クロス補聴器の返品

相談前に知っておきたい補聴器やクロス補聴器の返品について

補聴器をご相談する際、もし、よくない製品を購入してしまったら、どうしよう。仮に合わなかった場合は、返せるのか。という部分が気になる方もいらっしゃるかと思います。

結論から記載しますと、補聴器は、返品を受けてつけている所とそうでないところがあり、多くが、返品を受け付けていません。

このように記載すると、やや乱暴に聞こえるかもしれませんが、基本的に補聴器のご相談は、試聴や貸出を行い、良いと思った方、あると、良いと思った方のみ、補聴器の選定に移る事が多く、あまり返品される事がない。というのが事実です。

こちらでは、

  • 補聴器の返品条件
  • 補聴器のご相談
  • 仮に変なものがあった場合の対応方法

について、まとめていきます。

なお、厳密には、返品条件は、お店によって変化しますので、あくまでもおおよそ程度にご理解いただければ幸いです。

補聴器の返品について

補聴器の返品については、補聴器屋さんや製品、補聴器のメーカーさんによって変化します。

製品には、耳にかける補聴器

耳の中に入れる補聴器があります。

以下、メーカーへの返品に関して記載していきます。そのまま、補聴器販売店もこのようにしている事が多いです。

耳かけ形補聴器の場合は

  • 条件:出荷から60日以内で未開封、または、注文間違いの場合のみ
  • 備考:耳かけ形補聴器は、試聴ができるため、基本的に返品がほぼない

こちらが多くの場合において、条件である事が多いです。

未開封となると、実際には、注文間違いの場合のみにしか、当てはまらない状態になります。

補聴器には、耳あな形という製品もあります。

こちらの場合は、

  • 条件:出荷より90日以内の場合、OK
  • 備考:耳あな形の場合、耳の状況によって返品は、あります

耳あな形補聴器の場合、基本的に耳の形を採取して、製作します。

耳の状況によっては、合わなかったり、ハウリングが多く起こる、耳あな形特有の声のこもり、響き。が強い、と、補聴器を使い続けるのに困難な場合があります。

人によっては、これらの部分が非常に大きく感じる事があるため、そのような方の場合は、返品し、その感覚を抑えられる耳かけ形補聴器にする。というケースがあります。

ただ、耳の形の部分は、再作といい、再度、作り直す事もできますので、耳あな形補聴器の場合は、それで、まず改善できないかを確認し、それでも、難しい場合は、耳かけ形補聴器にする。というようにしているところが多いですね。

片耳のみ難聴の場合、クロス補聴器。というものもあります。

こちらも基本的には、考えは、全く同じです。

クロス補聴器の場合は、耳かけ形が主流になるのですが、

  • 条件:出荷から60日以内で未開封、または、注文間違いの場合のみ
  • 備考:耳かけ形補聴器は、試聴ができるので、基本的に返品がほぼない

このようになります。

こちらも、上記に記載した通り、基本的に補聴器のご相談は、試聴してみて、良いと思った方のみ、その後の補聴器の選定をしていくため、返品がほとんどありません。

購入前に気が変わった。という事であれば、未開封の扱いとなり、返品は、できるかと思いますが、クロス補聴器をしばらく使用して、返品。というのは、難しい状況になります。

クロス補聴器には、耳あな形タイプもありますが、現在、聞こえる耳側が聞きにくくなるため、基本的にはオススメしない機器になります。クロス補聴器には、耳あな形タイプもありますが、現在、聞こえる耳側が聞きにくくなるため、基本的にはオススメしない機器になります。

上記には、耳あな形補聴器もあると、記載しましたが、クロス補聴器にも耳あな形は、あります。

ただ、こちらは、クロス補聴器が合う方。すなわち、片耳のみ難聴の方には、聞こえる耳側が聞こえづらくなるという最大の欠点があるため、オススメしません。

こちらも、上記の耳あな形と返品条件は、同じになります。

補聴器の相談は、試聴から始める事が多い

上記に記載した通りに受け取りますと、補聴器は、随分乱暴のように感じるかもしれません。

ここからは、補聴器専門店に限りますが、基本的に補聴器のご相談は、試聴からはじめ、良いと思った方のみ補聴器の選定に移り、どの補聴器が良いかを決めて、製品を用意し、お渡しとなります。

