補聴器の試聴・貸出

補聴器販売店で行われている試聴・貸出サービスとその利点

補聴器販売店や病院さんでの補聴器外来では、良心的なところで多く行われている、補聴器の試聴、貸出サービスがあります。

補聴器は、もしかしたら、いきなり購入する。というようにお考えの方もいるかもしれませんが、実際には、試聴や貸出期間を設けて、補聴器を理解し、そして、使えるようにしていくところが多くあります。

この試聴・貸出サービスは、実際に身近で補聴器を使用していただくためのシステムです。

補聴器があると、どのように生活かが変わるのか。本当に補聴器はあると良いのか。補聴器は、ちゃんと使えるのか。など、確認できるため、販売側、使用する側、どちらにとっても良いサービスになっています。

こちらでは、よく行われている補聴器試聴・貸出システムについてまとめていきます。

補聴器屋さんの試聴・貸出サービス

概要としてまとめますと

  • 機種:耳にかけるタイプのものが多い
  • 金額:無料のところから、一律期間、1,000〜5.000円くらいまで幅あり
  • 期間:1〜2週間のところから、3ヶ月くらいのところまであり
  • 備考:耳の型を採取して作る特殊なタイプは、貸出がないことが多い

となります。

補聴器には、大きく分けて、耳にかけるもの。耳の中に入れるものがあります。貸出できるのは、既製品として多い耳にかけるタイプの補聴器です。補聴器には、大きく分けて、耳にかけるもの。耳の中に入れるものがあります。貸出できるのは、既製品として多い耳にかけるタイプの補聴器です。

補聴器には、耳にかけるものから、耳の穴の中に入れるタイプがあります。

その中で、試聴機として用意しているのは、耳かけ形が多くなります。

良心的なところでは試聴機を揃えているところが多いです。試聴機は、お店がメーカーさんから買ったり、メーカーさんから借りていたり、様々です。良心的なところでは試聴機を揃えているところが多いです。試聴機は、お店がメーカーさんから買ったり、メーカーさんから借りていたり、様々です。

このように試聴機の場合、既製品となりますので、お店や補聴器外来では、デモ機器を用意して、試聴できるようにしているところが多くあります。※良心的な補聴器屋さんでは、ほとんどの確率で、デモ機器があります。

補聴器の中には、耳あな型というものもあります。こちらは、耳の形を採取して作る製品ですので、試聴機がなく、製品で行うしかありません。

そのため、その製品そのものを返品できるようにしているところと、製品なので、返品できない。というようにしているところがあります。

どちらにしても、耳あな型を作る場合は、一旦、耳かけ形補聴器を試してみて、良いとなった方に行われることが多いです。

貸出期間は、場所によって大きく異なり、1〜2週間というところから、長いところでは、3ヶ月ほど借りられるところがあります。

また、金額に関しても、無料のところから、一律期間、例えば、3ヶ月貸出する代わりに3,000円。など、金額が決まっているところもあります。

私のお店では、貸出期間は、決めず、比較的自由に行い、お金もとっていないのですが、場所により、これらの部分は、大きく変わります。

試聴というのは、初めてなので、試聴してどんな感じか体験したい。も試聴に入りますし、どの補聴器にするかを決めるための試聴。というのもあります。

試聴・貸出システムは、そのようなご希望を叶えるためのものになります。

双方にとって良いシステムが試聴、貸出サービス

試聴・貸出システムは、お客さん側、そして、補聴器屋さんにもメリットがあります。

お客さん側のメリット

お客さん側のメリットは、

  • 安心して相談できる
  • どのようなものか、理解した上で相談できる
  • ご自身で実際に使えるものなのか、確かめながら相談できる

というメリットがあります。

補聴器は、金額が高く、さらに、初めてとなりますと、正直、どれを選んだら良いか。は、非常にわかりづらくなります。

そのため、試聴や貸出を通じて、補聴器に触れたり、どんなものかを理解し、さらに、自分が検討しているものなどを体験できると、相談自体が失敗しづらくなります。

試聴してみて、ダメだったら他のものに変えれば良いですし、よかったら、それも候補に入れてみる。

そして、その情報を補聴器屋さんや相談している人と共有できれば、よりご自身に適した補聴器を購入できるようになります。

試してみると、色々なことがわかりますので、そのようにできると、安心して相談しやすくなります。

補聴器屋さん側のメリット

補聴器屋さん側にも実は、大きなメリットがあります。

  • 試聴した補聴器がちゃんと使えるものなのかを確かめることができる
  • 聞こえの状態がどのくらい改善するのかを試聴で調べることができる

この二点です。

まず、補聴器屋さんも、補聴器が初めての方は、何が合うのかわかりません。

実際に補聴器に触れてもらったり、貸出させていただき、ちゃんと扱えるものなのか。使用してみて、使いづらいところがないか。という部分が確認できると、どの補聴器が良いかがわかりやすくなります。

