片耳難聴

事故により、片耳のみ聞こえなくなった方を補聴器で改善するには?

事故により、仮に片耳のみ聞こえにくくなった場合、補聴器で改善する選択肢としては、聞こえなくなった耳側へ補聴器を装用して、改善するか、クロス補聴器、という少し変わった機器を使って改善するか。の2つがあります。

耳を改善するケースでは、耳の状況によって変わり、補聴器で聞こえを改善できるレベルであれば、補聴器で、聞こえなくなった耳側を補い、補聴器でも、改善できないくらい損傷、もしくは、聴力低下が大きい場合は、クロス補聴器で改善できると、改善しやすくなります。

こちらでは、片耳のみ聞こえなくなってしまった方をどう改善すると良いのか。こちらに関して、まとめていきます。

聞こえにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。

※こちらは、あくまでも片耳のみ聞こえにくくなり、手術やその他で改善する手段がない場合を想定して記載しています。

目次

事故により、片耳のみ聞こえなくなったケースを補聴器で改善する

冒頭の通り、補聴器で聞こえにくさを改善する場合、

  • 一般的な補聴器を聞こえなくなった耳側へ装用し、改善する
  • クロス補聴器を装用し、聞こえる耳側へ音を転送する

の2つの選択肢があります。

これらは、事故によって、聞こえにくくなった際、どのような耳の状況なのか。によって、変化します。

理解したい耳の事と補聴器の関係

そのためには、耳の状況に関して、把握していく必要があります。

耳を治すことができない難聴は、ほとんどの場合において、感音性難聴になることが多いです。耳を治すことができない難聴は、ほとんどの場合において、感音性難聴になることが多いです。

今現在、耳を治せず、補聴器を装用して改善していくケースは、耳の内耳(ないじ)と呼ばれる部分が悪化することにより、聞きにくくなることが大半です。

内耳が悪化して発症する感音性難聴は、

  • 音が聞こえにくくなる
  • 言葉の明瞭性が悪くなる

の2つが起こります。簡単に言えば、聴力低下以外にも、言葉そのものが理解しづらくなる。という事です。

そして、ここからが重要なのですが、補聴器は、どのような聴力も改善できる。と言うわけではありません。

例えば、聴力低下が非常に大きいケースでは、聞こえの改善度が低くなるため、そのような耳に補聴器を装用しても、聞こえが改善されているような感覚は、あまり感じない状態になります。

聞こえない耳側に補聴器を装用して、改善できるケースは、せいぜい、中等度難聴くらいになります。※片耳のみ難聴のケースに限ります。聞こえない耳側に補聴器を装用して、改善できるケースは、せいぜい、中等度難聴くらいになります。※片耳のみ難聴のケースに限ります。

また、聴力がこのくらいでも、

耳には、音声を流し、それがどれだけ聞き取れたかを調べる測定があります。補聴器の適性は、最良の値が50%以上の場合になり、それよりも低い場合は、補聴器を装用しても、言葉が聞きやすくなる感覚は、得にくくなります。耳には、音声を流し、それがどれだけ聞き取れたかを調べる測定があります。補聴器の適性は、最良の値が50%以上の場合になり、それよりも低い場合は、補聴器を装用しても、言葉が聞きやすくなる感覚は、得にくくなります。

耳の言葉を聞き取る力が低下しているケースでは、その耳に補聴器を装用しても、聞こえにくさを改善する事には、繋がりにくくなります。

このように補聴器で改善するには、ある程度、限度があり、補聴器では、改善できないケースでは、クロス補聴器。という機器で、改善させることができます。

クロス補聴器とは、補聴器とクロスの2つで構成されており、聞こえない耳側に音を拾う用の送信機(クロス)。をのせ、聞こえる耳側には、音を受け取るようの補聴器を装用します。

聞こえの改善イメージ。聞こえにくい耳側にきた音が聞こえる耳側へ常時、送られるようになります。聞こえの改善イメージ。聞こえにくい耳側にきた音が聞こえる耳側へ常時、送られるようになります。

