補聴器の試聴・貸出

補聴器販売店で行われている試聴・貸出サービスとその利点

補聴器販売店や病院さんでの補聴器外来では、良心的なところで多く行われている、補聴器の試聴、貸出サービスがあります。

補聴器は、もしかしたら、いきなり購入する。というようにお考えの方もいるかもしれませんが、実際には、試聴や貸出期間を設けて、補聴器を理解し、そして、使えるようにしていくところが多くあります。

この試聴・貸出サービスは、実際に身近で補聴器を使用していただくためのシステムです。

補聴器があると、どのように生活かが変わるのか。本当に補聴器はあると良いのか。補聴器は、ちゃんと使えるのか。など、確認できるため、販売側、使用する側、どちらにとっても良いサービスになっています。

こちらでは、よく行われている補聴器試聴・貸出システムについてまとめていきます。

補聴器屋さんの試聴・貸出サービス

概要としてまとめますと

  • 機種:耳にかけるタイプのものが多い
  • 金額:無料のところから、一律期間、1,000〜5.000円くらいまで幅あり
  • 期間:1〜2週間のところから、3ヶ月くらいのところまであり
  • 備考:耳の型を採取して作る特殊なタイプは、貸出がないことが多い

となります。

補聴器には、大きく分けて、耳にかけるもの。耳の中に入れるものがあります。貸出できるのは、既製品として多い耳にかけるタイプの補聴器です。補聴器には、大きく分けて、耳にかけるもの。耳の中に入れるものがあります。貸出できるのは、既製品として多い耳にかけるタイプの補聴器です。

補聴器には、耳にかけるものから、耳の穴の中に入れるタイプがあります。

その中で、試聴機として用意しているのは、耳かけ形が多くなります。

良心的なところでは試聴機を揃えているところが多いです。試聴機は、お店がメーカーさんから買ったり、メーカーさんから借りていたり、様々です。良心的なところでは試聴機を揃えているところが多いです。試聴機は、お店がメーカーさんから買ったり、メーカーさんから借りていたり、様々です。

このように試聴機の場合、既製品となりますので、お店や補聴器外来では、デモ機器を用意して、試聴できるようにしているところが多くあります。※良心的な補聴器屋さんでは、ほとんどの確率で、デモ機器があります。

補聴器の中には、耳あな型というものもあります。こちらは、耳の形を採取して作る製品ですので、試聴機がなく、製品で行うしかありません。

そのため、その製品そのものを返品できるようにしているところと、製品なので、返品できない。というようにしているところがあります。

どちらにしても、耳あな型を作る場合は、一旦、耳かけ形補聴器を試してみて、良いとなった方に行われることが多いです。

貸出期間は、場所によって大きく異なり、1〜2週間というところから、長いところでは、3ヶ月ほど借りられるところがあります。

また、金額に関しても、無料のところから、一律期間、例えば、3ヶ月貸出する代わりに3,000円。など、金額が決まっているところもあります。

私のお店では、貸出期間は、決めず、比較的自由に行い、お金もとっていないのですが、場所により、これらの部分は、大きく変わります。

試聴というのは、初めてなので、試聴してどんな感じか体験したい。も試聴に入りますし、どの補聴器にするかを決めるための試聴。というのもあります。

試聴・貸出システムは、そのようなご希望を叶えるためのものになります。

双方にとって良いシステムが試聴、貸出サービス

試聴・貸出システムは、お客さん側、そして、補聴器屋さんにもメリットがあります。

お客さん側のメリット

お客さん側のメリットは、

  • 安心して相談できる
  • どのようなものか、理解した上で相談できる
  • ご自身で実際に使えるものなのか、確かめながら相談できる

というメリットがあります。

補聴器は、金額が高く、さらに、初めてとなりますと、正直、どれを選んだら良いか。は、非常にわかりづらくなります。

そのため、試聴や貸出を通じて、補聴器に触れたり、どんなものかを理解し、さらに、自分が検討しているものなどを体験できると、相談自体が失敗しづらくなります。

試聴してみて、ダメだったら他のものに変えれば良いですし、よかったら、それも候補に入れてみる。

そして、その情報を補聴器屋さんや相談している人と共有できれば、よりご自身に適した補聴器を購入できるようになります。

試してみると、色々なことがわかりますので、そのようにできると、安心して相談しやすくなります。

補聴器屋さん側のメリット

補聴器屋さん側にも実は、大きなメリットがあります。

  • 試聴した補聴器がちゃんと使えるものなのかを確かめることができる
  • 聞こえの状態がどのくらい改善するのかを試聴で調べることができる

この二点です。

まず、補聴器屋さんも、補聴器が初めての方は、何が合うのかわかりません。

実際に補聴器に触れてもらったり、貸出させていただき、ちゃんと扱えるものなのか。使用してみて、使いづらいところがないか。という部分が確認できると、どの補聴器が良いかがわかりやすくなります。

そして、補聴器には、聴力を補える量(補える聴力そのものの数値)、というのがあったりするのですが、たまにギリギリの方がいたりします。

そのようなケースでも、実際に試聴機を使って補ってみて、ちゃんと聞こえを改善できるのか。というのをテストできると、安心して、提供できるようになります。

テスト(試聴)してみて、補いづらいのであれば、他のものにすれば良いですし、補えるのであれば、それでも大丈夫。ということがわかるためです。

このようにテストする。ということができると、補聴器屋さんにとって、その方に合った補聴器を安心して提供できるようになるという非常に大きなメリットがあります。

気軽に利用してみよう

このように良心的なところでは、補聴器の試聴や貸出について行なっています。

貸出や試聴が行えることは、双方にとって良いメリットがあるためです。

実際には、デメリットとして、相談に少し、時間がかかる。というデメリットがあるものの、しっかりと相談したい。安心して相談したい。という方には、良いシステムですね。

基本的に試聴や貸出を行なっている販売店さんは、それを行なっている旨、書いてあることが多いため、わかりやすいかと思います。

もちろん、相談前に試聴、貸出できるか伺っても良いですし、どのようなシステムになっているのか(例えば、お金がかかるのか、どのくらい借りられるのかなど)を伺ってみても良いでしょう。

このようなシステムがありますので、補聴器を相談する際は、利用してみましょう。

このページに関連する内容

みんな補聴器は、どう決めているの?という疑問に答えてみた補聴器のご相談や補聴器を考える際、どのように決めればいいのか。そして、他の人は、どう決めているのか。その流れや形状、性能の違いに関して、記載してみました。...

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【改善事例あり】聴力別、聞こえの改善方法をまとめてみました

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

聞こえにくさにお困りの方のために、こちらでは、聴力別、補聴器による聞こえの改善方法に関して、まとめてみました。

もし、

  • 職場で聞きにくさに困る事がある
  • 聞きにくい事でうまく人とコミュニケーションしづらい
  • 他のところで相談したけど、よくわからなかった

などありましたら、参考にしていただき、聞こえの改善にお役立ていただければ幸いです。

なお、こちらのページには、実際のお客様を改善した事例まで、載せています。同じような症状の方、聴力の方を参考にしていただき、改善のヒントを掴めたのであれば、幸いです。

聴力別、改善方法お客様の改善事例