外リンパ瘻

外リンパ瘻により、片耳が全く聞こえない方を補聴器で改善した方法

外リンパ瘻により、聞きにくくなると、片耳のみ大きく聞きにくくなることがあります。

耳の場合、基本的には、治療ができるなら治療。治療できず、聞きにくさに困る場合は、補聴器。と、進んでいきます。

しかし、外リンパ瘻により、聞きにくくなったケースは、大きく聞こえにくくなることがあり、そのような場合は、補聴器を装用しても、聞きにくさの改善には、繋がらないことが多くなります。

この場合、クロス補聴器。という少し特殊な機器を使うと、改善しやすくなります。

こちらでは、外リンパ瘻により、聞きにくくなり、聞こえにくさにお困りの方に向けて、どのようにして、よくしていけると良いか。その部分に関して、まとめていきます。

聞きにくさにお悩みの方へ、少しでも改善できる方法を提供できれば幸いです。

外リンパ瘻を補聴器で改善する

外リンパ瘻は、片耳のみ大きく低下することがある。難聴の一つです。内耳(ないじ)と呼ばれる部分が、損傷し、聞きにくくなります。外リンパ瘻は、片耳のみ大きく低下することがある。難聴の一つです。内耳(ないじ)と呼ばれる部分が、損傷し、聞きにくくなります。

外リンパ瘻により、聞こえにくくなった場合、上記のような特徴があります。

片耳のみ大きく下がるのですが、低い音は、中音域から高い音に比べると、まだ、聞こえる感覚があります。片耳のみ大きく下がるのですが、低い音は、中音域から高い音に比べると、まだ、聞こえる感覚があります。

耳の聞こえに関しては、片耳のみに起こることが多く、その耳側が、大きく低下することがあります。

一般的に治療で耳を治せない場合は、補聴器を装用して聞きにくさを改善していきます。

聴力が大きく低下すると、補聴器を装用しても、改善しづらくなります。補聴器は、聴力により、改善度が異なります。聴力が大きく低下すると、補聴器を装用しても、改善しづらくなります。補聴器は、聴力により、改善度が異なります。

しかし、片耳が大きく聞こえにくくなった場合、補聴器を装用しても、うまく改善ができません。

補聴器の中には、クロス補聴器。という少し変わった機器もあります。補聴器の中には、クロス補聴器。という少し変わった機器もあります。

そのようなケースでは、クロス補聴器。というものを使うと、改善しやすくなります。

クロス補聴器は、聞こえる耳側に補聴器をつけ、聞こえない耳側にクロスをつけます。クロスに音が入ると、その音を常時、聞こえる耳側へ転送してくれるようになります。クロス補聴器は、聞こえる耳側に補聴器をつけ、聞こえない耳側にクロスをつけます。クロスに音が入ると、その音を常時、聞こえる耳側へ転送してくれるようになります。

クロス補聴器とは、聞こえる耳側で、全ての音を聞く機器です。聞こえない側には、クロス。というものを使い、聞こえる耳側には、補聴器を載せます。

聞こえるイメージです。聞こえるイメージです。

すると、聞こえない側にきた音を聞こえる耳側に常時、送ってくれるようになります。このようにすることで、聞きにくさを改善するのが、クロス補聴器です。

聞こえる耳側は、耳せんで塞がないようにし、その耳側からの音もわかるようにします。聞こえる耳側は、耳せんで塞がないようにし、その耳側からの音もわかるようにします。

少し補足をしますと、聞こえる耳側は、そのままの耳せんを使うと、聞きにくくなりますので、穴があいた耳せんを使います。

その穴から、聞こえる耳側の音は、聞き、反対側からも音が入るようにして、左右の音を聞けるようにします。

一般的な補聴器で改善ができるのであれば、それで良いのですが、一部の難聴は、それでは、改善できないことがあります。

そのような方のために作られたのが、このクロス補聴器です。

クロス補聴器でよくなるところ、変わらないところ

結論から、記載しますと、このようになります。

片耳のみ難聴の場合、基本的に、これらの部分が聞きにくく、わかりづらくなる傾向があります。

  1. 聞こえない耳側からの音、声がわからない
  2. 騒がしいところでのお話がわかりづらい
  3. 複数の人とのお話がわかりづらい
  4. 音の方向感覚がわからない