この試聴の時も、製品を使うのではなく、試聴専用の試聴機、デモ機器を用意して、行います。

仮にあまり良くなかったな、と思った場合や思った以上にはならなかったな。と、感じた場合は、試聴している際や貸出している際に、補聴器(試聴機)をお返しできるようになっていますので、その際に返却すれば、大丈夫です。

補聴器は、残念ながら、全ての耳を無条件に治るレベルまで改善できる製品ではありません。

実際には、補聴器を装用しても、ほぼ効果がない耳も存在しており、改善度も、耳の状況によって様々です。

そのため、補聴器でどれほど改善できるのか。実際にあると良いのか。は、人により、大きく変化します。

そのことは、補聴器屋さんがよくわかっていますので、貸出をして、実際にあると良いかを確認する場所は、意外に多くあります。

その試聴や貸出で様子をみて、あると良い。あると職場での対応や日々の生活がしやすくなる。という方のみ、ご相談を進めているところが、最近は、多くなってきました。

購入する前に補聴器を体験できるようにしていますので、そのことからも返品は、実際のところ、かなり少ないのが現状です。

こんな時は、対応してもらおう

とはいえ、実際に相談していると様々な事があります。

  • 買った補聴器が1ヶ月未満で、変になった
  • 耳あな形補聴器を使っていると耳が痛くなる

などあった場合は、購入した場所に相談し、早々に対応してもらいましょう。

買った補聴器が1ヶ月未満で、変になった

こちらは、買った補聴器が1ヶ月未満で、故障した。変になったケースです。

簡単にいえば、初期不良、不良品になるのですが、このようなケースは、お店側に相談する事で、新品のものと交換していただけるケースが多いです。

この場合は、交換。という状態になりますので、返品には、入れなかったのですが、実際には、年に2〜3回ほどありますので、このような場合は、早々に相談しましょう。

親切な補聴器販売店であれば、必ず対応してくださるはずですし、何よりも、そのままの状態で使っていただくのは、良いことではありません。

そのような場合は、早々に相談する事が大切です。

耳あな形補聴器を使っていて耳が痛くなる

片耳のみ難聴の場合、クロス補聴器は、ほぼ耳かけ補聴器になるため、こちらは、ないのですが、難聴耳側に耳あな形補聴器を使っている場合は、こちらもありえます。

耳あな形補聴器の場合、耳の形を採取して、その方、専用の補聴器を作ります。

そのため、たまに耳の中が大きく採取され、大きめに補聴器が出来上がることがあります。

その場合、耳の中がきつく感じたり、ギュウギュウ詰めで入るような感覚になりますので、そのうち、耳が痛くなる事があります。

その場合は、再作といい、90日間ほど、どのメーカーでも、耳の中に入る部分の作り直しする期間を設けています。

仮に痛みを感じる、かなりきつく感じる場合は、早々に連絡し、対応してもらうと、よくしやすくなります。

なお、実際にきつく感じる方は、10人に1人か2人くらいです。たまに程度になります。

この場合は、対応してくれますので、気軽に相談してみましょう。

補聴器、クロス補聴器の返品のまとめ

基本的に補聴器の返品は、あまりありません。

試聴を行い、良いと思った方だけ、製品を売るスタイルですので、そもそもの問題として、返品がかなり起こりづらい状態にしています。

試聴する際も試聴機を用意して行なっており、試聴機で改善させ、販売となった段階で、製品を用意します。

そのやり方、そのものが行える耳かけ形補聴器は、ほぼ返品が起こりません。

もちろん中には、初期不良のような状態はありますが、こちらは、もちろん交換の対象となりますので、そのようなケースは、早々に相談していただく事が大切です。

ただ、耳あな形補聴器だけは、事前に試聴が、できないため、製品を作り、そのまま良いとなった場合は、そのまま購入し、仮に問題が起こってしまった時のために、返品できるようにしています。