そのようにすることで、聞こえない耳側に来た音が常時、聞こえる耳側へ転送されるようになります。

このようにして、聞こえを改善する補聴器も、今現在ではあります。

耳の状況別、改善案

事故によって片耳のみ難聴になるケースは、大きく分けると、

  • 片耳のみ大きく聞こえにくいケース
  • 聴力低下がそこまで、大きくなく、明瞭度が良いケース
  • 補聴器を装用しても、まるで効果が出ないケース

の3つになります。

片耳のみ大きく聞こえにくいケース

聴力図(オージオグラム)○が右側、×が左側を表します。下に来るほど、耳は、聞こえにくくなります。こちらの場合は、左側がかなり聞きにくくなっている状態です。

こちらは、冒頭で紹介したようなケースです。

結論から記載しますと、このような聞こえの方の場合は、クロス補聴器の方が改善ができます。

基本的に補聴器は、聴力低下が大きくなると、大きくなるほど、聞こえの改善度が下がります。

そして、上記くらいにまで、下がると、補聴器を装用したとしても、あまり効果を感じません。

そのため、このようなケースは、クロス補聴器の方が、聞こえにくさを改善しやすくなります。

聴力低下がそこまで大きくなく、明瞭度が良いケース

聞こえない耳側に補聴器を装用して、改善できるケースは、せいぜい、中等度難聴くらいになります。※片耳のみ難聴のケースに限ります。

こちらは、上記のような聴力で、

先ほどの聴力の方でも、音を入れることにより、聞きやすくなる方であれば、そのみみに補聴器を装用して、聞こえを改善できるとベストです。先ほどの聴力の方でも、音を入れることにより、聞きやすくなる方であれば、そのみみに補聴器を装用して、聞こえを改善できるとベストです。

かつ、音声の聞き取りの測定を行なった際にある程度、音声が聞き取れる耳である場合は、聞こえなくなった耳側へ補聴器を装用して、改善できると、良くなります。

中等度くらいの難聴でも、音声が理解できる耳とそうでない耳に分かれます。音声が理解できる場合は、補聴器で改善していくと良いのですが、仮に明瞭度が低い場合は、クロス補聴器の方が、改善度は、良くなります。

補聴器を装用しても、まるで効果が出ないケース

こちらは、聞こえなくなった耳側へ補聴器を装用しても、効果が出ないケースです。

ケースとしては、

  • 聞こえなくなった耳側に音が入ると強く響いたり、不快な感覚がするケース
  • 聴力的に補聴器で補えるくらいだが、明瞭度が非常に低いケース

これらが考えられます。

事故による難聴の方の中でも、一部の方は、損傷により、少し上記で紹介した言葉の聞こえの測定の値が低い方がおり、そのような方は、一般的な補聴器で聞こえを改善しようとしても、改善ができません。

そのような方は、クロス補聴器で、聞こえる耳側で聞こえるようにした方が聞こえの改善ができます。

また、聞こえなくなった耳側に音が入ると強く響いたり、不快な感覚がするケースも同様です。

普段から、響きを感じてしまう耳側に補聴器で音を入れようとすると、余計にその感覚を強めてしまうことが往々にしてありますので、そのようなケースでも、クロス補聴器で改善できた方が、無理なく、改善することができます。

改善案のまとめ

事故による難聴の場合、パターンがいくつかありますので、考えられるものに関して、まとめてみました。

基本的に補聴器で効果が出そうなら、補聴器で改善し、それでは、改善ができなさそうなものは、クロス補聴器で改善。という考えになります。

耳の状況により、適した補い方は、異なりますので、その点に注意です。

片耳が全く聞こえない片耳難聴を補聴器で改善する4つのポイント片耳のみ全く聞こえない方を補聴器で改善するための考え、補聴器選定、補聴器の性能、補聴器の調整についてまとめました。今現在、一般的な補聴器では補えない方、用にクロス補聴器での改善もできるようになりました。...
片耳のみ中等度難聴の耳を補聴器で改善する4つのポイント片耳のみ中等度難聴ほどの聞こえを補聴器でしっかり改善する方法についてまとめました。改善に重要になる、補う方法、補聴器の種類の違い、性能、そして、補聴器の調整まで、まとめています。聞きにくさにお悩みの方へ、参考になれば幸いです。...