主にこの四つですね。

この中で、よくなるのが、①〜③になります。残念ながら、④だけ、改善させることができません。

そして、その効果ですが、基本的に反対側からの呼びかけや音には、非常にわかりやすくなる傾向があります。

ただし、周りが騒がしくなりすぎると、周りの音が邪魔をして、聞きにくくなることもあります。

少し程度であれば、わかりやすいようですが、かなり大きいと(居酒屋さんレベルで大きい場合など)、周りの音が邪魔をしてしまい、今までとあまり変わらない。というケースがあります。

耳を治す。というところまでは、行かないのですが、片耳のみ聞こえにくい状態をよくしてくれるのが、クロス補聴器です。

クロス補聴器の評価(口コミ)

当店では、実際にクロス補聴器に関して購入された方より、意見をお伺いしたことがあります。

その結果は、このような状態でした。

  1. オフィスや仕事の場で、聞き返しが少なくなった
  2. 聞きやすくなることで、不安やストレスが軽減した
  3. 会議やミーティングで聞きやすくなった

この三つが多くありました。

購入された方より、意見をお伺いするのですが、その中で多かったのは、聞きやすくなることにより、ストレス、不安が軽減した事。

そして、仕事場で、聞きやすくなることにより、コミュニケーションのすれ違いが、少なくなったり、聞き返しが少なくなった事でした。

この二つが非常に多く、それにより、クロス補聴器を使用している。という方は、多かったです。

確かに難聴は、聞こえにくいことが問題ではなく、聞こえにくいことにより、コミュニケーションがうまくいきにくくなるのが、問題です。

聞こえにくい場合、話された時に反応できなかったり、聞こえていなかったりする事があります。

仮にお話しをして、反応がなかった場合、相手側からしたら、聞こえているのか、聞こえていないのかを判断するすべがありません。

耳について、お伝えしていない場合、そのような意図は、ないにしても、相手からしたら、状況がわかりませんので、そのように捉えられてもおかしくありません。

これにより、徐々に人間関係が悪くなってしまったり、あまり良い印象を抱かなくなってしまうと、徐々にお話もしづらくなり、コミュニケーションも取りづらくなります。

それらをなるべく回避できるようにしたり、補聴器をつけることで、ご自身から耳について話し、コミュニケーションのズレをなるべくなくすようにできると、人間関係も少しずつ、良くなってきます。

その部分にクロス補聴器の価値を感じている方は、多くいました。

使うことによって聞きやすくなることは、もちろんですが、聞きやすくなることにより、周囲とのやりとりがスムーズになる。というのもクロス補聴器の利点です。

逆に購入しなかった方ですが、多かったのは、

  • 金額が高い事
  • 金額と効果が釣り合わない

の二つが、少し目立つ状態でした。

金額に関しては、安いものでも30万ほどしますので、少々、高く、気軽に買えない。という部分があります。

そして、クロス補聴器は、確かに聞こえやすくはなるのですが、劇的に改善したり、耳が治る。というレベルまで、改善するわけではありません。

そのため、金額による悩み。という部分は、あります。

こちらでは、あくまでも公平に購入した人の意見と購入しなかった方の意見。この二つに関して取り入れてみました。

なお、一つ補足をさせていただくとしますと、実際には、使用環境により、クロス補聴器の効果は、結構変わります。

オフィスの中で仕事する方や比較的、周囲が騒がしくなりにくいところで生活される方は、聞こえの改善を体感しやすく、周囲が騒がしくなりやすい、工事現場、騒音が多いところですと、効果を感じにくくなります。

そのため、実際に判断する場合は、クロス補聴器に関して、試聴なり、貸出なり、していただき、体験できると良いです。

人というよりも、環境により、大きく変わりますので、その点だけ、ご注意ください。

外リンパ瘻の方を改善した事例

外リンパ瘻の方は、珍しいため、改善しているケースは、少ないのですが、そのケースを載せて行きます。

どのように改善していったのか。という部分は、リンク先に記載していますので、ご参考にどうぞ。

どのような事でお困りでしたか

実際に改善されてみて、いかがでしょうか

販売後のアンケート

聞きにくさが改善できたことで、お悩みも少なくなったとのことでした。こちらとしては、本当に何よりです。

改善したケースの解説に関しては【仕事が楽に】外リンパ瘻にて右耳失聴の方、クロス補聴器で改善しましたをどうぞ。

クロス補聴器のQ&A

こちらは、よりクロス補聴器に関して、知りたい方のために、よく聞かれる内容をまとめてみました。

クロス補聴器の金額は?

