補聴器のこと

補聴器を調整する人に必要なのは、技術力ではなく、問題解決能力

最近思うことを少し書いていこうかなと思うのですが、個人的に感じるのは、補聴器を調整する人に必要なのは、技術力ではなくて問題解決能力だよね。ということです。

調整がどうとか、補聴器の形状がどうとか、知識は、確かにあるのですが、それらの知識があっても、問題解決に導けなければ意味がありませんし、そもそもの部分として、それらの知識は、問題を解決するための知識であり、その知識単体では役に立ちません。

技術力とかも、聞く事がありますが、技術があっても、お客さんや患者さんが悩んでいる点を改善できなければ、あまり意味ないのかな。と感じます。

また、知識だけ蓄えても、できるようにならなければ意味がありませんので、ノウハウコレクターとかは、本当の意味で淘汰されていくのかな。とも思います。

この点に関して、少し書いていきます。

技術力と問題解決能力

この2つの違いは、個人的に思うに

  • 技術力:単に技術の高さ
  • 問題解決能力:現状を把握する能力の高さとゴール設定能力

になるのかな。と感じます。

そして、問題解決能力には、どのような状態であれば良いのかの一種の答え、正解があり(これを目標と呼ぶのですが)、それを目指してよくしていきます。それも、現状を把握した上で、どのように改善していったらよいかの道筋を立てられる。と言えば、わかりやすいかもしれません。

対して、技術力というのは、単なる技術の高さだけがある状態で、その技術力の活かし方がわからなければ、意味がないのではないかとも感じます。これは、考えすぎなだけなのでしょうか。

知っているだけでは、改善はできない

Googleで物事を調べられる時代になり、良くも悪くも情報を得られるようになったのは、良いのですが、問題解決能力があるかないかは、また、少し別の問題になるのかなと感じます。知っている事=問題を解決できるとは限らない。という事でしょうか。

知っていることが必ずしも、できることに繋がらないのは、誰しもが知る事実で、わかりやすい例は、車でしょうか。車の運転に関しては、勉強(ここでいう勉強は座学ですね)するだけで運転できるようになることはなく、実際に乗って操作することで、運転できるようになります。

気のせいか、最近、知っていることは、そんなに価値があることのように思えなくなって来ました。というのも本当に重要なのは、知っていて、それを実行できる力があるかどうか。になるからです。車で言えば、車のことを知っているのではなく、運転できる。と言えばわかりやすいかもしれませんね。

状況を解決するのに必要なのは、知っていること以上に、問題解決能力があるかないか。が重要に感じます。そして、その問題把握能力の鍵になるのは、状況を把握する力とゴール設定能力なのではないかと思います。補聴器の場合は、特にそれを感じます。

問題解決能力を高めるには

じゃあどうしたらその能力を高められるのだろうか?と考えているのですが、私自身から言えるのは、状況を把握する事と、仮でもいいからゴール(目標)を決める事と、なります。

補聴器の聞こえに関しては、数値化すると、状況がより見えるようになりますので、そこがポイントになるのかなと感じますね。それ以外は、どのようになれば良いかのゴール、チェックポイントを理解しておき、その状況を目指す。と、よくなります。ゴールに関しては、補聴器の調整にも当てはまります。

そして、数々のデータを見比べると、よく聞こえている人とそうでない人の違いがよく出るようになります。その後、よく聞こえている人の例を見習って、より良くしていく。そのようにできると、良いのかなと感じます。

もちろん補聴器は、人によって聴力が異なったり、音の感覚に関しても変化します。しかし、ある程度、応用できるところもあるのも事実で、数々の経験を積めれば、どうすればよくできるのか。の部分でカンが働くようになります。そのようになれば問題解決能力は高められるのかなと、感じます。

特にデータに関しては、集められると集められるほど「そう言えば、あんな例があったな」というように参照できたりもしますので、重要ですね。私自身は、基本的にデータをとって、それぞれのケースで、なぜうまく行ったのかを考えていたりします。聞こえは、少しでも改善できた方がいいですし、お客さんや患者さんもそれを望んでいるのですから。

と、少し思ったことを書いてみました。

そう言えば、私が入社して、何年か経ってからそんなことを言っていた人が居たようなことを今更、思い出しました。どうやら、ようやくそのレベルに達することができたようですね。私も。

という事で皆さん、知識ではなく、問題解決能力を高めていきましょう。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【お困りの方へ】個室による予約制の補聴器相談、実施中

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

只今、適切に聞こえを改善する個室による予約制の補聴器相談、実施中です。日常生活で試せるよう補聴器の貸出、試聴も、無料で行なっています。

  • 以前、別のところでうまくご相談ができなかった方
  • 近くに安心して相談できるお店が見当たらない方
  • 補聴器の事を相談したいけれども不安がある方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

なお、当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。また、補聴器による聞こえの改善方法に関しては【総合】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめにまとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
補聴器のこと

業界が変わらなければ替わるかもしれないという発想

2015年2月23日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
マーケット感覚を身につけよう 著作ちきりん氏 という本があります。月200万PVというとてつもない量のアクセスがあるネットの中で有名な人物で …
補聴器のこと

補聴器の性能が徐々に良くなってくる世界に感じること

2017年9月15日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
前回、「ルーキースマートは、これからの時代を生き抜く人に知識という力をくれる本」このような本を紹介しました。この本を読み、学ぶことが何よりも …
補聴器のこと

メガネのお店で学んだフィッティングの基本

2018年1月12日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
え〜私ごとですが、最近、メガネが壊れまして、そのため、近くの眼鏡市場でメガネを買いに行きました。何気なく買いに行ったのですが、個人的には、結構、大きな学びがありました。 メガ …