クロス補聴器の効果と聞こえの改善範囲

クロス補聴器の聞こえの効果

こちらでは、仮にクロス補聴器で改善した場合の聞こえの効果に関して、記載していきます。

基本的に片耳のみ聞こえにくくなった場合、このような状況になることが多いです。

聞こえない耳側から話されたり、呼ばれたりする際に気がつかないことがあり、さらに、騒がしくなったり、周りで囲んでお話しする際も、聞きにくい側に人がいると、その方の声がききにくくなったりします。

そして、音の方向感覚に関しては、つかみにくく、ご自身だけ、異なる方向へ向くことも、多々あります。

クロス補聴器を使った場合ですが、概ね、このようになります。

聞こえない耳側からの音や音声がわかりやすくなり、気づくことが多くなります。

会議やミーティングといった機会の時は、わかりやすくなることが多く、そのような環境で、聞きやすくなった。という方は、多く見られます。

ただ、周囲が騒がしい環境や騒がしくなりすぎると、その音に邪魔されてしまい、聞きにくさを感じることもあります。

また、音の方向感覚だけは、改善させることができません。

耳を治すというところまでは、いかないものの、今現在、聞きにくく感じている部分のいくつかを改善することができます。

それが、クロス補聴器です。

聞こえやすくしてくれる部分

クロス補聴器によって、聞こえやすくなっている部分ですが、

このようになります。聞こえる耳側は、そのまま聞こえ、今まで、聞きにくく感じていた部分での、聞こえの範囲が広がります。

そのため、音声も聞こえやすくなるのですが、そのほかの音も入って来るようになります。

また、あくまでもクロス補聴器は、聞こえる耳側の補助として、使用されています。

昔は、聞こえない耳側も聞こえる耳並みに大きくして、聞こえを改善していた時期があったのですが、それを行うと、聞こえない耳側からの音が大きく入ることで、聞こえる耳側が聞きにくくなってしまう事が起きました。

そのため、今現在は、聞こえる耳側を優先し、聞こえない耳側も聞こえるように補助しています。

それが、クロス補聴器になります。

クロス補聴器の3つの対象者としっかり理解する7つのポイント片耳のみ聞こえにくい方を改善するクロス補聴器の基本、作られた経緯、対象者、改善する際の形状(種類)、性能、聞こえを引き出す調整に関して、まとめてみました。中には、実際に改善した方の実例も載せていますので、お悩みの方は、参考にしてみてください。...

事故による改善事例と似たケースの改善事例

こちらでは、実際に改善した方の事例をまとめていきます。お悩みの方は、ご参考にどうぞ。

事故により、左耳が聞きにくくなったケース(重度難聴)

こちらの方は、小学生の頃に事故にあってしまい、それ以降、左耳が聞こえなくなってしまった方となります。

事故にあった後、当然、病院にもいきましたが、聞こえの部分は、治療することができませんでした。

今現在ですが、特に仕事の際に聞きにくさを感じやすく、聞きにくい側から話されたり、呼びかけられたりすると気がつかないことがあり、職場でのコミュニケーションに関して、お悩みでした。

それらの状況をよくしたい。とご相談をいただきました。

聴力低下が非常に大きい事から、一般的な補聴器では、聞きにくさを改善できないため、クロス補聴器で改善を行いました。

どのようなことでお困りでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか

販売後のアンケート

【聞き返しが少なく】事故で片耳が全く聞こえない方、クロス補聴器で改善30代、男性。事故により、左耳が全く聞こえない方を補聴器で改善しました。その方法に関して、載せています。片耳が全く聞こえないため、補聴器では改善できないので、クロス補聴器で改善していきました。...

改善した補聴器

  • 改善:クロス補聴器
  • 機種:オーデオB50-312、フォナックB-312
  • 金額:352,600円(総額、税込)
目立ちにくくて扱いやすいクロス補聴器、オーデオB-312、クロスB-312クロス補聴器として、使用できるオーデオB-312、フォナッククロスB-312の組み合わせによる利点、欠点に関してまとめると共に、この補聴器がオススメな人もまとめてみました。...
当店の取り扱い製品(フォナック補聴器)当店の取扱商品のまとめです。当店では、フォナック。というメーカーの製品を扱っており、その補聴器から、ケア用品、サポート用品まで、全てまとめてみました。...