クロス補聴器には、いくつか種類があり、その種類により、変化します。

オーソドックスな耳かけタイプは、282,600〜602,600円まであり

耳の中に入るタイプの耳あな形タイプは、317,600~669,600円まであります。

ただし、注意点としては、基本的に片耳のみ聞こえない方の場合は、耳かけタイプのクロスを使います。

耳あな形のクロスは、聞こえる耳側も耳あな形を使う必要があり、耳の中を塞ぐことから、聞こえる耳側が聞きにくくなる。という致命的な欠点があります。

その点にご注意ください。

どのくらい使えるものなのか(平均使用年数)

寿命、という意味での「どのくらい使えるか」だと解釈しますと、平均使用年数は、5〜7年くらいになります。

クロス補聴器は、故障したとしても修理して直すことができます。

すると、修理できなくなる頃が、強制的に買い替えをすることになる期間になるのですが、それは、補聴器の販売を中止してから、5年後になります。

例えば、補聴器を購入し、2年後にその製品が、販売中止となった場合は、購入した時から、7年は、修理できるようになっています。

大抵は、7〜8年くらい使えるようになっており、一般的な買い替えの頻度としては、5〜7年に1度くらいになることが多いです。

保証はあるの?

補聴器側が2年、クロス側が1年、保証期間があります。

この間は、自然故障であった場合、無償で修理できます。

ただし、例えば、ご自身で踏んづけてしまい、粉々になってしまった……というケースは、有償になりますので、その点にご注意ください。

どちらかというとクロスの方が故障しやすいため、そちらを注意して使用した方が良いですね。

聞こえる耳側は、悪くならないのか

こちらに関しては、難しい質問なのですが、結論から言いますと、今までより、負担は、かかるものの、聞きにくくなるレベルまで、音を大きくすることは、しないようにしています。

今現在の状態より、クロス補聴器をつけることで、音は、より入るようになります。

しかし、補聴器は、大きい音には、音の制限をかけており、一定以上の大きな音は、逆にセーブするようにしています。

そのようにして、聞こえをよくすると同時に、耳を守ることもしています。

詳しくは、クロス補聴器でよく聞かれる耳への負担と負担を軽減する2つのポイントをご覧ください。

クロス補聴器のご相談は、どこでできる?

病院さんや補聴器販売店さんでできます。

ただ、クロス補聴器自体が珍しいため、まずは、扱っているかどうかを確認できると良いです。

確認する際は、耳の状態を忘れずにお伝えするようにしましょう。耳の状態を伝えないと、なぜ、このような珍しい機器を相談したいのかわからないため、伝えた方が、こちらの意図は、伝わります。

クロス補聴器は、試せる?

場所によっては、クロス補聴器の試聴や貸出を行なっています。

貸出も、1〜2週間ほどの場合もあれば、もっと長く貸してくれるところもあり、お金も無料のところから有料のところまで、あります。

一応、私のところでは、代金は、かからず、貸出期間も、1〜2週間を目安に一区切りにし、何度か、貸出できるようにしています。

実際には、クロス補聴器自体が珍しいため、この補聴器を扱っているところを探していただく方が大切です。

クロス補聴器について、もっと知りたい!

上記の他、クロスについて知りたい場合は、

をご覧いただくと良いです。基本的にクロス補聴器に関しては、種類と性能の二つを選ぶ必要があります。

基本と種類と性能。この三つをご覧いただければ大半のものを理解することができます。

外リンパ瘻を補聴器で改善するまとめ

外リンパ瘻により、片耳が聞こえなくなってしまった場合は、聴力が大きく低下していることが多く、そのような場合、一般的な補聴器では、補うことが、ほとんどできません。

そのような場合は、クロス補聴器を使用して、なるべく聞きにくさを改善していきます。

元々は、一般的な補聴器で聞こえを改善できない難聴でしたので、聞きにくくなったら、そのままにすることが多かったのですが、今現在は、クロス補聴器。という改善手段が出てきました。

まだまだマイナーな機器にはなるのですが、病院さんでも扱っているところが少しずつ増えています。

もし、聞きにくさにお悩みであれば、行動されてみてください。お悩みがより良くなるかもしれません。

こちらの内容が少しでも、状況を改善されることに繋がったのであれば、幸いです。

クロス補聴器をより知りたい方へ

こちらは、クロス補聴器についてより詳しく知りたい方へ向けたクロス補聴器に関する内容をまとめたリンク集です。見たいところからご覧ください。

クロス補聴器の対象者から基本や効果について

クロス補聴器の種類や性能を理解する

クロス補聴器での改善事例

クロス補聴器を使用する時に知りたい事

クロス補聴器の音の調節について

クロス補聴器、購入前に気になる事

クロス補聴器を購入した後は?

こちらが、聞きにくさやお悩みの改善にお役に立てば幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