要です。...
補聴器の効果が期待できる聞こえを補える範囲補聴器は、聞こえを改善させる機器ではありますが、厳密には、どのような聴力の方でも補え、かつ、効果を出すことができる訳ではありません。 ...
生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(自己紹介〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...

 

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【改善事例あり】聴力別、聞こえの改善方法をまとめてみました

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

聞こえにくさにお困りの方のために、こちらでは、聴力別、補聴器による聞こえの改善方法に関して、まとめてみました。

もし、

  • 職場で聞きにくさに困る事がある
  • 聞きにくい事でうまく人とコミュニケーションしづらい
  • 他のところで相談したけど、よくわからなかった

などありましたら、参考にしていただき、聞こえの改善にお役立ていただければ幸いです。

なお、こちらのページには、実際のお客様を改善した事例まで、載せています。同じような症状の方、聴力の方を参考にしていただき、改善のヒントを掴めたのであれば、幸いです。

聴力別、改善方法お客様の改善事例