低音障害型感音難聴により、片耳が聞こえなくなってしまった方の改善

こちらの方は、初めは、聞こえていたものの低音障害型感音難聴という難聴になり、徐々に片耳のみ聞こえなくなってしまった方になります。

片耳が大きく聞こえにくくなったことにより、その方向から話されたり、囲んでお話しする際などに、聞きにくさが出てきたことから、改善のご相談をいただきました。

耳の状況を確認させていただき、一般的な補聴器では改善できないため、クロス補聴器で改善していきました。

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか

実際のアンケート

【不安が減った】片耳のみ低音障害型感音難聴の方、クロス補聴器で改善片耳のみ低音障害型感音難聴により聞こえなくなった方の改善事例です。耳の状況を把握し、どのように改善したのか。改善するポイントなどをまとめてみました。お悩みの方は、参考にしてみてください。...

改善した補聴器

  • 改善:クロス補聴器
  • 機種:オーデオB50-312、フォナッククロスB-312
  • 金額:352,600円(総額、税込)
目立ちにくく、使いやすいバイクロス補聴器、オーデオB-312、クロスB-312フォナックの補聴器の中で、バイクロス仕様で使えるのが、オーデオB-312、フォナッククロスB-312の組み合わせです。こちらは、小型である事の利点、欠点があります。それぞれの特徴から、オススメの人までまとめてみました。...
当店の取り扱い製品(フォナック補聴器)当店の取扱商品のまとめです。当店では、フォナック。というメーカーの製品を扱っており、その補聴器から、ケア用品、サポート用品まで、全てまとめてみました。...

事故により、左耳が聞きにくくなったケース(高度難聴)

こちらの方も、事故により、左耳が聞こえなくなってしまった方となります。事故の後、様々な病院に行くものの、残念ながら治療は、できない状況でした。

今現在の状況ですが、お仕事をしている状況ではなかったため、強く困る。ということはあまりないようでしたが、友人と囲んでお話をする際や聞きにくい側に人が来るような、ちょっとしたことで、聞きにくさを感じてしまうため、それらの部分をよくしたい、と、お考えでした。

耳の状況に関しては、音を大きく聞こえさせても、音声が聞こえやすくなる感覚がなかったため、クロス補聴器で聞きにくさを改善させていきました。

どのようなことでお困りでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか

販売後のアンケート

【実例】事故により、片耳が聞こえなくなった方を補聴器で改善した方法事故により、片耳が聞こえなくなってしまった方を補聴器で改善させた実例です。その方をどのように補聴器で改善していったのか。その部分に関して、中心に記載しています。お悩みの方が、ご参考にしてみてください。...

改善した補聴器

  • 改善:クロス補聴器
  • 機種:ナイーダQ50-RIC、フォナッククロス-13
  • 金額:316,800円(総額、税込)
  • 備考:2018年9月に販売終了。今は、別の機種が主流です
当店で扱っている耳かけ補聴器と耳あなクロスのミックス形の特徴※こちらの製品は、2018年9月を持って、販売終了となりました。ご愛顧いただき、ありがとうございました。 クロス補聴器とは、片耳の...
目立ちにくく、使いやすいバイクロス補聴器、オーデオB-312、クロスB-312フォナックの補聴器の中で、バイクロス仕様で使えるのが、オーデオB-312、フォナッククロスB-312の組み合わせです。こちらは、小型である事の利点、欠点があります。それぞれの特徴から、オススメの人までまとめてみました。...
当店の取り扱い製品(フォナック補聴器)当店の取扱商品のまとめです。当店では、フォナック。というメーカーの製品を扱っており、その補聴器から、ケア用品、サポート用品まで、全てまとめてみました。...

そのほかの改善事例

片耳のみ難聴の方に役立つ事例は、

にもあります。参考にどうぞ。

他、知っておくと良い事

うまく改善できない時は?

補聴器が耳から外れる

クロス補聴器が耳から外れる場合の対処方法クロス補聴器を使用している時ですが、耳の中に入れている部分が外れてきたり、耳から外れてしまう。という事が起こる事があります。 その...

クロス補聴器をつけると耳が痛い

【快適に】クロス補聴器を使って、耳が痛くなった場合の対処方法クロス補聴器を使用していて、痛みが生じる場合における改善方法をまとめてみました。クロス補聴器の種類別からどこが痛くなるのか別に記載し、改善できるように記載しています。...