こちらは、あくまでも補聴器専門店の傾向として記載していますので、他は、わからないところはあります。

ただ、試聴機を用意したり、試聴できる環境にしていますので、今現在、返品になるケースは、かなり少なくなってきました。

なお、仮に気になる場合は、ご相談しているところに補聴器の返品について、伺い、条件なども聞いてみると良いでしょう。

おそらく、しっかりとご返答してくださるかと思います。

クロス補聴器に関する他の内容

クロス補聴器の3つの対象者としっかり理解する7つのポイント片耳のみ聞こえにくい方を改善するクロス補聴器の基本、作られた経緯、対象者、改善する際の形状(種類)、性能、聞こえを引き出す調整に関して、まとめてみました。中には、実際に改善した方の実例も載せていますので、お悩みの方は、参考にしてみてください。...
片耳が全く聞こえない片耳難聴を補聴器で改善する4つのポイント片耳のみ全く聞こえない方を補聴器で改善するための考え、補聴器選定、補聴器の性能、補聴器の調整についてまとめました。今現在、一般的な補聴器では補えない方、用にクロス補聴器での改善もできるようになりました。...

つけるタイミング

片耳難聴の方が補聴器の相談をする前に気をつける三つの事片耳のみ難聴の場合、現状、どのような状況かにより、変わりますが、耳の治療ができるなら、まずは、治療を優先していただき、治療ができないとわかった段階で、補聴器のご相談ができると良いです。...

聞こえる耳への負担

クロス補聴器でよく聞かれる耳への負担と負担を軽減する2つのポイントクロス補聴器に関して、お問い合わせいただくことの一つに、クロス補聴器を装用した際に、聞こえる耳への負担は、どうなのか。という点をいただき...

補聴器の相談時間、日数

【片耳難聴の方、対象】補聴器相談の流れと購入までにかかる時間片耳のみ難聴の方をよくする補聴器相談についてまとめてみました。補聴器は、購入するまで時間がかかりますので、余裕を持って相談した方が、良い結果になります。...

クロス補聴器の試聴

【片耳難聴】相談の際は、補聴器の試聴・貸出システムを利用してみよう片耳のみ難聴の方で、聞きにくさにお悩みの場合は、試聴や貸出しているお店で相談してみると、いいです。気軽に補聴器の事をお伺いでき、かつ体験や経験することもできます。...

クロス補聴器の寿命

購入する前に知っておきたいクロス補聴器の寿命と長く使うためのケア方法クロス補聴器が使用できる使用年数、寿命に関して記載してみました。長く保たせるための方法と新しいものに変える際の注意点についてものせてみました。...

クロス補聴器の相談場所

【相談形式付】クロス補聴器の相談は、どこでできる?クロス補聴器の相談場所ですが、病院さん、補聴器屋さんで相談できます。ただ、扱っている場所と扱っていない場所がありますので、クロス補聴器に関して、調べる事が大切です。...

クロス補聴器の保証

クロス補聴器の修理保証の基本と保証を有効活用する方法クロス補聴器に限らず、補聴器には、保証期間、というものがあります。その基本となる部分から、うまく活用する方法について記載して見ました。...

片耳難聴における助成

【片耳難聴対象】補聴器購入助成制度と医療費控除の助成制度まとめ片耳のみ聞こえにくい方に向けて、補聴器の助成制度をまとめてみました。対象となる方は、限られるのですが、利用できる方は、利用してみましょう。...

クロス補聴器のメーカー

クロス補聴器があるメーカーとメーカー以上に重要な相談する場所補聴器メーカーには、いくつかあるのですが、クロス補聴器の場合、限られたメーカーしか製造をしていません。 今までは、フォナック。とい...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【お困りの方へ】適切に聞こえを改善する補聴器相談、実施中

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

只今、適切に聞こえを改善するための予約制による補聴器相談、実施中です。日常生活上で、実際にお試しできるよう、貸出、試聴も、無料で行なっています。

  • 以前、別のところでうまくご相談ができなかった方
  • 近くに安心して相談できるお店が見当たらない方
  • 補聴器の事を相談したいけれども不安がある方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

なお、当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。また、補聴器による聞こえの改善方法に関しては【総合】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめにまとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例