補聴器を失くさない方法

補聴器を紛失する原因と失くさないための2つの工夫

補聴器を購入して、気をつけたいことの一つのは、補聴器を失くす事です。

今現在、補聴器の種類によっては、紛失補償。というものも出てきていますが、そのまま、もらえる。ということはなく、サービス価格(いくらかの割引価格)で買える。という状態です。

補聴器の金額は、それなりにし、さらに無くなるとその間は、困ることになります。できる限り、無くさずに使えれば、それだけ、困ることも少なくなります。

こちらでは、そうならないよう、紛失しないようにするための工夫とその原因の二つについて、載せていきます。

補聴器を紛失する原因

基本的に補聴器を紛失する事の多くの原因は

  • どこに置いたか忘れて、紛失

というのが圧倒的に多いです。

もしかしたら、人によっては、補聴器をつけている間に、何かしらの事で耳から外れ、そのまま失くなるのでは?とお考えの方がいらっしゃるかもしれませんが、多いのは、どこに置いたかわからなくなり、そのまま失くなる。というケースです。

このケースは、補聴器を急いで外し、ポケットか何かに入れたり、普段入れ慣れていないものに、一時的に保管したり、またまた、普段と異なる環境で、補聴器を外して置いたりと、状況によって様々です。

失くす傾向が強いのは、補聴器を一日中使用し続ける。という方よりも、一時期、補聴器を耳から外す機会がある方です。

例えば、仕事中は、必要なので、補聴器をつけるけれども、家に帰る途中の電車の中で補聴器を外し、ケースに入れる。もしくは、何か補聴器を外す機会があり、ケースに入れる。などを行う方です。

耳から外す機会が多ければ多いほど、とっさに行なった際に、特にわからなくなります。とっさに行なった場合は、記憶に残りづらいためですね。

そのような時に「あれ?どこにしまったかな?」となったり、しまった場所を忘れ、そのまま見つからない。というケースが、失くすケースとしては、多くなります。

もちろん、耳に装用していて、耳から外れそうだ。という場合もあります。その場合は、その部分をできるだけ、修正する事がおすすめです。

補聴器は、しっかりと装用できて、初めて補聴器の効果が耳に伝わりやすくなります。その点からも、しっかり装用できるようにすることは、とても大切です。

補聴器を失くさないための工夫

こちらについては

  • どこに入れるのか、決めておく事
  • 耳にしつかり装用できていない場合は、しっかり装用できるようにする事

の二つです。

どこに置いたか忘れるケースは、基本的にどこに入れるのか。どこにしまうのかを決めていないケースで、失くなる可能性が高くなります。

ですので、しまうケースを決める。しまうバックを決める(しまう場所を決める)など、行うと、無くしづらくなります。

例えば、よく持ち歩くバックの中で、あるポケットの部分に補聴器のケースおよび、補聴器をしまう。などしておけると、無くしづらくなります。

また、仮に家の中で、補聴器を保管する。しまう場合も同様です。おく場所を決めておき、必ず、そこに入れる。というようにできると、探すこともなくなりますし、無くすことも無くなります。

どこに置いたか忘れてもいいように、どこに置くかを決めておく。このようにできると、かなり無くしづらくなります。

また、耳にしっかり装用できていない場合は、しっかりと装用できるようにしておきましょう。

使っている補聴器によっては、外れやすい状態のものもあるかもしれません。その場合は、その旨、補聴器屋さんで伝え、外れにくいような道具を使ったり、しっかり装用できるような状態にできるとベストです。

上記にも記載しましたが、しっかりと装用できると、耳に音が伝わりやすくなります。

耳から耳せんが抜けてきたりすると、音がしっかり耳に伝わりづらくなりますので、しっかりつけられるようにすることは、聞こえをよくする意味でも大切です。

私の経験

私も小学2年生の時から補聴器をつけていますので、これまで、何度か補聴器を失くしたことがあります。

それは、どれも、どこにしまったか忘れてしまい、そのまま永久に出てこなかったケースですね。

特にとっさにしまったりすると、どこにしまったか忘れてしまい、ずっと探すことになるのですが、今まで出てきた試しがありません。

耳に装用している状態で、外れる。ということを想像する方も多いのですが、耳から外れるような事は、あまりありません。

もちろん、耳に何か引っかかって外れる事はありましたが、その時は、外れた感覚が強く残るので、すぐに補聴器を探すようになります。

ですので、このような場合は、意外に無くなりません。

それよりも、どこに置いたか忘れる。どこにしまったか忘れる。というものの方が、探しようがないことも多く、無くなりやすくなります。

私自身の経験でもそれを感じますし、お客さんの中で、失くした。というような話を聞く場合は、だいたい、どこかにしまった筈だけど、見つからなくなってしまった。というケースが多いですね。

それらのことから、しっかりとしまう場所を決める。ということを行えるとベストです。

私の場合は、しまうケース。しまう場所。そして、置く場所も全部決めています。

それをして以降、かれこれ10年以上経過しますが、このようにしてからは今の所紛失していません。

まとめ

補聴器を失くすことについては、使っているときに耳から外れる。ではなく、どこかに置いてわからなくなる。により、無くなることが多いです。

そのため、保管場所を決めておけると、失くしづらくなります。

一応、耳に装用する状態が不安定ですと、耳から外れる事はありますが、そちらは、そちらで、しっかり装用できる方が良い状態です。その場合は、補聴器屋さんで見てもらい、使えるようにしてもらえるといいですね。

という事で、補聴器の紛失は、保管場所を決める。というようにできると、失くしづらくなりますので、このようにしてみる事をお勧めします。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、補聴器のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちらに詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、ご来店いただいた方の当店の評価もまとめてみました。

お店の特徴を見るお客様の評価一覧

関連する記事
補聴器を失くさない方法

補聴器落下防止器具は必要?原因から紛失防止策を考える

2015年2月7日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
補聴器には、補聴器落下防止アクセサリーというものがあります。落下した際に、地面に落ちないよう防止するアクセサリーです。様々な販売店で、取り扱 …
補聴器を失くさない方法

補聴器は無くしやすい?実際に紛失が多いケースとその対策

2016年11月19日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
補聴器を購入する前に心配になることの一つは、無くしそう・・・というところがあるかと思います。補聴器の形状によっては、かなり小さいものもあり、 …
補聴器を失くさない方法

失くすか心配?補聴器の紛失をなくす3つの策

2016年6月26日
2つの視点で書く軽度・中等度難聴専門の耳・補聴器ブログ
補聴器を初めて装用する方や補聴器を使っている方の中には、補聴器が無くなるのではないか、心配な方がいらっしゃいます。補聴器がなくなるかもしれない……という事で、補聴器を使わないのは、 …