クロス補聴器を活用する

故障しないための定期点検

【定期点検】クロス補聴器を良い状態で使い続けるためのメンテナンスクロス補聴器を良い状態で使い続けるためには、定期点検がオススメです。予め、故障しやすいところや聞きにくくなりやすい原因を排除し、良い状態でつけい続けられると、クロス補聴器の状態は、良い状態をキープしやすくなります。...

故障した時の修理について

クロス補聴器が故障した時の対応と修理期間中、困らなくする方法クロス補聴器が故障した際に、どの様にしたら良いのか。という部分と仮に修理が必要になった際、困らなくする方法についてまとめてみました。修理は、補聴器を預かる必要があるため、困らない様にすることを考えるのは、大切な事です。...

故障しないようにする日頃のケア

クロス補聴器の購入時、覚えておきたい故障を防ぐためのケア方法クロス補聴器を購入した後は、聞きにくくなりやすい要因に関して学んでおけると、聞こえをキープした状態で使い続けやすくなります。そのポイントに関してまとめてみました。...

クロス補聴器の電池について

クロス補聴器を有効活用する電池の使い方と電池購入時の注意点クロス補聴器は、空気電池と呼ばれるボタン電池を使用する機器です。有効活用するための使い方と電池を買うときの注意点に関して記載してみました。クロス補聴器を購入した後に知っておきたい内容です。...

クロス補聴器を使う際の注意点

クロス補聴器を使っていて影響を受ける機器とその対策クロス補聴器は、精密機器とあり、特に病院での検査機器に影響を受けることがあります。そのため、影響を受ける機器とその対策に関して記載してみました。クロス補聴器を使う場合は、これらの機器に気をつけましょう。...

クロス補聴器を無くさないようにする

クロス補聴器を無くす原因と無くさないようにする対策クロス補聴器をなくす要因は、どこに置いたか忘れてしまう事によるものが多く、使用中に耳から外れて、どこかにいってしまった。というのは、ほとんどありません。その対策に関しても記載してみました。紛失する前に対策を行う事が大切です。...

事故により片耳のみ聞こえにくくなった方の改善まとめ

片耳のみ聞こえにくくなった場合、上記の通り、補う方法としては、補聴器とクロス補聴器の2つがあります。

聞こえにくくなった耳側が補えるのであれば、補聴器を使用して、補い、残念ながら補聴器では、効果が出ないような耳の場合は、クロス補聴器を装用して、聞こえを改善させる事ができます

ご自身の状況を把握しつつ、耳の状況に合わせた改善方法をする事で、改善は、できるようになってきました。

こちらが、お悩みの方へ参考になれば幸いです。

なお、もし、聞こえにくさにお悩みなのであれば、早々に行動することが大切です。

早めに行動できると、その分、状況を早々に改善させることにつながり、今現在、感じているお悩みや心の負担も軽減しやすくなります。

当店でも、聞こえの改善のご相談は、承っていますので、そのような場合は、お気軽にご相談ください。

上記の方々のように聞こえの改善をさせていただきます。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえを改善する補聴器専門店
補聴器を売るお店ではなく、聞こえを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている人です。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

なお、聞こえの改善方法に関しては、8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめに、記載しています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
片耳難聴

片耳のみ中等度難聴の耳を補聴器で改善する4つのポイント

2017年1月22日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
耳が聞こえにくいケースの中には、片耳のみ聞こえにくく、さらに全く聞こえないレベルではなく、中等度難聴のレベルの方から、軽度の難聴のレベルの方 …
片耳難聴

片耳が全く聞こえない片耳難聴を補聴器で改善する4つのポイント

2014年7月5日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
耳が聞こえにくい状況の一つには、片耳難聴という、片耳のみ何らかの原因により、聞きにくい方がいます。 今現在、片耳のみ全く聞こえない耳の …
片耳難聴

【改善例付】片耳のみ聞こえない方を補聴器で改善する2つの方法

2016年11月6日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器で聞こえを改善する場合、はじめにどのように補ったら、聞こえにくさが改善できるのか。を考える必要があります。 「補い方?」と感じる …