そして、補聴器には、聴力を補える量(補える聴力そのものの数値)、というのがあったりするのですが、たまにギリギリの方がいたりします。

そのようなケースでも、実際に試聴機を使って補ってみて、ちゃんと聞こえを改善できるのか。というのをテストできると、安心して、提供できるようになります。

テスト(試聴)してみて、補いづらいのであれば、他のものにすれば良いですし、補えるのであれば、それでも大丈夫。ということがわかるためです。

このようにテストする。ということができると、補聴器屋さんにとって、その方に合った補聴器を安心して提供できるようになるという非常に大きなメリットがあります。

気軽に利用してみよう

このように良心的なところでは、補聴器の試聴や貸出について行なっています。

貸出や試聴が行えることは、双方にとって良いメリットがあるためです。

実際には、デメリットとして、相談に少し、時間がかかる。というデメリットがあるものの、しっかりと相談したい。安心して相談したい。という方には、良いシステムですね。

基本的に試聴や貸出を行なっている販売店さんは、それを行なっている旨、書いてあることが多いため、わかりやすいかと思います。

もちろん、相談前に試聴、貸出できるか伺っても良いですし、どのようなシステムになっているのか(例えば、お金がかかるのか、どのくらい借りられるのかなど)を伺ってみても良いでしょう。

このようなシステムがありますので、補聴器を相談する際は、利用してみましょう。

各、難聴の改善まとめ

軽度難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つのポイント軽度難聴を改善させるための聞こえを改善する基本、軽度難聴に合う補聴器の種類(形状)、補聴器の性能、改善に重要な補聴器の調整。この4つに関してまとめました。実際の改善事例ものせてみましたので、お悩みの方は、ご参考にどうぞ。...
中等度難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つのポイント中等度難聴を改善させるための聞こえを改善する基本、中等度難聴に合う補聴器の種類(形状)、補聴器の性能、改善に重要な補聴器の調整。この4つに関してまとめてみました。改善実例をのせ、理解しやすくしてみました。...
高音漸傾型の難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つの要点高音が聞こえにくいのが、高音漸傾型の聴力です。この難聴を改善させる基本、聞こえを改善しやすい補聴器の種類(形状)、補聴器の性能、補聴器の調整、改善に必要なものをまとめてみました。改善実例ものせ、理解しやすくしてみました。...
低音性難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つのポイント低音性難聴を改善させるための聞こえを改善する基本、この聴力に合う補聴器の種類(形状)、補聴器の性能、改善に重要な補聴器の調整。この4つに関してまとめてみました。改善実例をのせ、理解しやすくしてみました。...
左右の聴力が違う耳を補聴器で改善する4つのポイント左右の聴力が異なる方を補聴器で改善させる際に重要になる改善方針、補聴器の形状、性能、そして、補聴器の調整の4つをまとめました。改善への注意点も含みつつ、記載し、聞きにくさにお悩みの方へ、参考になれば幸いです。...
左右の聴力差が非常に大きい耳を補聴器で改善する4つのポイント左右の聴力が大きく異なる方を補聴器で改善する際の改善方針、補聴器の形状ごとの特徴、性能の違い、聞こえを改善させる補聴器の調整についてまとめてみました。実例も記載し、より理解しやすくしてみました。...
片耳のみ中等度難聴の耳を補聴器で改善する4つのポイント片耳のみ中等度難聴ほどの聞こえを補聴器でしっかり改善する方法についてまとめました。改善に重要になる、補う方法、補聴器の種類の違い、性能、そして、補聴器の調整まで、まとめています。聞きにくさにお悩みの方へ、参考になれば幸いです。...

バイクロス補聴器について

バイクロス補聴器の対象者としっかり聞こえを改善する7つのポイントバイクロス補聴器は、片耳が補聴器で補え、もう片耳が補聴器で補えない方に使用される機器です。この補聴器の対象者、基本となる仕組み、形状選定、性能、そして、改善に必要な調整まで、全てをまとめてみました。実例もご用意しましたので、聞こえにお悩みの方は、参考にしてみてください。...
ABOUT ME
深井 順一・補聴器を使っている補聴器販売員
2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている補聴器販売員です。パートナーズ補聴器、代表。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”こちらをどうぞ。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【お悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めた補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない方
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった方
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい方

などいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

相談をご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

また、聞こえの改善方法に関しては、聴力別、聞こえを補聴器で改善させる方法に、まとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
補聴器の試聴・貸出

補聴器販売店がしている補聴器の貸し出しについて

2016年9月3日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器は、体験しないとどのようなものなのかわからないため、補聴器販売店では、試聴できるものを用意し、補聴器の試聴や貸出を行っています。メガネ …
補聴器の試聴・貸出

私が補聴器相談時、補聴器の試聴後から補聴器選定をしている理由

2016年10月14日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器の相談には、いくつか方法や形式がありますが、私の場合、少々時間がかかる方法を採用しています。それは、補聴器の試聴からはじめ、試聴した結 …
補聴器の試聴・貸出

みんな補聴器は、どう決めているの?という疑問に答えてみた

2018年12月11日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器のご相談をする場合、ご自身で、自分の耳に合う補聴器を探していく事になります。 その場合、少し気になるのは、みんな補聴器は、どう決 …